アーカイブ - 2007年 1月 30日

NII、学術情報リテラシー担当者研修資料・成果物を公開

国立情報学研究所(NII)が、2006年10月と11月に開催した、学術情報リテラシー教育担当者研修の資料を公開しました。同時に、研修の成果物として、参加者の班別発表資料も公開されました。学術情報リテラシー教育担当者研修 平成18年度 カリキュラムおよび講義資料 - 国立情報学研究所 教…

NII、学術ポータル担当者研修の「成果物」を公開

国立情報学研究所(NII)が、2006年7月と8・9月に開催した学術ポータル担当者研修の成果物として、研修プログラム内の企画発表(機関リポジトリのプレゼンテーション)資料と、研修のレポートを公開しています。学術ポータル担当者研修 平成18年度 成果物(研修後レポート) - 国立情報学研…

“Open J-Gate”:世界最大(?)のオープンアクセス誌ポータル

“Open J-Gate”という、世界最大をうたうオープンアクセス英語誌のポータルが公開されています。2007年1月30日現在、3950誌が登録されています。OAのピアレビュー誌のポータルとしてはDOAJが有名ですが、DOAJとは異なり、ピアレビュー誌のほか、専門雑誌、業界紙も登録されています。また、以下…

市内の350公共図書館の利用カード共通化は可能か?(ロンドン)

ロンドン市内の350以上の公共図書館では現在、図書館システムが共通化されておらず、ほとんどの図書館が別々に利用者カードを発行している状況です。そこで英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)は、1枚の利用者カードでロンドン市内の全公共図書館を利用できるようにすることが可…

図書館における研究、評価、エビデンス収集の状況(英国)

英国のEvidence Baseが、図書館におけるEvidence Based Practiceの現状把握をするため、各図書館での研究やエビデンス収集の取り組み状況を調査し、その結果を公表しています。概要編のほか、児童図書館、専門図書館、大学図書館、公共図書館など、館種別のレポートもあがっています。アンケート送…