図書館財政

福島県立図書館、『県民のくらし応援文庫』を開設

2016年11月5日、福島県立図書館が、『県民のくらし応援文庫』を開設したと発表しています。

「育児活動支援」「健康長寿支援」「まちづくり支援」「防災活動支援」の4テーマに関する課題解決を支援する図書の充実を目的に、図書の寄贈を募る制度です。

『県民のくらし応援文庫』を設置しました。(福島県立図書館,2016/11/5)
https://www.library.fks.ed.jp/ippan/library/kenminnokurashiouen/kenminnokurashiouen.html

米国博物館・図書館サービス機構、2014会計年度の州図書館行政機関の調査レポートを公開

2016年11月2日、米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、2014会計年度の、米国内の州図書館行政機関(State Library Administrative Agencies:SLAA)についての調査レポート“State Library Administrative Agencies Survey Fiscal Year 2014”を公開しました。

州全体のプログラムのためのIMLSからの補助金を管理したり、州全体の図書館サービス計画を確立することで図書館を支援したりいったように、SLAAが多様なサービスを提供している一方、2007年から2009年までの不況の時期と同様、歳入・歳出・職員数において、複数年に渡って減少傾向を示していることが紹介されています。

Report on Condition of State Library Administrative Agencies Now Available(IMLS,2016/11/2)
https://www.imls.gov/news-events/news-releases/report-condition-state-library-administrative-agencies-now-available

北米研究図書館協会が報告書シリーズ“SPEC Kit”第353号を公開:「APCの財源」(Funding Article Processing Charges)

2016年11月1日、北米研究図書館協会(ARL)が、報告書シリーズ“SPEC Kit”第353号を刊行しました。今号のテーマは「APCの財源」(Funding Article Processing Charges)です。

ARL加盟館が、論文処理加工料(APC)に対処するために用いている戦略を調査したもので、財源の確保方法や、財源の運営方法(ポリシー、申請、予算、管理、アウトリーチ活動)、資金源、他の部門・図書館との連携状況について取扱っています。

Funding Article Processing Charges, SPEC Kit 353, Published by ARL(ARL,2016/11/1)
http://www.arl.org/news/arl-news/4146-funding-article-processing-charges-spec-kit-353-published-by-arl#.WBlV0lKQZ1E

SPEC Kit 353: Funding Article Processing Charges (November 2016)
http://publications.arl.org/Funding-Article-Processing-Charges-SPEC-Kit-353/

参考:

松竹大谷図書館、ネットで運営資金の募集を開始:「組上燈籠絵」のデジタル化・復刻費用も

演劇・映画の専門図書館である公益財団法人「松竹大谷図書館」が、運営資金の募集を開始しています。目標金額は250万円、募集期間は9月6日から10月26日までとなっています。

今回で5回目となる資金募集は、クラウドファンディングサイト「READYFOR?(レディフォー)」において行われており、プロジェクト名は、「【第5弾】歌舞伎や映画、日本文化の歴史を後世に伝える。」です。

集まった寄付金は、図書館の平成28年度運営資金及び「組上灯籠絵」161枚のデジタル化、及び3組の復刻版印刷費用に使われます。

支援金額に応じて、プロジェクト限定『菅原伝授手習鑑』と『二十四の瞳』の台本表紙デザインの文庫本カバーや、同館所蔵の歌舞伎・映画台本のうち200タイトルの中から支援者が好きな作品を選び、その台本カバー(台本を保護するための手作りカバー)に支援者の名前を載せる権利などのリターンが設定されています。

ネットを通じて当館への支援募集を開始いたしました(松竹大谷図書館,2016/9/6)
http://www.shochiku.co.jp/shochiku-otani-toshokan/news/160905.html

【第5弾】歌舞伎や映画、鮮やかな日本文化の遺産を守り復元する。(READYFOR?(レディフォー)プロジェクトページ)

E1813 - 鹿角市立図書館のオリジナルLINEスタンプ発売について

◯はじめに
 秋田県鹿角(かづの)市は県内最北に位置する人口約3万3,000人の小さな市である。市内には花輪図書館と立山文庫継承十和田図書館の2館があり,そのうち,花輪図書館が,複合施設「鹿角市文化の杜交流館コモッセ」内に移転し,2015年4月16日,リニューアルオープンした。同時に両館の運営主体が鹿角市から指定管理者の株式会社リブネットへ移行したことで,民間事業者による独自サービスや話題性のある様々な企画の提供を行ってきた。

ナイト財団が“Knight News Challenge”(2016年)に選ばれた14のプロジェクトを公表

2016年6月23日、ナイト財団(John S. and James L. Knight Foundation)が、ニュースや情報についての画期的なアイデアに資金を提供することでメディアの革新を促進することを目的に実施している“Knight News Challenge”について、618件の応募の中から選ばれた14のプロジェクトを発表しました。合計で160万ドルが提供されます。

“Knight News Challenge on libraries”としては2回目の実施となり、前回2014年に実施した際は17のプロジェクトが選ばれました。

