政府情報

英国国立公文書館、政府機関ウェブアーカイブのポータルサイト“UK Government Web Archive”をリニューアル

2017年6月30日、英国国立公文書館(TNA)が、ウェブアーカイブのポータルサイト“UK Government Web Archive”をリニューアルすると発表しています。

2015年後半に実施した利用者調査の成果や、技術の進展に対応したもので、オープンソースのCMSであるWordPressを基盤に作成されています。

また、新しいデジタル戦略にのっとって、アーカイブや全文検索サービスはクラウドで提供されるほか、pdfファイルの全文検索、政府機関・カテゴリー・収集年による絞り込み、インデックス作成の四半期から毎月への変更といった機能の追加・改善も行われます。

6月30日中には新しいサイトに切り替わる予定とされていますが、移行作業中は、Twitter・動画のウェブアーカイブや、全文検索機能は使えなくなります。

米国政府印刷局、米国議会図書館と共同で、1950年代の連邦議会議事録をデジタル化し“govinfo”で公開

2017年6月28日、米国政府印刷局(GPO)が、米国議会図書館(LC)と連携し、1951年から1960年までの連邦議会議事録をデジタル化し、連邦政府の情報を利用できるデータベース“govinfo”で公開したと発表しています。

公開したものは、第82議会から第86議会までの議事録で、朝鮮戦争、冷戦、NASAの創設などに関するものが含まれます。

GPO ISSUES DIGITAL RELEASE OF HISTORICAL CONGRESSIONAL RECORD FOR THE 1950s (GPO,2017/6/28)
https://www.gpo.gov/newsroom-media/presspage/17presspage29.htm

韓国・文化体育観光部、地域の事情に合わせて専門に特化した図書館を育成する「特化図書館育成支援モデル事業」の対象となる10館を選定

2017年6月2日、韓国・文化体育観光部は、韓国図書館協会と共同で、多様化・専門化する時代や、地域の事情(文化、人口、所蔵資料、自治体の政策)にあった図書館を育成するための「特化図書館育成支援モデル事業」の対象となる10館を選定したと発表しています。

5月12日から5月25日にかけて全国の公共図書館を対象に行われた公募を基に、以下の10館が選定されました(括弧内が各館の専門分野)。

●特化図書館指定
・坡州市カラム図書館(音楽)
・順天市立照礼湖水図書館(生態環境)

●予備特化図書館指定 *年末の評価を経て指定
・ソウル特別市
 ソウル図書館(ソウル市政及び世界の資料)
 麻浦生涯学習館(美術・デザイン)
・釜山広域市
 釜山市立市民図書館(日本の植民地時代)
・光州広域市
 이야기꽃図書館(絵本) 
・京畿道
 高陽花井図書館(花)
 高陽アラムヌリ図書館(芸術)
・忠清南道
 牙山市松谷図書館(健康・読書治療)
 牙山湯井オンセム図書館(ウェブ漫画)

韓国・国立世宗図書館、政策情報ポータルサイト“POINT”(POlicy INformaTion)をリニューアル

2017年5月31日、韓国・国立世宗図書館が、政策情報ポータルサイト“POINT”(POlicy INformaTion)をリニューアルしたと発表しています。

同サイトは、国内外の最新の政策情報を国民に提供するとともに、公務員や研究者に対して、政策活動に必要な支援を行なうことを目的としており、オンラインの政策報告書・学術誌や協力機関の所蔵資料の統合検索機能、重要テーマのキュレーションサービス、相互貸借機能、48時間以内に資料を提供する政策情報支援サービスが実施されています。

相互貸借サービス、政策情報支援サービス、学術誌目次配信サービス、海外学術電子書籍サービスなどは公務員用のみが対象です。

富山県立図書館、「行政資料デジタルデータ公開サービス」を開始

富山県立図書館が、2017年6月1日から、「行政資料デジタルデータ公開サービス」を開始したと発表しています。

近年電子ファイルでの行政資料の刊行が増加していることから、これらの電子ファイルを収集・保存し、公開するもので、まずは、県機関が刊行する行政資料のうち電子ファイル形態のみで刊行されているものについて、同館OPACで検索・閲覧できるようにしています。

