児童書

大阪国際児童文学振興財団、大阪モノレール彩都線で「おはなしモノレール」を開催

2018年9月22日、一般財団法人大阪国際児童文学振興財団が、大阪モノレール彩都線で「おはなしモノレール」を開催します。

貸し切った大阪モノレールの彩都線(万博記念公園駅~阪大病院前駅~万博記念公園駅~彩都西駅間)内で、絵本やおはなしを楽しむ「おはなし会」を行なうとともに、彩都西駅から徒歩3分の場所にあるCube3110彩都インフォ*ミュージアムにおいて「人形劇」を上演 します。

対象は5歳~小学3年生 (保護者同伴)で、参加費は1人500円 (子ども・大人同額)です。定員は240人 (各コース120人、応募者多数の場合は抽選)で、参加には事前の申し込みが必要です。

おはなしモノレール(大阪国際児童文学振興財団)
http://www.iiclo.or.jp/03_event/01_kids/index.html#300922

大阪市、「(仮称)こども本の森 中之島」施設基本方針(素案)を公開 パブリックコメントを実施

大阪市が「(仮称)こども本の森 中之島」施設基本方針(素案)を公開するとともに、2018年6月29日から7月27日にかけてパブリックコメントを受け付けています。

同施設は大阪出身の建築家である安藤忠雄氏からの、「本や芸術文化を通じて子どもたちが豊かな創造力を育む施設として活用するため、中之島公園内に『(仮称)こども本の森 中之島』を整備し、大阪市に寄附する」、「運営費用については、広く賛同者を募り大阪市への寄附を呼びかけていきたい」という提案を契機に、建築が検討されているものです。2017年12月には負担付き寄附の受納について、市議会で議決されています。

今回公開された素案(概要)によれば、中之島公園内に延床面積約800平方メートル、3階建ての施設を建築し、2万5千冊の蔵書を大きな吹き抜けを囲う壁一面の本棚に設置するとのことです。メインターゲットは乳幼児から中学生までのこどものその保護者で(その他の方も入場可)、入場料は無料、指定管理者による運営を検討しているとされています。

米児童図書館サービス部会(ALSC)、『大草原の小さな家』の著者名を冠した” Laura Ingalls Wilder Award”の名称を”Children's Literature Legacy Award(児童文学遺産賞)”に変更 著者の先住民・有色人種に対する価値観が現代にそぐわないと判断

米国図書館協会(ALA)の一部門である児童図書館サービス部会(ALSC)が、ニューオーリンズで開催中のALA年次総会において、ALSCが選定する児童文学に関する賞、”Laura Ingalls Wilder Award”の名称を、”Children's Literature Legacy Award(児童文学遺産賞)”とすることを決定しました。2018年6月25日付けでALA会長・ALSC部会長の連名による声明が発表されています。

Laura Ingalls Wilderは”Little house on the Prairie”(邦題:『大草原の小さな家』)としてドラマ化もされた、自叙伝的小説”Little House books”シリーズ等で知られる人物です。その名を冠した”Laura Ingalls Wilder Award”は同氏の死後に創設された賞で、米国で出版された、長年にわたって児童文学に大きな影響を与え続けている図書の著者やイラストレーターに与えられてきました。

今回発表された声明によれば、Wilderの図書には1800年代の入植者の経験と価値観が反映されており、その先住民や有色人種に対する態度は、現代の多様なコミュニティを受け入れ、称え合い、理解しようという価値観にはそぐわないものであるとされています。

大阪市立図書館、市民の英語学習・国際理解やICTを活用した読書習慣の育成・浸透を目的に、電子図書貸出サービスを試行実施

大阪市立図書館が、楽天株式会社と電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」に関する連携協定を締結し、2018年7月2日から2020年5月31日までの約2年間、電子図書貸出サービスを試行実施すると発表しています。

市民の英語学習や国際理解に資することや、ICTを活用した読書習慣の育成や浸透を図ることを目的に、英語の絵本や児童書を導入し、電子書籍の特徴を活かして、英語に親しむ機会を提供することとしており、サービス開始にあたり、7月22日には、入門講座が大阪市立中央図書館で開催されます。

開始時には、英語の絵本や児童書約400点(うち、読み上げ機能付きコンテンツ約150点)が搭載予定で、今後順次追加し、約2,000点を提供予定としています。

電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」の試行実施について(大阪市立図書館,2018/6/25)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo6upa8yj-510#_510

絵本作家・加古里子氏が死去

絵本作家・児童文学研究家の加古里子(かこさとし、本名・中島哲)氏が2018年5月2日に亡くなられました。92歳でした。

加古氏は1960年代から絵本作家として活動しており、『からすのパンやさん』や『だるまちゃんシリーズ』等の作品で知られています。偕成社・小峰書店・福音館書店の3社合同主催による偲ぶ会が企画されているとのことです。

