アーカイブ - 2007年 11月

11月 22日

SLA、2007年SLA加盟館の職員給与調査結果を発表

専門図書館協会(SLA)が、米国、英国、カナダ、英国以外の欧州の4地域における、2007年4月1日時点でのSLA加盟専門図書館職員の給与調査結果を発表しました。報告書本編は有料ですが、概要はウェブで公開されています。米国の場合、平均給与は69,446ドル(約764万円)で、昨年よりも5.1%増加と…

学術コミュニケーションの変革に学生はどのように関わるか

C&RL News Vol.68, No.10に、学術コミュニケーションの変革運動に学生をどう巻き込むかというテーマで、ACRLの学術コミュニケーション委員会のJoyce L. Ogburn副委員長がエッセイを書いています。学術コミュニケーションのシステムの中で学生はどのような位置づけか、これまでどのようにオープンアク…

JISCとSCONUL、大学図書館における図書館システムに関する調査を実施

英国情報システム合同委員会(JISC)と英国国立・大学図書館協会(SCONUL)が協同して、英国の大学図書館における図書館システムに関する調査を行っています。2008年1月に予定されている報告書では、現在の図書館システムのマーケット・トレンドを精査するとともに、図書館システムから最も…

英国の大学図書館における資料廃棄の実態

電子ジャーナル等デジタルコンテンツの広がり、また学習用スペースへの要求などを背景に、英国の大学図書館では紙媒体の資料の廃棄が増加している、というニュースが、Times Higher Education Supplement誌に掲載されています。英国国立・大学図書館協会(SCONUL)の統計を元にしたこの記事によれば…

11月 21日

英国図書館、血友病、エイズ患者およびその遺族のインタビューを公開

英国図書館が、2つのプロジェクト“Haemophilia and HIV Life History Project”と“HIV in the Family”の一環として、血友病とエイズの患者や、その遺族におこなったインタビュー記録を公開すると発表しています。エイズ発症患者30名(うち1名はすでに死亡)、および遺族26名から聞き取った、患者本人や周…

“OpenDOAR”登録リポジトリ数1,000件突破

英国の機関リポジトリ推進プログラムSHERPA(Securing a Hybrid Environment for Research, Preservation and Access)が運営する、機関リポジトリのディレクトリ“OpenDOAR”の登録リポジトリ数が、1,000件を突破したそうです。OpenDOAR now includes 1000 repositorieshttp://www.jisc.ac.uk/Home/news/stories/2007/11/sherpa.aspxOpenDOARhttp://www.opend

“WorldCat.org”の機能が拡張:論文の電子版が購入可能に

“WorldCat.org”に新たな機能が追加され、論文の電子版の購入ができるようになりました。電子版論文は“Get It”から購入可能で、英国図書館が提供するとのことです。学術雑誌約2万タイトルが対象となるそうです。また、2月にベータ版が公開された“Worldcat Identities”へのリンク機能が追加され…

“Copyright Alliance”、米国大統領選挙候補者に著作権保護に関する書簡を送付

米国出版社協会(AAP)をはじめ、業界団体や企業など44組織が参加する団体“Copyright Alliance”が、2008年の米国大統領選挙候補者17名に対し、著作権保護制度の維持と著作権産業の保護に関する書簡と質問書を送付し、情報提供を求めたと発表しています。Copyright Alliance Calls on Presidential Candidates to S…

「パテントフロンティアの開拓に向けて(案)」を知的財産推進本部が公開

首相官邸の知的財産推進本部内に設置されている、「知的財産による競争力強化専門調査会」が、第3回(11月21日開催)の配布資料として、「パテントフロンティアの開拓に向けて(案)」(以下、「報告書」と略)を公表しています。5月に決定された「知的財産推進計画2007」において、分野別…

カナダ国立図書館文書館、カナダ連邦政府のウェブ・アーカイブを公開

カナダ国立図書館・文書館(LAC)は11月20日から、カナダ連邦政府のウェブアーカイブのウェブ上での公開を開始したと発表しています。LACに設置されている“Government of Canada Web Archive (GCWA)”から閲覧ができ、キーワード、省庁名、URL、ファイルタイプなどで検索することもできるそうです。
カナダ連邦政府のウェブアーカイビングは2005年12月から始まり、2006年12月からはLAC館内で公開が始まりました。ウェブサイトは年に2回の割合でアーカイビングされ、収集したデータはすでに約1億件に達し、容量も4テラバイトを突破しているそうです。

