アフリカ

ランダムハウス社が、発展途上国へ電子書籍を届けるプロジェクトに電子書籍を寄贈

発展途上国へ電子書籍を届ける活動を行っているNPOの“Worldreader.org”が、2010年10月28日に、ランダムハウス社(Random House )から電子書籍の寄贈を受けたと発表しています。寄贈された書籍は、『ピーターパン』や『秘密の花園』、『ヴェニスに死す』等の他に、児童書のシリーズ「マジック・ツリー・ハウス」も含まれているようです。“Worldreader.org”は、これらの寄贈本を現在活動を行っているガーナに届けるとのことです。

ランダムハウス社よる寄贈本のリスト
http://blog.worldreader.org/wp-content/uploads/2010/10/Worldreader.org-Random-House-books.pdf

Magic Tree House comes to Worldreader (2010/10/28付け Worldreader.orgブログの記事)
http://blog.worldreader.org/2010/10/28/magic-tree-house-comes-to-worldreader/

世界規模での学芸員によるレファレンスイベント“Ask a Curator”が開催

2010年9月1日、世界の博物館・美術館が参加した、学芸員によるレファレンスイベント“Ask a Curator”が開催されました。レファレンスはTwitterを利用したもので、ハッシュタグ#askacuratorをつけて質問をツイートすると、世界の学芸員がそれに答えてくれるというものです。参加は欧州、北米、南米、オセアニア等の23カ国、340機関以上にも及び、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、アムステルダムのゴッホ美術館、バルセロナのピカソ美術館なども参加したとのことです。

Ask a Curator
http://www.askacurator.com/index.html

L.A.'s MOCA and other museums participate in 'Ask a Curator' (2010/8/31付け Los Angeles Timesの記事)
http://latimesblogs.latimes.com/culturemonster/2010/08/las-moca-and-other-museums-participate-in-ask-a-curator.html

Ask A Curator becomes hottest global Twitter topic (2010/9/1付け Culture24の記事)

子どもの文学クイズ世界大会が英国エジンバラで開催される

2010年8月14日、子どもの文学クイズの世界大会“Kids' Lit Quiz”が開催され、英国のCity of London School for Girlsが優勝したとのことです。このクイズ大会は、10歳から13歳の子どもを対象としたもので、現在の参加国はニュージーランド、英国、南アフリカそして中国とのことです。各国で予選を行い、このたび決勝戦が英国のエジンバラで行われました。クイズは、この大会の設立者であるWayne Mills氏によって作成され、現代のコミックのキャラクターから古代ギリシアの悲劇まで幅広く出題されるとのことです。なお、この“Kids' Lit Quiz”は非営利のもので、運営はボランティアによって行われているとのことです。

Kids' Lit Quiz World Final Winners (2010/8/17付け SLAの記事)
http://www.sla.org.uk/blg-kids-lit-quiz-world-final-winners.php

World final of Kids Lit Quiz in Edinburgh (2010/8/6付け BBCのニュース)

アフリカの学術雑誌に掲載された論文のデジタルアーカイブ

アフリカで刊行された、科学、社会科学、人文学の学術雑誌に掲載された論文のデジタルアーカイブ“African Journal Archive”がスタートしました。創刊号(可能な場合)から最新号の前の号に収録された論文のフルテキストに、世界中から無料でアクセスすることができます。このデジタルアーカイブは、Carnegie Corporation of New Yorkの資金援助の下、アフリカにおける図書館情報サービスの促進と支援を手がける非営利組織Sabinet Gatewayが構築しました。

African Journal Archive
http://www.sabinet.co.za/?page=african-journal-archive

Twitterを通じた募金活動によって学校図書館が建設予定(タンザニア)

草の根募金活動を行っているグループ“Epic Change”が、集まった資金でタンザニアのある中学校に図書館を建設することになったということです。この中学校は、Epic Changeの設立者でCEOである人物が2007年にボランティアに赴いた学校だということです。サンクスギビング・デーの時期に実施した募金活動により、2008年には新たな教室の建設費用として1万ドル、2009年には学校図書館建設費用として3万5千ドルが集まりました。計画では今後、コンピュータラボ、カフェテリア、運動場、トイレ、といったものが建設されることになっています。

An African School Library Created One Tweet At a Time
- School Library Journal 2010/5/10付けの記事
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6728180.html

ラクダが本を運ぶ移動図書館(ケニア)

ケニアの北東地域では、遊牧民を対象にした、ラクダによる移動図書館が実施されているそうです。毎日、3頭のラクダが本とテントを運ぶとのことです。本の多くは英国の慈善団体Book Aid Internationalから提供されているとのことです。

Camel Mobile Library(Book Aid Internationalのサイト)
http://www.bookaid.org/cms.cgi/site/our_work/_camel_mobile_service.htm

Kenya: The Camel Mobile Library Service(2010/2/13付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2010/02/13/kenya-the-camel-mobile-library-service/

ユネスコ、アラビア古典文学の電子図書館を公開

ユネスコが、アラビア古典文学の電子図書館“Majaliss”を公開しています。オンライン版と3枚組のCD-ROM版があり、CD-ROM版の1枚には音声ファイルを伴った北アフリカ地域の書籍が収録され視覚障害者も利用できるようになっています。

UNESCO Digital Library Majaliss opens up classical Arabic literature to public(ユネスコのニュースリリース)
http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=29118&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

Majaliss(アラビア語)
http://rabat.unesco.org/majaliss/

E942 - ISO/TC46会議ナイロビ大会<報告>

2009年5月11日から15日まで,ケニアのナイロビにおいて,ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)のTC46(Technical Committee 46:情報とドキュメンテーション専門委員会)の大会(E658参照)が行われた。日本からは,ISO加盟機関である日本工業標準調査会(JISC)の代表として,筆者を含め2機関2名が参加した。...

 

『アジ研ワールド・トレンド』誌、日本・アジア・開発途上地域の機関リポジトリを特集

日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所が刊行している『アジ研ワールド・トレンド』誌は近年、毎年の3月号で図書館に関連する特集を掲載しています。2009年3月号では「学術情報へのアクセス向上を目指して-機関リポジトリのいま」と題して、日本、アジア、開発途上地域の機関リポジトリの動向を紹介しています。

2009年3月号(No.162) 特集:学術情報へのアクセス向上を目指して—機関リポジトリのいま - ジェトロ・アジア経済研究所
http://www.ide-jetro.jp/Japanese/Publish/Periodicals/W_trend/200903.html

アジ研ワールド・トレンド - ジェトロ・アジア経済研究所

ページ