地震

映画保存協会、熊本地震で被災した8mmフィルム・ビデオテープの処置についての相談を受け付け

2016年4月21日、映画保存協会の「災害対策部 Film Salvation Project」が熊本地震で被害を受けた8mmフィルムやビデオテープの洗浄についての相談を受け付けると発表しています。

[FSP]熊本地震の被害について(映画保存協会,2016/4/21)
http://filmpres.org/whatsnew/6734/
http://filmpres.org/wp2/wp-content/plugins/post2pdf-converter/post2pdf-converter-pdf-maker.php?id=6734

「平成28年(2016年)熊本地震」による図書館への影響(4)

「平成28年(2016年)熊本地震」の影響により、熊本県・大分県内の図書館・図書室が影響を受けています。

2016年4月18日に掲載した「「平成28年(2016年)熊本地震」による図書館への影響」(2)(3)以降に、各館のウェブサイト等で公表された情報をまとめました。

【熊本県】
○公共図書館
(図書館向け)相互貸借について(熊本県立図書館, 2016/4/20)
http://www.library.pref.kumamoto.jp/news/2016/3409/
レファレンスの依頼について(熊本県立図書館, 2016/4/20)
http://www.library.pref.kumamoto.jp/news/2016/3410/
(図書館向け)複写物の郵送について(郵送複写)(熊本県立図書館, 2016/4/20)
http://www.library.pref.kumamoto.jp/news/2016/3411/

重要なお知らせ(熊本市立図書館)
http://www2-library.kumamoto-kmm.ed.jp/
※熊本市立図書館は、4月21日から開館。
※城南図書館、とみあい図書館、プラザ図書館、移動図書館ひのみき号は当分の間休館・休止。
※男女共同参画センターはあもにい(情報資料室)は、4月22日まで臨時休室。

熊本市役所、民間所在の歴史資料の保全を呼びかけ

熊本市役所が、熊本地震で被害を受けた民間所在の歴史資料の保全を呼びかけています。

震災の復旧作業のなかで、復興のよりどころともなる貴重な歴史遺産が失われることを防ぐため、家に残されている古文書や古い本、自治会等の記録(地域の記録となりますので、時代の新旧を問わず)や資料、農具や機織りの道具、絵馬のような信仰に関わるもの、生活のための道具などの保全への協力を熊本市民に対して要請しています。

問い合わせ先は熊本市熊本博物館となっています。

Facebook (わくわく都市 くまもと (熊本市役所),2016/4/19)
https://www.facebook.com/KumamotoCity/posts/1110318888990966

saveMLAK、「平成28年(2016年)熊本地震」による博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被害状況をまとめる特設ページを開設

「平成28年(2016年)熊本地震」の発生を受けて、博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報サイトsaveMLAKが、被害状況等を入力するための特設ページを開設しています。

2016年4月熊本地震(saveMLAK)
http://savemlak.jp/wiki/2016%E5%B9%B44%E6%9C%88%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87

参考:
「平成28年(2016年)熊本地震」による図書館への影響(3)
Posted 2016年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/31374

「平成28年(2016年)熊本地震」による図書館への影響(2)
Posted 2016年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/31373

2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した地震による図書館への影響
Posted 2016年4月15日
http://current.ndl.go.jp/node/31345

日本図書館協会図書館災害対策委員会、ウェブページを開設し、「平成28年(2016年)熊本地震」についての情報を募集
Posted 2016年4月18日

「平成28年(2016年)熊本地震」による図書館への影響(3)

「平成28年(2016年)熊本地震」の影響により、熊本県・大分県・佐賀県内の図書館・図書室が臨時休館・休室しています。

2016年4月18日現在の大学図書館の状況を、ウェブサイトで公表されている情報をもとにまとめました。

【熊本県】

開館準備作業による臨時休館について(熊本大学附属図書館、2016/4/16)
http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/news/1883
※4月19日(火)以降も、当面の間附属図書館(中央館・医学系分館・薬学部分館)を臨時休館

臨時休館のお知らせ(熊本県立大学学術情報メディアセンター図書館、2016/4/15)
http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~tosho/index-j.html
※地震発生に伴い、4月19日(火)まで休館

地震に伴う休講のため、臨時休館いたします(九州看護福祉大学附属図書館、2016/4/15)
http://lib.kyushu-ns.ac.jp/topics/news_topics_2016.html#2016.04.15
※九州看護福祉大学のホームページには
「地震発生に伴い、4月18日(月)~4月21日(木)までの講義は全て休講となります。」とあります

「平成28年(2016年)熊本地震」による図書館への影響(2)

「平成28年(2016年)熊本地震」の影響により、熊本県・大分県内の図書館・図書室が臨時休館・休室しています。

2016年4月18日現在の公共図書館の状況を、ウェブサイト等で公表されている情報をもとにまとめました。

【熊本県】
臨時休館日の延長について(熊本県立図書館,2016/4/17)
http://www.library.pref.kumamoto.jp/news/2016/3408/
※4月18日以降も、しばらく休館。

