災害

全国各地の図書館で、震災関連情報の提供や関連資料の展示などを実施

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震を受けて、全国各地の図書館で、ウェブサイトでの情報提供や関連資料の展示などを実施しているところがあります。

東北地方太平洋沖地震に関する情報(静岡県立図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2011info/info2011_0314_2.html

東日本大震災に関する情報(鳥取県立図書館)
http://www.library.pref.tottori.jp/hp/menu000001000/hpg000000933.htm

東北地方太平洋沖地震への対応-義援金募金と資料展示(神奈川県立の図書館のブログ 2011/3/13付けの記事)
http://kana-lib.life.coocan.jp/recommend/?p=744

「地震・災害に負けない!」の本(福岡県立図書館)
http://www.lib.pref.fukuoka.jp/hp/works/2010/exhibits/tokushu/disasters2.htm

中展示「東北地方太平洋沖地震~いま、私たちにできること~」(佐賀県立図書館)

東北地方太平洋沖地震による図書館の被災情報・救援情報をまとめたサイト

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による図書館関連の被害等についてのWikiサイト「savelibrary @ ウィキ」が作成されています。東日本の各都道県の図書館について、どのような被害を受けているのかという被災情報と、どのような支援を必要としているのかという救援情報を集めていくものとのことです。博物館・美術館、文書館についての情報サイトへのリンクも掲載されています。Twitterでもハッシュタグ“#jishinlib”で関連情報が流されています。また、図書館問題研究会のブログでも、3月11日付け記事へのコメントとして各地の情報が掲載されています。

savelibrary @ ウィキ - 東日本大地震による図書館の被災情報・救援情報
http://www45.atwiki.jp/savelibrary/

savemuseum @ ウィキ - 東日本大地震によるミュージアムの被災情報・救援情報
http://www45.atwiki.jp/savemuseum/

savearchives @ ウィキ - 東日本大地震によるアーカイブズ関連施設の被災情報・救援情報
http://www47.atwiki.jp/savearchives/

国立国会図書館、大地震による被害のため一部資料の利用を停止

国立国会図書館においては、2011年3月11日の大地震により書庫に被害が発生しているため、当分の間ご利用になれない資料が相当あります。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

2011年3月11日 大地震にともなう一部資料の利用停止について(国立国会図書館 2011/3/11付けのお知らせ)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191285_1531.html

ニュージーランドの国勢調査、クライストチャーチの地震により中止に

ニュージーランド統計局(Statistics New Zealand)は、2011年2月22日にクライストチャーチ付近で起きた地震により、同年3月に予定していた国勢調査を中止し、2011年中は行わない予定であることを発表しています。同国の国勢調査は5年に1度実施されており、過去にも1931年と1941年の2度、中止されているとのことです。

About 2011 Census(ニュージーランド統計局)
http://www.stats.govt.nz/Census/2011-census.aspx

ニュージーランド・クライストチャーチの地震の影響について、同地の図書館関係団体からの情報

2011年2月22日にニュージーランド・クライストチャーチ市付近で発生した地震により、同地の図書館にも影響が広がっているようです。クライストチャーチ市立図書館やニュージーランド図書館情報協会(LIANZA)等が、地震関連の情報をウェブサイトやブログで発信しています。それによると被害状況の詳細は2月23日現在では不明のようですが、いくつかの情報が掲載されています。
・ニュージーランド国立図書館、クライストチャーチ市立中央図書館、カンタベリー大学(University of Canterbury)のスタッフは無事という情報が入っている。
・クライストチャーチ市内の図書館は、今後新たな情報を発表するまで休館する。閉館中は資料返却は不要。
・市内の図書館職員は、クライストチャーチ市立図書館のブログやTwitter等を確認し、随時情報のアップデートに努めてほしい。
その他、英国BBCやTelegraphでは、図書館員や図書館利用者から、被災時の状況に関する談話を掲載しているようです。

