アーカイブ - 2007年 11月

11月 7日

総務省、「新世代ネットワーク推進フォーラム」設立

総務省が、産・学・官の共同により、既存技術の延長に捉われることのない新しい設計思想・技術に基づいた「新世代ネットワーク」を創出するための研究開発や推進・啓発活動を行う「新世代ネットワーク推進フォーラム」を設立しました。「新世代ネットワーク推進フォーラム」設立につい…

文部科学省、「学校のICT化のサポート体制の在り方に関する検討会」設置

文部科学省が2007年10月、教育の情報化の推進に資することを目的に「学校のICT化のサポート体制の在り方に関する検討会」を2008年3月30日まで設置し、検討を行うと発表しました。この検討会の第1回の配布資料が、ウェブサイトで公開されています。学校のICT化のサポート体制の在り方に関する…

NDL、データベースフォーラムの資料を公開

国立国会図書館(NDL)が、2007年9月および10月に開催した「データベースフォーラム」の配布資料をウェブサイトで公開しています。国立国会図書館データベースフォーラム 配布資料http://www.ndl.go.jp/jp/dbforum/handouts.html参考:NDL、データベースフォーラムを9、10月に開催http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/ca

リポジトリ収録のマイルストーン(日本)

北海道大学は、10月15日に北海道大学学術成果コレクションHUSCAPの収録文献数が2万編を超えたとアナウンスしています。また、千葉大学、広島大学、京都大学などいくつかの大学でも、リポジトリへの収録件数が1万件を突破したことをマイルストーンとして発表し、著者へのインタビューなどを…

デジタル情報資源保存に有用なレジストリとツールを提供(英国公文書館)

英国公文書館(NA)はこのほど、ファイルフォーマットとそれを処理できるソフトウェアについてのオンライン情報システムである“PRONOM”と、ファイルフォーマットの自動一括同定のためのソフトウェア“DROID”の新バージョンをリリースしたことを発表しています。“PRONOM”、“DROID”ともに無料で提供されています。

PRONOM and DROID – new versions released
http://www.jiscmail.ac.uk/cgi-bin/webadmin?A2=ind0711&L=digital-preservation&T=0&F=&S=&P=66

PRONOM
http://www.nationalarchives.gov.uk/pronom

DROID

マーク・トウェインの著作物全てのデジタル版作成を目指すプロジェクト

出版されている作品だけでなく、出版されなかった作品や手紙、メモなども含めた全てのマーク・トウェインの著作物を、校正済み・完全な注釈付きのデジタル版として作成しようというマーク・トウェインプロジェクトオンラインのウェブサイトが公開されています。なおこれは、カリフォル…

11月 6日

オープンアクセス出版社の持続可能性に関する課題とは?

米国図書館協会(ALA)年次大会の一環として2007年6月23日に開催された、SPARCと米国大学・研究図書館協会(ACRL)のフォーラム“Course check: A conversation with three open access publishers about the challenges of sustainability”の発表資料と録音資料(OGG形式、MP3形式)が、SPARCのウェブサイトに公開されました。オープンアクセス出版を手がけているPublic Library of Science(PLoS)、BioMed Central、Hindawi Publishingの3社が、それぞれ、持続可能性の課題について報告しています。

Course check: A conversation with three open access publishers about the challenges of sustainability - SPARC
http://www.arl.org/sparc/meetings/ala07/

米国公共図書館の支出、増加するも...

米国の公共図書館300館を対象に、貸出数、支出等を毎年調査しているイリノイ大学アーバナ・シャンパーン校図書館調査センターの調査結果が、American Libraries誌で報じられています。2006会計年度の支出は、2000会計年度を100としたときに128と、2005会計年度の124から増加していますが、消費者物価…

学校図書館メディアスペシャリストが作ったハリーポッター本、訴えられる(米国)

ある学校図書館メディアスペシャリストが、他のライブラリアン・大学教授ら12名とともに2000年から作り始めたハリーポッターに関するウェブサイト“Harry Potter Lexicon”の内容を書籍にして出版しようとしたところ、著作者のローリング(J. K. Rowling)氏と映画の配給会社ワーナーブラザーズから…

LibriVoxのオーディオブックが1,000点に

“LibriVox”が作成したオーディオブックが、1,000点に達したそうです。LibriVox reaches 1,000!http://librivox.org/2007/10/31/librivox-reaches-1000/参考:LibriVox創設者へのインタビューhttp://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=2806

LC、閲覧請求された本のうち6分の1が所在不明?

