アーカイブ - 2007年 11月

11月 19日

リエゾン・ライブラリアンのこれからの役割

リエゾン・ライブラリアン(サブジェクト・ライブラリアン)のこれからの役割について論じた文献レビューがE-LISで公開されています。The future role of the academic liaison librarian : A literature reviewhttp://eprints.rclis.org/archive/00011745/

1930年以前のドイツの雑誌リスト

ウィキソースは、一次資料の概論の作成を目指すウィキペディアの姉妹プロジェクトですが、このほどドイツのウィキソースは、オンラインで閲覧できる1930年以前のドイツの雑誌のリストを作成し、提供しています。Zeitschriftenhttp://de.wikisource.org/wiki/Zeitschriftenウィキソースは、一次資料の概論の作成を目指すウィキペディアの姉妹プロジェクトですが、このほどドイツのウィキソースは、オンラインで閲覧できる1930年以前のドイツの雑誌のリストを作成し、提供しています。

Zeitschriften
http://de.wikisource.org/wiki/Zeitschriften

PorticoがSpringer社のオンラインジャーナル824タイトルを保存へ

米国の電子ジャーナルアーカイビング事業であるPorticoはこのほど、Springer社のオンラインジャーナルコレクションのうち、824タイトルを保存する契約をSpringer社と交わしたことを発表しました。Porticoのニュースリリースhttp://www.portico.org/news/103007.html参考:CA1597( No.288 ) 電子ジャーナルのアーカイ…

米国公文書館が地理空間情報を提供する政府のポータルサイトへ参加

米国公文書館(NARA)はこのほど、政府が運営する地理空間情報のポータルサイトGOS(Geospatial One Stop)に参加していることを発表しました。今回GOSで検索可能なNARAの資料は境界図、環境地図、沿岸地図やそのデータファイルなど多様なカテゴリー、フォーマットのデータとなっています。なおこれらは、NARAと米国議会図書館(LC)が共同で運営している、GOSの歴史コレクションチャンネルで検索できます。

Geospatial One Stop
http://gos2.geodata.gov/wps/portal/gos/kcxml/04_Sj9SPykssy0xPLMnMz0vM0Y
_QjzKL944PMbYESYGYfkAWupAFhpCJpRdCzNcjPzdV31s_QL8gNzQ0otxREQACawgb

11月 16日

OPAC用iGoogleガジェットの作り方を説明したプレゼン資料

図書館のOPACを検索できるiGoogle(※Googleのパーソナライズ機能)用ガジェットの作り方を説明したプレゼンテーション資料が、“slideshare”で公開されています。作者は米国陸軍指揮・幕僚大学(USACGSC)のシステムズ・ライブラリアンであるメッツ(Ed Metz)氏です。iGoogle Gadgets @ Your Libraryhttp://www.…

2007年度NACSIS-CAT/ILLワークショップの講義資料と成果物

国立情報学研究所(NII)が、2007年10月に実施したNACSIS-CAT/ILLワークショップの講義資料と、参加者によるグループ発表の成果物を公開しています。教育研修事業 - NACSIS-CAT/ILLワークショップ - 過去の記録及び成果等 - 平成19年度http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/ciws/h19/index.html

検索サービスに関する実態調査

Webマーケティングに携わる人向けの情報サイトWebマーケティングガイドとインターネット調査会社のボーダーズは、検索サービスの利用実態に関する調査を実施しており、このほど、その最新結果をウェブサイトで公開しています。この結果から、検索サービスで検索数が多いジャンルは「趣味…

大学図書館研究 (80)

大学図書館研究No.80 (Aug. 2007)<80号記念特集>わが図書館のコアコンピタンス一橋大学附属図書館の蔵書管理とその利用 - 大学図書館ランキングにみるコア・コンピタンス - 豊田 裕昭・高橋 菜奈子アジア貴重古籍保全事業への取り組み 〜東京大学東洋文化研究所図書室を例にして栗林 久美子・…

NIHのパブリックアクセス方針、拒否権覆らず

11月13日に、ブッシュ大統領が拒否権を行使したNIHのパブリックアクセス方針に関する法案(FY08 Labor- HHS Bill)は、15日に行われた下院での再採決の結果、法案再成立に必要な3分の2の賛成に2票足りず(賛成277票、反対141票)、拒否権は覆らなかったそうです。House fails to override Bush veto of bill contai…

