災害

宮城県図書館、県内の公共図書館の地震被災状況を公表

宮城県図書館が、東北地方太平洋沖地震によって被害を受けた、県内の公共図書館の状況をまとめたページを公開しています。今後も随時更新の予定とのことです。なお、同館は2011年3月31日まで休館するとのことです(館内の事情により休館延長の可能性あり)。

平成23年3月11日に発生した地震関連情報(宮城県図書館) (宮城県図書館の情報)
http://www.library.pref.miyagi.jp/20110311_jishin_miyagi.html

宮城県図書館
http://www.library.pref.miyagi.jp/

米国国立医学図書館(NLM)等、震災支援のため、生物医学関係論文のフルテキストを期間限定で無料提供

米国国立医学図書館(NLM)と医学図書館全米ネットワーク(National Network of Libraries of Medicine)、米国出版社協会(AAP)のProfessional/Scholarly Publishing Division等が、東北地方太平洋沖地震の支援のため、Emergency Access Initiative(EAI)の実施を発表しています。NLM等は、このEAIを通じて生物医学関係論文のフルテキストを、地震の被災者および被災者への支援を行う図書館員や医療従事者に対して、期間限定で無料提供するとのことです。この無料提供は、2011年3月14日から4月8日までとのことです。

Emergency Access Initiative (National Library of Medicineのウェブサイト)
http://eai.nlm.nih.gov/docs/captcha/test.pl?url

科学技術振興機構(JST)、JDreamII登載の地震関連の文献情報を無料公開

2011年3月16日に、科学技術振興機構(JST)は、東北地方太平洋沖地震に際し、JSTの提供する科学技術文献データベース「JDreamII」に登載されている地震関連の文献情報(タイトル、出典、抄録等)を無料公開すると発表しています。文献のフルテキストは登載されていないため、文献そのものの入手ついては近隣の図書館の利用等、他のサービスの利用を求めているようです。提供されている文献情報は以下の3つの分野に係わるものとのことです。
(1)大地震に関する災害復興に関する文献
(2)津波に関する災害復興に関する文献
(3)地震・津波等の救急医療に関する文献

地震関連文献情報の無料公開について (JST文献情報提供サービスサイト 2011/3/16付けのお知らせ)
http://pr.jst.go.jp/new/info20110316.html

東京大学附属図書館、被災した大学の研究者等に対し電子ジャーナル等のアクセスを提供

東京大学附属図書館と情報基盤センターは、東北地方太平洋沖地震で被災した大学に所属する研究者・医療従事者に対し、東京大学が契約する電子ジャーナル等のアクセスを提供すると発表しています。期間は2011年3月16日から4月末まで (終了時期は別途お知らせ)とのことです。

被災された大学の研究者・医療従事者への電子ジャーナル等の提供について(東京大学附属図書館 2011/3/16付けのニュース)
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/fuzokuto_11_03_16.html

被災地域の大学在学者等に対して、九州大学附属図書館等が同大学在学者と同等のサービス提供を発表

2011年3月14日に、九州大学附属図書館が、東北地方太平洋沖地震の被災地域の大学に通う学生または入学予定の学生に対して、九州大学の学生と同等のサービスを提供すると発表しています。これにより、九州大学附属図書館の館内資料が閲覧できるほか、資料の貸出(冊数10冊)も可能となるようです。また3月15日には、鹿児島大学附属図書館が、被災地域の大学・短大に在学中の学生が帰省した際には、図書の貸出のため臨時の「図書館利用票」を発行するほか、公衆無線LANを提供すると発表しています。

被災された地域の大学に在学中の学生及び入学予定の皆さまへ [中央] (九州大学附属図書館 2011/3/14付けの記事)
http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/general/news_20110314.html

大阪府立図書館、震災の影響を受けた県の住民に対して全分野のメールレファレンスサービスを提供

2011年3月15日、大阪府立図書館が東北地方太平洋沖地震による影響を受けた地域(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県)の住民に対して、メールを通じたレファレンスサービスである「e-レファレンス」を提供すると発表しています。なお、このサービス提供は「全分野」のレファレンスを対象とし、その提供期間は2011年4月30日までとのことで、それ以降の扱いについては状況により判断するようです。また、3月15日同日には、地震に関する情報をまとめたウェブページも公開したようです。

東北地方太平洋沖地震にともない、インターネットによる調査相談サービス「e-レファレンス」の質問受付範囲を拡大します(H23.3) (大阪府立図書館e-レファレンスのご案内 2011/3/15付けの情報)
http://www.library.pref.osaka.jp/portal/help_eref.html

国立情報学研究所(NII)、3月16-18日のサービス状況を発表

国立情報学研究所(NII)は、2011年3月16日から18日の3日間のサービス状況に関する情報を公表しています。19日以降の対応については、改めて公表するとのことです。

■東北地方太平洋沖地震の対応に伴うサービス休止について(平成23年3月15日17時現在)(システムメンテナンス状況)
http://www.nii.ac.jp/syskan/maintenance.html

参考:
国立情報学研究所(NII)、東北地方太平洋沖地震の影響でCiNiiやNACSIS-CAT/ILL等のサービスを停止
http://current.ndl.go.jp/node/17755

レファレンス協同データベース、「地震・災害関連情報」のページを開設

国立国会図書館によるレファレンス協同データベース事業のサイトに、「地震・災害関連情報」のページが作成されています。レファレンス協同データベースに登録されているデータを中心に、地震・災害に関連する情報を掲載しているもので、調べ方マニュアル、特別コレクション情報、レファレンス事例などがまとめられています。

地震・災害 関連情報(レファレンス協同データベース)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/20110311.html

福島県立図書館、震災による福島県内の図書館の被害状況等を公表

2011年3月15日、福島県立図書館が、東北地方太平洋沖地震による同県内の公共図書館の被害状況等を、同館のウェブサイトで公開しています。また、震災情報リンク集も併せて公開しています。

東日本大震災による福島県内の図書館の被害状況等について (福島県立図書館 2011/3/15付けの情報)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/sinsai_higai_fukushimaken_library.html

震災情報リンク集 (福島県立図書館 2011/3/15付けの情報)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/sinsai_zyouhou_link.html

iPhoneアプリ「家庭の医学」やメディカ出版の医療情報が、震災への支援のため、期間限定で無料に

株式会社MTIが、東北地方太平洋沖地震への被災地域への支援のため、iPhone用アプリ「家庭の医学」を2011年3月12日から期間限定で無料配布しているようです。この「家庭の医学」のアプリは、時事通信出版局「家庭の医学」をiPhone専用にアプリにしたもので、ダウンロードには無線LAN接続が必要とのことです。また、医学書・医療情報の電子書籍サイトMedical e-honでは、株式会社メディカ出版からの協力を得て、災害医療関連コンテンツを期間限定で無料配信を行っているようです。

緊急無料配信中 災害医療特集 (Medical e-honのウェブサイト)
http://www.me-hon.ne.jp/meb/bin/pickup_report_desc.asp

ページ