アーカイブ - 2006年 5月

5月 22日

35万点の電子本が待ってます−World eBook Fairウェブサイトを公開

既報のとおり、7月4日から8月4日までの1ヶ月間にわたって開催される今年のWorld eBook Fairでは、世界中から集めた約35万タイトルの電子本がウェブサイトを通して無料で閲覧できるそうです。この度、そのウェブサイトも公開されました。なお、World eBook Fairを運営するグーテンベルグプロジェクト…

5月 19日

図書館利用者に感謝する日(シンガポール)

シンガポール図書館委員会は、日ごろの図書館利用に感謝するイベント“I Love My Library and My Library Loves Me”を5月27日(土)に行うと発表しました。この日にはシンガポール全土の図書館で、ストーリーテリング、手品ショー、風船人形のプレゼント、コンサート、映画、中国の書道のデモンスト…

レファレンスに役立つブログ(フランス)

フランス・リヨンの公共図書館が、レファレンス担当者の役に立つよう、社会、国際、リヨンとローヌアルプス地域、科学・健康、文化といった領域で目下問題となっている事項の解説と、必読文献・必読ウェブサイトを紹介するブログを始めています。たとえば、国際問題では、ルーマニア・…

JASIST 57(7)

Journal of the American Society for Information Science and TechnologyVolume 57, Issue 7, Pages 847-992 (May 2006)Building a reusable test collection for question answeringJimmy Lin, Boris KatzTechnology, genres, and value change: The case of little magazinesStephen Paling, Michael NilanA Bayesian model that predicts the impact of Web searching on decision makingAnnie Y.S. Lau, Enrico W. Coiera…

JASIST 57(6)

Journal of the American Society for Information Science and TechnologyVolume 57, Issue 6, Pages 727-846 (April 2006)On the development of name search techniques for ArabicSyed Uzair Aqeel, Steve Beitzel, Eric Jensen, David Grossman, Ophir FriederFinding nuggets in documents: A machine learning approachYi-fang Brook Wu, Quanzhi Li, Razvan Stefan Bot, Xin ChenProbabilistic topic decomposition of …

LC、世界の法律情報を紹介する“Global Legal Monitor”をオンライン刊行

LCの法律図書館は5月、世界の法律情報を紹介するオンラインジャーナル“Global Legal Monitor”を刊行しました。今後、頻繁に更新していくとのことです。今回刊行された第1号では、法曹、コミュニケーションと電子情報、選挙、雇用、環境、家族、貿易、健康、人権、移民・国籍、国際関係、テロ…

5月 18日

韓国、Scopusとナショナルライセンス締結

韓国の教育学術情報院(KERIS)が3月、Elsevier社が提供する学術情報データベースScopusと4年間のナショナルライセンスを締結しました。これにより、韓国内の250以上の大学で、Scopusが利用できるようになりました。 KERIS brings Scopus to Universities across South Korea http://www.aardvarknet.info/access/number56/othernews2.…

Library Journal. 2006-05-15

Library JournalMay 15, 2006http://www.libraryjournal.com/community/891/Current+Issue/43259.htmlFeaturesThe Social Life Of BooksBy Andrew Richard AlbaneseRenovating This Old House?Database Marketplace 2006By Carol Tenopir, Gayle Baker, William Robinson, & Jill GroggThe Big Picture?SLA Preview 2006By Lynn BlumensteinOpportunity, Vision, Change?Notable Government Documents 2005By Linda B. JohnsonT…

BnFによるインターネット情報の保存:5つの質問

フランス国立図書館(BnF)がインターネット情報の保存機関となることに関連して、BnFのウェブサイトでは、「なぜ(インターネット情報を)保存するのか」「誰が関係するのか」「どのような制限事項があるのか」「保存された情報を見ることはできるのか」「(インターネット情報の保存に…

オーストラリア 著作権法の改正を検討

オーストラリア政府が"Fair Use"など著作権制限を強化する規定が盛り込まれた、大規模な著作権法の改正を検討しています。オーストラリア図書館著作権協会(The Australian Libraries' Copyright Committee:ALCC)によると、この改正が実現すれば、資料保存が容易になったり、国民の図書館資料への…

