アーカイブ

10月 27日, 2021

saveMLAK、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/10/25)」の結果を発表

2021年10月26日、saveMLAKが、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/10/25)」の結果を発表しました。

同調査は、9月23日にsaveMLAKが結果を公開した第23回調査に続く、第24回目の調査として、10月22日から10月25日にかけて実施されました。調査対象は、全国の公共図書館等1,737館です。

発表によると、新型コロナウイルス感染症の影響で休館している図書館は0館でした(前回調査時点350館)。入館記録を取っていたのは268館でした。ウェブページでは「各図書館の状況・取り組み」等についてもまとめられています。

同調査のデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。また、調査の根拠となった図書館や地方公共団体のウェブページの中で、可能なものはInternet ArchiveとArchive todayに保存され、調査時点のページを閲覧できます。

【イベント】第30回京都図書館大会「アフターコロナと図書館のこれから」(11/29・オンライン)

2021年11月29日、第30回京都図書館大会「アフターコロナと図書館のこれから」がオンラインで開催されます。

新型コロナウイルス感染症の影響により、図書館も在り方を変化せざるを得ない状況であり、著作権法の改正による動きや非来館型サービスを中心とした様々な変化が起きていることを踏まえ、コロナ禍を経て、人々がどのように図書館を利用することになるか考えるとあります。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

プログラムは以下の通りです。

・基調講演①「著作権法の改正とコロナ後の図書館」
福井健策氏(骨董通り法律事務所)

・基調講演②「デジタルアーカイブの作り方・使い方・持たせ方」
福島幸宏氏(慶応義塾大学)

・事例発表①「地域の写真を未来に残す 町立図書館ができること」
三浦寛二氏(愛荘町立愛知川図書館)

・事例発表②「アマビエから広がるデジタルアーカイブ」
大前梓氏(京都大学附属図書館)

・事例発表③「変化する学校図書館のかたち」
山本みづほ氏(長崎純心大学)

人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)、「武鑑全集」の「献上品/拝領品/時献上 一覧」を公開

2021年10月21日、人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)が、「武鑑全集」の「献上品/拝領品/時献上 一覧」を公開したと発表しました。

「武鑑全集」は、『武鑑』を網羅的に解析し、江戸時代の大名家や幕府役人に関する人物・地理情報などの中核的情報プラットフォームを構築するプロジェクトです。

今回公開された「献上品/拝領品/時献上 一覧」は、江戸時代に大名家から幕府に対して献上された品物、大名家が幕府から拝領した品物を、『武鑑』から抽出・翻刻し整理したデータです。

献上品/拝領品/時献上一覧の公開(CODH,2021/10/21)
http://codh.rois.ac.jp/bukan/about/#20211021

献上品/拝領品/時献上 一覧
http://codh.rois.ac.jp/bukan/book/200018823/goods/

【イベント】東京大学Cedep×ポプラ社 オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本·本」シリーズ第3回「脳科学から考えるデジタル時代の子どもと読書」(11/5・オンライン)

2021年11月5日、東京大学教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)と株式会社ポプラ社の共催により、東京大学Cedep×ポプラ社 オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本·本」シリーズの第3回「脳科学から考えるデジタル時代の子どもと読書」がオンラインで開催されます。

デジタル時代の読書と言語発達の関係や、デジタル時代の教育の在り方についての講演、紙の絵本とデジタル絵本を比較した研究の紹介が行われ、ディスカッションを通じて、デジタル時代における豊かな読書環境を実現するための手掛かりについて考えるイベントです。

定員は1,000人(要事前申込・先着)であり、参加費は無料です。

当日のプログラムは以下の通りです。

司会:野沢祥子氏(発達保育実践政策学センター准教授)

・講演「デジタル時代の読書と言語発達」
酒井邦嘉氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)

・研究発表「紙とデジタルどう違う?:親子による共同読み場面の比較実験」
佐藤賢輔氏(発達保育実践政策学センター特任助教)

・ディスカッション
酒井邦嘉氏、遠藤利彦氏(東京大学大学院教育学研究科教授/発達保育実践政策学センターセンター長)

欧州のアカデミー組織連盟“All European Academies”、オープンアクセスにおける公平に関する声明を発表

2021年10月25日、欧州のアカデミー組織連盟である“All European Academies”(ALLEA)が、オープンアクセス(OA)における公平に関する声明“Equity in Open Access”を発表しました。

発表の中では、同声明は、2021年10月25日から30日にかけてのオープンアクセスウィーク(International Open Access Week)のテーマ“Open with Purpose: Taking Action to Build Structural Equity and Inclusion”を踏まえたものであること等が述べられています。

