アーカイブ - 2005年 11月 4日

カレントアウェアネス-E (69)

Current Awareness-ENo.69 2005.11.2http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2005/E-69.html■E396■ ニューオーリンズの図書館はいま−カトリーナから2か月■E397■ フランス納本制度の改定作業進む■E398■ すべての人に平等な図書館サービスを−CLAの戦略計画■E399■ 公共セクターのコンテンツにCCライセンスを(英国…

情報管理 48(8)

情報管理 Vol. 48 (2005) , No. 8 Adobe-Japan1-6とUnicode─異体字処理と文字コードの現実 安岡 孝一 機関リポジトリを軌道に乗せるため為すべき仕事 ─千葉大学の初期経験を踏まえて─ 阿蘓品 治夫 電子ジャーナルのアーカイブ ─アクセスの観点からみた集中・分散の2方面戦略―後藤 敏行 インターネ…

情報の科学と技術 55(11)

情報の科学と技術Vol. 55 (2005), No.11特集=図書館のリニューアル総論:図書館の成長・変化に対応した施設改善−使い続けられる図書館のために−植松貞夫東京大学柏図書館の建設−『次世代型図書館』をめざして−久保田壮活岡山県立図書館の資料移転−担当者の体験談−木村文誉第20回日本図…

大学図書館研究 (74)

大学図書館研究No.74, Aug.2005総合目録における和漢古書書誌記述の考察--NACSIS-CAT(NII)及びNCRでの取扱いを踏まえて岡嶌 偉久子 継続資料の組織化と総合目録データベース渡邊 隆弘 NII Webcat Plusの北アメリカ地域での有用性:検索及び基盤となる書誌レコードの観点より森本 英之 「日本研究情報専門家…

ユネスコ、OA促進の決議草案

UNESCOが、加盟国に、IFLAを通じてオープンアクセスの原理を普及させるようにする、という決議草案を採択したそうです。Amendment to the Draft Programme and Budget for 2006-2007 (33 C/5)http://unesdoc.unesco.org/images/0014/001408/140864e.pdf教えて!サルトル!!よりhttp://blog.goo.ne.jp/bartk/e/a5cb1b79192986ff2db7bdac14c45dc2

予防的保存手当て

欧州5カ国の図書館や文書館で構成するConBeLibが「予防的保存手当て」による資料保存の現状についてのレポートを出しています。Report on Preventive Conservation of Documents in Finland, France, Italy, Spain and the United Kingdomhttp://www.conbelib.org/documents/140407Report.pdf?PHPSESSID=965281631cca773c36e9569e9bc71dddほぼ日刊資料保存よ…

受刑者への図書館サービスガイドライン第3版

IFLAが受刑者への図書館サービスガイドライン第3版を発行しています。Guidelines for library services to prisoners3rd Edition(IFLA Professional Reports series No. 92 - Revised version of IFLA Professional Report 46) http://www.ifla.org/VII/s9/nd1/iflapr-92.pdf

米Amazon、新しい電子書籍プログラムを発表

米Amazon.comが、ページ・セクション・章の単位で書籍を購入できる「Amazon Pages」、Amazon.comで購入した印刷物の書籍の電子版をオンラインで見られるようにする「Amazon Upglade」の計画を発表しました。http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=778248

学術雑誌の費用対効果

Journal Cost-EffectivenessのDBを作成した2人の経済学者が、全大学の学長に向けた、学術雑誌の費用対効果を調査し、購入する基準を作るべきであるとするオープンレターを公開しています。An Open Letter to All University Presidents and Provosts Concerning Increasingly Expensive Journalshttp://www.hss.caltech.edu/~mcafee/Journal/OpenLet

オンライン有料コンテンツの市場

オンライン出版社協会から、2005年上半期のオンライン有料コンテンツの米国市場レポートが出ています。約10億ドルの市場だそうです。U.S. CONSUMER SPENDING FOR ONLINE CONTENT TOTALS $987 MILLION IN FIRST HALF OF 2005, ACCORDING TO ONLINE PUBLISHERS ASSOCIATION REPORThttp://www.online-publishers.org/?pg=press&dt=103105

International J. of Information Management 25(6)

International Journal of Information Management Volume 25, Issue 6, Pages 483-568 (December 2005) Analyzing inter-organizational systems from a power and interest perspectiveAlbert Boonstra and Jan de VriesGaining benefits from IS/IT implementation: Interpretations from case studiesGurpreet DhillonThe assessment of usability of electronic shopping: A heuristic evaluationSherry Y. Chen and Rober…

Information Processing & Management 42(3)

Information Processing & Management Volume 42, Issue 3, Pages 595-862 (May 2006) Automatic ranking of information retrieval systems using data fusionRabia Nuray and Fazli CanImproving the learning of Boolean queries by means of a multiobjective IQBE evolutionary algorithmO. Cordon, E. Herrera-Viedma and M. LuqueExamining and improving the effectiveness of relevance feedback for retrieval of…

Google Printサービス開始

第一弾として、南北戦争に関する文書や政府刊行物、Henry Jamesの著作などが公開されました。http://googleblog.blogspot.com/2005/11/preserving-public-domain-books.html