学術情報

株式会社ジー・サーチ、科学技術文献情報データベース「JDreamⅢ」を大幅拡充

2016年7月20日、株式会社ジー・サーチは、日本最大級の科学技術文献情報提供サービス JDreamⅢを大幅に拡充しましたと発表しました。

1.機関ID追加(2016年7月19日から提供開始)
従来から提供している同一著者識別のための著者IDに加え、異なる機関名の表記を一意に識別可能な「機関ID」を搭載しました。

2.外国文献の収録対象誌を大幅に拡大(2016年7月20日から提供開始)
米国電気電子学会(IEEE)のジャーナル・会議録の大幅拡充を行います。従来は年間約2万件だったものが、新たに年間で約20万件に追加となります。追加データは、2016年1月発行データより順次搭載いたします。

3.引用・被引用情報追加(2016年8月22日から提供開始予定)
1995年以降の国内原著論文(JSTPlus、JMEDPlus)に引用情報を搭載します。引用情報により、関連する文献の検索はもちろん、被引用文献を見ることで、その文献から発展した研究も容易にたどることが可能となります。

ジー・サーチ 科学技術文献情報提供サービス「JDreamⅢ」を大幅拡充 ~日本初、国内文献の引用・被引用情報をサービス提供開始。併せて、外国文献の収録対象誌を大幅に拡大~(ジー・サーチ、2016/07/20)

情報・システム研究機構、「データサイエンス共同利用基盤施設」のウェブサイトを公開

2016年7月1日、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構(ROIS)は、「データサイエンス共同利用基盤施設」のウェブサイトを公開しています。

この施設は、同機構が2016年度に法人第3期を迎えて新たな組織体制を構築するにあたり、2016年4月1日に「新領域融合研究センター」を発展的に解散し設置されたもので、データ共有支援、データ解析支援、データサイエンティスト育成の三位一体の活動を通して、大学等におけるデータ駆動型研究の促進を行います。

本サイトをオープンいたしました(データサイエンス共同利用基盤施設、2016/07/01)
https://ds.rois.ac.jp/post-34/

はじめに(データサイエンス共同利用基盤施設)
https://ds.rois.ac.jp/first/

事業内容(データサイエンス共同利用基盤施設)
https://ds.rois.ac.jp/contents/

当機構は法人第3期を迎え、新たな組織体制を構築しました(情報・システム研究機構>トピックス>お知らせ、2016/04/01)
http://www.rois.ac.jp/topics/topics05.html
http://www.rois.ac.jp/pdf/news/sosiki_2016.jpg
※2つめのリンクは組織図です。

英国の4つの研究組織が署名する「オープンな研究データに関する協約」が発表

2016年7月28日付で、英国の高等教育助成会議(HEFCE)、英国研究会議(RCUK)、英国大学協会(Universities UK:UUK)、ウェルカム財団の4機関が署名する、「オープンな研究データに関する協約」(Concordat on Open Research Data)が発表されました。

英国の研究コミュニティの会員が収集、生成する研究データのオープン化に関し、10の原則を示したもので、研究データに関するスキル開発や、出版物とその出版物の基となる研究データを近接した日付で公開することの重要性、データを作成した研究者が、一定の期間排他的に最初にデータを使用できる権利、データの使用者は、他者のデータを使用することについて謝意を示すことが望まれること、などに言及があります。

Concordat on Open Research Data
http://www.rcuk.ac.uk/documents/documents/concordatonopenresearchdata-pdf/
※2016/7/28付です。

Concordat on Open Research Data launched(HEFCE, 2016/7/28)

Brexitの投票結果を受け、欧州の大学が英国の大学と連携する重要性を述べた共同声明が発表

2016年7月22日、英国のEUからの離脱(いわゆる“Brexit”)に関する、英国における国民投票の結果を受け、今後も英国の大学と欧州の大学が連携すること及び連携に取り組むことの重要性を強調する共同声明が発表されました。

この共同声明には、欧州大学協会(EUA)をはじめ、英国大学協会、ドイツ大学学長会議(HRK)、オランダ大学協会(VSNU)など、欧州24か国からそれぞれの国の、代表的な大学組織や学長会議等の会長などが署名しています。

Universities UK Statement: European university leaders call for continued collaboration after Brexit vote(EUA, 2016/7/22)
http://www.eua.be/activities-services/news/newsitem/2016/07/22/universities-uk-statement-european-university-leaders-call-for-continued-collaboration-after-brexit-vote

ミャンマーの大学図書館に、電子情報資源を提供する“e-Library Myanmar Project”(記事紹介)

途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)が、ミャンマーにおいて2013年12月から2017年12月まで実施しているプロジェクト“e-Library Myanmar Project”について、2016年7月23日付で、オックスフォード大学出版局のブログに、プロジェクトのコーディネーターであるMyat Sann Nyein氏がプロジェクトの影響と課題を述べた記事が掲載されています。

同プロジェクトは、ミャンマーの大学図書館に、電子ジャーナル・データベース・電子書籍などの電子資源を提供することで、あらゆる分野の教育・研究・学習を提供するものです。