声明では、論文処理費用(APC)が必要なゴールドOAは、アクセスにおける障壁を参加への障壁に置き換えるものであると指摘しています。また、図書館コンソーシアムと商業出版者の間での転換契約は、大手商業出版者の市場支配力を強め、小規模な出版者が不利になるリスクがあること、対象に含まれない分野の研究者や若手研究者、グローバル・サウスの研究者のニーズが考慮されていないこと等を述べています。

10月 26日

オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)のデータメンテナンス結果をまとめた報告書を公開

2021年10月22日、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)は、学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)のデータメンテナンス結果をまとめた報告書「SCPJデータメンテナンス結果報告」の公開を発表しました。

SCPJは、日本国内の学協会の機関リポジトリに対する論文掲載許諾状況を提供するデータベースです。2020 年 3 月に、JPCOAR が筑波大学から運用を引き継いでいます。

同報告書では、データメンテナンス作業の実施目的として、長く大規模な更新が行われず実態に即した情報になっていなかったデータを更新し、オープンアクセス(OA) 推進に寄与することを挙げています。作業対象は、SCPJ に登録されている 2,635 か所の学協会のうち、更新日が古いものから 2,034か所(ジャーナル単位では登録されている 3,212 件のうち、2,516 件)です。なお、作業期間は2020年12月から2021年2月となっています。

同報告書では、作業の結果や懸念事項、評価、課題についてまとめています。そのうち評価に関しては、今回の調査に回答があったジャーナルのうち約半数でポリシーの変更があることが判明したことや、新規に追加されたジャーナルがあること等を挙げ、情報を最新化できた点は有意義であったと述べています。

【イベント】講演会「大学における研究データポリシーの策定について(仮)」(11/2・オンライン)

2021年11月2日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)による講演会「大学における研究データポリシーの策定について(仮)」がオンラインで開催されます。

大学ICT推進協議会(AXIES)の「大学における研究データポリシー策定のためのガイドライン」(2021年7月公表)の策定に携わった研究者を講師に迎え、大学の研究データポリシー策定の背景・現状・課題についての話題提供が行われます。また、今後の大学における研究データポリシーの策定に向け、アカデミアと行政との意見交換も実施されます。

聴講には事前の申込みが必要であり、締切は「10月28日(木)17時00分」とあります。当日の登壇者は次のとおりです。

・ファシリテータ
林和弘氏(文部科学省科学技術・学術政策研究所データ解析政策研究室長)

・趣旨説明
赤池伸一氏(文部科学省科学技術・学術政策研究所上席フェロー/内閣府科学技術・イノベーション推進事務局参事官(総合戦略担当))

・講演者
船守美穂氏(国立情報学研究所オープンサイエンス基礎研究センター准教授)

【イベント】第2回未来型図書館を考える講演会「図書館で地域が変わる、未来を拓く~図書館と地域のレジリエンス~」(12/19・小松)

2021年12月19日、石川県小松市の小松市公会堂大ホールで、第2回未来型図書館を考える講演会「図書館で地域が変わる、未来を拓く~図書館と地域のレジリエンス~」が開催されます。

小松市では、「市民とともにつくる未来型図書館」を目指し、その在り方について調査・研究が行われています。今回は、太田剛氏(図書館と地域をむすぶ協議会チーフディレクター)を講師とし、図書館の地域づくりにおける役割・可能性を学ぶとあります。

定員は300人(要事前申込・先着順)で、参加費は無料です。

みんなでつくる未来型図書館(小松市)
https://www.city.komatsu.lg.jp/soshiki/toshokan/mirai/12789.html

倉敷芸術科学大学図書館、学生との協働活動企画「ガチャ本」を実施

2021年10月27日から、倉敷芸術科学大学図書館が、学生との協働活動企画「ガチャ本」を実施します。

発表によると、「本を借りたくても選びきれずに帰ってしまう学生の本選びを助けたい」という、同大学芸術学部デザイン芸術学科の授業「図書館をプロデュースする」でのプレゼンテーションをヒントに企画されました。

また、カプセルトイのデザインは芸術学部の学生3人によるもので、同館の学生サポーターも含めた学生5人により選書が行われたと述べられています。

学生と図書館の協働活動企画「ガチャ本」(倉敷芸術科学大学, 2021/10/20)
https://www.kusa.ac.jp/post-40348/

参考:
ガチャとビンゴで読む本を決める 「ガチャde ビンゴ」 岡山県赤磐市の3図書館で開催
Posted 2017年10月17日
https://current.ndl.go.jp/node/34840

