アーカイブ - 2007年 3月 14日

カリフォルニアデジタルライブラリー、XFTで“Dynamic FRBR”を実験中

カリフォルニア大学図書館の1組織である“カリフォルニアデジタルライブラリー(CDL: California Digital Library)”では、XTF(The CDL eXtensible Text Framewok)という、デジタルコレクションのプラットフォーム(オープンソース)の開発を行っており、既に“Encyclopedia of Chicago”などカリフォルニア大学図書…

病院図書館員のためのWiki

医学図書館協会の病院図書館部会のスポンサーにより、病院図書館員のためのWikiが立ち上がっています。現時点で内容はほとんどありませんが、エビデンス・ベースト・プラクティス(EBP)の考え方にのっとり、ベストプラクティスを集める場となることを目指しているようです。http://mla-hls.wik

セマンティックWebのためのDB“Freebase”アルファ版

ナレッジベースに資するためのデータベース“Freebase”のアルファ版が、Metaweb社から公開されました。これはインターネットから情報を収集し、自由に編集したりリンキングできるようにするデータベースツールで、セマンティックWebに利用できるのではないかと期待されています。またDB内コ…

図書館界 58(6)

『図書館界』58巻6号(通巻333号)March, 2007http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v58/cont6.html湯浅 俊彦 ISBN論争から見た日本の出版流通:書誌情報・物流情報のデジタル化から出版コンテンツのデジタル化へ後藤 敏行 電子ジャーナルのアーカイビング:論点,動向,将来展望《特集・2006年度図書館学セミナー…

図書館界 58(5)

『図書館界』58巻5号(通巻332号)January, 2007http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v58/cont5.html《誌上討論》現代社会において公立図書館の果たすべき役割は何か(第4回) 手嶋 孝典  貸出しを大切にしている図書館からの意見  石嶋 日出男  小規模分館から見た「貸出し:資料提供」:日野市立図書館の…

図書館界 58(4)

『図書館界』58巻4号(通巻331号)November, 2006http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v58/cont4.html青柳 英治 企業内専門図書館の活動の推移:統計データと研究テーマを中心として 藤野 寛之 イギリス伝記事典の伝統と変遷:DNBとODNB《追悼・拝田真紹先生》

オフラインのデジタル資料の自発的納本の枠組みを再編(英国)

英国では、2003年法定納本図書館法によりオフラインのデジタル資料やマイクロ資料といった非印刷出版物の法定納本が明記されましたが、現在まで運用のための規則が定まっていないため、2000年に始まった出版者と法定納本図書館との間の「自発的な納本の枠組み」による納本が続いています…

SPARC、ウェブサイトをリニューアル

SPARCのウェブサイトがリニューアルされています。各種情報へのアクセスがわかりやすくなったとともに、新たに出版社向け、著者向けのページも作られています。

SPARC
http://www.arl.org/sparc/

Google、研究者間の大容量データ授受を支援しつつデータを収集する試みを実施中

英国放送協会(BBC)によると、テラバイト(TB)単位に達している大容量データを他の研究者と交換(共有)したいと考えている研究者に対し、大容量ハードディスクを提供する試みを、Googleが非公式に進めているようです。テラバイト単位のデータともなると、ネットワークを介してのやり取…

OCLCに台湾の202図書館が加盟

OCLCに、台湾にある202の図書館が参加すると発表されました。すべての大学図書館と、いくつかの研究機関、政府、企業、大規模公共図書館などが参加するようです。OCLC welcomes 202 Taiwan libraries to OCLC cooperativehttp://www.oclc.org/news/releases/200654.htm

JISC、CLIRの電子ジャーナルアーカイビング事業の調査レポートをレビュー・分析

CLIRが2006年9月に刊行した、電子ジャーナルアーカイビング事業を比較・レビューしたレポートについて、さらにJISCがレビュー・分析を加えています。Review and analysis of the CLIR e-Journal Archiving survey - JISChttp://www.jisc.ac.uk/whatwedo/programmes/programme_preservation/ejournalarchiving参考:電子ジャーナルのアーカイビ…

地理空間データのリポジトリ内をGoogle Mapsで検索するインターフェース(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)の助成のもと、国家レベルのデータセンターの一つとして機能しているエディンバラ大学の“EDINA”などが実施している地理空間リポジトリ評価プロジェクト“GRADE”が、リポジトリに格納されているデータをGoogle Mapsから検索できるようにするインターフェー…

2006年版「全国農村読書調査」の結果(日本)

社団法人家の光協会が毎年実施している全国農村読書調査の2006年版(第61回)が、同協会のウェブサイトで公開されています。今年は、昨年までと標本抽出方法が変わっているため、経年比較はむずかしいようですが、総合読書率、雑誌読書率とも過去最低水準であるとのことです。第61回全国…

[お知らせ]カレントアウェアネス-E102号発行

『カレントアウェアネス-E』102号を発行しました。□目次□■E615■ マンガの選書のために: レイティングシステムの新たな動き■E616■ ソーシャルネットワークでつながる愛書家たちの本棚■E617■ MLAは公共図書館をどこへ導くのか?(英国)■E618■ 被災した“家宝”を助ける方法,教え…

E621 - 2006年韓国図書館界の10大ニュース

韓国図書館協会(KLA)の機関紙『図書館文化』2007年1月号に,2006年における韓国図書館界10大ニュース(順不同)が掲載されている。(1) IFLAソウル大会開催(E546,CA1609,CA1610,CA1611参照)(2) 図書館法と読書文化振興法,ようやく改・制定(3) ノ・ムヒョン大統領への公共図書館政策の報告(E468参…

E620 - 2006年米国図書館界の10大ニュース

American Libraries誌の2006年12月号に,2006年における米国図書館界10大ニュースが掲載されている。(1) ニューオーリンズ復興に貢献(E521,E597参照)(2) 図書館サービス法制定から50年(CA1171参照)(3) 愛国者法の口外禁止規定,解除される(E428,E462参照)(4) 子どものSNS利用を制限するDOPA法案,下院を…

E619 - 全国古典籍保護プロジェクトが始動(中国)

中国では,2006年からの第11次五か年計画の中で,国内の古典籍の一層の保護を図ることを目的とした「全国古典籍保護プロジェクト」が位置づけられている。2007年2月28日,中国政府文化部の主催によりの第1回会議が開催され,このプロジェクトが本格的に始動した。具体的には,以下のような…

E618 - 被災した“家宝”を助ける方法,教えます(LC)

大切なコレクションを災害で駄目にしてしまうことなど,誰も考えたくはない。しかし現実に毎年各地で自然災害がおこり,多くの人が大切なコレクションを失う悲しみを味わっている。“家宝”ともいえる貴重なコレクションを守るための知識を,多くの人が必要としている。 2007年2月,米…

E617 - MLAは公共図書館をどこへ導くのか?(英国)

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)は,今後数年間で,英国の公共図書館をどのような方向に進化させていこうと考えているのだろうか? 2007年2月23日,MLAは,「優れたものとなるための青写真(A blueprint for excellence: Public Libraries 2008-2011)」と題する文書を提示した。これは今後の方…

E616 - ソーシャルネットワークでつながる愛書家たちの本棚

愛書家のためのソーシャルネットワークサービス(SNS)が,米国を中心に活況を見せている。ユーザは,ウェブ上に自分の「本棚」を作成し,そこに自分のお気に入りの本を「カタログ」(登録)していく。そしてそれぞれの本に対してタグ付けしたり(E595参照),書評を書いたり,5段階で評…

ページ