ALA、NCLISのIMLS統合案へコメント

2008会計年度大統領予算案で提案されている、図書館情報学国家委員会(NCLIS)と全米教育統計センター(NCES)を博物館・図書館サービス機構(IMLS)に統合するという計画に対し、ALAが5月16日、NCLISの機能が引き継がれなければならない旨の声明を出しました。ALA issues statement on proposed merger of NCLIS…

ALA、シリーズ典拠に関してLCに熟考を要求

ALAは、LCが計画しているシリーズ典拠作成の中止について、十分な検討・協議の時間が必要であるとする声明を出しました。LCが外部と十分に協議することなく、施行予定日(5月1日)のわずか10日前(4月20日)に突然発表したことに対して苦言を呈するとともに、ALA、OCLC、ARL、NLA、NLM、GPOといっ…

大学におけるソーシャルソフトウエア教育

西オンタリオ大学の情報メディア学部(The University of Western Ontario, Faculty of Information and Media Studies)では、今年の秋学期からブログ、RSS、Wikiなどをテーマとする講義「ソーシャルソフトウエアと図書館」("Social Software and Libraries")が提供されるとのことで、担当するAmanda Etches-Johnson氏のブログに…

フィルタリングソフトに関する調査報告書(米国)

ニューヨーク大学のロースクールのブレナンセンターが5月17日、2000年のCIPA(子どもをインターネットから守る法律)施行以後のインターネットフィルタリングソフトの機能の調査と、フィルタリングに関する研究文献のレビューを行った報告書“Internet Filters: A Public Policy Report. (2nd Edition)”を公…

ナチスの蛮行を忘れないために

73年前、ナチスによって「非ゲルマン的である」と見なされた約1万冊の本が、ドイツの50以上の都市で焚書されました。この事件を忘れないために、ドイツの財団が“library of burned books”(焚書された本の図書館)をつくり、3千以上の高校をまわって紹介することを計画しています。Library of Burned…

5月 17日

"Love Libraries"支持者のコメント

『カレントアウェアネス-E』でも紹介した英国の"Love Libraries"プロジェクトから、プロジェクトに賛同している作家ほか著名人のコメント集が発表されています。「図書館は私にとって本当の学校である」「(図書館は)私が本と恋に落ちる場所である」などといったコメントが寄せられています…

大学図書館研究 (76)

大学図書館研究No.76, Mar.2006<小特集>社会連携社会の共有財産としての図書館 - 大学図書館の社会との連携と貢献 -伊藤哲谷広島大学図書館の社会貢献事業 -「図書館フレンドリー利用証」と「地域交流プラザ」-板谷茂文教大学越谷図書館における学外開放藤倉恵一大阪市立大学学術情報総合セ…

IFLAソウル大会におけるOA関連の発表

8月20日〜24日に開催されるIFLAの世界図書館情報会議(World Library and Information Congress)においてオープンアクセスに関する以下の発表が行われる予定です。発表要旨も既に公開されています。・オープンアクセスの学術データベースPeter Jacso. Open Access Scholarly Databases - a bird's eye view of the landsc…

JISC オープンアクセスに対する補助金の評価報告書を公表

英国情報システム合同委員会(JISC)は、オープンアクセス雑誌出版社に対して交付している補助金に関する評価書,"Evaluation of the JISC's Open Access Funding Initiative Spring 2006"を公表しました。Evaluation of the JISC's Open Access Funding Initiative Spring 2006(Word doc)http://www.jisc.ac.uk/uploaded_documents/OA_Fu

英JISC、RFIDの動向に関するレポートを発表

英国情報システム合同委員会(JISC)から、RFID技術の動向に関するレポート”RFID: Frequency, standards, adoption and innovation”が発表されました。RFID技術の解説、図書館や教育現場へのRFIDの導入状況、プライバシー保護の問題についての議論などが紹介されています。RFID: Frequency, standards, adoption and innovat…

ページ