災害

歴史資料ネットワーク、文化財レスキュー活動のため被災地へ

歴史資料ネットワーク(史料ネット)が東日本大震災で津波被害に遭った宮城県名取市内の学校に残された古文書保存のため、2011年4月25日から現地入りすると報じられています。歴史資料ネットワークは阪神・淡路大震災をきっかけに発足した、歴史資料保全を目的としたボランティア団体で、水害などの被害にあった古文書を再生させる文化財レスキュー活動などを行っています。

「古文書を救え」文化財レスキュー、週明け宮城へ(MSN産経ニュース 2011/4/23付けニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110423/dst11042311260017-n1.htm

4/25 宮城県農業高校水損和書レスキュー(史料ネットのブログ 2011/4/20付け記事)
http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net/34544541.html

歴史資料ネットワーク(史料ネット)
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~macchan/

参考:
歴史資料ネットワーク、被災地域での歴史資料保全についてのお願いを発表
http://current.ndl.go.jp/node/17825

風水害の被害にあった資料の救出・保全のための呼びかけ

大阪大学出版会、『阪神・淡路大震災における避難所の研究』の全文をウェブで公開

大阪大学出版会が、書籍『阪神・淡路大震災における避難所の研究』の全文(PDFファイル)をウェブで公開しています。

【無料公開書籍】『阪神・淡路大震災における避難所の研究』(大阪大学出版会のサイト)
http://www.osaka-up.or.jp/kokai.html?s=books&ie=UTF8&qid=1282799113&sr=1-1

特種紙商事、米国議会図書館の「被災した大切な資料や物品の保存」 を翻訳

2011年4月22日、米国議会図書館(LC)が作成した被災資料などの保存方法を紹介する“Preserving Treasures After the Disaster”というページを特種紙商事株式会社が翻訳した「被災した大切な資料や物品の保存」を公開しました。LCのページでは写真や動画も掲載されています。

被災した大切な資料や物品の保存(PDF)
http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/%E3%80%8C%E8%A2%AB%E7%81%BD%E3%81%97%E3%81%9F%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AA%E8%B3%87%E6%96%99%E3%82%84%E7%89%A9%E5%93%81%E3%81%AE%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%80%8D.pdf

Preserving Treasures After the Disaster (LC)
http://www.loc.gov/preservation/family/ftpreserv.html

「被災した大切な資料や物品の保存」 米国議会図書館資料保存のページから(特種紙商事のブログ「ブログもんじょ箱」 2011/4/22付け記事)

引退した図書館巡回車、宮城県内の避難所を巡る

北海道滝川市立図書館で使われていた図書館巡回車プラタナス号が、市民から寄付された約2,000冊の絵本・児童書を子どもたちに届けるため、4月19日からの4日間、宮城県内の避難所を巡回しているとのことです。図書には滝川市の子どもたちからのメッセージカードが添えられているそうです。

滝川の図書館車、宮城走る 3月末引退 市民寄付の2000冊配布(どうしんweb 2011/4/22付けニュース)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/287695.html

滝川市立図書館(「被災地の子どもたちに絵本を届けようについて」として同プロジェクトについて記述あり)
http://www.city.takikawa.hokkaido.jp/kyouikubu/tosyokan/tosyokan.jsp

被災地の新聞を避難先の公共図書館で

鳥取県立図書館や沖縄県宮古島市図書館が、東日本大震災の被災地で発行されている新聞を取り寄せて提供していると報じられています。地元紙を通じて細かい復旧状況や避難所の状況などを知ることができ、県内に滞在している避難者に喜ばれているとのことです。

地元紙取って情報面を支援 沖縄・宮古島市図書館(河北新報ニュース 2011/4/21付けニュース)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110421t73039.htm

被災地の新聞、図書館で閲覧へ/仙台市民が提供(宮古毎日新聞 2011/4/8付けニュース)
http://www.miyakomainichi.com/2011/04/17217/

