アーカイブ - 2007年 6月 28日

「RDAのスコープと構造」改訂版

英米目録規則(AACR)改訂合同運営委員会(JSC)が作成中の『資料の記述とアクセス(RDA: Resource Description and Access)』について、スコープ、構造を定義した資料の改訂版が公開されています。DCMI Abstract Modelの最新版を反映するとともに、また「エレメント分析(Element Analysis)」と「RDAからFRBRへの…

BLの資料保存オフィス、書庫設備のガイドラインを刊行

英国図書館(BL)の国家資料保存オフィス(National Preservation Office)が、図書館・文書館における書庫設備に関するガイドライン形式のリーフレット“Specifying library and archive storage”を刊行しました。

なお、同オフィスはすでに15点の、資料保存関連のリーフレットを刊行しています。

Specifying library and archive storage
http://www.bl.uk/services/npo/pdf/storage.pdf

NPO Leaflets - British Library
http://www.bl.uk/services/npo/publicationsleaf.html

June 28, 2007付けPeter Scott's Library Blogの記事

連邦政府による読書プログラム“Big Read”、参加館が大幅増(米国)

全米芸術基金(NEA)は、博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)とNPO“Arts Midwest”と協同して、各自治体の読書プログラムに助成を行う“Big Read”事業(名誉総裁はローラ・ブッシュ大統領夫人)を2006年から行っています。2007年6月、2007年下半期に同事業が新たに助成する117都市が発表されました…全米芸術基金(NEA)は、博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)とNPO“Arts Midwest”協同して、各自治体の読書プログラムに助成を行う“Big Read”事業(名誉総裁はローラ・ブッシュ大統領夫人)を2006年から行っています。2007年6月、2007年下半期に同事業が新たに助成する117都市が発表されました。すでに助成を受けている72都市とあわせ、およそ200の都市が同事業の対象となっています。

大学図書館研究 (79)

大学図書館研究No.79 (Mar. 2007)<小特集>オープンアクセス日本の学協会における著作権の取扱い等について -機関リポジトリへの対応を中心として-富田 健市構築5年、運用2年目の機関リポジトリ -千葉大学CURATORの今-鈴木 宏子金沢大学学術情報リポジトリKURAの構築と課題橋 洋平慶應義塾大学機…

情報管理 50(3)

情報管理Vol.50, No.3, June 2007http://johokanri.jp/「デジタル岡山大百科」−電子図書館ネットワーク森山 光良医薬品安全性情報コミュニティ・データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて山内 あい子,坂本 久美子,中田 栄子,佐々木 幹夫,谷 真琴,中馬 寛 ISSN(国際標準逐…

情報の科学と技術 57(6)

情報の科学と技術Vol. 57 (2007), No.6http://www.infosta.or.jp/journal/newjmoku.html特集=「医薬品安全性情報の収集」 市販後安全対策における副作用情報の収集 日下部 哲也国外安全性情報の収集・評価・報告とCIOMS報告書 紀成 尚志化粧品安全性関連情報の収集について−フォーカスサービスを利用した文…

1ドルの投資で5.5ドルのリターン:ROIで測る図書館の経済効果(米国)

米国では近年公共図書館の経済効果を測る動きが活発です。ペンシルバニア図書館協会が、州内の公共図書館約500館への税金投入と地域経済に与えた効果を投資対効果(ROI: Return on Investment)の指標で測った調査結果レポートを発表しています。調査結果によると、税金1ドルあたり5.5ドルの経済…

トロント公共図書館、美術館・博物館の無料パスを貸出すサービスを開始

トロント公共図書館が、地域の美術館、博物館等とともに、新しい連携プログラムを発表しています。トロント公共図書館(分館含む)の図書館カードを持っている利用者は、本やCDを借りるように、地域の美術館や画廊などを無料で利用できる“Sun Life Financial Museum and Arts Pass (MAP)”を借りる…