アーカイブ - 2006年 5月

5月 10日

E481 - 元気な高齢者への図書館サービスの在り方(米国)

CA1583で紹介しているとおり,米国の図書館界ではベビーブーマー世代の定年退職に伴う人員不足が懸念されている。しかし,ベビーブーマー世代の定年退職は,図書館職員の人口構成に影響を及ぼすに留まらない。健康で,活動的な高齢者が大幅に増加するということになり,図書館もこれらの…

E480 - ブックスタート事業の拡大(英国)

英国では1992年以来,乳児がいる家庭に本を贈り,親と子がいっしょに本にふれる機会を促進する国家プログラムとして,ブックスタート(Bookstart)事業が行われている(CA1498参照)。2008年までという時限付きの措置ではあるものの,2005年10月からブックスタートはさらに拡大され,英国の乳幼…

E479 - カーネギー図書館は地域社会にどう貢献しているか(米国)

米国・ピッツバーグ市のカーネギー図書館が,110年の歴史において初めて地域への貢献度を計量化した。カーネギー図書館とカーネギーメロン大学の経済開発センターは,カーネギー図書館の地域への影響を「投資に対する効果=経済的価値」「地域社会や住民に対する寄与」といった側面から…

AASL、学校図書館の位置づけに関する立場表明

米国では、学校に投入される予算の65%以上を教室での教育に充てなければならないという“65% solution”の法制化の動きが、各州で広がっています。現状では、この「教室での教育」の定義に、学校図書館と学校図書館職員は含まれておらず、図書館予算の削減につながりかねないことから、ALA…

図書館情報学論文の被引用率トップの大学は?(米国)

米Thomson社が5月8日、同社データベースに登録されている図書館情報学分野の論文(2001年〜2005年)の数と論文1本あたりの被引用率について、米国の大学トップ5を発表しました。被引用率1位はハーバード大学でした。Library & Information Science: High-Impact U.S. Universities, 2001-05http://in-cites.com/research/2006/may_

中国、2020年までの情報化発展戦略を発表

5月8日付け新華社によると、中国共産党と国務院が、「2006−2020年国家情報化発展戦略」を発表したそうです。中国共産党中央弁公庁、国務院弁公庁が《2006−2020年情報化発展戦略》を発行 - 中華人民共和国中央人民政府ポータルhttp://www.gov.cn/jrzg/2006-05/08/content_275560.htm中国、情報化へ向け今後15年…

文化庁、日本映画情報システムを公開

文化庁は、「日本映画・映像」振興プランの一環として5月9日、日本映画情報システム(JCDB)と、全国ロケーションデータベース(JLDB)を公開しました。日本映画情報システム(JCDB)http://www.japanese-cinema-db.jp/全国ロケーションデータベース(JLDB)https://www.jldb.bunka.go.jp

学術情報基盤の今後の在り方について

科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会学術情報基盤作業部会が3月に提出した学術情報基盤についての報告書が文部科学省のHPで公開されています。内容は「学術情報基盤としてのコンピュータ及びネットワークの今後の整備の在り方について」、「学術情報基盤としての大学図書館…

5月 9日

30万冊を超える電子本、1か月間無料提供

著作権の切れた作品を全文デジタル化してインターネット上で公開する「グーテンベルグプロジェクト」の35周年を記念して、電子本の普及活動のため、「世界電子本フェア」(The World eBook Fair)が行われます。2006年7月4日から8月4日までの1か月間、30万冊を超える電子本が無料でダウンロードで…

キューバと米国に抗議する決議案を準備(IFLA)

2003年にインターネットの検閲に抵抗した図書館員を逮捕したキューバと、2005年にキューバの情報化のために輸出しようとしたPCを没収した米国に対して抗議する決議案が、8月24日に行われるIFLAソウル大会の評議会に出される予定です。提出者はラトビアとリトアニアの図書館協会です。Resolution …