【イベント】デジタルアーカイブ学会第1回DAフォーラム(12/19・オンライン)

2021年12月19日、デジタルアーカイブ学会が、第1回DAフォーラムをオンラインで開催します。

発表によると、「DAフォーラム」は、オンラインでの発表は、地方の会員の発表・参加の門戸を広げ、より多くの会員に発表と研鑽の機会を提供するものになりつつあることを踏まえて立ち上げられました。今後継続して開催するとあります。

参加費は会員・非会員とも無料であり、事前の申し込みが必要です。

DAフォーラム(デジタルアーカイブ学会)
http://digitalarchivejapan.org/daforum/

DAフォーラム (オンライン研究発表会) (2021/12/19) プログラム公開と参加者募集開始(デジタルアーカイブ学会, 10/24)
http://digitalarchivejapan.org/8020/

2021年度グッドデザイン賞発表:図書館・博物館・美術館も受賞

2021年10月20日、公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が、グッドデザイン賞の2021年度受賞結果を発表しました。審査対象(5,835件)、受賞対象(1,608件)とも過去最多となっています。

受賞対象には、「独自性、提案性、審美性、完成度などの面において、特に優れており、これからの時代のモデルとなるデザイン」として位置づけられる「グッドデザイン・ベスト100」100件と、その中から選ばれた「グッドデザイン金賞」20件及び「グッドフォーカス賞」12件も含まれています。なお、2021年度の「グッドデザイン大賞」は、2021年11月2日に最終プレゼンテーションを実施し決定する、とあります。

受賞者には以下のような図書館・博物館・美術館も含まれ、そのうち、2020年にリニューアルオープンした「アーティゾン美術館」(「ブリヂストン美術館」から改称)が「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれています。

2021年度グッドデザイン賞 発表(JDP, 2021/10/20)
https://www.jidp.or.jp/ja/2021/10/20/GDA2021

英・Lorensbergs、図書館が中心市街地の活性化に果たす役割を調査したレポートを公開

2021年10月18日、図書館や大学に対し機器等のオンライン予約システムを提供している英国の企業Lorensbergsは、レポート“Reviving our High Streets: The Role of Libraries”の公開を発表しました。

いくつかの公共図書館当局の視点・計画を参考にしつつ、新型コロナウイルス感染症の流行により経済的打撃を受けた中心市街地(high street)の回復を図書館がどう支援し、その活性化に寄与できるかを調査した内容となっています。なお、レポートでは英国の公共図書館における実際の取組例も紹介されています。

欧州国立図書館員会議(CENL)、新型コロナウイルス感染症の拡大や“Black Lives Matter”運動の展開などの社会情勢に対応した2基金の2021年度助成対象機関を発表

2021年10月15日、欧州国立図書館員会議(CENL)は、CENL加盟館を対象とした基金“Covid-19 Support Fund”及び“Hidden Stories Fund”について、2021年度助成対象機関を発表しました。

“Covid-19 Support Fund”は、新型コロナウイルス感染症の拡大に関する差し迫った課題への対応や、長期的な将来に向けた協働体制への適応と再構築を支援する基金であり、助成額は最大2,500ユーロです。

“Hidden Stories Fund”は、“Black Lives Matter”運動の展開などの社会情勢に対応し、国立図書館のコレクションに十分に反映されていない(underrepresented)コミュニティのストーリー収集・保存・研究等の取組を支援する基金であり、助成額は最大5,000ユーロです。

各基金の助成対象館とその取組は次のとおりです。

・マルタ国立図書館(Covid-19 grant)
同館所蔵のコレクションに関するデジタル・プレゼンテーション及び情報パネルの作成と、図書館ネットワークやブックフェア等でのそれらを用いた広報

10月 25日

電子出版制作・流通協議会(電流協)、「電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年10月01日)」を公表

2021年10月22日、電子出版制作・流通協議会(電流協)が、「電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年10月01日)」を公表しました。

前回2021年7月1日時点と比べ、実施自治体は29増加し258自治体、電子図書館(電子書籍貸出サービス)は29増加し251館となっています。

お知らせ(電流協)
https://aebs.or.jp/
※2021年10月22日欄に「電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年10月01日)公表の件」とあります。

電子図書館(電子書籍貸出サービス)実施図書館(2021年10月01日)(電流協)
https://aebs.or.jp/Electronic_library_introduction_record.html

カナダのデジタル学術出版の推進等を目的としたイニシアチブ“Coalition Publica”、学術出版におけるメタデータに関する2件のレポートを公開

2021年10月21日、カナダの研究成果の普及とデジタル学術出版の推進を目的としたイニシアチブ“Coalition Publica”が、学術出版におけるメタデータに関する2件のレポートを公開したと発表しました。

