アジア

E151 - 第11回アジア・オセアニア地域国立図書館長会議開催 <報告>

各国の図書館界・国立図書館の概況について報告があったほか,4館がプレゼンテーションを行った。日本は「国立国会図書館の新時代−関西館開館と新しいサービス」,インドネシアは,国立図書館とブリタル市が協同で建設するスカルノ元大統領記念図書館について報告を行った。また,シン…

E107 - BLのウェブによるアジアビジネス情報サービス

BLはアジアビジネス情報のほかにも,産業別の情報源ガイドや英国企業上位100社の年次報告書のリンク集等を作成・公開しているほか,企業情報に関するレファレンスを電子メールで受け付けるなどのサービスをウェブ上で展開している。(注)英国在住のアジア系ビジネス・起業家とアジア系…

CA691 - 日本におけるアジア諸言語のデータベース / 林典門

近年のコンピュータ技術の発達のおかげで,アルファベットの処理だけでなく,多文字多言語による処理が可能になってきた。アジア各国でもコンピュータによる自国語文章の処理の研究が行われ始めており,自国語によるデータベース作成の機運が生まれている。文字処理については,日本は…

CA670 - アジア・太平洋地域の科学技術情報ドキュメント・サプライのパイロット・プロジェクト――オーストラリア国 / 中野捷三

<ASTINFO>アジア・太平洋地域の満足すべき状況にない科学技術情報流通を改善するため,ユネスコは総合情報計画の枠組みの中で,1983年10月「アジア・太平洋地域科学技術情報・経験交換ネットワーク事業(ASTINFO)」を発足させた。その大きな目的は,地域内における科学技術情報の交換・組…

Consumer International、アジアの著作権法の動向レポート

Consumers International Asia Pacific Officeが、アジア11か国(中国、インド、カンボジア、カザフスタン等)の著作権法における著作権保護/例外規定について調査し、レポートを出しています。Copyright and Access to Knowledgehttp://www.consumersinternational.org/Templates/Internal.asp?NodeID=95105&int1stParentNodeID=89652&int2ndPare

レファ協の新着事例もRSS配信

デジタルアーカイブポータルの「お知らせ・更新情報」のコーナーで、レファレンス協同データベースの新着事例がRSSで配信されています。デジタルアーカイブポータル(ndldap)-お知らせ・更新情報-http://www.dap.ndl.go.jp/home/modules/xhld3/ちなみに、カレントアウェアネスやアジア情報機関ダイレクトリ…

インドの伝統的知識デジタル図書館

インド政府は、古代の薬草の知識などをDB化する作業を進めていますが、現在までに約1000万ページ分が終了し、あと2000万ページ分を入力して2006年末には利用可能にする予定だそうです。India Builds Database to Stop Theft of Lorehttp://news.yahoo.com/s/ap/20051223/ap_on_bi_ge/india_stealing_lore_1Traditional Knowledge Digital Libr…

アジア情報検索入門

NDLが、アジアの情報を掴むときに便利な、インターネット情報源リストを公開しています。アジア情報検索入門ーインターネット情報を中心にーhttp://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/asia/contents/internet_text.pdf

韓国国立中央図書館が『東北アジア資料室』を開室

韓国国立中央図書館は,東北アジア関連の政策立案及び調査・研究活動を支援するため,館内各資料室に分散していた東北アジア地域(中国,日本,モンゴル,極東ロシア地域など)刊行資料を一室に集めて,6月20日,東北アジア資料室を開室した。東北アジア資料室には図書,逐次刊行物,非…

情報の科学と技術 55(3)

情報の科学と技術Vol. 55 (2005) , No.3特集=図書館コンソーシアムの動向, pt.2総論 : 図書館コンソーシアムの現状とその課題細野 公男東南アジアにおける図書館コンソーシアム北村 由美カナダの図書館コンソーシアム活動井上 雅子公立大学図書館コンソーシアム活動とICOLC青木 堅司・永…

ページ