2018年5月7日 お知らせ(かこさとし公式サイト)
http://kakosatoshi.jp/news/2018%E5%B9%B45%E6%9C%887%E6%97%A5-%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

参考:
岩手県陸前高田市に仮設の子ども図書館「にじのライブラリー」がオープン
Posted 2011年11月15日
http://current.ndl.go.jp/node/19517

札幌市えほん図書館、札幌市中央図書館が所蔵する明治・大正期の絵本・絵雑誌コレクション「池田コレクション」を札幌市電子図書館で公開

2018年3月28日、札幌市えほん図書館が、札幌市中央図書館が所蔵する明治から大正期に出版された絵本・絵雑誌コレクション「池田コレクション」をデジタル化し、札幌市電子図書館で公開したと発表しました。

「池田コレクション」は、札幌市中央図書館が所蔵する明治末期から大正期にかけて出版された子ども向けの絵本・絵雑誌342点で、今回、札幌市えほん図書館の調査研究活動の一環として71点がデジタル化公開されました。

池田コレクション(札幌市えほん図書館,2018/3/28)
http://www.city.sapporo.jp/toshokan/ehon/ikedacollection.html

明治~大正期の絵本・絵雑誌71点を追加しました(札幌市電子図書館,2018/3/28)
https://www.d-library.jp/sapporolib/g0108/infodetail/?iid=37

日本電子出版協会(JEPA)、2017年「JEPA電子出版アワード」の結果を発表:大賞は「絵本ナビ」

2017年12月19日、日本電子出版協会(JEPA)の2017年「JEPA電子出版アワード」の結果が発表されました。

JEPA電子出版アワード大賞は「絵本ナビ(絵本ナビ) 」でした。

・デジタル・インフラ賞    TIMEMAP(一般社団法人タイムマップ)
・スーパー・コンテンツ賞   東洋経済オンライン(東洋経済新報社)
・エクセレント・サービス賞  図鑑.jp(山と渓谷社)
・チャレンジ・マインド賞    絵本ナビ(絵本ナビ) 【大賞】
・エキサイティング・ツール賞 ジャンプPAINT(集英社、メディバン)
・特別功労賞         長谷川秀記 氏 (元日本電子出版協会会長) ※電子出版への貢献に対して

第11回 電子出版アワード 大賞は「絵本ナビ」(JEPA,2017/12/19)
http://www.jepa.or.jp/pressrelease/20171219/

北海道日本ハムファイターズ、北海道ブックシェアリングに、ファンから寄せられた書籍895冊を寄贈

2017年10月23日、北海道日本ハムファイターズは、読書促進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」の一環として、札幌ドームでの公式戦開催日(7月19日から10月4日の期間に開催された24試合)にファンから寄せられた書籍895冊を、一般社団法人「北海道ブックシェアリング」に寄贈したと発表しています。

選手会が著者となり制作した絵本「もりのやきゅうちーむふぁいたーず」が2016年の「けんぶち絵本の里大賞」で次点にあたる『びばからす賞』を受賞した際の賞金の一部もあわせて寄贈したと発表されています。

寄贈された書籍は、北海道ブックシェアリングがジャンル別に整理し、図書不足に悩む学校図書館や保育施設、福祉施設、公民館、東北被災地などに無償で提供されます。

「読み終えた本をみんなでシェア」895冊を寄贈(北海道日本ハムファイターズ,2017/10/23)
https://www.fighters.co.jp/news/detail/00000593.html

「絵本ミュージアム協議会」が設立

2017年10月28日に長野県の軽井沢町で開催される、第二回「全国絵本ミュージアム会議in軽井沢」において、「絵本ミュージアム協議会」 設立記念式典が行われます。

「絵本ミュージアム協議会」は、全国の絵本をテーマにしたミュージアムが集まって相互の連携強化を図り、ひいては地域を越えた全国的な絵本文化活動の一役を担う目的に設立されるものです。

@ehonmuseumkaigi(Facebook,2017/10/6)
https://www.facebook.com/ehonmuseumkaigi/photos/a.797678683772857.1073741828.796520473888678/797677243773001/?type=3&theater

国際子ども図書館、展示会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」を開催

国立国会図書館国際子ども図書館は、2017年11月1日から11月30日まで、展示会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」を開催します。

ちひろ美術館との共催によるこの展示会では、国立国会図書館が所蔵する古典籍資料や絵本・絵雑誌、ちひろ美術館所蔵の絵本の原画(複製)や資料を通して、日本の絵本の歩みを紹介します。また会期中は、展示している絵巻をデジタルコンテンツでも紹介します。

この展示会と関連して、江戸時代の絵本である草双紙に関する講演会や、巻き物作りを楽しむワークショップも開催されます。

新着情報(2017年度)(国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/news/index.html
※「2017年7月5日」に「展示会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」開催のお知らせ(11月1日~11月30日)」とあります。

ページ