レファレンス協同データベース新着事例

神田正俊(1976)「石原謙先生の追憶」『共助』 貴館が所蔵する『共助』(NIIID:AN00204802、JP番号00005422、基督教共助会出版部)の中に 上記の文献が掲載されている号、ページを特定していただけますでしょうか。(国立国会図書館(National Diet Library))

ご照会内容に該当する記事の掲載箇所をお知らせします。 著者名が少し異なります。 記事名 石原謙先生の追憶 著者名 福田正俊 掲載巻 26(9)(303)1976.9 ページ pp.7-12 『共助 : キリスト教雑誌』基督教共助会出版部【当館請求記号:Z9-99】 備考:NDLサービス企画課(レファレンス承認者)

図書『彼女の場合 : 神奈川・文学のヒロイン紀行 』原良枝 著、かまくら春秋社(2006)の目次にある記事:「友だち幻想―『対岸の彼女』(横浜市)」が何ページから何ページにあるかお教えください。(国立国会図書館(National Diet Library))

ご照会の項目の掲載箇所をお知らせします。 項目名 友だち幻想 角田光代『対岸の彼女』―(横浜市) ページ pp.118-124 *pp.124-125に作品と関連した横浜の散策メモがあります。 『彼女の場合 : 神奈川・文学のヒロイン紀行』 原良枝 著. かまくら春秋社, 2006.1 【当館請求記号:KG748-J18】 事前調査事項:『彼女の場合 : 神奈川・文学のヒロイン紀行 』原良枝 著、かまくら春秋社(2006)に目的の記事あり。(2020年7月8日AMAZON.com参照) 備考:NDLサービス企画課(レファレンス承認者)

『少女の友』(Z32-412)27巻10号(1934年10月号)に...

該当する広告が見つかりましたので、編輯後記とともに掲載箇所をお知らせします。 なお、広告の下部には「日本RKOラヂオ映画株式会社提供」とありました。 広告名 若草物語 掲載巻 27(10)1934-10 ページ 11コマ目 *ページ付がないため、画像のコマ番号をお知らせします。 記事名 編輯後記 掲載巻 27(10)1934-10 ページ p.332(183コマ目) 『少女の友』實業之日本社, [1908]-[1955] 【当館請求記号:Z32-412】 事前調査事項:デジタルコレクション目次 備考:NDLサービス企画課(レファレンス承認者)

映画ファン(雑誌) 請求記号 YA5-1098 1951年11月号内に、俳優の池部良が書いた、映画『ブンガワンソロ』に関しての記事があるそうです。 掲載箇所の調査をお願いしたいと存じます。(国立国会図書館(National Diet Library))

お探しの記事が見つかりましたので掲載箇所をお知らせいたします。 記事名 僕の覚え書・第四信 白樺の林のそばで南國の撮影 著者 池部 良 掲載巻号 11(11)1951.11  ページ pp.46-47 ※記事中にブンガワン・ソロへの言及があります。 なお、巻頭に関連記事がありましたので参考までにお知らせします。 主題歌の歌詞と楽譜です。 記事名 新東宝映画『ブンガワン・ソロ』主題歌 ブンガワン・ソロ 掲載巻号 11(11)1951.11  ページ ページ付けなし1ページ分(表紙裏と目次の間にあります) 映画ファン 国立国会図書館, 1999 【当館請求記号YA5-1098】 原資料の出版事項: 東京 : 映画世界社 備考:NDLサービス企画課(レファレンス承認者)

「科学読売」掲載の連載記事の1、3、9回目を探しています。前後の連載回から、以下の各号に含まれていると思われます。 貴館所蔵のマイクロ資料にありましたら、掲載ページ等をお知らせください。よろしくお願いします。 板倉聖宣「日本の科学と社会の歩み」  1:1956年6月号、3:1956年8月号、9:1957年3月号もしくは4月号 科学読売(請求記号:YA-336)(国立国会図書館(National Diet Library))

