アウトリーチ

文部科学省、「人々の暮らしと社会の発展に貢献する持続可能な社会教育システムの構築に向けて 論点の整理」を公表

文部科学省が、2017年3月28日付けで、「人々の暮らしと社会の発展に貢献する持続可能な社会教育システムの構築に向けて 論点の整理」を公表しています。

社会教育における学習成果を「地域づくり」の実践につなげていくことに対する社会の期待に応えていく観点から、2016年7月から6回にわたって開催された「学びを通じた地域づくりの推進に関する調査研究協力者会議」での社会教育を取り巻く環境の変化・課題や今後の社会教育行政や社会教育施設の在り方についての論点を整理したものです。

図書館に関しては、「子供の貧困が子供の読書体験にも影響を与えていることから、図書館による困難を抱えた親子に対する読書機会の提供。特に、図書館に来館しない親子に対するアウトリーチによる能動的な機会の提供」(3.社会教育を取り巻く環境の変化と課題)、「公民館、図書館、博物館など社会教育施設においては、施設の特性に応じて、交流人口拡大と地域活性化に寄与することが求められる」(4. 今後の社会教育の在り方と留意すべき点)などと言及されているほか「5. 持続可能な社会教育システムの構築に向けた主要な視点」において、求められる役割が記載されています。

静岡県立中央図書館、県主催のセミナーにあわせ、若年性認知症関連本による出張図書館を開催

2017年2月17日、静岡県立中央図書館が、ホテルアソシア静岡において、若年性認知症関連本による出張図書館を開催します。

静岡県が同日同会場で開催する若年性認知症セミナーにあわせて関連本の展示を行なうもので、展示本の貸出も可能です。貸出に必要な貸し出しカードの作成もその場で可能となっています。

出張図書館のお知らせ(静岡県立中央図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2017/201701_syuttyou.html

平成28年度 若年性認知症セミナーの開催について(静岡県)
https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-210/28jyakunenseminar.html

参考:
直方市立図書館(福岡県)、「認知症カフェ図書館」を毎月開催へ
Posted 2017年1月23日
http://current.ndl.go.jp/node/33302

指宿市立図書館(鹿児島県)、地域包括支援センターと連携して認知症等に関する展示、講座等を開催
Posted 2016年8月30日
http://current.ndl.go.jp/node/32423

福井市立図書館で、今夏、子ども向け認知症講座が開催される

韓国国立中央図書館、障害者のための図書館資料無料配達サービスの対象を拡大

韓国国立中央図書館(NLK)が、2017年2月1日から、これまで、視覚障害者1~6級、登録障害者1~3級、国家有功傷痍者1~3級など約128万人を対象としていた、障害者のための図書館資料無料配達サービス「책나래서비스」(本の翼サービス)の対象を、登録障害者1~5級、国家有功傷痍者1~5級などに拡大すると発表しています。拡大の結果、これまでの倍の、251万がサービス対象となるとのことです。

公共図書館の資料を検索可能とするなど、同サービスのウェブサイトの改善もあわせて行っています。

2배로 확대되는 장애인 무료 책 배달 책나래 서비스(NLK,2017/1/31)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8933&notice_type_code=3&cate_no=0

紫波町図書館(岩手県)が、出張としょかん「観て学ぶ 野菜づくり名人になる!コツと裏ワザ!」を実施中

2016年11月22日と11月24日に、岩手県の紫波町図書館が、出張としょかん「観て学ぶ 野菜づくり名人になる!コツと裏ワザ!」を実施しています。

普段忙しく図書館を利用できない農家向けに、地域の公民館に出向いて実施するイベントで、図書館で所蔵する農業に関するDVDの上映や、農山漁村文化協会東北支部職員による農作業のコツや裏技について解説が行なわれます。

出張としょかん「観て学ぶ 野菜づくり名人になる!コツと裏ワザ!」(紫波町図書館)
http://lib.town.shiwa.iwate.jp/event/20161025_01.html

地域に出張、農家応援 紫波町図書館が初の企画(岩手日報,2016/11/23)
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20161123_8

参考:
図書館調査研究リポートNo.15 地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究
http://current.ndl.go.jp/report/no15
※第3章で紫波町図書館の農業支援サービスを取り上げています

京丹後市立あみの図書館(京都府)、「図書館くらしの講座 雑誌『現代農業』に学ぶ野菜づくりのコツと裏ワザ」を開催
Posted 2016年5月27日

移動式キッチンで料理を教えるサンフランシスコ公共図書館の“Biblio Bistro”

2016年1月22付けのSFGATE紙が、サンフランシスコ公共図書館によって行われている、市場に移動式キッチンを持ち込み、市場の野菜を用いて料理を実演して、住民に料理を教えるプログラム“Biblio Bistro”について報じています。

