書誌情報

国際図書館連盟(IFLA)、継続資料の取扱いのためにFRBRooを拡張したPRESSooのバージョン1.3である“Definition of PRESSoo”を公開

2017年5月22日、国際図書館連盟(IFLA)の標準委員会は、IFLAの新しい標準“Definition of PRESSoo: A conceptual model for Bibliographic Information Pertaining to Serials and Other Continuing Resources”を公開しました。

今回公開されたのは、PRESSooのバージョン1.3です。2017年3月31日に、IFLAの標準委員会と専門委員会によって承認されました。

PRESSooは、逐次刊行物などの継続資料の書誌情報を表現するためのオントロジーです。FRBR(書誌レコードの機能要件)のオブジェクト指向版であるFRBRooを拡張したものです。逐次刊行物などの継続資料にFRBRなどの概念モデルを適用する際の課題の解決を目指しています。

バージョン0.5が2014年4月に発表されましたが、その後、バージョン1.0が2014年6月に発表され、2015年春にワールドワイドレビューが行なわれました。2015年8月には、PRESSooの維持、レビューのためのワーキンググループの立ち上げが決定されていました。

国際図書館連盟(IFLA)、FRBR、FRAD、FRSADの各概念モデルを統合したIFLA Library Reference Model(LRM)の2017年3月版を公開

2017年5月22日、国際図書館連盟(IFLA)は、IFLA Library Reference Model(LRM)の2017年3月版を公開しました。

これは、FRBR-Library Reference Model(FRBR-LRM)を修正したもので、2016年5月1日までワールドワイドレビューを実施してコメントを受け付けていました。IFLA LRMのほか、レビュー後の修正点のサマリーや、FRBR、FRAD、FRSADの各概念モデルの利用者タスク、実体、属性、関連などをIFLA LRMにマッピングするための“Transition Mapping”などが公開されています。

IFLA LRMは、FRBR、FRAD、FRSADの3つの概念モデルを統合した、概念参照モデルです。3つの概念モデル間の矛盾の解決や、Linked data環境における書誌データの利用促進などを目的としています。

2017年4月に提出され、IFLAの専門委員会の承認を待っている段階です。

米国議会図書館、2,500万件分の書誌データをオープンデータセットとして公開

2017年5月16日、米国議会図書館(LC)が、オンラインカタログで公開している2,500万件の書誌データのオープンデータセットを専用ウェブページ“MARC Distribution Services (data set)”からダウンロードできるようにしたと発表しています。

データはMARC形式(UTF8、MARC8、XMLの3種類)で、図書・雑誌・コンピュータファイル・手稿・地図・視聴覚資料といった幅広い資料の、1968年から2014年にかけての45年間分のデータ(タイトル・著者・出版年・件名標目・ジャンル・注記等)が含まれています。

同データは、連邦政府の様々な機関が扱う情報・データを扱うサイト“DATA.GOV”からも入手することができます。

LCでは、5月17日から5月18日にかけて、米・ジョージワシントン大学やジョージ・メイソン大学と合同で開催するHack-to-Learnワークショップにおいて、図書館員やデジタル研究者、プログラマーとともに、これらデータの活用方法について検討を行なうとのことです。

商業利用や図書館向けの有料ベースのMARC頒布サービスも引き続き実施されます。

【イベント】第25回大図研オープンカレッジ「Linked Open Data を体験 書誌・所蔵データは宝の山!」(6/18・大阪)

2017年6月18日、グランフロント大阪タワーAの大阪商業大学梅田サテライトオフィスにて、大学図書館問題研究会オープンカレッジ実行委員会主催、大学図書館問題研究会大阪地域グループ共催のイベント、大図研オープンカレッジ「Linked Open Data を体験 書誌・所蔵データは宝の山!」が開催されます。

同イベントでは第一部で大阪大学産業科学研究所の古崎晃司氏が「Linked Open Data(LOD)の基本理念の基盤となる技術」、第二部で人文学オープンデータ共同利用センター長の北本朝展氏が「古いコンテンツを新しいプラットフォームに入れる~『江戸料理レシピデータセット』クックパッド公開の顛末~」と題した講演を行い、第三部では再び古崎氏が、書誌データのLOD化に関するデモンストレーションを行うとのことです。

第25回 大図研オープンカレッジ(DOC) Linked Open Data を体験 書誌・所蔵データは宝の山!
https://sites.google.com/site/dtkosakaweb/home/reikai/dtkdoc2017

