学術情報

スイス科学財団、学術出版をオープンアクセスに転換する方法を比較調査した報告書を公開

2016年11月18日、スイス科学財団(SNSF)は、SNSFとスイスの大学団体であるswissuniversitiesの科学情報プログラムSUC P-2によって行なわれた、学術出版をオープンアクセスに転換する方法を比較調査した報告書を公開しています。

この報告書では、グリーンOAをプレプリントアーカイブ('Yellow')とポストプリントアーカイブ('Blue')に分けて考察しており、スイスにおいてはGold OAとBlue OAを組み合わせたアプローチを取ることを薦めています。

Transitioning the publication system towards Open Access: Study proposes pragmatic scenario(SNSF、2016/11/18)
http://www.snf.ch/en/researchinFocus/newsroom/Pages/news-161118-press-release-transitioning-towards-open-access-study-proposes-pragmatic-scenario.aspx

Financial Flows in Swiss Scientific Publishing(Zenodo、2016/11/18)

第15回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開

2016年11月17日、第15回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開されました。

・NACSIS-CAT/ILL の再構築の詳細案について
・VIAFへの正式参加について
・今後の学術情報システム構築検討に係る課題整理

などについて審議されています。

第15回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨および配布資料を公開しました(これからの学術情報システム構築検討委員会, 2016/11/17)
http://www.nii.ac.jp/content/korekara/2016/11/15_1.html

参考:
これからの学術情報システム構築検討委員会、NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)を公開
Posted 2016年8月31日
http://current.ndl.go.jp/node/32435

報われることの少ない、ハードワーク Nature誌読者を対象とする研究実態調査

2016年11月4日付けのNature誌オンライン版記事で、Nature誌の読者を対象に実施した、労働時間や研究上直面している課題等に関するオンライン調査の結果が紹介されています。

この調査はNature誌が若手研究者の辛い現実を特集した際に、読者に対して尋ねる形で実施されたものです。集計の結果、回答者の3分の2以上が「研究をやめようと思ったことがある」という設問に同意しており、15%は実際に研究を断念していました。また、回答者の3分の1は自分は論文数だけで評価されていると感じており、同じく3分の1は自分では必ずしも誇れるものだとは思っていない論文を出版したことがあるとしています。

研究の初期段階で直面する最も大きな課題はなにかという質問では、44%が研究費獲得のための活動、19%がワークライフバランスの欠如としていました。また、週当たりの労働時間については「50時間以上60時間未満」とする回答者が最も多かったものの、週60時間以上働いているとした回答者も約40%にのぼったとされています。

Hard work, little reward: Nature readers reveal working hours and research challenges(Nature、2016/11/4付け)

機関リポジトリ推進委員会、junii2改訂の基本方針を公開

2016年10月27日、機関リポジトリ推進委員会は、junii2改訂の基本方針を公開しています。

機関リポジトリ推進委員会メタデータ検討タスクフォースでは、オープンサイエンスの動向、オープンアクセス方針採択の広がり、識別子の拡充など、社会的・技術的な変化に対応し、junii2の改訂を検討してきました。このたび、junii2改訂の基本方針がまとめられました。今後、さらに、次期スキーマ策定に向けた詳細を検討していくとのことです。

junii2改訂の基本方針を公開します(機関リポジトリ推進委員会、2016/10/27)
https://ir-suishin.repo.nii.ac.jp/?page_id=31#_href_235

参考:
NII、JAIROをjunii2バージョン3対応
Posted 2014年3月31日
http://current.ndl.go.jp/node/25806

国立情報学研究所(NII)、メタデータフォーマット“junii2”の学位授与番号(grantid)の推奨記入形式を変更し、バージョン3.1に
Posted 2014年3月27日
http://current.ndl.go.jp/node/25785

国立情報学研究所(NII)、機関リポジトリ用メタデータフォーマット“junii2”のバージョン3.0を公開

Digital Science社、研究データ公開に関する報告書を公開

2016年10月25日、Digital Science社は、報告書“The State of Open Data: A selection of analyses and articles about open data, curated by figshare”を公開しています。

この報告書は、研究データ公開に関する10編の論考および報告と、Springer Nature社、Digital Science社、figshare社共同で行った、研究者2,000人以上への調査の別表から構成されています。この調査結果として、

・回答者の約4分の3がすでにある程度研究データを公開している。
・約80%の研究者が、論文引用と同等かそれ以上にデータ引用に価値を見出している。
・50%以上の研究者が、資金提供者のポリシー順守に関するガイダンスを歓迎する。
・研究データを公開し利用できるようにしたことが一度もない研究者の90%が、将来的にはそうすることを検討している。

等が挙げられています。調査結果データと質問票もfigshareで公開されています。
また、林和弘氏(科学技術・学術政策研究所)と宮入暢子氏(ORCID Inc.)による日本の状況報告も含まれています。

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、人工知能に関する報告書を公開

2016年10月26日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、人工知能に関する以下2件の報告書を公表しました。

・第10回科学技術予測にみる人工知能・情報技術が切り拓く未来[調査資料-252]
・国際・国内会議録の簡易分析に基づく我が国の人工知能研究動向把握の試み[調査資料-253]