ウェブサイトの更新などにより見ることができなくなった過去の電子ファイルが閲覧でき、今後も順次追加される予定です。

該当資料は、書誌詳細画面の「資料情報」欄に「PDF表示」というリンクが貼られています。

はじめます「富山県立図書館行政資料デジタルデータ公開サービス」(富山県立図書館)
http://www.lib.pref.toyama.jp/attach/EDIT/000/000245.pdf

Open Knowledge International(OKI)、世界の政府のオープンデータを評価した“Global Open Data Index(GODI)”の第4版を公開

2017年5月1日、Open Knowledge International(OKI)が、世界の政府のオープンデータを評価した“Global Open Data Index(GODI)”の第4版を公開したと発表しています。

これは、94の国・地域の政府について、15の主要なカテゴリごとにデータセットをOKIが評価したものです。今回は1,410のデータセットを評価したところ、約10%に当たる149のデータセットのみが「オープン」であったとのことです。

上位はオーストラリアと台湾が1位、フランスと英国が3位となっています。日本は13位で、2015年は31位(122の国・地域が対象)でした。

総務省、「統計ダッシュボード」の提供を開始

2017年5月12日、総務省は、「統計ダッシュボード」の提供を開始しました。

これは主要な統計データをグラフ等に加工して一覧表示することで、視覚的にわかりやすく、簡単に利用できるかたちで提供するシステムです。統計データの利活用を推進するために、使いやすい統計データを提供する取組の一環とのことです。

約5,000の統計データを、17の分野に整理して収録しています。また、主な統計データを中心に55のグラフを提供しています。統計調査名などがわからなくても必要な統計データを探し出せ、また関連するデータをグラフへ追加・削除したり、時系列・地域間比較を簡易に行うことができます。

「統計ダッシュボード」の提供開始(総務省, 2017/5/12)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei09_01000024.html

Internet Archive、ウェブアーカイブの共同プロジェクト“End of Term Presidential Harvest 2016”で200TBのデータを収集

2017年5月9日、米・オバマ大統領任期満了にともなう連邦政府機関のウェブアーカイブの共同プロジェクト“End of Term Presidential Harvest 2016”において、Internet Archive(IA)が、2016年秋から2017年春にかけて、200テラバイトのウェブサイト及びパブリックデータの収集を行なったと発表しています。

収集データは100テラバイトのウェブページと100テラバイトのパブリックデータからなり、3億5千万件以上のURL/ファイル、7千万件以上のhtmlページ、4千万件以上のpdfファイル等が含まれ、Waybackマシーンから閲覧できるほか、2016年取集分を“End of Term”のポータルサイトに間もなく追加する予定とのことです。

その他、Waybackマシーン(beta)のサマリー機能を用いた収集データに関する予備統計のページや、IAが収集した全データのページ“End of Term 2016 Web Crawls”も公開されています。

インターネット版官報と官報情報検索サービスがリニューアル

国立印刷局は2017年5月8日で、インターネット版官報(無料)と官報情報検索サービス(会員制有料サービス)を全面リニューアルしたことを発表しました。

インターネット版官報についてはデザインが一新されたほか、メニューバーの設置、ボタンサイズの見直し等、ユーザビリティの向上を行ったとのことです。官報情報検索サービスについてもデザインが一新されたことに加え、従来なかったNOT検索や検索結果の絞り込み機能が実装されています。また、こちらも音声ブラウザへの対応等、ユーザビリティの向上が図られたとのことです。

インターネット版官報、官報情報検索サービスのページをリニューアルしました。(国立印刷局、2017/5/8付け)
http://www.npb.go.jp/ja/news/20170421_kanpourenew/index.html

インターネット版官報
https://kanpou.npb.go.jp/

オバマ財団・米国国立公文書館、オバマ大統領の記録の保存と利用に関して発表

2017年5月3日、オバマ財団と米国国立公文書館(NARA)が、オバマ大統領の記録の保存と利用に関して発表を行なっています。

オバマ財団が、オバマ政権時に作成された未分類の全ての大統領記録のデジタル化に対して資金提供するとの声明に従うもので、NARAは大統領記録の国家管理者としての役割を果たすものの、これまでの大統領のように記録保存のための大統領図書館をオバマ大統領センター内には建設せず、代わりにデジタルアーカイブを構築します。

オバマ大統領の記録は、デジタル化された後、NARAの既存の書庫で管理され、オバマ大統領センター内のオバマ博物館等での展示の際に貸し出すなどして利用されます。

ページ