アーカイブ - 2005年 8月

8月 12日

DeweyBrowser

OCLCに、WorldCatの電子ブックの書誌をDDCからブラウズできるDeweyBrowserというページができていました。Learn more about the DeweyBrowserhttp://www.oclc.org/research/researchworks/ddc/browser.htm

8月 11日

情報ニーズ調査のベストプラクティス集

IFLAから、利用者の情報ニーズについて各図書館が行った調査などのベストプラクティスを集めたガイダンスが出ています。Meeting User Needs in Public Libraries - Are you?http://www.ifla.org/VII/s8/proj/Meeting-user-needs.htm

イラク復興に司書講習

イラク復興の一環として、OCLCがイラクの図書館員向けの司書研修をアンマンで行ったそうです。International program brings library technology, skills to Iraq http://www.oclc.org/news/releases/200516.htm

8月 10日

リポジトリのワークブック

MIT図書館から機関リポジトリ実装のワークブックが出ていました。LEADIRS(LEarning About Digital Institutional Repositories)Creating an Institutional Repository: LEADIRS Workbookhttp://www.dspace.org/implement/leadirs.pdf

NetCommons

NIIが開発した、CMS+eラーニング・ソフトウェアであるNetCommonsがダウンロード可能になっています。NetCommonshttp://www.netcommons.org/

8月 9日

知的自由・情報へのアクセス・検閲に関するCILIPの立場表明

6月の委員会で決定されたもの。また,CILIPはネットワーク情報へのパブリックアクセスや表現の自由に関する欧州議会のガイドラインに対しても支持を表明している。関連記事はこちらhttp://www.cilip.org.uk/aboutcilip/newsandpressreleases/news050803.htmPosition Statement,欧州議会のガイドラインへはこちらからhtt…6月の委員会で決定されたもの。
また,CILIPはネットワーク情報へのパブリックアクセスや表現の自由に関する欧州議会のガイドラインに対しても支持を表明している。

関連記事はこちら
http://www.cilip.org.uk/aboutcilip/newsandpressreleases/news050803.htm

原爆投下計画に関する政府文書をホームページで公開

米国ジョージ・ワシントン大学内”National Security Archive”のウェブサイトにて,広島・長崎への原爆投下計画に関する政府文書が8月5日から公開されている。公開の対象となっているのは,いわゆる「マンハッタン計画」関係の文書など,機密文書扱いを解かれた77種の文書。コレクションのペー…

愛国者法改正に関するニュース

ACLUにある愛国者法改正に関するニュースサイト。Reform the Patriot Act | Bloghttp://blog.reformthepatriotact.org/

A2Kニュースサイト

A2Kイニシアチブ関係のニュースサイト。A2K | Access to Knowledge. make it happen. http://www.access2knowledge.org/cs/

AACR3はRDAに

AACR3はRDAという名称に代わったそうです。綱領が出ています。RDA: Resource Description and Access: Prospectushttp://www.collectionscanada.ca/jsc/rdaprospectus.html

Cataloging & Classification Quarterly 39(3/4)

Cataloging & Classification QuarterlyVolume 39, no. 3-4, 2004FRBR: hype, or cure-all?Patrick Le Bœuf, archiviste-paléographe, Guest editorIntroductionby Patrick Le BœufThe Origins of the IFLA Study on Functional Requirements of Bibliographic Recordsby Olivia M. A. MadisonExtending FRBR to Authoritiesby Glenn E. PattonModeling Subject Access Extending the FRBR and FRANAR Conceptual Models…

Cataloging & Classification Quarterly 39(1/2)

Cataloging & Classification QuarterlyVolume 39, no. 1-2, 2004Authority Control: Definition and International ExperiencePart II:Authority Control for Subjects Arlene G. Taylor, BA, MS, PhD and Barbara B. Tillett, BA, MLS, PhD Guest editors ;with the assistance of Mauro Guerrini and Murtha BacaAUTHORITY CONTROL FOR SUBJECTSSACO and Subject Gatewaysby Ana L. CristánMACS (Multilingual Access t…

8月 5日

カレントアウェアネス-E 63

Current Awareness-E No.63 2005.8.3http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2005/E-63.html■E356■ 新しいシンガポール国立図書館−新館の開館と新戦略計画■E357■ 韓国の公共図書館における個人情報保護■E358■ 中国国家図書館の読書サロン■E359■ デンマーク,ウェブ・アーカイブを制度化■E360■ 英国公共図書…

情報の科学と技術 55(8)

情報の科学と技術 Vol. 55 (2005), No.8特集=「機械翻訳」 特集「機械翻訳」の編集にあたって総論:機械翻訳の現状と課題黒橋 禎夫、荒牧 英治日常業務で使う機械翻訳ツール下畑 さより中国・韓国特許検索システム(CK-PRIME)の紹介樋口 重人機械翻訳の評価・比較宮澤 信一郎音声翻訳…

図書館界 57(2)

図書館界57巻2号,July 2005《特集:第46回研究大会》シンポジウム「災害と図書館― 災害時における図書館の役割を考える」西村 一夫(研究委員長) テーマ設定の趣旨 伊川 一男 開会挨拶 松永 憲明 できたこと,できなかったこと:阪神・淡路大震災から学んだこと 加藤 孔敬 宮城県北部…

オーフス公共図書館

ゲイツ財団から賞を受けたオーフス公共図書館の活動記録がCLIRから出ました。Århus Public LibrariesEmbracing Diversity, Empowering Citizens in Denmarkhttp://www.clir.org/pubs/abstract/pub131abst.html

カナダ図書館・文書館の戦略

カナダ図書館・文書館がコレクション構築のためのフレームワークを発表しました。Collection Development Framework for Library and Archives Canadahttp://www.collectionscanada.ca/collection/024/index-e.html

図書館建築のDB

イギリスの図書館建築に関するDB。DESIGNING LIBRARIES - The Public Library Buildings Databasehttp://www.designinglibraries.org.uk/

The Section 108 Study Group

著作権法における図書館に関連する権利制限規定の見直しを検討しているLCのSection 108 Study GroupのHPができていました。The Section 108 Study Grouphttp://www.loc.gov/section108/index.html

ページ