多文化・多言語サービス

東京都立図書館、都立中央図書館特別文庫室が所蔵する江戸時代の資料を英語で紹介した動画を東京都公式YouTubeで公開

2017年3月16日、東京都立図書館が、都立中央図書館特別文庫室が所蔵する江戸時代の資料を英語で紹介した動画を東京都公式YouTubeで公開したと発表しています。

江戸の街を挿絵つきで紹介したガイドブック『江戸名所図会』と、十返舎一九による絵入り物語『的中地本問屋』の2点が取り上げられています。

ともに日本版も公開されています。

江戸時代の貴重資料を英語で紹介した動画を、東京都公式YouTubeに公開しました。 (東京都立図書館,2017/3/16)
http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=1537

米国図書館協会、移民・GLBTQ・先住民等を支援するための情報を提供するウェブサイト“Libraries Respond”を公開

2017年2月28日、米国図書館協会(ALA)が、昨今の国内の状況を鑑み、移民、GLBTQ、先住民等を支援するための情報を提供するウェブサイト“Libraries Respond”を公開しました。

これは、ハッシュタグ“#librariesrespond”を用いて図書館員がこの問題が発生した時に情報を共有していたことを発展させたもので、共有が必要な情報を掲載することで、図書館員が、コミュニティーの要請に対応できるようにすることを目的としています。

掲載されている情報の例として以下が紹介されています。

・2016年の選挙、ダコタ・アクセス・パイプライン、移民、難民、亡命希望者、トランスジェンダーの生徒の保護に関するトピック
・ALAやその他関連団体の声明
・昨今の課題への図書館の対応例
・現場の図書館員によって作成されたリソース
・クイックレファレンスガイド

優れた准専門職図書館員を称える、2017年の“Paralibrarian of the Year”が発表される

米・Library Journal(LJ)誌(オンライン)が、優れた准専門職図書館員(=図書館情報学修士号(MLIS)を持たない)を表彰する“Paralibrarian of the Year”賞の2017年の受賞者を発表しています。選ばれたのは、バージニア州ラウドン郡公共図書館スターリング分館のPatricia Pacheco氏です。

ドミニカ共和国で20年近く幼稚園教諭を務めていたPacheco氏は、米国に移住して2年後に、同館の最初のバイリンガルの職員(library assistant)として採用されました。

分館が位置する地域は、教育水準の低さ、貧困、英語を第二言語とする移民への対応が課題となっており、Pacheco氏は、ヒスパニック系の子どもを対象としたイベントの開催(イベントを通じて、就職支援等を行なっている図書館の存在を保護者に知ってもらう)、地元のNPOと連携したリテラシーワークショップのスペイン語での実施、ヒスパニック系の商工会議所等と連携した起業・雇用・求職を結びつける事業の推進、自身の経験・知識を伝える館内外での活動等が評価されています。

米国図書館協会、GLBTQについての子ども・若者向け推薦図書リスト“2017 Rainbow Book list”を公開

2017年1月17日、米国図書館協会(ALA)冬季大会において、同協会のGLBT(Gay, Lesbian, Bisexual,Transgender)ラウンドテーブル(GLBTRT)が“2017 Rainbow Book list”を公開しました。

図書館員や読者を対象とした、18歳までの子ども・若者に推奨される重要で信頼のおけるGLBTQに関するフィクション・ノンフィクション50タイトルの文献リストで、2015年7月1日から2016年12月31日までに出版された本から選ばれました。

蔵書構築、読書案内のツールとして、また、関心のある図書館員や利用者向けの推薦図書リストとしても利用できます。

2017 Rainbow Book List highlights quality GLBTQ books for children and teen(ALA,2017/1/25)
http://www.ala.org/news/press-releases/2017/01/2017-rainbow-book-list-highlights-quality-glbtq-books-children-and-teen

2017 Rainbow Book List(GLBTRT,2015/1/17)

東京都立中央図書館、英語での図書館ツアーを実施

東京都立中央図書館が、2017年2月22日に英語での図書館ツアーを実施すると発表しています。

先着順で10人までで、料金は無料です。

日本語を母語とする人の申込はご遠慮くださいとのことです。

【Tokyo Metropolitan Central Library】“News of the Library Tour in English” (Wed. February 22,2017)(東京都立中央図書館,2017/1/13)
http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=1467

チラシ
http://www.library.metro.tokyo.jp/Portals/0/event/28/img/201701tosyokan.jpg?116111144945861

Library Tour in English
http://www.library.metro.tokyo.jp/reference/tabid/4218/Default.aspx
※申込み画面

