アーカイブ - 2006年 6月 6日

レファレンス事例データを業務にどう活用するか?

NDLが、『第2回レファレンス協同データベース事業参加館フォーラム記録集』を刊行しました。このフォーラムは2006年2月に、レファレンス事例データをどのように活用するかをテーマとして行われたもので、記録集では、東京都立中央図書館、慶應義塾大学信濃町メディアセンター(北里記念医…

文部科学省の新しい広報方針

文部科学省が、2005年から取り組んでいる「改行!計画」の一環として、「平成18年度広報基本方針・改行宣言2006」を策定し、発表しました。(1)現場の声を聞く、(2)見解を明確に示す、(3)効果的な情報発信を行う、の3つの行動指針を立て、職員が出前講座を行ったり、学校・研究所等を訪問して…

nature誌、Dublin CoreとPRISMのタグを用いたRSSを配信

科学雑誌natureを刊行するnature publishing group社が、nature誌をはじめとする各誌の更新情報をRSSで提供し始めました。特徴的なのは、このRSS(フォーマットはRSS1.0)にDublin Core、PRISMのタグを用いていることです。さらに、LCが進めているSRU(Search / Retrieve via URL)に対応するインターフェースの実験も…

図書館のガラスが落下?

カナダの図書館Grande Bibliotheque du Quebecでは、2005年4月の開館以来1年の間に、外装に取り付けられている装飾用ガラスが7枚割れて落下したそうです。原因はどうやら建物ときっちり溶接しすぎたことおよび急激な温度変化のようです。Grande Bibliotheque Issues Report on Falling Glass Panels.http://www.ala.org/ala/alon

NARAの公文書機密扱い状況−2005年度活動報告より

米国国立公文書館(NARA)の情報セキュリティ監視局(Information Security Oversight Office)から2005年の活動報告が公表されています。ここでは、特に2005年度における政府文書の機密扱い指定(または機密扱い指定の解除)の状況などが報告されています。

2005 Report to the President.
http://www.archives.gov/isoo/reports/2005-annual-report.pdf

NARA: Better approach needed for records. Washington Technology.
http://www.washingtontechnology.com/news/1_1/daily_news/28672-1.html

International Journal of Information Management 26(3)

International Journal of Information ManagementVolume 26, Issue 3, Page 179-260 (June 2006)・PapersElectronic trading platforms and the cost-effective distribution of open market option (OMO) pension annuitiesJens Hagendorff, Robert Hudson and Kevin KeaseyWebsite practices: A comparison between the top 1000 companies in the US and TaiwanChechen Liao, Pui-Lai To and Meng-Lin ShihAn evaluation o…

International Journal of Information Management 26(2)

International Journal of Information ManagementVolume 26, Issue 2, Pages 89-178 (April 2006)・PapersOnline business reporting: An information management perspectiveSusan P. Williams, Paul A. Scifleet and Catherine A. HardyMotives for establishing shared service centers in public administrationsMarijn Janssen and Anton JohaDomain names management and legal protectionFaye Fangfei WangA framework…

Library & Information Science Research 28(2)

Library & Information Science ResearchVolume 28, Issue 2, Page 169-346 (Summer 2006)・ARTICLESCreation and loss of sociotechnical capital among information professionals educated onlineMichelle M. KazmerVisualization-based information retrieval on the WebSherry KoshmanThe self-publishing phenomenon and librariesJuris Dilevko and Keren DaliThe librarian and the information scientist: Different …

Government Information Quarterly 23(1)

Government Information QuarterlyVolume 23, Issue 1, Page 1-162 (2006)SPECIAL ISSUE: OPEN GOVERNMENT IN CHINA・IntroductionIntroduction on open government information implementationJamie P. Horsley・ ArticlesIntroduction to open government information work by the Guangzhou municipal governmentGuangzhou Municipal Government Legal Affairs OfficeGuangzhou municipal provisions on open government i…

The International Information & Library Review 38(2)

The International Information & Library ReviewVolume 38, Issue 2, Page 49-100 (June 2006)Internet-based resources citation by undergraduate students: A case study of Library and Information Science students in BeninEustache MegnigbetoRole of Indian public libraries to increase the awareness of the community on HIV/AIDSMaitrayee GhoshAdministrative factors affecting employees absenteeism in acad…

英語公用語化を含む法案、上院を通過(米国)

ALAが反対を表明した英語公用語化条項を含んだ「包括的移民改革法案」("the Comprehensive Immigration Reform Act of 2006": S.2611)が2006年5月25日に上院を通過しました。ですが下院が議決した移民法制改正案との内容的な隔たりが大きく、今夏一杯かけて法案の摺り合わせがおこなわれる模様です。Competing Imm…