アーカイブ - 2007年 11月 14日

Library of the Year 2007は愛知川図書館が受賞

これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関に対して、NPO法人の知的資源イニシアティブ(IRI)が授与している“Library of the Year 2007”の大賞が11月9日に発表され、愛荘町立愛知川図書館(滋賀県)が受賞しました。Library of the Year 2007http://iriweb.fc2web.com/forum/loy07.html

ロチェスター大学の次世代目録プロジェクト“XC”第1フェーズの最終報告書

米国ロチェスター大学のリバーキャンパス図書館が中心となって開発している次世代OPAC“eXtensible Catalog(XC)”の開発第1フェースが終了し、その報告書が公開されています。XCは、デジタル資料・非デジタル資料をともに扱うことができ、ソーシャルタギング、FRBR化、他システムへのデータ共有…

福岡市総合図書館、第63回FIAF東京会議2007での活動をウェブで紹介

映画フィルムの保存に関する国際組織・国際フィルム・アーカイブ連盟(FIAF)の第63回国際会議が、2007年4月に東京で開催されました。FIAFに準会員として加盟しており、同会議で発表した福岡市総合図書館が、会議の模様と同館の発表内容を紹介するウェブページを作成しています。ちなみに同…

ebrary社、研究者900人の情報行動を分析した調査報告書を発表

ebrary社が、世界各国の研究者約900人に対して行った、研究情報活動に関するアンケート調査"2007 Global Faculty E-book Survey"の結果を発表しています。この調査は200人以上の図書館員とともに作られたもので、調査結果から次のような分析をしています。・冊子体の方を好む研究者は18%に対して、電子…

日本図書館情報学会誌 53(3) 2007.9

日本図書館情報学会誌, 53(3), 2007.9
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jslis/journal/journal53.html

企業内専門図書館における情報専門職の職務に関する一考察
青柳英治

医学・医療系図書館員の認定資格制度
長谷川昭子

「司書講習等の改善に関することについて(報告)」
根本彰

OCLC NetLibraryで日本語電子ブックの本格提供が始まる

2007年11月から、OCLCのNetLibraryサービスで日本語の電子ブックの本格提供が開始されました。提供されているのは、OCLCの国内代理店である紀伊國屋書店が学術・教養系出版社と契約したタイトルで、2007年度末までに10社、合計300冊以上を提供することが予定されています。また、今後も各出版社へ…

文化審議会著作権分科会 過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会(第8回)配布資料・議事録

2007年9月27日に開催された、文化庁の文化審議会著作権委員会に設置されている「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会」第8回の配布資料・議事録が、文部科学省のウェブサイトで公開されました。著作権分科会 過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会(第8回)議事録・配付資料…

発展途上国の人々への電子教科書の無料提供を目指す“GLOBAL TEXT PROJECT”

米国を中心に世界中の研究者たちの協力のもと、電子教科書を作成し、それをウェブサイトを通じて無料配布しようという“GLOBAL TEXT PROJECT”が進行しています。インターネット環境が十分でない地域のことも考慮し、教科書はCDやDVD、紙といった媒体での配布も可能にする予定だということです…

DPEがデジタル資料保存に関する問題の討議資料を公表

DigitalPreservationEurope(DPE)はこのほど、デジタル資料保存に関する議論をさらに活発化するために、「挑発的」で「賛否両論がある」という討議資料“Why Appraisal is not‘Utterly’Useless and why it's not the Way to Go either”をまとめ、公開しています。全てのデジタル資料を保存するのは不可能であ…

ナイジェリアの全図書館にインターネットが導入されることに

新華社通信の報じるところによると、ナイジェリア国立図書館(NLN)が管理する全てのナイジェリアの図書館が、2008年までにインターネットに接続する予定だということです。NLNの最高責任者は、図書館がインターネットに接続されたことは、国立ヴァーチャル図書館実現のための第一歩である…

E719 - CDNLAO 2007カントリーレポート(2)中国,韓国

中国 中国では2006年,情報ネットワーク環境下における著作権者の公衆送信権を保護するとともに,優れた作品の流通を促進することを目的とした「情報ネットワーク送信権保護条例(Regulations on the Protection of the Right of Communication through Information Network)」が成立した。同条例の第7条では,非営…

E718 - 米国学校図書館員協会,「21世紀の学習者のための基準」を公表

米国図書館協会(ALA)の1組織である米国学校図書館員協会(AASL)は2006年から,学校図書館メディアプログラム(CA1361参照)のための新しい学習基準の作成に取り組んでいたが,2007年10月25日にネバダ州リノで開催された第13回AASL年次大会の場で,その内容が発表された。 新基準ではまず最初…

E717 - 欧州議会も欧州デジタル図書館計画の促進に向けた決議を採択

欧州連合(EU)が進めている「i2010:欧州情報社会2010:成長と雇用のための欧州情報社会(i2010:A European Information Society for growth and employment)」において,欧州デジタル図書館(European digital library:EDL)の設立は最重要プロジェクトの一つとされている(E390,E461,CA1632参照)。すでにフランス国…

E716 - オレゴン州ジャクソン郡の全公共図書館,業務委託により再開館

“Secure Rural Schools and Community Self-Determination act”の期限切れによる財政難から,2007年4月以来全公共図書館が閉鎖されていた米国オレゴン州ジャクソン郡において(E649参照),全公共図書館が再開館されることになった。まず10月24日からメドフォード(Medford),アシュランド(Ashland)の両図書館…

E715 - 青空文庫,『青空文庫 全』を全国の公共図書館等へ寄贈

青空文庫は,著作権の消滅した作品と著作権者が公開に同意した作品を電子化してウェブ上で無償提供している電子図書館である。このほど開設10周年を迎えたことを記念し,青空文庫と日本図書館協会との協賛事業として,公共図書館および大学・短大・高専付属図書館計3,000館,高校図書館約…

E714 - 図書館蔵書デジタル化の「パートナー」をどう選ぶか?

Googleによる書籍検索サービス「Googleブック検索」,またその対抗馬としてMicrosoftが展開している“Live Search Books”のいずれかと提携して,蔵書を大規模にデジタル化する図書館が増えている中,誰もが自由に利用できるという「オープン」の考え方を尊重し,Internet ArchiveとYahoo!が主導するデジタ…

[お知らせ]カレントアウェアネス-E117号発行

『カレントアウェアネス-E』117号を発行しました。□目次□■E714■ 図書館蔵書デジタル化の「パートナー」をどう選ぶか?■E715■ 青空文庫,『青空文庫 全』を全国の公共図書館等へ寄贈■E716■ オレゴン州ジャクソン郡の全公共図書館,業務委託により再開館■E717■ 欧州議会も欧州デ…