今回選ばれたプロジェクトには、

・子どもが、収監されている親などと図書館にある「ビデオ来館サービス」(video visitation service)を用いて、本を読んだり歌を歌ったりするなど疑似来館できるという“TeleStory”に関するブルックリン公共図書館のプロジェクト(資金提供額:約39万ドル)

・米国において図書館への慈善事業として資金提供を行う組織を可視化した地図の作成などを行う、財団センター(Foundation Center)のプロジェクト(資金提供額:30万ドル)

Publishers Communication Groupが2016年の学術・専門図書館の予算に関するホワイトペーパーを発表 世界全体では1.4%の増加と予想

2016年5月31日、Ingenta社の出版コンサルタント部門Publishers Communication Group(PCG)が、2016年の学術・専門図書館の予算に関するホワイトペーパー”Library Budget Predictions for 2016”を公開しました。

このホワイトペーパーは大学・研究機関や企業、政府、病院等の図書館の、予算に関する権限・知識を持つ図書館員を対象とする電話調査の結果に基づくもので、調査には世界中の686機関が回答したとされています。調査結果の実数そのものではなく、世界全体における各国の図書館予算の割合に基づき重みづけした結果が報告されています。

結果の概要によれば、既にマーケットが成熟した国では予算の増加は少なく、北米では前年比1%程度の増加、ヨーロッパでは0.1%程度の減少が見込まれるとのことです。特に北米では図書向け予算は1.9%の増加が見込まれるものの、雑誌予算は0.2%の増加にとどまるとされており、多くの雑誌の購読中止が発生すると見込まれています。一方、南アメリカや中東、アフリカ、アジアでは数%程度の予算増が見込まれていますが(アジアについては中国・インド等の影響)、一昨年から昨年の増加に比べると、増加の幅が小さくなった地域が多いとのことです。世界全体では前年比1.4%程度の増加になるだろうとしています。

連邦政府予算のカットにより、Troveへの新規コンテンツの追加が困難に(オーストラリア)

2016年5月5日付のABC(オーストラリア放送協会)が、2016年度の連邦予算で財源を確保することに失敗したため、オーストラリア国立図書館(NLA)が、同館の情報探索システムTroveに新規コンテンツを追加できなくなったことを報じています。

ABCのインタビューを受けたオーストラリア図書館協会(ALIA)会長・マッケラシャー(Sue McKerracher)氏は、今回のニュースは、郷土史家、人文学者、家族史の調査にとって打撃であることや、自然災害等が多いオーストラリアにおいて、Troveによる地域資料のデジタル化は、地域の歴史を残す事を保証していることを指摘しています。

Budget 2016: Cuts force online archive Trove to stop adding to collection(ABC,2016/5/5)
http://mobile.abc.net.au/news/2016-05-05/national-library-trove-project-not-funded-to-add-to-collection/7377634

Trove Stalled (ALIA,2016/5/5)
https://www.alia.org.au/news/14299/trove-stalled

参考:

英国のヴィクトリア朝時代の図書館(Crown Street Library)の閉館を阻止するキャンペーン(記事紹介)

英国ダーラム州にあるダーリントンのカウンシルでは、1,250万£の予算削減が予定されたため、ダーリントン図書館(Crown Street Library、Cockerton Library、移動図書館)が閉館の危機を迎えています。Crown Street libraryは、ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道の創設者であるエドワード・ピーズの親族(エドワード・ピーズ)の支援によって、1885年(ヴィクトリア朝)に開館した図書館ですが、ダーリントンのカウンシルは、これを売却し、移転することを予定しています。

これに対し、地元の新聞社“Northern Echo”が、図書館を救うべく、“Save Crown Street Library”と題したキャンペーンを実施し、2016年4月18日の“Northern Echo”紙によると、賛同者の数は1,700名に及んでいるとのことです。作家のフィリッパ・グレゴリー氏、アン・ファイン氏らも署名しており、地元の若者たちがポスターを作成して、この活動への支援するなど、広がりを見せているようです。

Council Cuts: D-day for Darlington's doomed libraries(The Northern Echo, 2016/2/5)

日本書籍出版協会、文部科学大臣宛提出文書「図書館資料購入費、図書館整備充実に関わる経費について(要望)」を公開

2016年3月24日、一般社団法人日本書籍出版協会は、3月18日付の文部科学大臣宛提出文書「図書館資料購入費、図書館整備充実に関わる経費について(要望)」をウェブサイトに掲載しました。

社会の読書基盤として必須の学校・公共・大学図書館の整備充実に向け、図書資料購入費や図書館拡充のための経費の十分な予算確保を要望するもので、図書館と出版界は、本を生み出し後世に伝える仕事を相互補完的に担う表裏一体の関係にあるとし、学校・公共・大学図書館において資料購入費の手当てが十分でないことへの危惧が数値等とともに示されています。

一般社団法人 日本書籍出版協会
http://www.jbpa.or.jp/

図書館資料購入費、図書館整備充実に関わる経費について(要望)(日本書籍出版協会, 2016/3/17付)
http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/toshokanzougaku201603.pdf

ページ