LAC's Government of Canada Web Archive
http://www.collectionscanada.ca/whats-new/013-315-e.html

Government of Canada Web Archive

「著者の権利」に関する情報へのまとめサイト、ARLが作成(米国)

北米研究図書館協会(ARL)が、学術著作物の「著者の権利」に関するまとめサイト「著者と著作権(Authors and Their Rights)」を公開しています。冒頭で出版社に対する著作権譲渡がもたらす不利益と、不利益から逃れるための戦略を掲げているほか、「著者の権利」に関する情報や「著者の権利」…

米国芸術基金、米国人の読書を分析した報告書を刊行

米国芸術基金(NEA)が11月19日、40の読書調査の統計をもとに米国の子ども・ティーン・成人の読書に関してとりまとめた報告書“To Read or Not To Read: A Question of National Consequence”を刊行しました。2004年に刊行した報告書“Reading at Risk”のフォローアップという位置づけで、さらに読書をしなくなっ…

11月 20日

タフト大学のPerseus Digital Library、ソースコードもコンテンツも公開

米国タフト大学が提供している、古代エジプト・ギリシャ・ラテン語やルネサンス期の英語など、時代・地域を越えた各種言語のテキスト・画像のデータベース“Perseus Digital Library”が、そのソースコードを公開しました。もともとオープンソースで開発されていたのですが、安定版になってか…

ARL、大学出版に関する論集を刊行

北米研究図書館協会(ARL)が、隔月で刊行している“Bimonthly Report”の2007年6月・8月合併号(252・253合併号)として、大学出版に関する論集を刊行しています。ARL Bimonthly Report 252/253http://www.arl.org/resources/pubs/br/br252-253.shtmlThe Changing Environment of University Publishingby Karla Hahn, Director, ARL Office of Scholarly Commu…

英国の文化遺産関連機関のCA/CC利用率は?

英国のEduserv財団が、英国の107の文化遺産関連機関が、作成したデジタルコンテンツにどれだけクリエイティブ・アーカイブ(CA:クリエイティブ・コモンズを参考に、資料の複製利用などに対する明示的なライセンスを作品に付与したBBC等のアーカイブプロジェクト)またはクリエイティブ・コ…

IFLA Journal 33(3)

IFLA Journal 33(3)が刊行されました。今号には、下記の論文のほか、IFLAダーバン大会の報告も掲載されています。IFLA JournalVol.33 No.3 (2007)http://www.ifla.org/V/iflaj/IFLA-Journal-3-2007.pdf“Tomorrow Never Knows”: the end of cataloguing?Alan DanskinThe Ubiquitous Library for the Blind and Physically Handicapped – a case study of the I.G. Sangnam …

Elsevier、インターネットリソースに関するソーシャルブックマークを開始

Elsevier社が、ScopusとScienceDirectと連動したイニシアティブとして、ブログ・ウェブサイト・研究論文などのインターネットリソースに関するソーシャルブックマークサービス“2collab”を立ち上げています。2collabhttp://www.2collab.com/November 19, 2007付けPeter Scott's Library Blogの記事http://xrefer.blogspot.c

米アマゾン、電子ブックリーダー“Kindle”を発表

米Amazon.comが、電子ブックをはじめ新聞、雑誌、ブログなどをダウンロードして読むことができる電子ブックリーダー“Kindle”を発表し、発売を開始しました。これは、携帯電話と同じネットワークを使い、PCがなくてもコンテンツをダウンロードできるようになっているとのことです。Amazon.comは…

11月 19日

知的財産戦略本部・知的財産による競争力強化専門調査会が4点の調査研究報告書を公表

首相官邸の知的財産戦略本部に置かれた調査会のひとつである知的財産による競争力強化専門調査会が、10月30日に開催した第2回調査会の議事次第を公表しています。この中に配布資料として、ライフサイエンス分野、情報通信分野、環境分野、ナノテクノロジー・材料分野の4つの分野に関する…

JCRとScopusでインパクト・ファクターを比較する試み

Thomson Scientific社のJournal Citation Reports(JCR)を用いたインパクト・ファクター(Impact Factor)と、Elsevier社のScopusから計算したインパクト・ファクターとを比較するという研究論文がE-LISで公開されています。Comparing two "thermometers": Impact factors of 20 leading economic journals according to Journal Citation Reports and Scopush…

ページ