地域

韓国国立中央図書館(NLK)、2018年度の図書館サービス向上功労者を発表

2018年11月27日、韓国国立中央図書館(NLK)が、2018年度の図書館サービス向上功労者を発表しました。

図書館サービス向上に寄与した図書館・司書を表彰する賞で、「公共図書館協力業務」部門では、書店とのネットワーク構築により地域の文化芸術の活性化に寄与したソウル特別市麻浦生涯学習館と、「図書館都市」形成のために公共図書館と公立の「小さな図書館」間の相互協力網を構築した釜山影島図書館が選ばれています。

また、「図書館・文化機関の現場優秀事例発掘」部門では、ハングルに初めて接する高齢者を対象とした作文教室を運営し、高齢者がこれまでの人生と今後の望みについてまとめた絵日記・絵本を作成し展示する「私の人生絵日記作成プログラム」を実施した順天絵本図書館が選ばれました。

その他、「図書館ビックデータ優秀活用事例」「オープンアクセスコリア(OAK)」「図書館障害者サービス優秀事例」「チェッナレサービス(障害者のための図書館資料無料配達郵便サービス)」「障害者用代替資料共有協力」と合わせて7部門の授与式は、11月29日に開催される「国立中央図書館協力セミナー」で行われます。

上山市立図書館(山形県)による本を借りると商店で割引を受けられる事業が拡大:総合こどもセンター・高齢者サロンの利用でもサービス券を発券

山形県の上山市立図書館が、2018年11月1日からの「商店・市立図書館の連携事業」の拡大を発表しています。

これまで、同館では、「商店・市立図書館の連携事業」により、同館で本を借りると、同館の入るショッピングプラザ内の商店で割引が受けられる事業を実施していました。

今回、ショッピングプラザが2018年5月に多世代交流拠点施設「二日町プラザ」としてリニューアルオープンしたことをうけ、同プラザに新しく入居した総合こどもセンター「めんごりあ」や高齢者サロン「まじゃれ」の利用でもサービス券を発券する「商店・二日町プラザ連携事業」を開始したものです。

上山市立図書館 お知らせ
https://www.kaminoyama-lib.jp/
※「11月1日から、今までご利用いただいていた「商店・市立図書館の連携事業」に替わり、新たに、「商店・二日町プラザ連携事業」をはじめることになりました。」とあります。

群馬県立図書館、「県立図書館アフター5委員会」を開催

群馬県立図書館において、2018年12月18日及び2019年1月16日・2月19日・3月19日の4回、「県立図書館アフター5委員会」が開催されます。

県立図書館活用パートナーシップ事業として、一般社団法人サイドアットラボと共催するもので、学校や仕事終わりの「若者」が、図書館に集って語り合い、読書活動を推進するためのアイデアを考え、実施するものです。

参加対象は18歳から35歳程度までで、1回のみの参加も可能です。

参加には、一週間前までの申し込みが必要ですが、定員に余裕のある場合、当日の参加も可能です。

阪神大水害デジタルアーカイブが公開される

2018年11月24日、阪神大水害80年行事実行委員会が制作した阪神大水害デジタルアーカイブが公開されました。

昭和13(1938)年に発生した阪神大水害に関するデジタルアーカイブであり、被災者のインタビューや手記、当時の写真・映像、中高生による「災害の記憶発掘プロジェクト」の紹介が掲載されています。

阪神大水害デジタルアーカイブ(阪神大水害80年行事)(芦屋市, 2018/11/24)
http://www.city.ashiya.lg.jp/bousai/hanshindaisuigai80.html

阪神大水害デジタルアーカイブ
https://www.kkr.mlit.go.jp/rokko/S13/index.php

名古屋市千種図書館、図書館利用マナーをプロレスの試合形式で紹介する「図書館マナーアッププロレス at 千種図書館」を開催

名古屋市千種図書館が、2018年11月25日、図書館利用マナーをプロレスの試合形式で紹介する「図書館マナーアッププロレス at 千種図書館」を開催しました。

千種図書館開館50周年記念として、名古屋市図書館のマナーアップキャンペーンの一環で、社会人プロレス団体・JWA東海プロレスと連携して実施したものです。

JWA東海プロレスのレスラー達が実際に試合を行う「JWA東海名古屋大会」、プロレス関連本の紹介、出場レスラー愛読書の場内アナウンス、プロレス関連お楽しみ特典つきの名古屋市立図書館共通貸出券の新規登録受付も行われたようです。

