災害

米・ノースダコタ州最高裁判所法律図書館、送水バルブの破損により水損被害が発生

2018年7月19日、米・ノースダコタ州最高裁判所が、18日午後に発生した送水バルブの破損により、同裁判所の法律図書館が水損被害を受けた事を発表しています。

水は建物の南東側を沿って流れ、1850年代にさかのぼる連邦法令集や、近年の連邦判例集、判例集・法律学説集などが水損被害を受けました。また、天井・床・書架・什器類も被害を受けています。

事故発生1時間以内に州立図書館に対して支援要請を行ない、州立図書館の職員が、19日朝、水損以外を受けた資料の移動、評価、修復を行ないました。被害を大きい資料については廃棄されるか修復のために移送されます。

修復作業中、図書館の大部分は利用禁止となりますが、図書館は開館しており、マイクロフィッシュ・パソコン・冊子体の蔵書の一部は引き続き利用可能です。

State Law Library remains open during repairs(North Dakota Supreme Court,2018/7/19)
https://www.ndcourts.gov/court/news/library0718.htm

八幡浜市教育委員会(愛媛県)、体験講習『災害にあった写真を救おう』を開催

2018年7月30日、愛媛県の八幡浜市教育委員会が、愛媛資料ネット、宮崎歴史資料ネットワークの協力により、体験講習『災害にあった写真を救おう』を開催します。

「平成30年7月豪雨」により水損被害を受けた写真や写真アルバムの応急処置方法を学ぶための講習会です。

会場は旧双岩中学校で、参加費は無料ですが、タオル、ぞうきん(1~2枚)の持参が必要で、ご自身の水損写真があれば持参可となっています。

体験講習『災害にあった写真を救おう』(八幡浜市,2018/7/23)
http://www.city.yawatahama.ehime.jp/docs/2018072300025/

参考:
大洲市立博物館(愛媛県)、特別講習会「水に浸かった写真を捨てないで ~誰でも、簡単に出来る水損写真の応急処置~」を開催
Posted 2018年7月23日
http://current.ndl.go.jp/node/36366

大洲市立博物館(愛媛県)、特別講習会「水に浸かった写真を捨てないで ~誰でも、簡単に出来る水損写真の応急処置~」を開催

愛媛県の大洲市立博物館が、2018年7月29日、同市の社会教育センターにおいて、特別講習会「水に浸かった写真を捨てないで~誰でも、簡単に出来る水損写真の応急処置~」を開催します。

愛媛資料ネット、宮崎歴史資料ネットワークの協力を得て開催されるもので、「平成30年7月豪雨」により水損被害を受けた写真や写真アルバムの応急処置方法を学ぶための講習会です。

@ozu.museum(Facebook,2018/7/23)
https://ja-jp.facebook.com/ozu.museum/posts/1923187397740275

参考:
愛媛資料ネット、「平成30年7月豪雨」により水損被害を受けた資料の修復作業を開始
Posted 2018年7月12日
http://current.ndl.go.jp/node/36315

倉敷市立真備図書館・倉敷市真備歴史民俗資料館(岡山県)で水損資料への応急処置が実施される

各種報道によると、平成30年7月豪雨により被害を受けた岡山県の倉敷市立真備図書館・倉敷市真備歴史民俗資料館で、岡山史料ネットにより、水損資料への応急処置が実施されたとのことです。

報道によると、水損被害を受けた、図書館の公文書・旧真備町の航空写真、真備歴史民俗資料館の古文書などに応急処置が施されたとのことです。

@sanyo_news(Twitter,2018/7/21)
https://twitter.com/sanyo_news/status/1020664965122777088

泥水につかった図書館の公文書洗う 岡山 倉敷 真備町(NHK NEWS WEB,2018/7/21)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/k10011542891000.html

特定非営利活動法人映画保存協会、平成30年7月豪雨で被害を受けた8mmフィルムやビデオテープの洗浄について相談を受け付け

2018年7月9日、特定非営利活動法人映画保存協会が、平成30年7月豪雨で被害を受けた8mmフィルムやビデオテープの洗浄について相談を受け付けると発表しています。