図書館振興財団、被災図書館への支援をスタート

財団法人図書館振興財団が、東日本大震災で被災した図書館に対する支援をスタートし、申込みを受け付けています。対象となるのは、青森県、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、千葉県の公共図書館・学校図書館で、業務支援や物品購入支援など、図書館活動の再開に必要な事物を支援するとのことです。

東日本大震災で被災された図書館からの支援要請を受け付けます(図書館振興財団 2011/4/15付けニュース)
http://www.toshokanshinko.or.jp/news/kako03.htm#01

参考:
図書館振興財団、2011年度助成事業計画の変更と地震被災図書館への支援を発表
http://current.ndl.go.jp/node/17857

被災したデジタルデータの復旧や視聴覚資料の修復についての記事・情報のリンク集

東日本大震災で被害を受けた、ハードディスク等に納められたデジタルデータの復旧や、写真・フィルム等の視聴覚資料の修復について、事例・注意点・対処方法等を記した記事やページのうち、いくつかへのリンクを下記にまとめました。

■水没した媒体からのデータ復旧に係る注意点を紹介した記事

水に濡れたドライブからのデータ復旧(オントラック)
http://knowledge.ontrack-japan.com/guide/flood_drives.html

洪水や津波の被害を受けた《視聴覚メディア》の応急処置(映画保存協会 2011/3/20付けの情報)
http://www.filmpres.org/archives/940

■ハードディスクのデータを復旧した事例等を紹介した記事

津波で浸水したHDDがデータ復旧するまで、日本データテクノロジーに聞く(Internet Watch 2011/4/8付けの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20110408_437325.html

地震、火災、津波――災害に見舞われたHDDは復旧できる?(ITmedia + D PC USER 2011/4/6付けの記事)

【イベント】緊急討議「東日本大震災 被災支援とMLAK-いまわたしたちにできることは」(4/23・東京)

東日本大震災で被災した博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の情報やそれらに対する支援情報の提供を行っている“saveMLAK”が、2011年4月23日に、緊急討議「東日本大震災 被災支援とMLAK-いまわたしたちにできることは」を、学習院大学(目白)で開催すると発表しています。

緊急討議「東日本大震災 被災支援とMLAK-いまわたしたちにできることは」 (saveMLAK 2011/4/18付けの情報)
http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:Ev/20110423

参考:
博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報サイト“saveMLAK”が始動
http://current.ndl.go.jp/node/17970

北海道大学が放射能・放射線の基本について解説した無料の電子書籍を公開

2011年4月18日に、北海道大学高等教育推進機構高等教育研究部に設置されている科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)が、放射能・放射線の基本を解説した電子書籍『もっとわかる放射能・放射線』を発行したようです。無料の電子書籍として、iPhone等の携帯端末に対応しているほか、PDF版のダウンロードも可能とのことです。また、電子書籍を読んだ後は、感想や意見をTwitterで書き込み、読者どうしがネット上で交流することができる、ソーシャル・リーディングの環境も提供しているとのことです。

もっとわかる放射能・放射線 (電子書籍版)
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/ebooks/radioactivity/index.html#page=1

もっとわかる放射能・放射線 (PDF版)
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php?file=/uid000005_726164696F61637469766974795F315F30615F626F6F6B5F702E706466

宮城県図書館、Eメール・ファクシミリ・文書によるレファレンスの受付を再開

2011年4月16日に宮城県図書館は、東日本大震災により停止していたレファレンスサービスのうち、Eメール・ファクシミリ・文書によるレファレンスの受付を再開したと発表しています。調査は復旧作業と並行して行うため、回答までに時間を要する場合があるとのことです。なお、4月12日に同館は「宮城県図書館の開館予定」を公表しており、その中で、4月23日の開館を目指して準備を進めていたものの、4月7日に発生した余震により再び図書等が落下したために、5月中旬以降の開館を見込んでいると発表しています。公表された資料には、4月7日の余震により図書が散乱した館内の写真が掲載されています。

Eメール・ファクシミリ・文書によるレファレンスの受付を再開しました (宮城県図書館 2011/4/16付けの更新情報)
http://www.library.pref.miyagi.jp/reference/index.html

ページ