連載記事の1回目と3回目が見つかりましたのでお知らせします。 1957年3月号には9回目は掲載されていませんでした。1957年4月号は欠号のため確認できかねました。 論題 日本の科学と社会の歩み (1) 著者  板倉聖宣 掲載巻号 8(6)1956.6 ページ pp.42-45 論題 日本の科学と社会の歩み (3) 著者  板倉聖宣 掲載巻号 8(8)1956.8 ページ pp.72-75 科学読売 国立国会図書館 【当館請求記号YA-336】 原資料の出版事項: [東京] : [読売新聞社] 調査済み巻号 8(6)1956.6、8(8)1956.8、9(3)1957.3 9(4)1957年4月号の他の所蔵機関について、CiNii Books(https://ci.nii.ac.jp/books/)で検索すると、 複数の所蔵機関が見つかります。利用方法等詳細については、所蔵館に直接お問い合わせください。 (データベースの最終アクセス日:2020年7月7日) https://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00017612#anc-library 備考:NDLサービス企画課(レファレンス承認者)

戦後、帝国大学(東京大学)が女子の受験を認めるにあたり、女子教育刷新要綱(1946(昭和21年)2月1日)をもとにしたのか、教育基本法ならびに学校基本法(1947年(昭和22年)3月31日)をもとにしたのかを知りたい。(国立教育政策研究所教育図書館)

女子教育刷新要綱による 回答プロセス:■当館の「教育研究論文検索」にて「東京大学」「女子」などのキーワードで検索。   所澤潤「東京大学における昭和二十年(一九四五年)以前の女子入学に関する史料」 p.61 1946年(昭和21年)の入学試験で初めて女子の受験を許したことに関して、『東京大学百年史』の 通史2P.996-1002に載っている との記述があった。 ↓ 『東京大学百年史』通史2 P.996-1002 「女子教育刷新要綱」によって女子受験を許可 ※東京大学男女共同参画のオフィスウェブサイトにも記載あり https://www.u-tokyo.ac.jp/kyodo-sankaku/ja/activities/model-program/library/UTW_History/Page03.html (2020/08/20リンク先更新) 「1946年2月1日の「女子教育刷新要綱」により女子にも東大の門が開かれ、最初の女子受験生は108名と多くの女性がチャレンジしました。」 という文章が載っている。 参考資料:東京大学における昭和二十年(一九四五年)以前の女子入学に関する史料  所澤潤 -- (東京大学史史料室 東京大学史紀要9 1991.3) 【当館請求番号】P361||1A3-9, 参考資料:東京大学百年史  東京大学百年史編集委員会編 ; 通史2 -- 東京大学, 1984- 【当館請求番号】377.213||4.34||1.2,

第二次世界大戦中の古河好間炭鉱で働く人々を撮影した写真が掲載された本はあるか?特に、余暇活動などの様子を写したものが見たい。(いわき市立いわき総合図書館)