参考:
ブラジル国立図書館、オリンピック・パラリンピック開催期間中の館内ツアーを拡充:ブラジル手話・独語・英語・西語・仏語でも実施
Posted 2016年7月29日

CA1888 - 動向レビュー:図書館で「ゲーム」を行なう / 井上奈智

あなたは、さすらいの宗教者となり、千年の眠りから目覚めようとする魔族の復活を阻止するべく、魔族の再生を目論むマッドサイエンティストや魔族の末裔と戦う。こんなストーリーが、図書館の一角で話されるかもしれない。図書館員が読み上げるストーリーテリングではなく、図書館利用者が参加するテーブルトーク・ロールプレイングゲーム(以下、TRPGとする。)の世界の中で、である。

E1874 - デジタル包摂社会と公共図書館の課題(米国)<文献紹介>

2013年9月から11月にかけて,米国図書館協会(ALA)とメリーランド大学情報政策アクセス・センター(iPAC)は共同で,全ての人がICT技術の恩恵を受けて,生活の質を維持・増進することができるデジタルインクルージョン(包摂)社会を支える公共図書館(以下,図書館)の役割を立証するために,全国調査“The Digital Inclusion Survey 2013”を行なった。本文献は,その実施担当者が,調査によって明らかになった知見・分析結果等を取りまとめたものである。そこでは,パソコンやWi-Fiの無償提供(E1580参照),デジタルリテラシーに関する講習の実施,失業者の就職活動・政府情報の入手・医療保険/失業給付の電子申請に対する支援(E1346参照)といった図書館の取組が紹介され,それらが米国内で広く行われていることから,図書館が地域社会のデジタルデバイドの解消,住民のデジタルリテラシーの促進にとって重要な役割を担っており,図書館はデジタル包摂社会を支えていると結論付けている。...

東京都立中央図書館、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた新展示コーナをオープン

東京都立中央図書館は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた新展示コーナを2016年12月27日にオープンすると発表しています。

都民に興味深い情報を提供していくために、オリンピック・パラリンピックのほか、江戸・東京の歴史や文化などの知られざる魅力や、海外から見た日本を紹介する展示コーナーとのことです。

【都立中央図書館】2020年に向けた新展示コーナーがオープン! (東京都立図書館,2016/11/30)
http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=1456

参考:
国立国会図書館調査局の『レファレンス』No.778で「近代オリンピックと文化プログラム―2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて― 」を刊行
Posted 2015年11月19日
http://current.ndl.go.jp/node/30012

「東京五輪アーカイブ 1964-2020」が公開
Posted 2014年10月8日
http://current.ndl.go.jp/node/27181

岐阜県公共図書館協議会、全ての加盟館でのコミュニケーションボード及び読書通帳の導入を発表

2016年10月21日、岐阜県公共図書館協議会(事務局・岐阜県図書館)が、全ての加盟館でのコミュニケーションボード及び読書通帳の導入を発表しています。

「コミュニケーションボード」は、言葉を発してのコミュニケーションが困難な方や外国人の方にも図書館を利用できるよう文字や絵などを指さして、自分の気持ちを伝えることができるボードで、11月1日から加盟館で一斉に導入されます。

読書手帳は加盟36館中、2015年度までに21館が導入済みですが、残る15館が今年度の導入を予定しています。

コミュニケーションボード及び読書通帳の導入(岐阜県)
http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_27205/communication_tucho.html

ブラジル・リオデジャネイロ州の図書館、オリンピック・パラリンピックの選手団やジャーナリストに各国の代表的な文学作品の寄贈を呼びかけ

ブラジル・リオデジャネイロ州の図書館、Biblioteca Parque Estadual (State Park Library)が、オリンピック・パラリンピックの選手団やジャーナリストに書籍の寄贈を呼びかけています。

同州では、異文化交流を目的に、世界各国の代表的な文学作品の寄贈を受け付ける“Livros do Mundo”(本の世界)を行なっており、寄贈を受けた書籍は、Biblioteca Parque Estadualの、世界各国の言語で書かれた書籍のコレクション“Espaco Mundo”(世界の空間)に加えられます。

選手村やメディアセンターに書籍を寄贈する場所が設置されているとのことです。

Seção "Espaço Mundo" da Biblioteca-Parque Estadual recebe doações de delegações olímpicas(リオデジャネイロ州文化局,2016/8/3)
http://www.cultura.rj.gov.br/materias/secao-espaco-mundo-da-biblioteca-parque-estadual-recebe-doacoes-de-delegacoes-olimpicas

State Park Library(リオデジャネイロ州文化局)

ページ