アーカイブ - 2007年 2月

2月 28日

東京都立図書館の2007年問題、米Library Journal誌でも報じられる

東京都立図書館で団塊の世代の司書が大量退職する「2007年問題」が、米国のLibrary Journal誌でも報じられています。In Toyko, Librarian Retirements Don't Bring Replacements - Library Journalhttp://www.libraryjournal.com/article/CA6419994.html参考:図書館職員「大量退職時代」に関する報道(日本)http://www.dap.ndl.go.jp/ca/

[お知らせ]カレントアウェアネス-E101号発行

『カレントアウェアネス-E』101号を発行しました。□目次□■E608■ 館長の日記に綴られるイラク国立図書館・文書館の現状■E609■ 環境保護局図書館ネットワーク存続の危機(米国)■E610■ ウェブ上に公開される政府刊行物のハーベスティング(米国)■E611■ 学術情報のアクセス,提供…

[お知らせ]『カレントアウェアネス-E』へのコメント、どうもありがとうございました。

2007年2月14日、節目となる「カレントアウェアネス-E」100号の配信を機に、読者の皆様にコメントをお寄せいただくよう、お願いしておりました。多くの方から様々なコメントをいただき、大変励みになりました。 以下のURLに、お名前・ご所属・ご意見を公開してもよいとご承諾いただきました…

E614 - なぜRDAは図書館の役に立たないか? <文献紹介>

Coyle, Karen et al. “Resource Description and Access(RDA): Cataloging Rules for the 20th Century”. D-Lib Magazine. 13(1/2), January/February, 2007. (online), available from (accessed 2007-02-22). 英米目録規則(AACR)改訂合同運営委員会(JSC)による『資料の記述とアクセス(RDA: Resource Description and Access)』(E372参照)の検討が迷走を続…

E613 - 文化庁,英仏独米の著作権関連制度・運用の調査報告を公表

文化庁はこのほど,2005年度に実施した委託調査の成果として,海外における著作権関連法制度に関する報告書「知的財産立国に向けた著作権制度の改善に関する調査研究」を公表した。「デジタル化・ネットワーク化時代に対応し」,「権利の適切な保護と利用者の利益とのバランス」に意を払…

E612 - QuestionPoint,事例データベースの利用の現状を報告

世界1,700以上の機関が参加する協同型デジタルレファレンスサービス(DRS)として発展を続けているQuestionPoint(QP)(CA1476,E234参照)。そのDRSの副産物であるデジタルレコードの一部は,編集・加工され,“Global Knowledge Base”(GKB)とよばれるデータベースに蓄積・公開されている。公開されている…

E611 - 学術情報のアクセス,提供,保存に関する通知(欧州委員会)

欧州委員会(EC)は2007年2月15日,通知(Communication)を発し,欧州議会,欧州理事会および欧州経済社会評議会に対して学術情報の現状と課題についての情報提供を行った。  「デジタル時代の学術情報: アクセス,提供,保存(Scientific Information in the Digital Age: Access, Dissemination and Preservation)」…

E610 - ウェブ上に公開される政府刊行物のハーベスティング(米国)

米国政府印刷局(GPO)が,政府刊行物の網羅的収集の自動化を進めている。 GPOは,連邦政府刊行物寄託図書館制度(FDLP)により政府刊行物の電子コレクション(EC; Electronic Collection)の構築を進めている。このFDLP ECの構築にあたっては,非デジタルの有形出版物をデジタル化して蓄積するアー…

E609 - 環境保護局図書館ネットワーク存続の危機(米国)

1970年に設立された米国環境保護局(EPA)は,人々の健康と環境の保護を職務とする連邦政府機関である。このEPAに勤務する職員や研究者18,000人をはじめ,広く一般に対して環境に関する情報を提供してきたのが,ワシントンD.C.の中央館以下,全米に計28館を展開するEPA図書館ネットワークである…

E608 - 館長の日記に綴られるイラク国立図書館・文書館の現状

これは,英国図書館(BL)のウェブサイトに公開されている,イラク国立図書館・文書館(INLA)の館長Saad Eskanderの日記の一部である。INLAは爆破による被害のために2006年11月21日から一時期休館した。その後12月上旬に再び開館したもの の,治安状態は以前にも増して厳しい状況に陥った。日記は,この苛烈な状況におかれた2006年11月から,2007年2月上旬までのものが公開されてい る。交通網の閉鎖。電力供給の制限。建物の爆破。同僚の拉致,殺害。INLAの職員や関係者が日々どのような現実に直面しているのか,逐次記されている。...