第二次世界大戦中となると、昭和14年~20年頃の写真になるが、各写真集を確認したところこの時期に撮影されたものは少なく、範囲を昭和10年代(一部昭和20年代含む)に広げ資料を案内する。 【資料①】『よしま ふるさとの歴史写真集』(好間地区関係団体会議 2001)  好間地区の古い写真が掲載。古河好間炭鉱の写真も多く掲載されている。  ・昭和20年代の古河好間炭鉱社宅(P11)  ・昭和10年頃の古河好間炭鉱の選炭場(P32)  ・昭和19年の古河好間炭鉱勤労報国隊(P44)  ・昭和17年の古河好間炭鉱第一竪坑坑口 当時の商工大臣岸信介の一行。(P46)  ・昭和9年、11年のラジオ体操の風景(P47)  ・昭和11年の古河好間炭鉱奉祝祭(P54)  ・昭和10年代の古河好間炭鉱山神祭への道中(P55)  ・昭和10年前後の古河好間炭鉱山神祭(P56) 【資料②】『写真が語る常磐炭田の歴史』(常磐炭田史研究会 2006)  ・昭和10年頃の柔道、剣道、玉突き(ビリヤード)に興じる風景(P155) 【資料③】『写真で綴るいわきの炭砿』(草野日出雄 1975)  ・昭和10年前後の古河好間炭鉱山神祭(P58)  ・年代不明 災害防止を目的とした露天映画会(P59)  ・昭和10年代の婦人増産隊のラジオ体操(P62) 【資料④】『いわきの昭和』(いき出版 2009)  ・昭和20年代の古河好間炭鉱の給炭場。その奥に炭住の風景(P164)  ・昭和10年代の古河好間炭鉱の選炭場で働く女性たちの風景(P165) 参考までに、【資料⑤】『常磐地方の鉱山鉄道』(おやけこういち 2003)P196-197には、大正時代中期および昭和30年代半ばの古河好間炭鉱専用鉄道沿線の炭鉱施設の詳細な配置図が掲載されていることも併せて案内。 回答プロセス:1.資料を調査 上記回答のとおり。 次の資料も確認したが、該当する写真は見当たらなかった。  『目で見るいわきの100年』  『いわき今昔写真帖』  『いわき ふるさと写真』  『いわきの100年』  『懐郷無限』  『黒ダイヤの記憶』  『いわきのズリ山』  『絵はがきの中の「いわき」』  『いわき市史 別巻 常磐炭田史』 参考資料:【資料①】『よしま ふるさとの歴史写真集』[K/210.1-1/ヨ・1111311302], 参考資料:【資料②】『写真が語る常磐炭田の歴史』[K/567/ジ・1111937890], 参考資料:【資料③】『写真で綴るいわきの炭砿』[K/567/ク・1110097951], 参考資料:【資料④】『いわきの昭和』[K/210.7-1/イ・1111979991], 参考資料:【資料⑤】『常磐地方の鉱山鉄道』[K/561/オ・1111938930],

嫩葉(ふたば)学園という私立養護学校について知りたい。(高崎市立中央図書館)

嫩葉学園は昭和26(1951)年4月に、肢体不自由児の教育施設として、群馬整肢療護園が園内に設置した学校法人私立養護学校です。肢体不自由児の医療と教育を組み合わせた、全国に例を見ないものでした。 昭和31(1956)年10月に群馬町に移管され、群馬町立金古小学校と群馬町立中央中学校の嫩葉分校として療護園内に二学級が設置されました。さらに昭和34(1959)年1月に群馬県立二葉養護学校となりました。なお、この時に名称は嫩葉から当用漢字の二葉になっています。 昭和47(1972)年4月にそれまでの小学部、中等部に加えて高等部が設置され、平成12(2000)年4月に二葉養護学校から分離独立して群馬県立二葉高等養護学校が開校しました。 その後、平成27(2015)年4月に群馬県立二葉養護学校から群馬県立二葉特別支援学校に校名を変更しています。 以下、当館所蔵の参考資料になります。 群馬町誌 通史編 下  県立二葉養護学校 p.670-672 日本障害児教育史 戦後編  群馬整肢療護園と群馬県立二葉養護学校 p.214-215 群馬県教育史戦後編 上巻  私立嫩葉学園の設置 p.782-783 群馬の障害教育を創めた人々  森田傳一郎 p.81-89   群馬整肢療護園園長と当学園の園長を兼務していた。   嫩葉学園の創立についても記述あり。 群馬県百年史 下巻 p.944-946  群馬整肢療護園   嫩葉学園について直接の記述はないが、昭和26年の規模の拡張や、昭和31年の公立化について記述あり。 群馬県立二葉特別支援学校HP  『学校の沿革』(http://www.nc.futabay-ses.gsn.ed.jp/?page_id=69 最終確認:2020.07.03) 回答プロセス:以下の資料には名前のみ記載がありました。 学校の歴史 第2巻 p.362 よくわかる肢体不自由教育 p.63 参考資料:群馬町誌編纂委員会 編 , 群馬町 (群馬県). 群馬町誌 通史編 下(近代現代). 群馬町誌刊行委員会, 2002. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003647803-00, (当館資料番号 117120048) 参考資料:中村満紀男 編著 , 中村, 満紀男, 1945-. 日本障害児教育史 戦後編. 明石書店, 2019. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I030077918-00, 9784750349398(当館資料番号 115894529) 参考資料:戦後における群馬県教育史研究編さん委員会編集. 群馬県教育史戦後編 上巻. 群馬県教育委員会, 1979. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I051668413-00, (当館資料番号 110362282) 参考資料:群馬県. 群馬県百年史 下巻. 群馬県, 1971. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001226311-00, (当館資料番号 110369097) 参考資料:柳本雄次 著 , 柳本, 雄次, 1947-. 群馬の障害教育を創めた人々. あずさ書店, 1990. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002093301-00, 4900354228(当館資料番号 110935871)

