アーカイブ - 2007年 4月 13日

2006年の、ビジネス関連の優れたレファレンスツール

Reference & User Services Quarterly誌(RUSQ)に、最近刊行されたビジネス関連の優れたレファレンス情報源が、解説付きで紹介されています。紹介されているのは、「The Encyclopedia of Taxation and Tax Policy」(ISBN 0-87766-752-7)、「Encyclopedia of White-Collar and Corporate Crime」(ISBN 0-7619-3004-3)、「History of World Trade Since 1450…

オープンソース図書館システム「Evergreen」の開発チーム、Equinox Software社設立

米国ジョージア州図書館局で、オープンソースの図書館システム「Evergreen」の開発を手がけたチームが、2007年1月に、同システムの導入をサポートする会社“Equinox Software”を立ち上げていました。ジョージア州の公共図書館252館は、2006年に、SirsiDynix社(元・Sirsi)の図書館システム「Unicon」から…

信州大図書館、共同開発の研究者総覧システムを無償提供へ

信州大学附属図書館は、株式会社メディアフュージョン、株式会社アグレックスと共同開発した、機関リポジトリと連携する研究者総覧のシステムを広く大学や研究機関に無償提供すると発表しています。研究者の業績一覧などを掲載する研究者総覧と、論文など研究成果の本文を収録するリポ…

研究者にとって図書館サービス利用の重点は?(英国)

英国の研究情報ネットワーク(RIN)と研究図書館コンソーシアム(CURL)が、『研究図書館とそのサービスの研究者の利用について』と題するレポートを発表しています。これは、2250人の研究者、300人の図書館員にアンケート調査を行い、研究者の図書館利用の実態、その利用形態の変化、図書…

長崎大図書館に写真センターの構想

長崎大学附属図書館が、歴史的な写真を保存する「写真センター」を設置する構想を明らかにしています。長崎大学附属図書館はすでに「幕末・明治期日本古写真コレクション」を公開していますが、さらに地域の記憶を伝承するために、昭和期の写真等も写真家や一般から募集するとのことで…

ウェールズ大学の学生の図書館利用

ウェールズ大学スウォンジー校(Swansea University)の学生の図書館利用の状況に関する記事が、icWales(The National Website of Wales)誌に掲載されています。この数年間で、一年あたりの貸出冊数が100万冊から40万冊に減少し、一方でコンピュータ端末からのフルテキストデータのダウンロード数が60万件…