@nagoyalibrary(Twitter,2018/11/24)
https://twitter.com/nagoyalibrary/status/1066157524737384448

韓国・江陵市に所在する大学図書館・公共図書館6館が連携協定を締結

2018年11月22日、韓国・江原道の江陵原州大学校(GWNU)は、江原道江陵市に所在する大学図書館・公共図書館の相互協力協定が締結されたことを発表しています。

同地域に所在する大学・公共図書館が協力し、学生と住民のために様々な情報提供と文化活動を実施することが目的です。

協定を締結したのは、大学図書館4館(カトリック関東大学校・江陵嶺東大学校・江陵原州大学校・江原道立大学校)と、公共図書館2館(道立江陵教育文化館・江陵市立図書館)のあわせて6館です。

協定に基づき、各館の所蔵資料の共同利用・文化活動プログラムによる交流・利用者の利便性改善のための制度改善等の協力事業を実施する計画です。

香南市野市図書館(高知県)、図書館での結婚式を希望するカップル1組を募集中:30周年記念イベント

高知県の香南市野市図書館が、30周年記念イベントとして、図書館での結婚式を希望するカップル1組を募集しています。

対象は「図書館や本をこよなく愛する方」で、限定1組です。
応募者多数の場合は面談で決定されます。

応募の締め切りは2018年12月26日です。

「野市図書館30周年記念イベント第三弾!ぷち挙式」『広報こうなんNOW』2018年11月号 [PDF:1ページ]
https://www.city.kochi-konan.lg.jp/download/?t=KH&id=346&fid=39049

野市図書館(香南市)
https://www.city.kochi-konan.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=2721

E2081 - 2018年NDLデジタルライブラリーカフェ<報告>

2018年9月15日及び9月29日,国立国会図書館(NDL)は,東京本館でNDLデジタルライブラリーカフェを開催した。本イベントは,デジタルライブラリーに関わる研究や最新動向を身近に感じてもらうため,毎回,テーマを設定し,その分野の専門家を講師として招いて実施している一般向け講演会である。今年度で3年目の実施となり,会社員,学生,研究者,図書館職員等,各回約25人の参加があった。

E2080 - 優れたグリーンライブラリーを称えるGreen Library Award

2018年8月27日,マレーシアで開催された世界図書館情報会議(WLIC):第84回国際図書館連盟(IFLA)年次大会(E2078参照)において,優れたグリーンライブラリー(CA1797参照)を称えるIFLA Green Library Award 2018の受賞館,中国・広東省佛山市図書館の表彰式が行われた。

川西市立中央図書館(兵庫県)・猪名川町立図書館(兵庫県)・豊能町立図書館(大阪府)、1市2町図書館合同読書キャンペーン「通勤・通学に1冊の本を!」を実施中

兵庫県の川西市立中央図書館と猪名川町立図書館及び大阪府の豊能町立図書館が、2018年11月8日から12月16日まで、1市2町図書館合同読書キャンペーン「通勤・通学に1冊の本を!」を実施中です。

各館や、各町を通る能勢電鉄の駅などで各館の図書館職員が選んだ通勤・通学途中に読んでもらいたい本のリストを配布しているほか、川西市出身のイラストレーター・寺田マユミ氏が作成したオリジナルブックカバー(各館で色づかいが異なる)を各館でプレゼントしています。

また、能勢電鉄の写真展の巡回展示や、旅鉄プランナー武田幸司氏を講師に迎えての講演会や図書館所蔵の時刻表を用いたワークショップが各館で実施されます。

1市2町図書館合同読書キャンペーン 「通勤・通学に1冊の本を!」(川西市立中央図書館)
https://www.library.city.kawanishi.hyogo.jp/event/goudou.html

ページ