酒造関係者栗林安兵衛について、鴻巣市の小山酒造との縁戚関係や横田家との接点を知りたい。(埼玉県立久喜図書館)

下記の資料を紹介した。 『近代酒造業の地域的展開』(青木隆浩著 吉川弘文館 2003)  p96-97 小山屋の屋号をもつ北足立郡鴻巣町の栗林安兵衛と、小山屋と山屋という屋号 の酒造家(指扇村 (現大宮市) の小山又八家を本家とする)についての記述あり。p116に注あり。  p101-102 埼玉県酒造組合の初代本部長横田良介(近江商人横田庄右衛門の支配人)と埼玉県酒造組合の中心的な役割を担った小山又八、栗林安兵衛といった山屋グループについての記述あり。 回答プロセス:1 人名事典を調べる。 『埼玉名字辞典 第2巻(カ~シ)』(茂木和平著 茂木和平 2006)  p2969「二 鴻巣町」に栗林安兵衛について「初代酒造業」とあり。 2 《Googleブックス》(https://books.google.co.jp/ Google)を〈栗林安兵衛〉で検索する。 『近代日本経済人伝記資料目録』(東京大学経済学部付属日本産業経済研究施設伝記資料目録編集委員会編 東京大学出版会 1980)  p88「栗林安兵衛」あり。出典として「埼玉県酒造組合誌 埼玉県 同組合 1921」とあり。 3 埼玉県の酒造関係資料を確認する。 『株式会社小山本家酒造二百年史』(関根尚著 小山本家酒造 2008)  p47「第3章 4代目・小山又八」  p60「小山又八と栗林安兵衛の交流、友誼は永く続くのだ」とあり。 『埼玉県酒造組合誌』(埼玉県酒造組合編 埼玉県酒造組合 1921)  (注)大正10年8月刊の複製。  p710-779「組合功労者傳」あり。  p710「横田良介」、p731「小山又八」、p755「小山祖一郎」、p776「小山新七」の項目あり。  p732-736「栗林安兵衛」「嘉永六年四月北足立郡鴻巣町に生る。」の記述あり。 4 《Google》(https://www.google.com/?gws_rd=ssl Google)で〈栗林安兵衛〉を検索する。 《J-STAGE》(https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/ 科学技術振興機構) 青木隆浩著「明治期における酒造組合の形成と組織的変容 埼玉県を中心として」(『人文地理第52巻5号』p425-446 人文地理学会 2000.10 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjhg1948/52/5/52_5_425/_article) 5 自館目録を〈青木隆浩〉で検索する。 〈その他調査済み資料〉 『新編武蔵風土記稿 [第4期]第8巻 大日本地誌大系14』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1996) 『鴻巣町史 埼玉県郷土誌叢刊』(金沢貞次郎著 臨川書店 1987) 『埼玉県史 第6巻 江戸時代後期』(埼玉県編 埼玉県 1937) 『鴻巣市史 通史編2 近世』(鴻巣市市史編さん調査会編 鴻巣市 2004) ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2018年11月3日。 事前調査事項:『埼玉県酒造組合史』(埼玉県酒造組合史編纂委員会編 埼玉県酒造組合 2016)  p304「明治期 組合を支えた人々 栗林安兵衛」に「小山又八とは従兄弟同士」とあり。 参考資料:『近代酒造業の地域的展開』(青木隆浩著 吉川弘文館 2003), 4-642-03761-6