Twitter(熊本県立図書館子ども図書室,2016/4/16)
https://twitter.com/kuma_lib/status/721168247198863360
※開館の目途が立たず。

重要なお知らせ (熊本市立図書館)
http://www2-library.kumamoto-kmm.ed.jp/
※城南図書館、とみあい図書館、プラザ図書館が、当分の間休館。

熊本市立城南図書館・熊本市城南図書館
http://jonan-library.com/
※館内の損傷が激しく復旧の見通しの目途が立たず。

閉館時間変更のお知らせ (八代市立図書館)
http://www.lib.city.yatsushiro.kumamoto.jp/

2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した地震による博物館・美術館・文書館への影響

2016年4月14日21時26分頃に熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生しました。その影響により、熊本県内の博物館・美術館・文書館が臨時休館・休室しています。
※今後、情報を追加する場合があります。

○大学附属施設
熊本大学五高記念館
http://www.goko.kumamoto-u.ac.jp/
※「五高記念館は煙突が折れるなど被害が発生しております。建物の安全確認のため当分の間、休館いたします。」とあります。

○県立
臨時休館のお知らせ(熊本県博物館ネットワークセンター,2016/4/15)
http://kumamoto-museum.net/kmnc/archives/552
※4月15日から4月21日まで臨時休館

臨時休館のご案内(歴史公園鞠智城・温故創生館,2016/4/15)
http://www.kofunkan.pref.kumamoto.jp/kikuchijo/info/#20160415084906
※4月15日臨時休館

4月15日(金)臨時休館のお知らせ(熊本県立美術館,2016/4/15)
http://www.museum.pref.kumamoto.jp/kiji/pub/detail.aspx?c_id=4&type=top&id=132

2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した地震による図書館への影響

2016年4月14日21時26分頃に熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生しました。その影響により、熊本県内の図書館が臨時休館しています。また、報道によると、益城町では、益城町図書館に住民が避難しているようです。
※今後、情報を追加する場合があります。

○公共図書館
臨時休館のお知らせ(熊本県立図書館,2016/4/15)
http://www.library.pref.kumamoto.jp/news/2016/3406/
※4月15日が臨時休館

重要なお知らせ(熊本市立図書館)
http://www2-library.kumamoto-kmm.ed.jp/
※「4月15日(金)臨時休館・休室のお知らせ 熊本市立図書館・植木図書館・とみあい図書館・城南図書館・プラザ図書館・公民館図書室は休館(室)いたします。(※はあもにい、議会図書室は通常とおり業務を行います。)」とあります。

Twitter(くまもと森都心プラザ,2016/4/15)
https://twitter.com/stsplaza/status/720773290973728768
※「地震の影響のため、本日4月15日から森都心プラザ図書館は休館いたします。 開館時期は未定です。」とあります。

長岡市立中央図書館文書資料室、災害関連資料の保存をテーマとした図録を刊行

2016年3月8日、長岡市は、長岡市立中央図書館文書資料室が図録『新潟県中越地震・東日本大震災と災害史研究・史料保存-長岡市災害復興文庫を中心に-』を刊行したことを発表しました。

同館の長岡市災害復興文庫の資料を掲載した図録で、災害で被災した歴史資料や復興関連資料の保存の重要性を伝えることを目的に、長岡市立中央図書館文書資料室と新潟大学人文学部の矢田俊文氏によって共同で編集されたものです。

長岡市長記者会見の概要(平成28年3月8日)(長岡市, 2016/3/9)
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shityo/kaiken/16-0308.html

被災経験を次世代に伝える催し等
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shityo/kaiken/file/20160308-1-2.pdf
※記者会見の資料です。

「新潟県中越地震・東日本大震災と災害史研究・史料保存-長岡市災害復興文庫を中心にー」を刊行(共同通信PRワイヤー, 2016/3/8付)
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201603098721/

参考:
『国立国会図書館月報』659号刊行、「震災を記録する」を特集
Posted 2016年3月1日

国土地理院、東日本大震災後5年間の取組をまとめたウェブページを公開

2016年3月4日、国土地理院は、東日本大震災後5年間の取組をまとめたウェブページ「震災後5年間の国土地理院の対応」を公開しました。

災害発生時の国土地理院の役割を示すとともに、「地殻変動の監視」、「空中写真」、防災対策の立案に活用できる標高データの整備や地理空間情報のアーカイブを整備する「国土の情報の整備」といった取組について、これまでの地図、図、データなどがまとめられています。

また、「津波」「東北地方の交通関係情報」「福島原発事故関連」「災害復興計画基図」に関しても画像のダウンロードが可能なページや、詳細ページへのリンクが掲載されています。

平成23年(2011年)東日本大震災に関する情報提供(国土地理院, 2016/3/4)
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/h23_tohoku.html

参考:
E1629 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2014/11/20現在)
カレントアウェアネス-E No.271 2014.11.27
http://current.ndl.go.jp/e1629

E1652 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2015年2月12日現在)
カレントアウェアネス-E No.276 2015.02.19
http://current.ndl.go.jp/e1652

ページ