アーカイブ - 2006年 7月

7月 31日

Wikiで作成された地域史辞典:Web版尼崎地域史事典『apedia』

尼崎市立地域研究資料館は神戸大学文学部地域資料センターと共同で、1996年に冊子体で刊行した『尼崎地域史辞典』(尼崎市立地域研究史料館編集)と尼崎市史年表の電子化をおこない、『apedia』の名称で7月20日に公開しました。Wikipediaを参考にして作成したとのことです。
電子化にあたり、冊子体刊行から10年が経過していることから内容の改訂が行われているほか、引き続き項目の追加や文章・写真の追加・修正を加えてゆくそうです。

『apedia』
http://renkei.lit.kobe-u.ac.jp/amagasaki/apedia/index.php

尼崎市立地域研究史料館
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/web/contents/info/city/
city03/chiiki-shiryokan/index.htm

JISCの2007-2009戦略計画案(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)が、2007年から2009年までの戦略計画案を発表し、意見募集を行っています。Draft JISC Strategy 2007-2009http://www.jisc.ac.uk/draft_strategy0709.html

想-IMAGINE Book Search-(日本)

新書マップやWebcatPlus、Wikipediaなど複数DBを連想検索エンジンGETAを用いて横断検索できるサイト「想-IMAGINE Book Search-」が公開されています。

想-IMAGINE Book Search-
http://imagine.bookmap.info/imagine

書籍や文化財、Wikipediaを横断検索できる「想」(ITmedia News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/28/news075.html

Googleの限界は「人の手」で破る――国産の新検索「想」(ITmedia News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/08/news115.html

Aslib Proceedings 58(3)

Aslib Proceedunga Vol.58 No.3 , 2006A content analysis of literature regarding knowledge management opportunities for librarians?Hazel van Rooi, Retha Snyman.Changing workplace demands: what job ads tell usMary Anne Kennan, Fletcher Cole, Patricia Willard, Concepción Wilson, Linda Marion.Evaluation of web sites for B2C e-commerceCharles Oppenheim, Louise Ward.Experiments to identify the ca…

公共図書館の利用、過去最高に(日本)

各新聞で報道されていますが、文部科学省の平成17年度社会教育調査中間報告が発表されています。2004年度に小学生が図書館から借りた本は平均18.7冊(2001年度に比べて1.6冊増)で過去最高となったことや、貸出利用者数(約1億6100万人、約12.7%増)や貸出冊数(約5億8100万冊、約11.5%増)でも過去…

7月 28日

First Monday, July 2006

First MondayVolume 11, Number 7 ― 3 July 2006FM10 Openness: Code, Science, and Content:Selected Papers from the First Monday Conference, 15–17 May 2006(Some papers published in the June 2006 issue of First Monday)------------------------------------------Monday morning, 15 May 2006: Open journalsTactical memory: The politics of openness in the construction of memoryby Sandra BramanOpen …

Library Quarterly 76(1)

Library QuarterlyVol.76 No.1 (2006.1)ARTICLESLibrary Quarterly, 1956–2004: An Exploratory Bibliometric AnalysisArthur P. YoungCodes, Costs, and Critiques: The Organization of Information in Library Quarterly, 1931–2004Hope A. OlsonCollection Management in the Library Quarterly, 1931–2005Charles B. OsburnLibrary Quarterly Management Literature, 1931–2004Arthur P. YoungUse…

Library Quarterly 75(4)

Library QuarterlyVol.75 No.4(2005.10)A Phenomenological Study of an Emergent National Digital Library, Part I: Theory and Methodological FrameworkMarija Dalbello"For Poor Nations a Library Service Is Vital": Establishing a National Public Library Service in Tanzania in the 1960sAnthony OldenA Neighborhood Analysis of Public Library Use in New York CityAndrea C. Japzon and Hongmian GongInformati…

American Libraries 37(6)

American LibrariesVol.37 No.6 (2006. 6/7)Special News ReportsA Glimpse at the Future of Online ConferencesMEREDITH FARKASHosting It Huge in HoustonBY LEONARD KNIFFELFeaturesThe Crux of Our CrisisBY JOHN PHILIP MULVANEY and DAN O’CONNORWhy Survival Is Not EnoughBY RICHARD J. COXBuilding Stronger BridgesBY RICHARD M. DOUGHERTYInformation Science: Not Just for Boys AnymoreBY JENNIFER GILLEYFamil…