『サンケイ』大阪本社版1975(昭和50)年3月12日付の紙面に、石垣りん執筆の「終着駅」は掲載されているでしょうか。(国立国会図書館(National Diet Library))

ご照会の記事について当館所蔵の紙面を調査しましたが、お探しの記事は見つかりませんでした。 調査範囲 当館請求記号:YB-12 タイトル:サンケイ [大阪] 形態:マイクロフィルム 調査期間:1975(昭和50)年3月10日-3月14日 備考:新聞(レファレンス)

『サンケイ』大阪本社版1979(昭和54)年9月10日付の紙面に、石垣りん執筆の「なぎさの穴」は掲載されているでしょうか。(国立国会図書館(National Diet Library))

ご照会の記事について当館所蔵の紙面を調査しましたが、お探しの記事は見つかりませんでした。 調査範囲 当館請求記号:YB-12 タイトル:サンケイ [大阪] 形態:マイクロフィルム 調査期間:1979(昭和54)年9月8日-9月12日 備考:新聞(レファレンス)

1980年8月後半~9月初めの『神戸新聞』夕刊に、早坂暁による「トンビその後」および「そしてトンビ」という記事が掲載されているか。(国立国会図書館(National Diet Library))

当館所蔵の資料を調査したところ、ご照会の記事が見つかりましたので、以下に書誌事項と掲載箇所をお知らせします。 当館請求記号:YB-32 タイトル:神戸新聞 形態:マイクロフィルム 掲載日・掲載箇所・記事見出し: 1980(昭和55)年8月28日・夕刊・1面「随想 トンビその後」 1980(昭和55)年9月13日・夕刊・2面「随想 そしてトンビ」 備考:新聞(レファレンス)

下記の文献の所蔵状況について調査いただきますよう、お願いいたします。 American Mineralogist 2010 Structure of nanocrystalline phyllomanganates produced by freshwater fungi S. Grangeon, B. Lanson, N. Miyata, Y. Tani, A. Manceau 95巻 ?号 P1608~P1611(?)(国立国会図書館(National Diet Library))

ご照会の資料は国立国会図書館関西館で所蔵しています。 論文の書誌事項は以下のとおりです。 論文名  Structure of nanocrystalline phyllomanganates produced by freshwater fungi 著者名  Sylvain Grangeon, Bruno Lanson, Naoyuki Miyata, Yukinori Tani, and Alain Manceau 当館請求記号 Z53-B152 タイトル American Mineralogist 出版事項 Washington : Mineralogical Society of America 掲載巻  Vol. 95, No. 11/12, 2010.11/12 掲載ページ pp.1608~1616 本文に掲載されている複数の図がカラーです。 事前調査事項:95巻であることはわかったのですが、2010年内発行はすべて95巻だったため、どの月発行か(何号か)まではわかりませんでした。 備考:文献提供課(レファレンス)

下記の文献の所蔵状況について調査いただきますよう、お願いいたします。...

お探しの論文が掲載されている資料の所蔵が確認できました。 論文タイトル:Fungal Mn oxides supporting Mn(II) oxidase activity as effective Mn(II) sequestering materials 著者:Jianing Chang, Yukinori Tani, Hirotaka Naitou, Naoyuki Miyata, Haruhiko Seyama 掲載誌タイトル:Environmental technology 請求記号:Z54-B780 巻号:34(19), 2013.9/10    ※複数巻号が合併して刊行されているため、NDLオンライン上の表記は「34(17/20)」となります。 掲載ページ:pp.2781~2787 また、ご指定の資料は、冊子体以外にも、当館契約の電子ジャーナルに収録されています(最終アクセス日:2020年6月26日)。 書誌情報は以下のとおりです。 収録データベース名:Taylor & Francis Online 論文名:Fungal Mn oxides supporting Mn(II) oxidase activity as effective Mn(II) sequestering materials 著者名:Jianing Chang, Yukinori Tani, Hirotaka Naitou, Naoyuki Miyata, Haruhiko Seyama 誌名:Environmental technology 巻号・年月:34巻19号(2013年9-10月) ページ:pp.2781~2787 事前調査事項:Environmental technologyという雑誌自体を見つけることができませんでした。 備考:文献提供課(レファレンス)

21st AIAA applied aerodynamics conference : a collection of technical papers : Orlando, Florida : 23-26 June 2003. : Jun 2003, Orlando, FL...

