アーカイブ - 2007年 1月 25日

NII学術コンテンツサービス研究開発センター、ウェブサイトを開設

国立情報学研究所(NII)の学術コンテンツサービス研究開発センターが、ウェブサイトを立ち上げています。まだコンテンツはあまりありませんが、今後、開発中のシステムの試験公開などがこのサイトで行われるようです。NII学術コンテンツサービス研究開発センターhttp://www.nii.ac.jp/cscenter/

Journal of Documentation 62(6)

Journal of DocumentationVolume 62, Number 6 (2006)http://www.emeraldinsight.com/Insight/viewContainer.do?containerType=Issue&containerId=24422On user studies and information needs Requires login or subscriptionT.D. Wilson Users, user studies and human information behaviour: A three-decade perspective on Tom Wilson's “On user studies and information needs” Requires login or subsc…

Journal of Documentation 62(5)

Journal of DocumentationVolume 62, Number 5 (2006)http://www.emeraldinsight.com/Insight/viewContainer.do?containerType=Issue&containerId=24230Audiovisual materials in UK public libraries: economic sense? Requires login or subscriptionAnne Morris, Catherine Ayre, Amy Jones Information literacy landscapes: an emerging picture Requires login or subscriptionAnnemaree LloydThe invisible web: an emp…

Reference & User Services Quarterly 46(1)

Reference & User Services QuarterlyVolume 46, Number 1 (Fall 2006)http://www.rusq.org/index.php/category/issues/46-no-1/The Alert CollectorFair Use in the Digital Environment: A Research GuideMelanie SchlosserImformation Literacy and InstructionFaculty-Librarian Collaboration to Achieve Integration of Information LiteracyJoyce Lindstrom, Diana D.ShonrockReaders' AdvisoryIncorporating…

Reference & User Services Quarterly 45(4)

Reference & User Services QuarterlyVolume 45, Number 4 (Summer 2006)The Alert CollectorPenning Hollywood: Resources for Would-be ScreenwritersAmber PrentissCommunity BuildingRebuilding Community in Louisiana After the Hurricanes of 2005Alma Dawson, Kathleen de la Pena MccookImformation Literacy and InstructionInformation Literacy in Community CollegesFocused on LearningLeslie A.WarrenReaders’…

Reference & User Services Quarterly 45(3)

Reference & User Services QuarterlyVolume 45, Number 3 (Spring 2006)The Alert CollectorEldercare and CaregiversBuilding a Basic CollectionCheryl MccallipsCommunity BuildingConspicuous by Their AbsenceAcademic Libraries in the Engaged UniversityLynn C.WestneyReaders’ AdvisoryImproving the Model for Intercative Readers' Adbisory ServiceNeil HollandsImformation Literacy and Instructio…

College & Research Libraries 67(6)

College & Research LibrariesVol.67 No.6 (Nov. 2006)From Percepections to Connections: Informing Information Literacy Program Planning in Academic Libraries Through Examination of High School Library Media Center CurriculaRamona L.Islam, Lisa Anne MurnoThe Blended Librarian: A Job Announcement Analysis of the Newly Emerging Position of Instructional Design LibrarianJohn D.ShankAn Analysis of Onl…

ウェブマスターに役立つメタ・サーチエンジン

図書館においても検索エンジン最適化(SEO)を図る必要性が言われていますが、英国に本拠を置く検索エンジン『Zippy』が、図書館のウェブマスターに役にたつメタサーチエンジンとして、紹介されています。英国に本拠を置く検索エンジンで、大手検索エンジンの検索結果を同時に表示し、そ…

アナーバー地域図書館、Social OPACをリリース!

ミシガン州アナーバーの公共図書館であるAADL(アナーバー地域図書館:Ann Arbor District Library)が、ソーシャルネットワーキングを取り込んだ新しい蔵書検索システムをリリースしました。Social OPACを略して『SOPAC』とよんでいるようです。『SOPAC』では、アカウントを持った図書館利用者が、書誌デ…

知的財産権本部、公共的デジタル・アーカイブの促進に向けた政策を検討中

報道各誌で取り上げられていますが、政府の知的財産権本部がコンテンツ産業の振興に向けて著作権法や放送法等の改正を目指すことを決めたようです。その一環として、公共的デジタル・アーカイブにおける著作物の収集・保存・利用を円滑に進められる方策が検討されています。1月22日のコ…報道各誌で取り上げられていますが、政府の知的財産権本部がコンテンツ産業の振興に向けて著作権法や放送法等の改正を目指すことを決めたようです。その一環として、公共的デジタル・アーカイブにおける著作物の収集・保存・利用を円滑に進められる方策が検討されています。1月22日のコンテンツ専門調査会企画ワーキンググループ(第4回)で議論された報告書案「世界最先端のコンテンツ大国の実現を目指して(案)」には次のように記されています。

3一般ユーザーが著作物を楽しむ機会を充実する
iii)コンテンツの保存・収集・利用の促進
公共的なデジタル・アーカイブにおける著作物の収集・保存や、絶版等に至った著作物で一般ユーザーが入手困難なものの提供など非営利目的や商業的利用と競合しない利用について、クリエーターへの補償措置も考慮しながら、コンテンツの保存・収集・利用を円滑に進められる方策を検討する。

6月にまとめる「知的財産推進計画2007」に盛り込み、秋以降の法整備を目指すこととなる。

Library2.0時代の図書館:会話のファシリテーターとしての図書館像(米国)

シラキュース大学のランケス(R.David Lankes)教授らが取りまとめた『Participatory Networks : The Library as Conversation』(参加加型ネットワーク:会話としての図書館)のファイナルバージョンが公開されました。これは、ALA(米国図書館協会)の情報技術政策局(Office of Information Technology. Policy:OITP)の…