インドのオープンアクセス事情

インドのオープンアクセス事情に関する論文が、情報科学に関する電子図書館dLISTに掲載されています。Open access - current developments in Indiahttp://dlist.sir.arizona.edu/1255/July 28, 2006付けResource Shelfの記事http://www.resourceshelf.com/2006/07/28/new-papers-library-and-information-science-faculty-in-japan-open-access-in-india/

Cataloging & Classification Quarterly 41(2)

さきごろ刊行されたCataloging & Classification Quarterly 41(2)では、「図書館目録教育:世界的視点から考える:Part.1」が特集されています。アフリカ大陸、およびアジアの各国における目録教育について、8本の論文が掲載されています。なお次号では、Part.2が掲載される予定とのことです。-----------------…

Survey on Faculty of Library and Information Science Education in Japan

情報専門職の養成に向けた図書館情報学教育体制の再構築に関する総合的研究(LIPER)の一環として行われた、司書資格科目担当教員に対する意識調査の調査報告(英語版)が、情報科学に関する電子図書館dLISTに掲載されています。Tsuji, Keita et al. Survey on Faculty of Library and Information Science Education i…

LC、逐次刊行物のアクセスレベルレコードWG最終報告書を発表

LCは、利用者の検索・発見プロセスに効果的な項目だけを記述する最小限の目録レコードとして「アクセスレベルのMARC/AACRレコード」を検討してきました。このほど、その逐次刊行物版についてのワーキンググループ最終報告書が公開されました。調査によってばらつきはあったものの、平均し…

LCのシリーズ典拠への対応について、ALAが議会下院運営委員会に陳述書を提出

既報の通り2006年6月1日から、LCはシリーズ典拠の新規作成・更新などを中止しましたが、ALAはこれらの決定に対する陳述書を、米国議会下院運営委員会(the Committee on House Administration)に提出したと発表しました。ALA submits testimony against Library of Congress cataloguing changeshttp://www.ala.org/Template.cfm?Section=pre

図書館から本を盗んだ理由−高知市民図書館の一事例から

高知新聞の報道によると、高知市民図書館の本を盗んだホームレスの男が先日窃盗容疑で逮捕されましたが、盗んだ理由について、住所不定で同館の図書利用カードが作れないため盗んだと述べたとのことです。図書館の本を盗んだホームレス男逮捕 高知署. 高知新聞. 2006-07-27.http://www.kochinews.c

Government Information Quarterly 23(2)

Government Information QuarterlyVolume 23, Issue 2, Pages 163-346 (2006)Assessing Section 508 compliance on federal e-government Web sites: A multi-method, user-centered evaluation of accessibility for persons with disabilitiesPaul T. JaegerScenario evaluation of municipal Web sites: Development and use of an expert-focused evaluation toolMenno de Jong and Leo LentzE-Government: Evolving relati…

情報経済社会の課題と展望(日本)

経済産業省の産業構造審議会 情報経済分科会が、2005年4月に取りまとめた「情報経済・産業ビジョン」のフォローアップとして、「情報経済社会の課題と展望」〜『情報経済・産業ビジョン』のフォロー・アップ〜」を取りまとめ、公開しました。IT経営、Web2.0、オープン・イノベーションなど…

7月 27日

現場の研究図書館員のためのアドヴォカシーツールキット

米国研究・大学図書館協会(ACRL)から、研究図書館の現場ではたらいている図書館司書・図書館職員のためのアドヴォカシー・ツールキットが公開されています。図書館の意義を訴えたり、利用を促したり、予算を獲得したりするための「交渉術」について学ぶことができるようになっています…

「Journal@rchive」に新たに収録される雑誌が選定される

科学技術振興機構(JST)は、平成18年度電子アーカイブ事業対象誌65誌を選定したと発表しました。順次電子化をおこなって今年度下期から来年度にかけて公開の予定とのことです。平成18年度電子アーカイブ対象誌の選定結果についてhttp://www.jst.go.jp/pr/info/info316/index.html平成18年度電子アー…

ページ