ご照会の論文の掲載箇所は以下のとおりです。 論題 An experimental investigation of a quad tilt rotor in ground effect 著者 Anand Radhakrishnan and Fredric H. Schmitz 当館請求記号 M17-04-2476 タイトル  21st AIAA applied aerodynamics conference : a collection of technical papers : Orlando, Florida : 23-26 June 2003. : Jun 2003, Orlando, FL 出版事項 Reston : American Institute of Aeronautics and Astronautics, c2003 巻号 v. 1 ページ pp.434~444 事前調査事項:リサーチ・ナビ:AIAAペーパー 備考:文献提供課(レファレンス)

書誌事項:International journal of behavioral medicine : official journal of the International Society of Behavioral Medicine. -- Lawrence Erlbaum Associates, c1994-...

下記の文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書について確認しました。 タイトル:小児慢性疾患患者の心の問題と家族のサポート機能 : 成育医療における思春期看護の検討 当館請求記号:Y151-H14572301 出版年月:2005.2 研究代表者:丸光惠(北里大学) 「VI 研究成果1 フォーカスグループインタビュー」(pp.14-15)として、 ご照会の論文に係る英文記事(タイトル:「Psycho-socio-behavioral problems of hospitalized adolescents with chronic illness: An analysis of focus group interviews of 10 Japanese nurses」)が掲載されています。 (p.14がVIの中扉、p.15が英文記事です。) 事前調査事項:International journal of behavioral medicine の電子ジャーナルの巻号一覧には11(suppl)はなく、 冊子体を所蔵する国内の図書館も見つかりませんでした。 こちらの論文事項について各種検索でヒットするのは科研費報告書との関連のみでした。 備考:文献提供課(レファレンス)

博士論文『要介護高齢者と介護職員の脱アサイラム研究 : 特養ホームにおける介護自治文化の形成過程のフィールドワーク』(請求記号:UT51-2005-F624)について、論文の構成をお知らせください。(国立国会図書館(National Diet Library))

ご照会の以下の資料(博士論文)を確認いたしました。 当館請求記号 UT51-2005-F624 タイトル 要介護高齢者と介護職員の脱アサイラム研究 : 特養ホームにおける介護自治文化の形成過程のフィールドワーク 著者 片桐資津子 [著] 学位の種類 博士 (文学) 授与大学名 北海道大学 報告番号 乙第6276号 授与年月日 平成17年3月25日 当該資料の構成は次のとおりです。 より詳細な目次情報をお知りになりたい場合は、目次部分の複写をお申し込みください。 標題紙 1頁(ページ付なし) 目次 pp.1-5 序論 <エンリッチ・エイジング>と介護自治文化の形成 pp.7-12 本論 pp.13-335  第一章 <エンリッチ・エイジング>と介護自治文化の形成 pp.13-35  第二章 アサイラムとしての特養 pp.37-71  第三章 特別養護老人ホーム小史と厚生労働省型介護文化 pp.73-107  第四章 研究の方法 pp.109-122  第五章 調査対象の特養 pp.123-177  第六章 アサイラムの生活過程-入所者の世界 pp.179-213  第七章 アサイラムの労働過程-職員の世界 pp.215-288  第八章 脱アサイラム化と<介護業務構造> pp.289-335 結論 <エンリッチ・エイジング>と<21世紀型介護自治文化>の形成 pp.337-346 参考文献 pp.347-353 あとがき pp.355-356 事前調査事項:北海道大学学位論文目録データベース CiNii Dissertations 備考:文献提供課(レファレンス)