同プログラムは今月から開催されており、今後も、シビックセンター近くのファーマーズマーケットで、毎月第三水曜日に行なう予定とのことです。

このプログラムは、若者等に、野菜を調理する能力がないと認識した同館のプログラムマネージャーで元シェフのヒルマン(Lia Hillman)氏が考えたものとのことです。

移動式キッチンには、レシピや、図書館で利用できる料理本のリストも備えつけられているようです。

S.F. library rolls out Biblio Bistro for lessons on cooking(SFGATE,2016/1/22付け記事)
http://www.sfgate.com/bayarea/article/S-F-library-rolls-out-Biblio-Bistro-for-lessons-6778021.php

Biblio Bistro at the Farmers' Market(San Francisco Public Library)

カナダのエドモントン公共図書館、ホームレスへのサービスを5つの分館に拡大する試行を予定(記事紹介)

2014年12月4日付の米Library Journal誌オンライン版に、カナダのアルバータ州のエドモントン公共図書館のホームレスへのアウトリーチサービスの試みを紹介する記事が掲載されています。

エドモントン公共図書館は、そのコミュニティへのサービスが評価され、Library Journal誌とGale社による2014年の“Library of the Year”に選ばれているとのことです。

エドモントンは人口がカナダ第5位の都市で、11月から3月にかけては気温が氷点下を下回り、ホームレスの支援プログラムが必要なものとなっているとのことです。州からの補助金がないにも関わらず、同館は自身で費用を負担し、今年の冬には、ホームレスへのアウトリーチサービスを5つの分館に拡大する試行を行うとのことです。

同館の中でも中心的な分館である“ Stanley A. Milner Library”でアウトリーチの活動を行うスタッフは、危機に瀕した個人に対して、医療保障の補助や住居の紹介、雇用相談、自殺防止ためのサービスなどやそのほかのサービスのため、2013年で6,000回以上ものやりとりを行ったとのことです。

図書館の自転車を使ったアウトリーチ活動、広がる(記事紹介)

図書館による自転車を使ったアウトリーチ活動について、American Libraries誌(オンライン)に2014年8月13日付けで、“Custom Library Book Bikes Roll Out Across US”と題する記事が掲載されています。同誌の2014年6月号に掲載されたものです。

この記事では、オハイオ州のCleveland Heights - University Heights Public Library (CHUHPL)、アリゾナ州のPima County Public Library (PCPL) 、ワシントン州のシアトル公共図書館(SPL)の3館の取組が紹介されています。

記事では資金についても触れられており、CHUHPLでは友の会からの寄付を受けたこと、PCPLではアリゾナ州図書館システムからの助成金を利用したことが触れられています。両館とも2,000ドル以下で実現しているそうです。またシアトル公共図書館では、組織内の助成金により書籍代3,500ドル、自転車代1,000ドルなどが賄われたことが紹介されています。

Custom Library Book Bikes Roll Out Across US(American Libraries, 2014/8/13付け)

図書館員たち、モンペリエからリヨンへ快走中:2014 Cycling for Libraries

2014年度のCycling for Librariesのイベントが始まっています。

各国から集った図書館員たちが、フランス南部のモンペリエを8月6日に出走し、ゴールのリヨンに向けて約500キロのツアーを開始しています。8月14日にリヨンに到着の予定です。

今回のテーマは、「Libraries "outside the walls"」だそうです。

なお、リヨンでは、8月16日からIFLA年次大会が開催されます。

Programme
http://www.cyclingforlibraries.org/

Facebook
https://www.facebook.com/cyc4lib

今回の参加者の顔ぶれ
http://www.cyclingforlibraries.org/?page_id=7518

参考:
E1457 - 図書館員,自転車で快走:Cycling for Libraries カレントアウェアネス-E No.241 2013.07.25
http://current.ndl.go.jp/e1457

2014年の世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会はフランス・リヨンで開催 Posted 2012年8月22日

図書館サービスを自転車で:オマハ公共図書館も“Book Bike”を導入

米国のオマハ公共図書館(ネブラスカ州)が、“Book Bike”を導入し、サービスを開始したとのことです。8月から9月にかけて、地域のイベントやフェスティバルに赴くようです。

ウェブサイトによると、iPadにより、図書館カードの申し込みへの対応や電子書籍サービスのデモも行うほか、インターネットへの接続を提供するためポータブルWi-Fi機器も搭載しているそうです。

Book Bike (Omaha Public Library)
http://omahapubliclibrary.org/book-bike

Omaha Public Library debuts book bike, a library on wheels(Omaha.com, 2014/8/6付け)
http://www.omaha.com/living/omaha-public-library-debuts-book-bike-a-library-on-wheels/article_cba71614-1ce7-11e4-ba7b-001a4bcf6878.html

Omaha Public Library Book Bike Hitting The Streets(WOWT.com, 2014/8/5付け)