アーカイブ - 2007年 10月 3日

米受刑局、刑務所への宗教に関する書籍の返還を決定

米国司法省の受刑者局(Bureau of Prisons)がテロ対策のために刑務所内の図書館にある宗教に関する書籍を大量に撤去していることが先日報道されましたが、このほどこうした措置に対し、宗教団体や市民自由主義者、米国議会議員から抗議があり、同局は急進的なものや暴力的なものを除く書籍…

臨床試験に関するPLoS発行誌収録論文を集めたデータベース、“PLoSHub”

Public Library of Science(PLoS)が、2007年9月よりPLoSが発行しているオープンアクセス誌から臨床試験に関する論文を収集したデータベース、“PLoSHub”の提供を開始しました。今のところ、PLoSが発行している全ての雑誌から論文を収集しているわけではありませんが、将来的にはPLoS発行の全誌、さら…

明治大学図書館、情報リテラシー教育のプログラムが特色GPに採択される

明治大学図書館は、情報リテラシー教育の活動プログラム「教育の場としての図書館の積極的活用」が、文部科学省の平成19年度「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に採択されたと発表しています。このプログラムでは、図書館を教育の場と積極的に位置づけ、正課授業「図書館活用…

NIHが遺伝子臨床データに関するデータセット“SHARe”の提供開始

国立衛生研究所(NIH)は、世界中の研究者がウェブを通じて自由に利用できるものとしては最大規模を誇るものの1つとなる、遺伝子臨床データに関するデータセット“SHARe”の提供を開始しました。NIHのニュースリリースhttp://www.nih.gov/news/pr/oct2007/nhlbi-01.htmSHARehttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/projects/gap/cgi-bin

現代の図書館 45(2)

「現代の図書館」vol.45 no.2http://jlakc.seesaa.net/article/53150773.html小特集:図書館資料の汚破損―利用者のモラルと公共財のリスクマネージメント小特集にあたって須永和之汚破損を不快に思う利用者からの提言諸橋孝一図書館のモラルを生き延びる道を教えよ―新聞投書に見る図書の書き込み・切り…

現代の図書館 45(1)

「現代の図書館」vol.45 no.1 http://jlakc.seesaa.net/article/48136716.html特集:図書館サービスと出版流通の課題図書館サービスと出版流通の課題―図書館流通は変わってきたのか蔡星慧学術情報流通における大学図書館と大学出版橋元博樹出版社として図書館に望むこと松本功地方出版の昨今川上賢一情…

シカゴ大学図書館の試みClass Librarian

C&RL News誌に、シカゴ大学図書館(University of Chicago Library)によるClass Librarianの試みについての報告が掲載されています。Class Librarianは、図書館員がそれぞれの専門分野・学部を受け持ち、1年から4年の間ずっとそのクラスの担当として、学生からの質問・相談に応じるというプログラムです。研究…