アーカイブ - 2005年

12月 9日

C&RL News 66(10)

C&RL NewsVolume 66, No. 10, November 2005FeaturesMentoring the untenured librarian Deborah LeeThe research committeeInformation literacy student behaviorsBonnie Gratch-LindauerPotential items for the National Survey of Student EngagementINTERNET RESOURCESThe Polish presence in North AmericaThomas DuszakAn update for electronic resourcesWhy an ACRL blog?ACRL Blog Advisory BoardTHE WAY I SEE …

情報の科学と技術 55(12)

情報の科学と技術Vol. 55 (2005), No.12特集=「国立大学法人化」総論:平成の教育改革:国立大学法人化と評価文化川口 昭彦 法人化後の図書館運営について諸富 秀人山梨大学附属図書館における大学統合と法人化大友 敏明大学の法人化と図書館職員長坂 みどり大学評価と図書館評価永田 治…

情報管理 48(9)

情報管理 Vol. 48 (2005) , No. 9 スキルデータから見た知的財産人材の現状〜経験則に基づく知的財産人材論の検証杉光 一成特許に効く国内誌佐藤 俊彦, 飯田 康人, 石田 裕美子, 今宿 芳郎, 小林 正樹, 関 奈緒子, 大門 良仁, 土居 美緒, 原 忠興, 村上 香子大学評価用データベース:全学的データベース…

12月 8日

Library Resources & Technical Services 49(4)

Library Resources & Technical ServicesVol.49, No.4, October 2005Association for Library Collections & Technical Services Annual Report 2004-2005Carol Pitts DiedrichsThe FRBR Model as Applied to Continuing ResourcesEd JonesScripts, Languages, and Authority ControlJoan M. AliparandSupply and Demand for Cataloger: Present and FutureJoan M. Leysen and Jeanne M.K. BoydstonBeyond Subject Head…

American Libraries 36(10)

American LibrariesVol.36, No.10, November 2005.Special News ReportsPittsburgh Gathering Closes on High NoteBY PAMELA A. GOODESShowing the Way in San JoseBY GORDON FLAGGFeaturesCover Story:Beyond Public Exhibits to PartnershipsBY NORMAN MORTONGathering the Stories behind Our StatisticsBY SANDRA SINGHGenerating Goodwill: Turning No into YesBY KATHY MacMILLANAt the Edge of the NetBY STEVE CISLERHa…

宿題に使えるパスファインダー

Answers.com社は、ニューヨーク公共図書館とともに、学校生徒が宿題などで利用できるような、図書館資料やウェブ上の資料などへのナビゲーションを付けたパスファインダーを公開しています。Answers.com to Provide Reference Resources for Homework Help Website of New York City Public Librarieshttp://www.answers.com/main/ir/pres

情報の消費者に図書館はどう認識されているか?

OCLCが、世界中の情報の消費者(information consumer)に対して行った調査のレポートが出ています。インターネットなどに比べて図書館を利用するのはどういう時か、図書館の有する電子情報源を使っているかなどを訊いているようです。OCLC Reports : Perceptions of Libraries and Information Resources (2005) http://ww

12月 6日

研究図書館におけるデジタル資産に関するARLフォーラム

10月に、ARL、CNI、CLIR、DLFの共催で開かれた、研究図書館におけるデジタル資産に関するフォーラムのプレゼンテーションが公開されています。Managing Digital AssetsStrategic Issues for Research Librarieshttp://www.arl.org/forum05/

BLの年次報告書2004-2005

BLが2004-2005の年次報告書を公開しています。Thirty-Second Annual Report and Accounts 2004-2005 http://www.bl.uk/about/annual/2004to2005/introduction.html

IMLSの2005 National Awards、3図書館が受賞

IMLSの2005 National Awards for Museum and Library Serviceを3つの公共図書館が受賞しました。地域社会への貢献活動を活発に行っている、Johnson County Library、Mathews Memorial Library、Saint Paul Public Libraryの3館です。Three Museums and Three Libraries to Receive Nation’s Highest Honor for Extraordinary Community Service http://www.imls.gov/whatsnew/cu

