災害

ふくしま歴史資料保存ネットワーク、ホームページを開設

2011年6月6日に、ふくしま歴史資料保存ネットワークがホームページを開設しています。

ふくしま歴史資料保存ネットワーク
http://www.geocities.jp/f_shiryounet/

ホームページの開設 (ふくしま歴史資料保存ネットワーク 2011/6/6付けのブログ記事)
http://blog.ap.teacup.com/fukushimanet/

国際子ども図書館、被災地とその周辺の学校に「学校図書館セット貸出し」 を実施

国立国会図書館の国際子ども図書館では、東日本大震災の復興支援として、被災した地域とその周辺の学校に「学校図書館セット貸出し」を実施していますが、このたび、2011年5月20日までに応募があった学校すべてに貸し出すことができました。被災地の学校には、国際子ども図書館に来館した子どもたちからのメッセージを同封しました。

東日本大震災 復興のための支援(国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/promote/school/rent/support.html

参考:
国際子ども図書館、東日本大震災復興のための支援に「学校図書館セット貸出し」
http://current.ndl.go.jp/node/18182

岩手県の大船渡市立図書館や宮城県の石巻市図書館がサービス再開

東日本大震災の被害により休館していた岩手県の大船渡市立図書館が2011年6月4日からサービスを再開しています。また、宮城県の石巻市図書館も、6月7日から一部のサービスを再開するとのことです。

大船渡市民文化会館・市立図書館
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1226654674469/index.html

大船渡市立図書館が再開 待ちかねた利用者次々と(岩手日報 2011/6/5付けの記事)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110605_4

石巻市図書館(「図書館再開のお知らせ」あり)
http://www.lib0.city.ishinomaki.lg.jp/

福島県立図書館、同館の復旧状況報告ページを公開

2011年6月6日に福島県立図書館が、東日本大震災により被害を受けた同館の復旧状況を報告するページを公開しています。

福島県立図書館復旧状況の報告 (2011/6/6付けの情報)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/fukyu_zyoukyou_houkoku.html

福島県立図書館 (2011/6/6付けの新着情報に上記ページへのリンクがあります。)
http://www.library.fks.ed.jp/

県立図書館 全面再開めど立たず (福島放送 2011/6/4付けのニュース)
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201106046

被災地の図書館に代わり図書館員がボランティアでレファレンスサービスを行う 「だれでも・どこでも Q&A図書館」プロジェクト

東日本大震災で被災した図書館を支援するために、図書館員がボランティアで
レファレンスサービスを代行するという「だれでも・どこでも Q&A図書館」
プロジェクトが、国立国会図書館レファレンス協同データベースのサポーター有志によって立ち上げられています。ウェブフォームで質問を受付け、「回答団」がメールで回答するシステムになっており、図書館からの質問受付けを開始しています。あわせて、回答団メンバーや事務局員も募集しています。

だれでも・どこでも Q&A図書館(プロジェクトの概要、質問受付けフォームなど。saveMLAKのサイト)
http://savemlak.jp/wiki/daredoko

被災した紙資料の復旧システムの導入支援を行う「東京文書救援隊」が発足

東日本大震災で被災した紙媒体資料の復旧作業の支援を目的とする、専門家によるボランティアグループ「東京文書救援隊」が結成されています。被災地の図書館、アーカイブズのほか役所、学校、病院、企業、寺社、個人等を対象に、現場での処置システム設計と、簡単なスキル・トレーニングを行うとのことです。サイトには、復旧処置システムの概要(作業内容)も掲載されています。代表は安江明夫氏で、株式会社資料保存器材に事務局が置かれるとのことです。

東京文書救援隊
http://toubunq.blogspot.com/

私たちがお手伝いできること(東京文書救援隊 2011/6/1付けの情報)
http://toubunq.blogspot.com/2011/05/blog-post_9687.html

Yahoo! JAPANの「東日本大震災 写真保存プロジェクト」の写真公開が開始

Yahoo! JAPANによる「東日本大震災 写真保存プロジェクト」の写真の公開が開始されています。2011年6月1日14時現在の写真数は11,660枚とのことです。

東日本大震災 写真保存プロジェクト
http://archive.shinsai.yahoo.co.jp/

ヤフー、1万枚以上の写真が投稿された「東日本大震災写真保存プロジェクト」を公開開始(ITpro 2011/6/1付けの記事)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110601/360896/

参考:
Yahoo! JAPAN、「東日本大震災 写真保存プロジェクト」を開始
http://current.ndl.go.jp/node/17971

福島県立図書館、東日本大震災関連の資料を収集

福島県立図書館は、東日本大震災とそれに伴う福島県内の被災・復興に関する資料の収集に関し、下記のような資料についての寄贈のお願いを、ウェブサイトに掲載しています。
・震災関連の写真集・記録集等
・被災に関する調査報告書、復興に関する計画書・報告書、自治体が発行した広報誌の震災特別号等
・被災地で発行されたミニコミ誌・フリーペーパー等
・個人が発行した手記、詩集等(自費出版物も含む)

福島県地域資料(福島県関係資料)ご寄贈のお願い(福島県立図書館ウェブサイト)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/tosyokanannai/kiso/kiso.html

福島県いわき市のいわき総合図書館、5月30日から利用再開

東日本大震災の影響で休館していた福島県のいわき総合図書館が、2011年5月30日からサービスを再開しているとのことです。図書館振興財団から物品の支援があったようです。

いわき市立図書館ホームページ
http://library.city.iwaki.fukushima.jp/

東日本大震災で被災された図書館からの支援要請を受け付けます(図書館振興財団のサイト。支援内容一覧のExcelファイルあり)
http://www.toshokanshinko.or.jp/news/kako03.htm#shiensaki

参考:
図書館振興財団、被災図書館への支援をスタート
http://current.ndl.go.jp/node/18051

被災地の避難所等にインターネット接続のための通信インフラを設置する活動

INTERNET Watchの記事で、東日本大震災の避難所等にインターネット接続のための通信インフラを設置する「震災復興インターネット」プロジェクトが紹介されています。同プロジェクトは、「避難所や被災地の診療所などへのインターネット接続性が通常の方法では困難な場合、それを無線インターネットやPCなど工夫して利用することによりインターネットの利用を開始し、インターネットを用いた被災復興の活動が適切に開始されることを現場・現地の方と協力して確立し、それがその地で継続すること」を目的として活動を行っているものです。

通信インフラの壊滅した避難所にインターネットを --「震災復興インターネット」プロジェクト(INTERNET Watch 2011/5/30付けの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/20110311/20110530_449305.html

ページ