アーカイブ - 2005年 4月 27日

NDLが著作者情報公開調査

国立国会図書館 関西館 事業部 電子図書館課 資料電子化係著作者情報公開調査https://kokaityosa.ndl.go.jp/○調査期間 平成17年4月27日(水)から同年7月26日(火)までの3か月間。○調査対象 明治期刊行図書の著作者2,367人について、著作者の生没年と著作権者の連絡先を調査します。

Access to Knowledge

Access to Knowledge (A2K) http://www.cptech.org/a2k/WIPOへの開発アジェンダと「知識へのアクセスについての協定」についてまとめたページ。E253http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2004/E-46.html#E253

OAとDRM

The role of digital rights management in Open Access By: Richard Poynderhttp://www.indicare.org/tiki-read_article.php?articleId=93Abstract: Growing conviction that scientific progress will significantly benefit if scholarly articles and research papers are made freely available on the Web has given rise to the Open Access (OA) movement. While there is some awareness that OA articles may require…

Cream of Science

Upcoming launch of DARE's Cream of Sciencehttp://www.darenet.nl/en/keurderwetenschap/オランダの大学で作るリポジトリプログラムDAREが、5月10日に、コンテンツを配信するサイト‘Cream of Science’を立ち上げる。