ジャーナルのインフレ率

Swets社が、全世界のジャーナルの価格動向についての短いレポートを出しています。2005年は、世界平均で約6%のインフレ、日本の出版者の場合1.45〜1.75%のインフレだとのことです。Serials Price Increase Report #2 publishedhttp://informationservices.swets.com/web/show/id=39919/contentid=1122

最も重要なカナダの本100冊

Library Review of Canadaが、「最も重要なカナダの本100冊」というリストを公開しました。アンケートの結果を、刊行年の古い順に並べているところが特徴的です。LRC UNVEILS THE 100 MOST IMPORTANT CANADIAN BOOKS EVER WRITTENResults from national search announced at anniversary partyhttp://www.reviewcanada.ca/hundredbooks.html

PREMISがDigital Preservation Award 2005 を受賞

OCLCやRLGの支援で、デジタル保存の課題に取り組んでいるPREMISがUK Digital Preservation Award for 2005に輝きました。PREMIS Receives Prestigious UK Digital Preservation Awardhttp://www.rlg.org/en/page.php?Page_ID=20860参考:デジタル資料保存リポジトリの動向http://www.ndl.go.jp/jp/library/current/no284/CA1561.html

12月 5日

米国立公文書館(NARA)の2006年度予算は約3.4億ドル

米国の国立公文書館(NARA)の2006年度予算が先頃可決し、前年度比2,000万ドル増の3億3814万ドル(約405億円)と発表されました。
 主な内訳は、運営費(operating expenses)約2億8000万ドル、電子記録のアーカイブ(ERA)事業に約3,800万ドル、国立歴史的出版物・記録委員会(NHPRC)の事業に約750万ドル、などです。ERA事業費のうち2,200万ドルは、連邦政府の電子記録を保存・利用するためのシステムづくりのために充てられるそうです。

米国国立公文書館(NARA)のプレスリリースはこちら
http://www.archives.gov/press/press-releases/2006/nr06-26.html

英国図書館のドキュメント・サプライ・サービス、経過

英国図書館(British Library)が今年6月から提供を始めたドキュメント・サプライ・サービス”British Library Direct”は、開始後5か月にして登録利用者が5,000人を突破したことが、英国図書館のプレスリリースにおいて発表されました。138か国にものぼる人々がこのサービスを利用しており、利用者の…

オハイオ大学図書館のビジネス情報提供サイト

米国オハイオ大学図書館は、ビジネス情報を集めたウェブサイト”Ohio University Libraries Biz Wiki”の提供を開始しました。ビジネス関連の参考図書、データベース、ウェブサイトなどが紹介されているもので、名前のとおりWikiで作成されています。・http://www.library.ohiou.edu/subjects/bizwiki/index.php/Main_Page

Knowledge Exchange

ともに高等教育機関へのICT促進事業を行う英国JISC、オランダSURF、ドイツDFG、デンマークDEFFが、知識を共有するプロジェクトKnowledge Exchangeが正式に始まりました。Knowledge Exchange launched in Berlinhttp://www.jisc.ac.uk/index.cfm?name=ke_launch

ファミリー・リーディングを全米に

ルイジアナ州人文基金の助成で行われていたファミリー・リーディングのプログラムを、ALAの協力で5州に拡大することになったとのことです。Five states selected for national expansion of PRIME TIME family reading programhttp://www.ala.org/ala/pressreleases2005/november2005/primetimeprogramexpands.htm

現代の図書館 43(3)

現代の図書館Vol.43 No.3(2005年9月刊行)特集:図書館員による図書館研究−大学院における成果 女性センター情報ラブラリーにおける地域ネットワークの展望‐専門情報提供機関との連携…木下みゆき英国における学術情報戦略‐フォレット報告とJISC…呑海沙織 公共図書館の可能性‐図書館の現…

ページ