鳥居龍蔵による連載「シベリアから満蒙まで」の第5回目の記事が、『東京日日新聞』1928(昭和3)年9月16日(3面・2段目)に掲載されています。 第1回から第4回までの掲載箇所と、第6回以降の有無をお調べいただけますでしょうか。(国立国会図書館(National Diet Library))

当館所蔵の資料を調査したところ、ご照会の記事が見つかりましたので、以下に書誌事項と掲載箇所をお知らせします。 当館請求記号:YB-6 タイトル:毎日新聞 [東京] 形態:マイクロフィルム 掲載日・掲載箇所・記事見出し: 1928(昭和3)年9月12日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(一)」 1928(昭和3)年9月13日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(二)」 1928(昭和3)年9月14日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(三)」 1928(昭和3)年9月15日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(四)」 1928(昭和3)年9月16日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(五)」 1928(昭和3)年9月18日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(六)」 1928(昭和3)年9月19日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(七)」 1928(昭和3)年9月20日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(八)」 1928(昭和3)年9月21日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(九)」 1928(昭和3)年9月22日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(十)」 1928(昭和3)年9月25日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(十一)」 1928(昭和3)年9月26日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(十二)」 1928(昭和3)年9月27日・朝刊・3面「シベリアから満蒙まで(十三)」(終) 備考:新聞(レファレンス)

Los Angeles timesに掲載されていると思われる、Adrienne Rich "Why I Refused the National Medal for the Arts" の記事の掲載の有無と、その掲載箇所を知りたい。(国立国会図書館(National Diet Library))

当館所蔵の資料を調査したところ、ご照会の記事が見つかりましたので、書誌事項と掲載箇所をお知らせします。 当館請求記号:Z92-176 タイトル:Los Angeles times 形態:製本済み原紙 掲載日・掲載箇所・記事見出し: SUNDAY, AUGUST 3, 1997 / BOOK REVIEW / PAGE 3 "Why I Refused the National Medal for the Arts" 備考:新聞(レファレンス)

新聞記事の切り抜きを所持しているが、掲載新聞名・年月日がわからない。...