よく読まれた『カレントアウェアネス(-E、R)』の記事(2007年1月期)

Current Awareness Portalで提供している『カレントアウェアネス』『カレントアウェアネス-E』『カレントアウェアネス-R』の月間アクセス数上位10本をご紹介します。(集計期間:2007.1.1〜2007.1.31)カレントアウェアネス記事タイトルアクセス数CA1621 (No.290) - 公共図書館職員の養成教育と継続教育 / 大…

『カレントアウェアネス-E』へのコメント、どうもありがとうございました。

2007年2月14日、節目となる「カレントアウェアネス-E」100号の配信を機に、読者の皆様にコメントをお寄せいただくよう、お願いしておりました。多くの方から様々なコメントをいただき、大変励みになりました。 ここに、お名前・ご所属・ご意見を公開してもよいとご承諾いただきました方の…

ブログを利用して、利用者からの「質問」に「答える」図書館(米国)

シカゴ大学図書館が、利用者からメールフォームで質問を受け付け、ブログで回答するサービスを実施しています。質問はメールフォームで受け付け、回答は質問事項とともに、専用のブログ“Maroon Opinions”に掲載されます。事例は「運営」、「目録」、「コレクション」といった分類が付けら…

2月 27日

カナダの政府情報専門の検索エンジン

カールトン大学図書館(カナダ・オタワ)の政府刊行物情報司書を務めるシャープ(David Sharp)氏が、Google custom serach engineを利用してカナダの政府情報に関する検索エンジンを作成し、カールトン大学地図、データ、政府情報センター図書館(Maps, Data, Government Information Centre: Carleton University Library…

実験中の目録システムの説明資料(オーストラリア)

オーストラリア国立図書館が実験している、新しい目録システムを説明するスタッフペーパーが刊行されています。Relevance ranking of results from MARC-based catalogues: from guidelines to implementation exploiting structured metadataAlison Dellit and Tony Bostonhttp://ll01.nla.gov.au/InfoOnline2007Paper.html(※HTML版)http://www.nla.gov.au/nla/st

2月 26日

ProQuest、図書館員向けアドヴォカシー・ツールキットを作成

ProQuest社が、図書館員向けのアドヴォカシー・ツールキットを作成しています。オンライン情報資源のマーケティング方法、ProQuestが提供するデータベースの図書館用語を使わない説明方法、プレスリリースのひながたなどが用意されています。Library Advocacy - ProQuest CSAhttp://il.proquest.com/division/librar

公共図書館のインターネットアクセスは、どのような利益をもたらすのか:IMLSが調査に着手

IMLS(博物館・図書館サービス機構)が、公共図書館がインターネットのフリーアクセスを提供することにより、個人や家庭、コミュニティが享受する利益と、フリーアクセスが欠如していた場合にもたらされるインパクトについて、調査を実施すると発表しました。ゲイツ財団からの援助を受け…

2011年までに公共図書館が取り組むべき課題とは?(英国)

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)が、公共図書館サービスのさらなる改善に向けて、2011年までに取り組むべき課題をまとめた諮問文書“A blueprint for excellence− Public Libraries 2008−2011”を公表しました。この文書は、現代の公共図書館に求められる役割と、人々が期待している中心的…

新しい音楽メディアの書誌レコード事例(LC)

米国議会図書館(LC)が、Mini Disc、DVD Audio、MP3 Fileなど、いくつかの新しい音楽メディア(フォーマット)について、どのように書誌レコードを作成したのか、メディアの説明・画像付きで紹介しています。New Sound Recording Formats ― Library of Congress Practicehttp://www.loc.gov/catdir/cpso/soundrec.pdf

ページ