NDL、公開シンポジウム「デジタル時代における図書館の変革 −課題と展望−」記録集を公開

国立国会図書館(NDL)が、2006年1月26日に開催した公開シンポジウム「デジタル時代における図書館の変革 −課題と展望−」の記録集をウェブサイトで公開しています。公開シンポジウム記録「デジタル時代における図書館の変革 −課題と展望−」http://www.ndl.go.jp/jp/publication/proceedings/digital_era/

研究評価にビブリオメトリックス的手法を用いるには?(英国)

英国大学協会(Universities UK: UUK)が、研究評価にビブリオメトリックス(Bibliometrics、計量書誌学)的手法を用いるにはどのようなことを考慮する必要があるか、引用数や記事数を基礎としたビブリオメトリックスでどのような指標が明らかになるのか、について調査した報告書"The use of bibliometrics…

家庭における読書活動の実態は?(日本)

ベネッセ教育研究開発センターが、小中高の生徒の保護者約500人に対して行った家庭での読書活動、読書推進についてのアンケート調査の結果を発表しています。年齢があがるにつれて読書量は減っていくこと、子どもの読書活動を推進するために行っていることのトップは図書館に連れていく…

11月 15日

LC「書誌コントロールの将来」プレゼンテーションが行われる

米国議会図書館(LC)「書誌コントロールの将来」ワーキンググループによる報告書素案のプレゼンテーションが、11月13日に実施されました。素案そのものは、11月30日までに公表されるとのことで、11月15日の時点で、「書誌コントロールの将来」ワーキンググループのウェブサイトにも、アッ…

“Microsoft Word”文書を“DAISY”フォーマットで保存するプラグインを配布へ

マイクロソフト社とDAISYコンソーシアムが、“Microsoft Word”フォーマットの文書ファイルを“DAISY”xmlフォーマットで保存するプラグインを、2008年上半期に配布すると公表しています。Microsoft Word files to serve as talking books(LISNews 2007年11月13日記事より)http://www.lisnews.org/node/28203Microsoft Word files to spea…

RDAの構成が変更:10月に開催されたRDAの会議報告公表

「資料の記述とアクセス(RDA: Resource Description and Access)」のJoint Steering Committeeから、10月15日〜20日に開催された会議の報告が公開されています。今回の会議で、RDAのデータ要素(data elements)をFRBRの実体(FRBR entities)と利用者タスク(user tasks)の両方に、より密接に関連付けるため、RDAをこれま…

米国連邦裁判所の判例を無償で利用可能に

Public.Resource.OrgとFastcase社が共同で、1,800万件に及ぶ、米国連邦裁判所の判決文をフリーで提供することを発表しています。1950年以降の連邦巡回裁判所の判決文と、1754年以降の連邦最高裁判所の判決文も提供するとのことです。1.8 million pages of federal case law to become freely available.http://public.resource.org/c

ブッシュ大統領、NIHのパブリックアクセス方針に関する法案に拒否権を行使

2007年7月に下院で、10月には上院で可決されたNIHのパブリックアクセス方針に関する法案(FY08 Labor- HHS Bill)に対し、11月13日、ブッシュ大統領は拒否権を行使しました。米国図書館協会(ALA)は早速、拒否権を覆す投票に向けて、議員に対するアピール活動を開始しています。なお米国では、両…

LC、障害者向けデジタルダウンロードプロジェクトの拡大を発表

米国議会図書館(LC)の視覚障害者および身体障害者のための全国図書館サービス(LC/NLS)はこのほど、より多くの利用者がデジタル録音図書(Digital Talking Book)をダウンロードしたり、読んだりできるよう、また、より洗練したサービスを利用者が享受できるよう、2006年10月から取り組んでいる…

11月 14日

Library of the Year 2007は愛知川図書館が受賞

これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関に対して、NPO法人の知的資源イニシアティブ(IRI)が授与している“Library of the Year 2007”の大賞が11月9日に発表され、愛荘町立愛知川図書館(滋賀県)が受賞しました。Library of the Year 2007http://iriweb.fc2web.com/forum/loy07.html

ロチェスター大学の次世代目録プロジェクト“XC”第1フェーズの最終報告書

米国ロチェスター大学のリバーキャンパス図書館が中心となって開発している次世代OPAC“eXtensible Catalog(XC)”の開発第1フェースが終了し、その報告書が公開されています。XCは、デジタル資料・非デジタル資料をともに扱うことができ、ソーシャルタギング、FRBR化、他システムへのデータ共有…

ページ