情報検索

10代の若者の医療・健康情報入手方法 インターネットで情報を得る者の過半数はGoogleを利用、半数は検索結果の1件目しか閲覧しない(米国)

市場調査会社GfKが米国の13~18歳の若者を対象に実施した医療・健康情報の入手方法に関する調査の結果がeMarketerで紹介されています。この調査は米ノースウェスタン大学に提出され、報告書としてまとめられたものです。

調査の結果、回答者の25%が医療・健康情報の多くをインターネットから入手しているとしていました。この割合は両親(55%)、学校の授業(32%)、医師・看護師(29%)よりは低いものの、図書やテレビ、ラジオ、新聞、雑誌記事等、人間以外の情報源の中では最も高くなっていました。また、インターネットで医療・健康情報を得る回答者の58%はGoogle、15%は他のサーチエンジンを利用していました。さらに回答者の44%は複数のサイトを見比べるものの、50%はまず検索結果の1件目を閲覧し、そこで満足する情報が得られればそれ以外のサイトは閲覧していないとしていたとのことです。

Teens Google Away for Health Info(eMarketer、2015/6/19付け)
http://www.emarketer.com/Article/Teens-Google-Away-Health-Info/1012627

国立情報学研究所、日本の博士論文を検索できるCiNii Dissertations試験公開開始

2015年6月9日、国立情報学研究所は日本の博士論文の検索サービス、CiNii Dissertationsを公開しました。現在は試験公開中ですが、2015年10月から正式に提供開始するとのことです。

CiNii Articles、CiNii Booksと同様のインタフェースから博士論文を検索できるほか、機関リポジトリや国立国会図書館デジタルコレクションに本文がある場合には本文へのリンクも表示されます。

CiNii Dissertations - 日本の博士論文をさがす
http://ci.nii.ac.jp/d/

CiNii Dissertations 公開について(国立情報学研究所, 2015/6/11)
http://support.nii.ac.jp/ja/news/cinii/20150611

国内唯一 日本の博士論文を一元的、網羅的に検索できる新サービス「CiNii Dissertations」の試験運用を開始(国立情報学研究所, 2015/6/24)
http://www.nii.ac.jp/news/2015/0624/
http://www.nii.ac.jp/userimg/press_20150624.pdf
※2つめのリンクはプレスリリースです。

Twitter(cinii_jp)

英国国立公文書館(TNA)、文書館の情報を検索できるサービス”Find an archive”を公開

英国国立公文書館(TNA)は、2015年3月18日、文書館の情報を検索できる新しいサービス”Find an archive”を公開しました。

このサービスは、従来の”ARCHON Directory”に代わるもので、文書館にアクセスするために必要な情報や各文書館の所蔵文書の概要などを知ることができ、地図上での文書館の検索や英国関連の文書を所蔵する各国の文書館の検索なども可能とのことです。TNAの検索システム”Discovery”内で提供され、”Discovery”の保有する、TNAや英国内の2,500以上の文書館が所蔵する3,200万の文書に関する情報にアクセスすることができるとのことです。

Find an archive in Discovery, our catalogue(TNA, 2015/3/18)
http://www.nationalarchives.gov.uk/about/news/find-archive-discovery-catalogue/

Find an archive in the UK and beyond
http://discovery.nationalarchives.gov.uk/find-an-archive

参考:

韓国の国会図書館、データベース「ヒューマンネットワーク」の試験サービスを開始

2014年12月30日、韓国の国会図書館が、データベース「ヒューマンネットワーク」の試験サービスを開始しました。

同サービスは、国会議員と専門家のプロフィールや写真が登録されたデータベースで、国会議員と専門家や、専門家同士が情報を共有し、コミュニケーションするといった人的ネットワークの支援を目的としたもののようです。

検索した際には、関連する分野・人物まで幅広く検索するように設計されており、専門家の人的ネットワークを見ることができるほか、専門家とリアルタイムで会話をして政策を提案することができる場も設けられているとのことです。

国会議員と専門家グループに限って試験サービスを開始ししたようですが、今後は国民向けのサービスも展開する計画とのことです。

국회 휴먼네트워크 시범서비스 시작(국회도서관,2014/12/31)
http://www.nanet.go.kr/06_introduce/06_cyberhongbo/02/listNalBroadcast.jsp?seq=16467

PMCに論文情報の書き出し機能が実装される

生物医学・生命科学分野を対象とした無料の論文アーカイブPMC(PubMed Central)が、論文の引用時等に使える、論文情報の書き出し機能を新たに実装していました。

論文検索結果画面等に表示される”Citation”というリンクをクリックすると、その論文の情報を米国医師会(AMA)、米国医学図書館協会(MLA)、米国心理学会(APA)の定める引用文献書式で表した場合の表記が示されます。また、JSON、RIS等の形式で文献情報をダウンロードすることもできるようになったとのことです。