韓国国立中央図書館、Linked Open Dataカンファレンス2017を開催し、発表資料を公開

2017年2月28日に、韓国国立中央図書館(NLK)の国際会議場において、「人工知能社会、データが開く世界」をテーマに、「Linke Open Dataカンファレンス2017」が開催され、その発表資料がウェブで公開されています。

図書館関係では、NLKの目録担当者による「目録担当司書が見た図書館Linked Open Data」と、国立アジア文化殿堂図書館司書による「国立アジア文化殿堂の典拠データ活用戦略」という報告が行われています。

인공지능 사회, 데이터가 열어가는 세상(NLK,2017/2/27)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8971&notice_type_code=3&cate_no=4

韓国国立中央図書館、Linked Open Data(LOD)カンファレンス2016を開催

2016年2月25日に、韓国国立中央図書館(NLK)の国際会議場において「Linke Open Dataカンファレンス2016」が開催され、その発表資料がWeb上で公開されています。

「生活のなかのデータ、Linked Data、オープンデータ」をテーマに、呉教授(成均館大学文献情報学科)による基調講演“iSchool, Data Science, and DaaS” をはじめ、空間情報、医療情報、観光情報等に関する発表が行われており、韓国科学技術情報研究院(KISTI)からは「National Digital Science LibraryとLinke Open Data」、韓国国立中央図書館からは「豊かな知識生態系のための国家書誌(全国書誌)Linke Open Data」という報告が行われています。

생활 속 개방형 연결 데이터의 힘 공유(NLK,2016/2/22)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8424&notice_type_code=3&cate_no=0

Linked Open Data Conference 2016
http://lodac.kr/2016/
※発表資料(スライド)が公開されています。

参考:

E1770 - 国立国会図書館,書誌データ利活用アンケートを実施

 2016年2月12日,国立国会図書館(以下当館)は,作成・提供する書誌データの利活用に関するアンケートの結果を公表した。

国立国会図書館、平成27年度書誌データ利活用アンケート結果を公表

2016年2月12日、国立国会図書館は、平成27年度書誌データ利活用アンケート結果を公表しました。

国立国会図書館では、書誌データの利活用促進のために、提供方法の拡充、利用方法の案内、説明会の開催等の取組みを実施していますが、今後、利活用促進の取組みを一層進めるため、公共図書館及び図書館運営を担う地方公共団体(教育委員会等)にアンケートを実施し、その結果をホームページで公開しました。

国立国会図書館 新着情報
http://www.ndl.go.jp/index.html
※「2016年2月12日 平成27年度書誌データ利活用アンケート結果を掲載しました」とあります。

国立国会図書館書誌データ利活用に関するアンケート(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/data_service/bib-enquete/index.html

米国議会図書館(LC)、新規開発中の語彙”Library of Congress Demographic Group Terms”(LCDGT)の第2段階の用語を承認、マニュアルのドラフトも公開

2016年1月6日、米国議会図書館(LC)は、新規開発中の語彙”Library of Congress Demographic Group Terms”(LCDGT)について、第2段階で提案された用語が承認されたことを発表しました。また、LCDGTのマニュアルのドラフトを公開しました。

このマニュアルは35のファイルから構成されています。LCDGTの使用や語彙の新規・修正提案に関するガイドラインや説明が記載されています。ドラフトに関するコメントは、2016年5月31日まで受け付けています。

その他、LCDGTの語彙について提案を受け付けていることや、2016年5月31日までと予定されている第3段階の期間中、語彙の提案が容易にできる調査を実施することも発表されています。

Library of Congress Accepts Demographic Group Term Proposals, Publishes Draft Demographic Group Terms Manual(LC, 2016/1/6)
http://www.loc.gov/catdir/cpso/lcdgt-acceptance-manual.html

茨城県、茨城県立図書館に関する各種データをオープンデータとして公開

茨城県が、茨城県立図書館に関する、

・利用者数データ(2014年データ)
・蔵書数データ(2014年データ)
・地域資料書誌データ(2015年9月データ)
・デジタルライブラリー掲載資料の書誌データ(2015年10月データ)

をオープンデータとして公開しています。
データライセンスはCC BYです。

茨城県オープンデータカタログ【学ぶ(教育・文化・芸術・生涯学習】(茨城県)
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/joho/it/opendata/od-04.html
※「更新日:2015年12月8日」とあります。

平成26年度県立図書館の利用者数データ(茨城県)
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/joho/it/opendata/od-04/300501_20150127_riyoutoukei.html

平成26年度県立図書館の蔵書数データ(茨城県)
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/joho/it/opendata/od-04/300501_20150127_zoushotoukei.html

茨城県立図書館所蔵の地域資料書誌データ(自館作成分。~平成27年9月末受入分)(茨城県)

ページ