前者では、2016年1月閣議決定の第5期科学技術基本計画に先立って実施された第10回科学技術予測調査におけるシナリオと、2016年3月に有識者を招いて行ったミニワークショップで指摘された、15年から20年後に想定される情報技術を中心とした社会のあり方や、そのために必要な研究・技術の課題・論点についてまとめられています。

後者では、今後の人工知能研究の動向分析に向けた検討用資料の作成を目的に、人工知能の著名な国際会議の会議録における主要国別の発表数を把握することで、この分野における日本の存在感(参画度)が検討されています。また、これら会議の講演タイトルと、人工知能学会全国大会の会議録に掲載された講演タイトルとの比較分析から、日本と世界の研究動向の差異についても検討されています。

第10回科学技術予測にみる人工知能・情報技術が切り拓く未来[調査資料-252]の公表について(NISTEP、2016/10/26)

ミシガン大学、研究データサービスとリポジトリ「Deep Blue Data」の提供を開始

2016年9月20日、ミシガン大学図書館は、計画、作成、組織化、共有、保存を含む研究データのライフサイクルのすべての段階を通じて研究者をサポートするサービスと、リポジトリの提供を開始しています。

“Deep Blue Data”は、2006年に設置され現在11万件以上の登録がある、大学の機関リポジトリ“Deep Blue”を拡張したものです。これは、ミシガン大学の研究者が、データ共有義務を果たし、また、世界中の同僚や仲間が研究データセットをより簡単に利用できるようにする新しいプラットフォームを提供します。さらに、登録の際にデジタルオブジェクト識別子(DOI)を割り当てることも出来ます。

“Deep Blue”はDSpaceベースのシステムですが、“Deep Blue Data”はHydra/Fedoraのフレームワーク上で構築されており、Hydra/Fedoraで2つのリポジトリを調整しているとのことです。

Library launches Research Data Services and Deep Blue Data(The University RECORD、University of Michigan、2016/9/20)

【イベント】DNP研究寄付講座開設1周年記念シンポジウム「産官学民の連携によるデジタル知識基盤の構築」(11/28・東京)

2016年11月28日、東京大学大学院情報学環 DNP学術電子コンテンツ研究寄附講座開設1周年記念シンポジウム「産官学民の連携によるデジタル知識基盤の構築」が開催されます。

国内外のデジタルアーカイブをめぐる諸状況などに関する講演や、日本における国レベルの学術電子コンテンツ及びデジタルアーカイブ構築に向けた課題の整理と解決に向けての方向性について議論されます。

以下の基調講演や報告、パネルディスカッション、提言などが予定されています。
参加費は無料ですが、事前申込が必要です(定員200名)。

基調講演:
「ヨーロピアーナの成果と今後の課題」Harry Verwayen氏(Deputy Director of Europeana)(逐次通訳あり)

報告:
デジタルアーカイブの理論的スキーム構築に向けて
「我が国のデジタルアーカイブをめぐる諸状況」柳与志夫氏(東京大学大学院情報学環)
「海外におけるデジタルアーカイブの状況」時実象一氏(東京大学大学院情報学環)
「デジタルアーカイブ論構築に向けた課題整理」生貝直人氏(東京大学大学院情報学環)

パネルディスカッション:
課題解決の方向性とデジタルアーカイブ論の確立
司会・高野明彦氏(国立情報学研究所)
登壇者:各機関・関係者

提言:
デジタルアーカイブ学会設立に向けて

欧州の学術研究図書館における研究データサービス(文献紹介)

2016年10月13日、欧州研究図書館協会(LIBER)は、報告書“Research Data Services in European Academic Research Libraries”を公表しています。

この調査は、LIBERの学術コミュニケーション・研究基盤委員会とDataONE(Data Observation Network for Earth)、研究者グループによって行われ、22か国119館から回答が得られており、以下のような結果が挙げられています。

・図書館は、技術的なサービス(データ保存など)よりも、相談型のサービス(データ管理計画、標準的なメタデータ、データ引用の実際に関する情報を見つける方法など)を提供している。
・研究データサービスに関するポリシーを持っている機関は半数以下である。
・3分の2の図書館長が、図書館が研究データサービスに関与していく必要性に強く同意している。

Research Data Services in Europe’s Academic Research Libraries(LIBER、2016/10/13)
http://libereurope.eu/blog/2016/10/13/research-data-services-europes-academic-research-libraries/

東京工業大学附属図書館、大隅良典東京工業大学栄誉教授ノーベル生理学・医学賞受賞記念展示を開催中

大隅良典東京工業大学栄誉教授の2016年ノーベル生理学・医学賞受賞を受けて、東京工業大学附属図書館が、大隅氏の著作物や関連資料等の展示を下記の日程・場所で開催しています。

・2016年10月5日(水)~10月18日(火)大岡山本館
・2016年10月20日(木)~11月2日(水)すずかけ台分館

大隅良典栄誉教授 ノーベル生理学・医学賞受賞記念展示(東京工業大学附属図書館,2016/10/6)
http://www.libra.titech.ac.jp/news/201610nobelprize_ohsumi.html

展示資料リスト
http://www.libra.titech.ac.jp/news/pdf/201610ohsumilist.pdf

ページ