アーカイブ - 2007年 4月 19日

セレブのお気に入りの本(米国)

米国メイン州の小さな町にあるガーディナー公共図書館は毎年、米国のセレブリティにお気に入りの本を推薦してもらい、それを自館のウェブサイトで紹介する“Who Reads What?”を行っています。そしてこの累積版はThomson Gale社がスポンサーとなって、2万部、印刷・配布されています。1994年には…

Googleによるミシガン大図書館蔵書デジタル化、週3万冊ペースで進捗中

Googleによる図書館蔵書デジタル化プロジェクト“Google Book Search Library Project”の参加館の一つ、ミシガン大学における同プロジェクトの進捗状況について、Detroit News紙が報じています。最近では3万冊のスキャニングができた週もあり、同大学の700万冊の蔵書のデジタル化は、このペースで行けば…

ティーンのSNS利用調査・詳細版(米国)

米国におけるインターネットの社会的影響について調査を行っているPew Internet & American Life Projectが4月18日、ティーンのSNSでの個人情報管理の実態に関する調査結果を発表しました。これは、「E593 (No.98) - ティーネージャーのSNS利用調査」で紹介した調査のより詳細な結果報告のようです。Teens, Pri…

オレゴン州の図書館、さらに閉鎖の危機

既報のとおり、連邦政府からの補助金の廃止を受け、オレゴン州ジャクソン郡の図書館がすべて閉鎖されてしまいましたが、これに続き、同州ジョゼフィーヌ郡、ダグラス郡の図書館も閉鎖の危機に陥っていると報じられています。なお、州立図書館長は、州内36の郡のうち32の郡に影響があると…

人文・社会科学のためのサイバーインフラに関する報告書(米国)

高性能コンピュータのネットワーク環境が創り出した新しい研究環境を指す「サイバーインフラストラクチャ(cyberinfrastructure)」が、人文・社会科学にどのような貢献を果たせるか、またその課題は何か、について検討した報告書が、米国学術団体評議会(American Council of Learned Societies)から刊…

イリノイ州図書館協会とMySpace、DOPA類似法案反対で共闘

図書館や学校のPCから、子どもがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)にアクセスできないようにする法案が、イリノイ州議会に提出されていますが、これに反対するイリノイ州図書館協会(ILA)の活動に、大手SNSのMySpaceが加わりました。ILAは4月19日、インターネットを安全に使うための…

ALAの2007年「未来の図書館」賞、SecondLife図書館同盟に

米国図書館協会(ALA)とInformation Today誌が選ぶ、2007年「未来の図書館賞(Library of the Future Award)」に、SecondLife上で活動する図書館の国際的組織「SecondLife図書館同盟(Alliance Second Life Library)」が選ばれました。Alliance Second Life Library Program receives 2007 Library of the Future Award - ALAhttp://www.ala.org/ala/pressrel

全国図書館週間のイベント(米国)

米国では、「図書館に集まろう(Come together @ your library)」をテーマに、毎年4月に「全国図書館週間(National Library Week)」を設けています。2007年は4月15日から21日までで、この期間中に各館で、イベントやプロモーション活動が開催されています。National Library Week - ALAhttp://www.ala.org/ala/pio/natlibraryw

13の学協会、学術文献検索ポータル“Scitopia.org”を準備中

AIP、APS、IEEEなど科学技術系の13の学協会が、独自の学術文献検索ポータル“Scitopia.org”を2007年6月に立ち上げると発表しました。参加する学協会が刊行する学術雑誌や会議録を統合検索でき、各々が作成・提供しているデジタルコンテンツにリンクされるとのことです。統合検索は無料とされて…