[災害対策部]西日本豪雨の被害について(映画保存協会,2018/7/9)
http://filmpres.org/whatsnew/9436/

山陰歴史資料ネットワーク、美郷町(島根県)で水損資料の応急処置を実施

2018年7月19日、山陰歴史資料ネットワーク(山陰史料ネット)が、島根県美郷町で水損資料の応急処置を実施したと発表しています。

石見銀山領に関する古文書約100点の処置を終えたとのことです。

@sanin.siryou.net(Facebook,2018/7/19)
https://www.facebook.com/sanin.siryou.net/posts/1043904525764814

特定非営利法人おもいでかえる、平成30年7月豪雨で水損被害を受けた写真・アルバムの洗浄を受入

水損被害を受けた写真の洗浄や、東日本大震災による津波で被災した写真等の返却活動等を行なっている特定非営利法人おもいでかえるが、平成30年7月豪雨で水損被害を受けた写真・アルバムの洗浄を受入れています。

水洗いなどはせず、泥だらけのままビニール袋に入れ、段ボールに詰めて発送すれば、残っている画像をできる限り残して洗浄し、返却するとしています。作業料金は無料です。

被災した写真・アルバムを受け入れます!(おもいでかえる,2018/7/11)
https://ameblo.jp/omoide-kaeru/entry-12390298782.html

7/17(火)活動報告(おもいでかえる,2018/7/17)
https://ameblo.jp/omoide-kaeru/entry-12391439634.html
※岡山県から届いた水損被害を受けた写真・アルバムの修復作業の様子が紹介されています。

全国学校図書館協議会(全国SLA)、「平成30年7月豪雨」により被害を受けた学校図書館への支援について発表

2018年7月10日、全国学校図書館協議会(全国SLA)が、「平成30年7月豪雨」により被害を受けた学校図書館への支援について、ウェブサイトで発表しています。

全国SLAでは、各地の学校図書館協議会と連携して、学校図書館の被害状況や支援が必要な状況などの情報を収集し、復興支援のための寄附金を広く呼び掛けるとしています。

お知らせ(全国SLA)
http://www.j-sla.or.jp/news/sn/
※「2018年07月10日」に「「平成30年7月豪雨」に伴う学校図書館被害への支援について」とあります。

「平成30年7月豪雨」に伴う学校図書館被害への支援について(全国SLA)
http://www.j-sla.or.jp/news/sn/post-165.html

西予市民図書館野村分館(愛媛県)、雑誌を避難所に貸出し:施設はクールシェアスポットとして開放

愛媛県の西予市民図書館野村分館が、平成30年7月豪雨以降の開館・サービス状況をウェブサイトで公表しています。

同館は浸水被害はなく7月12日より開館しており、クールシェアスポットとして住民に開放されているとのことです。

また、貸出し可能な雑誌は避難所に貸出しを行なっていること、駐車場に仮設風呂が開設され駐車できないため近隣の駐車場を使用してほしいことなどが記載されています。

お知らせ(西予市民図書館)
http://lib.city.seiyo.ehime.jp/opac/wopc/pc/pages/Information.jsp
※2018/07/13欄に「災害後の図書館開館について(野村分館)」とあります。

参考:
平成30年台風第7号と前線等による大雨の図書館への影響
Posted 2018年7月9日
http://current.ndl.go.jp/node/36293

高梁市図書館(岡山県)、平成30年7月豪雨の被災者を対象に風呂・シャワーを無料で開放している施設に図書を配置

岡山県の高梁市図書館が、平成30年7月豪雨の被災者を対象に風呂・シャワーを無料で開放している高梁総合文化会館及び市青少年研修センターに図書を配置していることが地元紙で報じられています。

高梁の被災者へ「読書楽しんで」 (47NEWS(山陽新聞),2018/7/18)
https://www.47news.jp/localnews/2570197.html

ページ