米議会のHouse Administration Committeeで米国議会図書館(LC)の不明本が話題となっています。Washington Post紙によると、今年春のLC内部の監査局の調査で、閲覧請求のあったうちの約17%が所在不明(あるはずの書架にない)となっていることが分かりました(レポートは非公表)。この点が委員会で取り…

11月 5日

OAI-OREの仕様、2008年3月に公開

オープンアーカイブイニシアチブが10月31日付けのプレスリリースで、オープンアーカイブのオブジェクトの再利用・交換に関するプロトコル“Open Archives Initiative – Object Reuse and Exchange(OAI-ORE)”の仕様を、2008年3月3日のパブリックミーティングの場で公開すると発表しています。Open Archives In…

米国化学会、科学に関するコンテンツを共有・蓄積できるSNSを開始

科学に関するコンテンツを共有し、蓄積することができる会員登録制のSNS“chemistry.org/exchange”を、米国化学会(ACS)が開始しました。内容は化学に限らず科学全般のようです。投稿されたニュースを評価する機能もあり、評価の票数は元素記号・原子番号で表されています。またリポジトリ機能…

査読済み論文に関するブログ記事だけを収集する試み

査読済み論文に関する学術的なコメントを書いたブログ記事だけを収集しようという試みが、“Bloggers for Peer-Reviewed Research Reporting(BPR3)”というグループによって進められています。研究者等が、自身のブログでそのような記事を書いた際には、BPR3のアイコンをマークとしてつけてもらうよう…

ネット利用に関する親子調査で、日米に差

有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会(BBA)はこのほど、「日米こどものインターネット利用調査」の結果を発表しました。これによると、米国の親子の方がインターネット利用率が高いこと、子どもは親が思っている以上に有害サイトに遭遇していること、有害サイトのフィルタリング…

DCC、デジタルキュレーションマニュアル2編を公開

英国のデジタルキュレーションセンター(DCC)が、査読システムにより作成しているデジタルキュレーションマニュアルに、以下の2編が加わりました。・ファイルフォーマット・保存戦略DCC Digital Curation Manual InstalmentsFile Formatshttp://www.dcc.ac.uk/resource/curation-manual/chapters/file-formats/Preservation Strategiesht…

子どものテレビ視聴時間に制限を設ける家庭が増加(米国)

米国国勢調査局はこのほど、2004年に実施した「所得及びプログラム参加調査(Survey of Income and Program Participation)」のデータをもとに分析した結果、1994年から2004年までの10年間に、子どものテレビ視聴時間に制限を設ける家庭の割合が増加するなど、親がより積極的に子どもの生活に係わるよう…

Picture Australia、アルバム機能を追加

オーストラリア国立図書館が運営しているPicture Australiaは、オーストラリアの図書館・美術館等が所蔵する絵画や写真を集約して提供するサイトですが、この度デザインを一新し、新しく同じテーマの絵画・写真を特集しアルバムのように見せることのできるPicture Trailという展示を始めています…

11月 2日

Google、SNSのための共通API規格“OpenSocial”を公開

Googleが、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のユーザ・友人の情報や、登録されたコンテンツの閲覧・編集などを行うための共通API“OpenSocial”を公開しました。このOpenSocialに対しては、すでに世界シェア1位のMySpace、日本シェア1位のMixiなど、多くのSNSが対応することを表明しています…

ARL、「大学院生向け教育の向上に図書館が果たす役割」に関するフォーラムの資料を公開

北米研究図書館協会(ARL)が10月12日に開催した、大学院生向け教育の向上に図書館が果たす役割に関するフォーラムの資料を公開しています。Enhancing Graduate Education: A Fresh Look at Library Engagement, October 2007http://www.arl.org/resources/pubs/fallforumproceedings/forum07proceedings.shtml

ページ