図書館でのベリーダンスの催し、禁止される

米国カリフォルニア州のスタニスラフ郡知事が、同郡の公共図書館が行っていたベリーダンスの催しを、「不適切である」として中止させました。また、“spin-dating”なる「カップル作り」の催しも中止させようとしましたが、運営の契約が成立していたため、開催されたとのことです。このよ…

FirstMonday. May 2006

First MondayVol.11, No.5-1May 2006http://www.firstmonday.org/issues/issue11_5/index.htmlOpen source disaster recovery: Case studies of networked collaborationby Calvert Jones and Sarai MitnickK–12 encounters the Internetby Paul DiPernaZones of silence: A framework beyond the digital divideby Amelia Bryne PotterWhat’s the matter with the information technology workforce?by Manimegalai M …

研究成果のオープンアクセス化を法制化か(米国)

5月2日、連邦政府機関の出資により行われた研究の成果物のオープンアクセス化を求めるFederal Research Public Access Act(FRPAA:S. 2695)が、米国上院に提出されました。The Federal Research Public Access Act of 2006. by Robin Peek.http://www.infotoday.com/newsbreaks/nb060508-2.shtml連邦政府助成研究へのオープンアクセスを求め…

情報管理 49(2)

情報管理 5月号Vol. 49 (2006) , No. 2J-STAGEの現状と利用動向和田 光俊;久保田 壮一;尾身 朝子JSTリンクセンターの新機能−Googleとの連携とJ-STAGEにおける論文の被引用関係表示久保田 壮一;荒川 紀子;和田 光俊;近藤 裕治;小久保 浩;山崎 匠学術雑誌の電子化はその流通と引用に影響を与えるか…

5月 8日

ODF、ISO標準として承認される

ISO/IECは5月8日、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」が採用している文書フォーマットOpenDocument Format(ODF)をISO標準(ISO/IEC 26300)として承認したと発表しました。ISO and IEC approve OpenDocument OASIS standard for data interoperability of office applicationshttp://www.iso.org/iso/en/commcentre/pressreleases/2006/Ref1004

無料でコミックがもらえる日

5月6日に、北米を中心とした数千の書店で、コミックが無料でもらえる日“Free Comic Book Day”が開催されました。2006年で第5回とのことで、複数の出版社がスポンサーになっています。Free Comic Book Day 2006http://www.freecomicbookday.com/

みんなに優しいウェブコンテンツ−W3Cのガイドライン草案

お年寄りや障害のある人をはじめ、あらゆる人にとってアクセスしやすいウェブコンテンツの構成要素について、W3Cからガイドラインの草案が発表されました。5月31日までコメントを受け付けているそうです。Web Content Accessibility Guidelines 2.0http://www.w3.org/TR/2006/WD-WCAG20-20060427/(参考)アクセスしや…

イラクからも電子ジャーナルが利用可能に

米国の政府機関、学協会や、国際的な出版社の協力のもと、イラクの大学や研究機関に属する研究者、学生が、インターネットから電子ジャーナルや教育用資料を無料で利用できるようになりました。Iraqi Virtual Science Libraryhttps://ivsl.org/

サウジアラビアのアブドラ国王、図書館の強化を指示

5月4日付けArab News紙によると、サウジアラビアのアブドラ国王が、国内の図書館や情報センターの情報化、アラブ文化、特にアラビア文字書道(calligraphy)の保存、サウジアラビアの百科事典(アラビア語版・英語版)のインターネット公開、公共図書館に女性が利用できる時間・日にちを設ける…

NLM、「地域の医学図書館(Regional Medical Library)」を任命(米国)

米国・国立医学図書館(NLM)はこのほど、ニューヨーク大学フレデリック・L・アーマン医学図書館など8機関との間で、2011年までの5年間にわたり、全米医学図書館ネットワーク(National Network of Libraries of Medicine:NN/LM)における「地域の医学図書館(Regional Medical Library)」として活動する契約を…

ページ