アウトリーチ

Library Journal誌、2017年の米国最優秀小規模図書館にアイダホ州・バウンダリー郡図書館区を選出

2017年9月15日、米・Library Journal(LJ)誌が、2017年の米国の最優秀小規模図書館“Best Small Library in America”として、アイダホ州のバウンダリー郡図書館区(Boundary County Library District)を選出したと発表しています。

同賞は、同誌が2005年から毎年発表しているもので、人口25,000人以下のコミュニティをサービス対象とする小規模図書館を表彰するもので、記事では、

・衰退する農業・林業の革新、新たなビジネスの創出を目的とした、図書館の地下を改築してファブラボを設置、壁に取り付けたワイドスクリーンモニターを用いたSTEM分野の教育プログラムの開催、地元高校と連携しての若者向けの起業家プログラムの実施

・夏と冬に実施される全年代を対象とした読書プログラムや、4Hクラブ(農務省を母体とする青少年育成事業)や高齢者・要介護者・移民農民・貧困層の子どもを対象としたプログラムの実施

といった同館の活動が紹介されています。

記事では、最終候補者として選ばれた、コロンバス公共図書館(ウィスコンシン州)、ポッツボロ地域図書館(テキサス州)の活動内容も紹介されています。

韓国・富川市、雇用創出と貸出しサービス向上のため、高齢者の図書配達員を採用

韓国・京畿道の富川市が、2017年9月1日から、公共事業での高齢者の雇用創出及び安定的な貸出し・返却サービスのため、高齢者の図書配達員による図書の配達サービスを開始したと発表しています。

同市では、図書館の蔵書を、職場や自宅の近くの場所で貸出し・返却できるサービスを実施しており、現在76万冊の貸出し・返却実績の拡大を目的に行われるもので、同市では、現在3台の配達用車両を、来年には1台増やし、サービスを市全域に拡大する計画です。

配達員には、公募により採用された満55歳から65歳までの6人と、富川シニアクラブに所属する満60歳以上の13人、あわせて19名が選ばれ、採用者には研修が行われ、制服が支給されています。

米・トウィンズバーグ公共図書館が住宅公社と連携して行なったアウトリーチ活動(記事紹介)

2017年9月4日付の米国図書館協会(ALA)児童図書館サービス部会(ALSC)のブログが、米・オハイオ州のトウィンズバーグ公共図書館が住宅公社と連携して実施したアウトリーチ活動の事例を紹介しています。

2015年に、同館が、地元の公団住宅の居住者の利用が少ないことに気付いたことから、地元住宅公社と連携して開始した、5歳児及びその保護者を対象とした週1回のプログラム“Play, Learn & Grow”を紹介するものです。

同プログラムは、公団住宅の多目的室を会場に、参加者全員で朝食を楽しんだ後、音楽・歌や読み聞かせなどを行ない、その後、テーブル型コンピュータであるインタラクティブステーションを用いて子ども向けの早期教育を実施するものです。

沖縄県立図書館、ハワイで開催された「オキナワフェスティバル」にブースを出展:沖縄県系移民のルーツ調査を支援

沖縄県立図書館は、ハワイ沖縄系図研究会と共同で、2017年9月2日、ハワイで開催された「第35回オキナワフェスティバル」にブースを出展し、ハワイの沖縄県系移民のルーツ調査や親戚捜しを支援する活動を実施しました。

報道によると、問い合わせがあった76件のうち、1~2割は外務省の出国記録をまとめた沖縄県史の移民名簿や市町村史の屋号一覧を使ってその場で回答しており、残りは沖縄に持ち帰って再調査するとのことです。

フランス・ラオン=レタップ公共図書館によるサードエイジの住民の孤立化を防ぐ取組(文献紹介)

2017年8月19日から8月25日までポーランドのヴロツワフで開催された第83回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会でのポスター発表資料として、国立高等情報科学図書館学校(enssib)のアレクサンドラ(ORLANDO, Alexandra)氏によるポスター“Fight against isolation of third aged people : a purpose for the Raon l'Etape public library in a little town in Vosges, France”が公開されています。