Christchurch City Libraries closed until further notice (2011/2/22付け ChristChurch City Libraries Blogの記事)

洪水により休館していたオーストラリア・クイーンズランド州立図書館が再開館へ

オーストラリアのクイーンズランド州で2010年12月末から2011年1月初旬に起きた洪水により休館していたクイーンズランド州立図書館が、2011年2月16日に再開館すると発表しています。また、同館では2月19日から20日にかけて、洪水関連の講演やイベントも行われるようです。

Reopening(クイーンズランド州立図書館)
http://www.slq.qld.gov.au/reopening

State Library expects a flood of visitors this weekend(クイーンズランド州立図書館のプレスリリース)
http://www.slq.qld.gov.au/__data/assets/pdf_file/0006/186045/MR_State_Library_reopens_15_Feb_2011.pdf

Queensland's State Library reopens after Brisbane's flood(ABC News (Australian Broadcasting Corporation) 2011/2/16付けの記事)
http://www.abc.net.au/news/stories/2011/02/16/3140130.htm

参考:

E1140 - オーストラリアの図書館における洪水被害と復旧の状況

 オーストラリアのクイーンズランド州で2010年12月末から2011年1月初旬に起きた大雨による洪水は,同州の4分の3の地域に被害を与えており,それは図書館にも及んでいる。オーストラリア図書館情報協会(Australian Library and Information Association:ALIA)が収集・公開している情報を中心に,2011年2月2日時点での図書館の被害状況や復旧状況を紹介する。...

オーストラリア・クイーンズランド州での洪水による図書館の被害状況

オーストラリアの各紙やオーストラリア図書館協会(ALIA)のブログ記事が、クイーンズランド州における洪水による図書館や美術館等の被害状況について報じています。それによると、1月10日までに、州内の約25の学校図書館が洪水被害を受けており、そのうち数館は壊滅的被害を受けている、クイーンズランド州立図書館は1月11日から14日まで閉館している、ブリスベーンの図書館や美術館等がコレクションを高台へ避難させる作業にあたっている、とのことです。また1月13日現在、クイーンズランド州立図書館のホームページにアクセスできなくなっているようです。この状況に対し、ALIAは協会のホームページ上で、ALIA参加メンバー等に対して寄付を呼び掛けているようです。

Floods (2011/1/11付け ALIA Bord Blogの記事)
http://www.alia.org.au/blog/?p=211

‘Situation continues to deteriorate’: QLD floods (2011/1/11付け Crikeyの記事)
http://www.crikey.com.au/2011/01/11/inland-instant-tsunami-devastates-southern-qld/

ワシントンDC公共図書館のジョージタウン分館、火災から3年半ぶりに再開

米国のワシントンDC公共図書館のジョージタウン分館(Georgetown Library)が2010年10月18日に、2007年4月に発生した火災から3年半ぶりに再開したと発表しています。改築作業は1,790万ドルをかけて行われ、子ども用のスペースが2倍に拡大されたほか、パソコンが40台設置されたとのことです。10月23日には再開の記念イベントが予定されているようです。

In Georgetown, What’s Old Is New Again(ワシントンDC公共図書館のニュースリリース)
http://dclibrary.org/node/11077

Georgetown Library Grand Opening Party(ワシントンDC公共図書館のイベント情報)
http://dclibrary.org/node/11008

ニュージーランド地震によりカンタベリー大学図書館などで被害

2010年9月4日にニュージーランドのクライストチャーチで発生した地震により、カンタベリー大学やリンカーン大学の図書館などが被害を受けたようです。両大学の各図書館では1週間から10日程度休館するとのことです。カンタベリー大学のウェブサイトには、書架が倒れ資料が散乱する様子など、地震の被害状況を撮影した写真が公開されています。

Earthquake@UC Library(カンタベリー大学図書館)
http://library.canterbury.ac.nz/earthquake/

Photos of Campus(カンタベリー大学)
http://www.canterbury.ac.nz/photos.shtml

ページ