November 18, 2014 — Citation Exporter Feature Now Available(New in PMC、2014/11/18付け)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/about/new-in-pmc/#2014-11-18

国立情報学研究所(NII)、CiNii BooksとCiNii Articlesのサービスに関するアンケートを実施中(2014年度)

国立情報学研究所(NII)が、CiNii BooksおよびCiNii Articlesのサービスに関するアンケートを実施しています。実施期間は2014年12月2日から12月26日までとなっています。

CiNii Articles 利用者アンケート 2014
https://jp.surveymonkey.com/s/cia-enquete-2014

CiNii Books 利用者アンケート 2014
https://jp.surveymonkey.com/s/cib-enquete-2014

CiNiiのサービスに関するアンケートを実施中です(期間:12月2日から12月26日まで)(NII, 2014/12/02)
http://support.nii.ac.jp/ja/news/cinii/20141202

参考:
国立情報学研究所(NII)、CiNii BooksとCiNii Articlesのサービスに関するアンケートを実施中(2013年度)
Posted 2013年10月18日
http://current.ndl.go.jp/node/24624

CiNii、2012年度に実施したアンケート調査結果の概要を公開
Posted 2013年6月13日
http://current.ndl.go.jp/node/23711

公開10周年を迎えるGoogle Scholar共同設立者へのインタビュー(記事紹介)

2014年11月7日付けのNature誌オンライン版記事に、Google Scholarを立ち上げたAnurag Acharya氏へのインタビューが掲載されています。Google Scholarは2014年11月18日で公開10周年を迎えます。

インタビューではインデックス対象とする文献の特定方法等のGoogle Scholarの仕組みに関する質問に加え、どのようにサービスの着想を得て実現してきたのかや、Google Scholarから利益を出せているのか、Google Scholarの今後について等が尋ねられています。

Google Scholar pioneer on search engine’s future(Nature、2014/11/7付け)
http://www.nature.com/news/google-scholar-pioneer-on-search-engine-s-future-1.16269

参考:
Google Scholar、”Citations”プロフィール画面レイアウトを一新
Posted 2014年8月26日
http://current.ndl.go.jp/node/26876

Google Scholar、学術雑誌のインパクト指標を2014年版に更新
Posted 2014年7月8日

Journal of Documentation誌で元シェフィールド大学のNigel Ford氏記念特集 情報行動と人の認知様式やセレンディピティ等に関する9本の論文を掲載(文献紹介)

Journal of Documentation誌の2014年70巻6号で、最近シェフィールド大学情報学部を退職したNigel Ford氏の図書館情報学研究への貢献を称えた記念特集が組まれています。Ford氏は情報検索時の人の認知様式に関する研究等で知られる研究者です。今回の特集号には本人やその教え子らによる、情報行動と人の認知やセレンディピティ等に関する論文9本が掲載されています。各論文のタイトルと著者は以下の通りです。

Cognitive styles within an exploratory search system for digital libraries
Paula Goodale , Paul David Clough , Samuel Fernando , Nigel Ford , Mark Stevenson (pp. 970 - 996)

Cognitive styles and the use of electronic journals in a mobile context
Chu-Han Chan , Chen-Wei Hsieh , Sherry Y. Chen (pp. 997 - 1014)

Serendipity and its study

アイルランドのアーカイブズ資料検索ポータルサイト“Irish Archives Resource”、提供コレクションを拡大

アイルランドのアーカイブズ資料検索のためのポータルサイト“Irish Archives Resource (IAR)”が、提供するコレクション数を拡大したことが報じられています。記事によると、新たにトリニティ・カレッジ・ダブリンのManuscripts and Archives Research Departmentやアイルランド国立博物館等のアーカイブズ資料が検索できるようになったとのことです。

IAR
http://www.iar.ie/

Ireland’s only archive web portal makes hundreds of unique archival collections freely available online(Businessand & Leadership, 2014/9/17)
http://www.businessandleadership.com/leadership/item/47593-irelands-only-archive-web/

Irish web portal doubles its number of archive collections(irishexaminer, 2014/9/18)

オーストラリア国立図書館のTroveから国営ラジオ局の番組が検索可能に

オーストラリア国立図書館(NLA)が、国営ラジオ局(Australian Broadcasting Corporation. Radio National)の54のラジオ番組のコンテンツ約20万件以上を同館の情報探索システム“Trove”で検索できるようになったと公表していました。

検索の対象となる番組は、1999年(一部は1997年)から現在までのものとのことです。

Trove tunes into Radio National(NLA, 2014/3/6付)
http://www.nla.gov.au/media-releases/2014/04/16/trove-tunes-into-radio-national

Harvesting Radio National(NLA, 2014/4/17付)
http://www.nla.gov.au/blogs/trove/2014/04/17/harvesting-radio-national

Radio National now on Trove(May at the Library)

ページ