フランス東部ヴォージュ県にあるラオン=レタップ(Raon l'Etape)公共図書館による、サードエイジ(リタイア後の健康で活発な時期)の住民の孤立化を防ぐための取組を紹介するものです。

福井市立図書館、市内のショッピングモールで開催される「認知症理解普及キャンペーン」で出前図書館を実施

福井市立図書館が、2017年9月3日に市内のショッピングモール「ラブリーパートナーLpa」で開催される「認知症理解普及キャンペーン」で、出前図書館を実施すると発表しています。

認知症に関する本の紹介や貸出し、絵本の読み聞かせ、クイズラリー、マスコット作り等を行なうとのことです。

@fukui_mlib(twitter,2017/8/25)
https://twitter.com/fukui_mlib/status/900982149313998848

参考:
福井市立図書館で、今夏、子ども向け認知症講座が開催される
Posted 2016年7月21日
http://current.ndl.go.jp/node/32122

岐阜県図書館、岐阜県総合医療センターに「岐阜県図書館の本」コーナーを設置

岐阜県図書館が、2017年7月20日から、岐阜県総合医療センター内のがん患者サロン『ほっとサロン』図書コーナーに「岐阜県図書館の本」コーナーを設置したと発表しました。

同センターに通院または入院中の方や、その家族が利用可能で、今後、年に数回本を入れかえると紹介されています。

岐阜県図書館 お知らせ
http://www.library.pref.gifu.lg.jp/i
※「8月4日 岐阜県総合医療センターに「岐阜県図書館の本」コーナーを設けました」とあります。

岐阜県総合医療センターに「岐阜県図書館の本」コーナーを設けました(岐阜県図書館)
http://www.library.pref.gifu.lg.jp/siryo-search/kenko-iryo/jigyo.html

滋賀県立図書館、「出張展示 in びわ湖ホール」を実施

滋賀県立図書館が、2017年7月22日に滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールで開催された公演「子どものための音楽物語 ピーターと狼」にあわせ、『ピーターと狼』の絵本を中心にロシア絵本や音楽絵本等約160点を同劇場で展示する「出張展示 in びわ湖ホール」を実施したと同館ウェブサイトで発表しています。

出張展示で展示した資料を同館の児童室でも一部展示する予定とのことです。

韓国・ソウル特別市松坡区、区内の水遊び場で「避暑地文庫」を運営

韓国・ソウル特別市松坡区が、区内を流れる城内川の河川敷にある水遊び場で、2017年7月24日から7月30日まで「避暑地文庫」を運営することが報じられています。

記事によると、セマウル文庫の松坡区支部の会員が運営を担当するもので、童話、偉人伝、文学など約2,000冊の図書が用意されるほか、絵本の読み聞かせや、水遊びのための遊具の貸出も行われます。

성내천에 놀러온 어린이들 발 담그고 책읽기(헤럴드경제,2017/7/20)
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20170720000352

関連:
城内川(ソンネチョン)(松坡区)
http://japanese.songpa.go.kr/jpn/m2/m2_1_3.jsp

多様性を尊重した、平等な、包み支え合う学会・集会を実現するために OpenCon、レポートを公開

2017年7月10日、OpenConは学術的な学会・集会への参加の障壁をできるだけ下げるためのチェックリスト等をまとめたレポート”Diversity, Equity, and Inclusion”を公開しました。

OpenConは米SPARCとRight to Research Coalitionが2014年に設立した団体で、研究・教育のオープン化を推進することを目的に、同名の国際集会シリーズを開催しています。今回公開されたレポートは過去3回のOpenCon開催の経験に基づきまとめられたもので、会場の選択、経済的障壁を如何に下げるか、疎外された人々の意見を如何に拾い上げ、優先順位付けするか、といった内容を含んでいるとのことです。

ページ