お知らせいただいた記事の記述から、以下のことが推測されます。 ・記事本文が「可児郡」と始まっていることから、岐阜県内の地域的なニュースがまとめて掲載されている面の記事であること ・人物や経緯について比較的詳細に記載されていることから、このニュースが重要な出来事として受け止められうる地域の人々が読者に想定されていること よって、今回は、調査対象を昭和16年9月当時岐阜県内で普及していたと思われる新聞に絞り込んで調査を行いました。 それに該当する当館所蔵資料には、以下のものがあります。【】の中は当館請求記号です。 ①岐阜県内に本社を置く新聞:岐阜日日新聞【YB-255】 ②岐阜県の地方版(地域面)がある地方紙の地方版:新愛知の地方版(東濃版、岐阜版)【YB-1762】、名古屋新聞の地方版(東濃版、岐阜県版)【YB-1763】 ③岐阜県の地方版がある地方紙:新愛知【YB-299】、名古屋新聞【YB-300】 これらのうち、『岐阜日日新聞』については調査済みとのことでしたので、それ以外のものを調査対象といたしました。 また、『新愛知』の地方版(東濃版)【YB-1762】の紙面を調査中に、「二十世紀を献上 今渡昭和農園の光栄」という見出しの記事(掲載日・掲載箇所:昭和16年9月11日・4面(東濃版))が見つかり、当該記事中に「可児郡今渡町日本ライン昭和農園(佐橋俊二郎氏経営)」が「二十世紀菊水梨一箱を献上」することになったという記述があったことから、確かに昭和16年9月に梨の献上が行われたということが確認できましたので、調査期間を昭和16年9月13日とその前後の土曜日のみとしました。 以上の条件で当館所蔵の紙面を調査しましたが、お探しの記事は見つかりませんでした。 調査範囲はそれぞれ以下の通りです。 当館請求記号:YB-1762 タイトル:新愛知 [地方版] 形態:マイクロフィルム 調査期間:1941(昭和16)年9月6日、13日、20日 当館請求記号:YB-1763 タイトル:中部日本新聞 [地方版] 形態:マイクロフィルム 調査期間:1941(昭和16)年9月6日、13日、20日 当館請求記号:YB-299 タイトル:新愛知 形態:マイクロフィルム 調査期間:1941(昭和16)年9月6日、13日、20日 当館請求記号:YB-300 タイトル:名古屋新聞 形態:マイクロフィルム 調査期間:1941(昭和16)年9月6日、13日、20日 これらの調査の中で、ご照会にある記事の切り抜きでは、欄外に「(土曜日)(第三種郵便物認可) 」のように、曜日と「第三種郵便物認可」が隣り合うような並びで記載されているとのことですが、今回調査対象とした新聞では、曜日と「第三種郵便物認可」が隣り合うような並びにはなっていないことがわかりました。 ※例えば、『新愛知』の地方版(朝刊4面に相当)では、左から版表示・曜日・「知愛新」・発行日・「(可認物便郵種三第)」・面数の順、『名古屋新聞』の地方版(朝刊4面に相当)では、左から号数・「聞新屋古名」・曜日・発行日・「(可認物便郵種三第)」・面数の順となっています。 このほかの、ご照会の記事が掲載されている可能性のある新聞としては、当館では所蔵しておりませんが、以下のものが考えられます。 ④岐阜県内に本社を置く『岐阜日日新聞』以外の新聞 ⑤岐阜県の地方版がある全国紙の地方版 ④としては、『新聞総覧 第33巻(昭和16年)』(日本電報通信社 昭和16 【特226-68】)の133ページに、『岐阜新聞』(岐阜市)、『美濃大正新聞』(大垣市)、『飛騨毎日新聞』(高山市)の3紙が挙げられています。 ただし、これらの新聞の昭和16年分の所蔵について「国立国会図書館サーチ」で調査しましたが、所蔵館は見つかりませんでした。 ⑤としては、『朝日新聞』、『大阪毎日新聞』、『読売新聞』が考えられます。 このうち、『朝日新聞』と『読売新聞』については、それぞれ当館契約データベース「聞蔵」および「ヨミダス歴史館」で地方版の紙面を確認しましたが、欄外の記述は、曜日と「第三種郵便物認可」が隣り合うような並びにはなっておりませんでした。 一方で、『大阪毎日新聞』については、地方版(朝刊4面に相当)の紙面のみ、欄外の記述が、左から「(可認物便郵種三第)」・曜日・「聞新日毎阪大」・発行日・面数・版表示の順となっており、これは曜日と「第三種郵便物認可」が隣り合う並びになっているため、該当の新聞である可能性があります。 ただし、『大阪毎日新聞』の岐阜県内の地方版の、昭和16年分の所蔵について「国立国会図書館サーチ」で調査しましたが、こちらについても所蔵館は見つかりませんでした。 事前調査事項:以下の資料を閲覧・調査したが、該当記事や手掛かりとなる情報は見つからなかった。 ・『岐阜日日新聞』昭和16年 8月30日(土)、9月6日(土)、9月12日(金)-9月14日(日)、9月20日(土) ・『朝日新聞』岐阜地方版 昭和16年 8月30日(土)、9月6日(土)、9月13日(土)、9月20日(土) ・CD-ROM「昭和の読売新聞」戦前Ⅱ 索引 ・岐阜県図書館 郷土関係新聞記事索引(岐阜県図書館OPAC) ・『美濃加茂市史』通史編(美濃加茂市、1980) ・『岐阜県昭和農業史』上巻(岐阜県昭和農業史編纂委員会編 岐阜県 1993) ・『まちのいいものよいところ 山之上展』(美濃加茂市民ミュージアム 2017) ・ 神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ 新聞記事文庫 備考:新聞(レファレンス)

ページ