同イニシアチブのメタデータワーキンググループによるものであり、今回公開されたのは、ガイド“Better Practices in Journal Metadata”とテクニカルレポート“Metadata Feedback for Coalition Publica”です。

“Better Practices in Journal Metadata”では、“Coalition Publica”に参加しているジャーナル向けに、メタデータ、プラットフォームで公開しているジャーナルの設定、記事毎のメタデータについてまとめています。要約の箇所では、ジャーナルレベルのメタデータと設定を定期的に見直すこと、出版物とメタデータが合致しているようにすること、出版する前に論文のメタデータの点検を行うこと等を、ジャーナルに対して求めています。

名古屋市図書館、楽しい「道くさ」を創出する社会実験に参加:移動式本棚ワゴンを設置

2021年10月16日から11月14日にかけて、名古屋市で実施される「かさでら道くさ社会実験」に名古屋市図書館が参加しています。

「かさでら道くさ社会実験」は、名古屋市本笠寺駅前の通りにポップアップショップや絵しりとりやクイズを出題するパネルなど4つのアイテムを展開し、歩いて楽しい「道くさ」を創出する社会実験です。名古屋市図書館は常時50冊ほどを備えた移動式本棚ワゴンを設置します。本はワゴン周辺や笠寺観音商店街の店舗に持ち込んで閲覧することができます。また、10月23日には関連企画として司書による「おはなし会」も開催されます。

同館は、月1回程度300冊程度の本を市内の児童館やイベントスペース、レンタルスペースに設置する「ここにもライブラリー」という取り組みを行っており、この取り組みの一環として社会実験に参加しています。

国際日本文化研究センターと一般社団法人ナレッジキャピタル、情報・資料・史料の扱いに着目した小中学生向けオンライン講座「〈SpringX超学校〉「おもしろ日本を解き明かそう!」」を開催

2021年11月3日・14日・28日の日程で、国際日本文化研究センター(日文研)が、一般社団法人ナレッジキャピタルとの共催で小中学生向けの講座「〈SpringX超学校〉「おもしろ日本を解き明かそう!」」をオンラインで開催します。日文研所属の4人の教員により、古代・近代・現代の情報・資料・史料を読み解きながら、国際的・学際的な日本文化研究の魅力の解説が行われます。

参加費は無料であり、事前の申し込みは不要です。

内容は以下の通りです。

・第1回 2021年11月3日 『情報って何か知ってる?』
「情報を読むための手がかりを知ろう!」(関野樹氏)
「情報の使い手になるための著作権について学ぼう!」(山田奨治氏)

・第2回 2021年11月14日 『「日本人」とは何か』(倉本一宏氏)

・第3回 2021年11月28日 『近代オリンピックの「史料」を解き明かそう!』(牛村圭氏)

武庫川女子大学附属図書館(兵庫県)、AI顔認証による入退管理システム「SAFR」を導入:館内滞在状況把握のため

2021年10月11日、兵庫県の武庫川女子大学が、同大学附属図書館でNTTドコモのAI顔認証による入退管理システム「SAFR」を導入したことを公表しました。なお、8月3日付で、同館のウェブサイト上に、顔認証システムの導入についてのお知らせが掲示されていました。

発表によると、同大学附属図書館のうち中央図書館は生涯学習の場として西宮市(兵庫県)内在住・在校の中高生等学外者へも一般開放しており、学外者は共用カードでの入退館をしていました。不特定多数が頻繁に利用する施設であることから、リスクマネジメントを強化するため、利用者の詳細な把握が課題になっていました。

今回の導入により、地震や火災発生時などの緊急事態においても館内の滞在状況が即座に確認できるようになる他、学外者の所属別利用状況を簡単に把握することができ、その情報を基に生涯学習支援施策の検討ができるようになるとあります。

英国物理学会出版局(IOP Publishing)、抄録データのオープン化を推進するイニシアティブI4OAに参加

2021年10月21日、英国物理学会出版局(IOP Publishing)は、抄録データ(abstracts)のオープン化を推進するイニシアティブであるInitiative for Open Abstracts(I4OA)に参加したことを発表しました。

IOP Publishingは、全ての抄録データを論文の基本メタデータに含め、オープン化する意向を示しています。なお、抄録データの登録先はCrossrefとなっています。

IOP Publishing makes abstracts openly available(IOP Publishing, 2021/10/21)
https://ioppublishing.org/news/iop-publishing-makes-abstracts-openly-available/

ページ