アーカイブ - 2007年 4月

4月 3日

ドイツのデジタル情報長期保存協同プロジェクト“kopal”

ドイツ国立図書館、ゲッティンゲン州立大学図書館、IBM社などが協同で、2003年から2006年まで実施したデジタル情報の長期保存プロジェクト“kopal(Kooperativer Aufbau eines Langzeitarchivs digitalerInformationen)”の紹介記事が、E-LISに掲載されています。元は、Library Hi Tech誌の24(4)に掲載されたものです。Alte…

20世紀初頭の新聞が閲覧できるサイト“Chronicling America”

米国議会図書館(LC)が3月21日、カリフォルニア州、ニューヨーク州など7つの州・特別区で1900年から1910年の間に刊行された新聞、合計22万6,000ページ分をデジタル画像で見られるサイト“Chronicling America”のベータ版を公開しました。なお、デジタル画像に加え、1690年から現在までに米国で刊行…

言語学の成果を活用した自然言語対応検索エンジン(米国)

オントロジー(ontology)、形態論(morphology)、類義語(synonym)といった言語学の成果を活用し、「真の自然言語で検索できる」と謳う検索エンジン“CognitionSearch”のベータ版が、米国Cognition Technologies社から公開されています。2007年4月3日現在では、医学・健康情報(MEDLINEの要約やPubMedの全文コ…

MoogaOneスタンダード版2.1

国際基督教大学図書館・松山龍彦氏が作成している、ユーザビリティを意識したウェブページ作成のひな形「MoogaOne」の、スタンダード版2.1が公開されています。拓殖大学図書館、実践女子大学図書館など、いくつかの大学図書館・短期大学図書館がすでに採用しているようです。MoogaOnehttp://mook.…

能登半島地震の図書館への影響(4)

3月25日に能登半島を襲った地震(2007年能登半島地震)の影響で臨時休館していた図書館のうち、輪島市立門前図書館が4月3日から開館すると発表されています。輪島市立図書館http://www.city.wajima.ishikawa.jp/lib.htm

Googleの使い方のヒントを記した図書館利用者向けポスター・しおり

Googleの図書館員向けニューズレター“Google Librarian Newsletter”の2007年3月号が公開されました。今号では、Googleの検索機能やGoogle Earthなどのサービスの使い方のヒント(Tips)を記した利用者向けのポスター・チラシ・テントカードが紹介されており、PDF形式でダウンロードできるようになっていま…

よく読まれた『カレントアウェアネス(-E、R)』の記事(2007年3月期)

Current Awareness Portalで提供している『カレントアウェアネス』『カレントアウェアネス-E』『カレントアウェアネス-R』の月間アクセス数上位10本をご紹介します。(集計期間:2007.3.1〜2007.3.31)カレントアウェアネス記事タイトルアクセス数CA1622 (No.291) - 図書館サイトの現状−再点検の必要性と危…

4月 2日

Library and Information Science 56

Library and Information ScienceNo.56 (2006)http://wwwsoc.nii.ac.jp/mslis/lis05.html#no56情報リテラシー教育における関係論的アプローチの意義と限界:Christine S. Bruceの理論を中心に瀬戸口誠「情報」概念の再考緑川信之日本語学術論文PDFファイルの自動判定安形輝,池内淳,石田栄美,野末道子,久野高志,上田修一

情報の科学と技術 57(4)

情報の科学と技術Vol. 57 (2007), No.4http://www.infosta.or.jp/journal/newjmoku.html特集=「図書館への提言」図書館のミッションを考える片山 善博アーカイブズと図書館松岡 資明情報は捨てても本は捨てるな津野 海太郎グーグルブック検索の取組みについて牧野 友衛,徳生 裕人図書館への提言:図書…

NII、教育研修事業要綱を発表

国立情報学研究所(NII)が、2007年度の教育研修事業の要綱を発表しています。平成19年度教育研修事業要綱 - 国立情報学研究所http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/apply/index.html

JLA、「指定管理者制度を検討する視点(試行版)」を発表

日本図書館協会(JLA)図書館政策企画委員会が、指定管理者制度の適用にあたっての検討の視点として、「指定管理者制度を検討する視点‐よりよい図書館経営のために」(試行版)をまとめ、発表しました。この中では、現在の管理運営形態の点検、導入を検討する際のチェック項目、導入後…

ノルウェーの大学図書館、ブラックウェル社の電子ジャーナルを再び契約

ノルウェーの大学図書館がブラックウェル(Blackwell)社との電子ジャーナル契約を破棄したとのニュースは以前お伝えしていますが、3月に再交渉が行われ契約まで漕ぎつけたと発表されています。The Ice Thaws: Blackwell journals available once again in Norwayhttp://www.blackwellpublishing.com/press/pressitem.asp?ref=1173ノ…

NISOのSERU、標準化された電子情報資源契約ライセンスのドラフトを公表

米国情報標準化機構(NISO)のワーキンググループSERU (Shared E-Resource Understanding)が、電子情報資源の出版社と図書館で共有できる標準化された利用条件等を記した覚書のドラフトを公表しています。これまで、電子ジャーナルの利用条件等は出版社によってバラバラで、ライセンス交渉に図書館も…

大学・研究図書館の将来についての10大予測(米国)

米国大学・研究図書館協会(ACRL)が、3月29日〜4月1日に開催された全国大会で、「大学・研究図書館の将来に関する10大予測」を発表しました。1. 蔵書のデジタル化、デジタルアーカイブの保存、データの蓄積・検索方法の改善の重要性が増す。2. 図書館員に必要なスキルセットは、学生・教…

NDL、ホームページをリニューアル

国立国会図書館(NDL)のホームページがリニューアルされました。あわせて、4月1日付けで任命された長尾真館長の紹介も掲載されました。国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/国立国会図書館ホームページをリニューアルしましたhttp://www.ndl.go.jp/jp/help/help.html平成19年4月2日 新館長に長尾真が任命 - …

ページ