当初ヤンゴン大学とマンダレー大学の2つの大学においてはじめられ、現在7つの大学が参加しており、それらの大学の16万人以上の学生と約4,000人の職員が1万4,000のジャーナルと15万件の電子書籍にアクセスできるようになったことが紹介されています。

一方で課題としては、
・図書館や図書館員の役割が50年以上にわたって軽視されており、図書館の重要性や図書館の能力開発が見過ごされてしまっていること
・インターネットの帯域幅の狭さ
・機関における固定IPアドレスの取得が難しいこと

大阪府立中央図書館、「住友文庫ドイツ医学学位論文目録」を公開

2016年7月21日、大阪府立中央図書館が、「住友文庫ドイツ医学学位論文目録」を公開しました。

大阪府立中央図書館が所蔵する「住友文庫」に収められている19世紀後半から20世紀初頭にかけてのドイツの医学に関する学位論文を検索できるデータベースで、関西大学大阪都市遺産研究センター・朝治啓三教授の研究グループが2010年から4年半にわたって同資料を調査した成果である「住友文庫ドイツ医学学位論文目録」(全4巻)収録の目録データの提供を受け構築されたものです。

大阪府立中央図書館 お知らせ
http://www.library.pref.osaka.jp/site/central/
※「「住友文庫ドイツ医学学位論文目録」を公開しました (2016年7月21日更新)」とあります。

2016年のPeer Review Weekは9月19日から25日 今年のテーマは”Recognition for Review”

2015年に開始されたピアレビューに対する評価を高め、祝福するイベントPeer Review Weekの、2016年の実施日程が発表されました。今年は9月19日から25日にかけ実施するとのことです。

前回からの大きな変更点として、2015年はORCIDなど数機関を中心に行われていましたが、2016年は20以上の機関の代表が参加する企画委員会が設けられています。また、今年は”Recognition for Review”というテーマが設定されています。雑誌論文の査読はもちろん、研究助成、国際会議、昇進・テニュア獲得時など、さまざまなピアレビューに関わる人の、レビュー活動のあらゆる側面を明らかにしていきたいとのことです。

Peer Review Week 2016 #RecognizeReview(The Scholarly Kitchen、2016/9/19付け)
https://scholarlykitchen.sspnet.org/2016/07/19/peer-review-week-2016-recognizereview/

Peer Review Week 2016
https://peerreviewweek.wordpress.com/

参考:
2015年9月28日から10月2日は“Peer Review Week 2015”

研究評価にあたって提出される成果物等の変遷を分析したレポート公開(英国)

英国における高等教育機関の研究評価において、各高等教育機関から評価対象として提出された成果物が、1988年から2013年にかけてどう変化してきたかをまとめたレポート”Publication patterns in research underpinning impact in REF2014”が2016年7月付けで公開されています。

同レポートは英国高等教育助成会議(HEFCE)の委託を受け、Digital Science社が行っていた分析結果をまとめたものです。英国では1998年から2008年までResearch Assessment Exercise(RAE)、その後は評価方法を変更したResearch Excellence Framework(REF)という枠組みで高等教育機関の研究評価を行っていますが、いずれも各機関に論文等の成果物や、研究の社会的・経済的インパクトをまとめた事例等を提出させ、それを評価する手法を取っていました。レポートではRAEの時代に実施された4回(RAE1992、RAE1996、RAE2001、RAE2008)分とREF2014の際に提出された成果物921,254件、社会的・経済的インパクトの事例36,244件を分析し、傾向の変化を見ています。

分析からわかった主要な事柄としては、以下等が挙げられています。

文部科学省、「科研費による研究成果展開」のページを開設

2016年7月13日、文部科学省は、同省のウェブサイトに、「科研費による研究成果展開」のページを開設しました。

科研費の助成を受けた研究の様々な成果展開事例について、地方別に掲載されており、それぞれの研究ごとに、研究者に関する情報、研究成果、(研究成果の)当初予想していなかった意外な展開、(研究成果の)(研究成果の)今後期待される波及効果、社会への還元などをまとめた資料(1枚)がPDFで掲載されています。

科研費による研究成果展開(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1371592.htm

新着情報 最新1か月分の一覧(文部科学省, 2016/7/13付で「科研費による研究成果展開」とあります。)
http://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html

第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開

2016年7月14日、第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開されました。

・ERDB-JPパートナー対象範囲変更
・NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)(案)の改訂について

などが議事となり、前者については、出版者及び情報システムベンダー等による参加の枠組みを整備し、パートナー(データ作成機関)拡大を図ること、後者については、方針の改訂案と2016年4月に行われた意見募集に寄せられたうち主なものの集約結果などが、公開された資料に示されています。

第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨および配布資料を公開しました(これからの学術情報システム構築検討委員会, 2016/7/14)
http://www.nii.ac.jp/content/korekara/2016/07/14_1.html

参考:
これからの学術情報システム構築検討委員会、NACSIS-CAT/ILLの再構築について意見募集を開始(-4/28)
Posted 2016年4月6日
http://current.ndl.go.jp/node/31273

これからの学術情報システム構築検討委員会、「NACSIS-CAT/ILL の軽量化・合理化について(基本方針案の要点)」の資料を公開

ページ