お知らせ

『公共図書館における障害者サービスに関する調査研究』(図書館調査研究リポートNo.17)を公開しました。

国立国会図書館(NDL)は、「図書館調査研究リポート」No.17として『公共図書館における障害者サービスに関する調査研究』を刊行しました。カレントアウェアネス・ポータルからPDF版をご覧いただけます。

この調査研究では、国内の全公共図書館を対象とした、障害者サービスに関する質問紙調査を実施しました。1,397館に質問紙を送付し、その82.5%に当たる1,152館から回答を得ることができました。

調査結果の分析では、全14章からなる報告書を作成しました。当館では、平成22年度にも同じテーマで調査研究を実施しており、前回の調査結果からの変化も分析対象としました。

報告書には、質問紙本体と質問紙調査の集計結果も収録しています。
どうぞご活用ください。

公共図書館における障害者サービスに関する調査研究(図書館調査研究リポートNo.17)
http://current.ndl.go.jp/report/no17

カレントアウェアネス・ポータルに英文コンテンツを追加しました。

2018年7月4日、カレントアウェアネス・ポータルで新しく英文記事1件を公開しました。

新たな英文コンテンツは、『カレントアウェアネス』に掲載した、スタンフォード大学東アジア図書館におけるウェブアーカイブプログラムに関する記事の原語版です。

今回の新しい記事に加えて、今後もコンテンツの追加を予定しております。

CA1930e - A Snapshot Model for Web Archiving: Stanford East Asia
Library’s Japanese Web Archive / Regan Murphy Kao
http://current.ndl.go.jp/en/ca1930_en

ページ