オープンアクセス

オーストラリア大学図書館員協議会(CAUL)、オーストラリアとニュージーランドの機関リポジトリに関する年次調査報告書の2017年版を公開

2017年12月20日付けで、オーストラリア大学図書館員協議会(CAUL)が、オーストラリアとニュージーランドの機関リポジトリに関する年次調査報告書“Research Publications Repository Survey 2017”を公開しています。

同調査は、2015年・2016年を除き、2009年以来、毎年実施されており、2017年調査では、両国の47の大学図書館から回答が得られました。

主な知見として、

・オープンアクセス(OA)の義務化は引き続き努力が必要。
・前回調査(2014年)から担当職員数が43パーセント増加。
・研究成果の公開のためのリポジトリ以外のリポジトリの設置などリポジトリ業務の多様化。
・研究管理システムとリポジトリ間のデータフローの自動化の拡大とそれにともなうセルフデポジットの減少。
・リポジトリへのORCID統合の増加。
・APC(論文処理加工料)に関して、図書館は、助言や資金提供により貢献。
・登録データの発見可能性が向上。

などがあげられています。

Public Knowledge Project(PKP)、共同によるオープンアクセス出版の可能性について調査した報告書を公開

2018年1月2日、Public Knowledge Project(PKP)が、報告書“Open Access Publishing Cooperative Study: Final Report”の公開を発表しています。

関係者間の共同による学術出版モデルが、購読ジャーナルをオープンアクセス出版による持続可能な形態へ移行させるための方法を提供するかどうかを検討するために実施された調査の報告書で、分野・国家事業・地域モデルによる潜在的な共同の可能性について調査しています。

Open Access Publishing Cooperative Study: Final Report(PKP,2018/1/2)
https://pkp.sfu.ca/2018/01/02/open-access-publishing-cooperative-study-final-report/

米国物理学協会(AIP)、刊行するすべての雑誌でページチャージ、カラーチャージを廃止

2018年1月5日、米国物理学協会(AIP)は、2018年1月から、刊行するすべての雑誌で論文掲載時のページチャージ(ページ数に応じて支払う掲載料)とカラーチャージ(カラーページ数に応じて支払う料金)を廃止することを発表しました。これらはオープンアクセス(OA)雑誌におけるAPC(論文処理加工料)とは異なり、購読型雑誌においても著者に対し課されていた料金です。

AIPが発行する雑誌のうち、Journal of Applied PhysicsとApplied Physics Lettersの二誌では2017年6月に既にページチャージ等が廃されていました。それらに加えて、今回新たに10誌以上の査読誌において、ページチャージ等が廃止されました。

なお、AIPは2016年に著作権ポリシーを改訂し、出版直後から、エンバーゴなしで、著者最終版のグリーンOA化が認められるようになっています。AIPのリリースでは、CHORUSやI4OCの活動にも参加していることにも言及しています。

CA1910 - ラテンアメリカのオープンアクセスとLa Referencia / 水野翔彦

 

 一般的に、オープンアクセス(OA)の推進には2つの手段があるといわれている。ひとつはOA誌の推進(ゴールドOA)、もうひとつはセルフアーカイブ(グリーンOA)である。

 ラテンアメリカについていえば、学術情報のOAが世界に広まり始めた1990年代、汎米保健機構の仮想保健図書館(1)、CLACSO(2)、SciELO(3)CA1566参照)やRedALyC(4)などのプラットフォーム上でゴールドOAは広がりを見せていた。DOAJ(Directory of Open Access Journals)(5)の登録情報からも、域内の各国が比較的早い時期からOAに取り組んでいることがわかり、ブラジル、メキシコ(6)を中心に2000年代後半にはかなり浸透していた(7)

CA1909 - オープンアクセスに関する中国の取組と科学技術雑誌の実態 / 李 穎, 田 瑞強

 2003年12月、当時の中国科学院(中国科学院:Chinese Academy of Sciences:CAS)院長の路甬祥氏は中国の科学者を代表して、オープンアクセス(OA)に関するベルリン宣言(E144参照)に署名した。また2004年5月に路氏と中国国家自然科学基金委員会(国家自然科学基金委员会:National Natural Science Foundation of China:NSFC)主任の陳宜瑜氏は、CASとNSFCを代表し、ベルリン宣言に署名した。

PubMed Central Canada、2018年2月23日に閉鎖

2017年12月18日、カナダ国家研究会議(NRC)が、2018年2月23日をもってPubMed Central Canada(PMC Canada) を閉鎖すると発表しています。

カナダ保健研究所(CHIR)との協議の上で決定されたもので、2018年1月5日以降、新規の論文は受け付けません。

また、登録されているカナダ保健研究所(CHIR)の助成を受けた約2,900件の論文は、NRCのリポジトリに今後数か月かけてコピーされるほか、Pubmed CentralやEurope PubMed Centralで引き続き検索することが可能です。

閉鎖の理由として、システム構築以来CHIRの助成を受けた研究の約4%の論文しかPMC Canadaに搭載されていない事や、政府のウェブやセキュリティーの基準を満たすための更新に必要な時間やリソースが不足していることをあげています。

SCOAP3、Forum 2017の資料と録画映像を公開 論文ダウンロード数に与えた影響や米国物理学会の参加について解説

高エネルギー物理学分野のオープンアクセス(OA)プロジェクトSCOAP3が、2017年12月7日に開催したイベント”SCOAP3 Forum 2017”の資料とWebinarの録画映像を公開しました。

今回のフォーラムでは過去4年間のSCOAP3の活動のまとめに加え、SCOAP3が雑誌論文のダウンロード数に与えた影響についての解説がありました。SCOAP3が対象とする論文の大半はプレプリントサーバarXivで公開されており、SCOPA3がなかった当時は雑誌に掲載された後もarXiv版がダウンロードされ、雑誌掲載版へのアクセスはわずかでしたが、SCOAP3開始後はarXiv版と同じかそれ以上に雑誌掲載版もアクセスされているとのことです。

また、フォーラム後半では2018年からSCOAP3に再参加する米国物理学会(APS)に関しての説明がなされています。

DOAJ、図書館・図書館コンソーシアムからDOAJへの支援金額の国別ランキングを発表

2017年12月13日、オープンアクセス(OA)雑誌のディレクトリDOAJが、ブログで図書館・図書館コンソーシアムからDOAJに対して寄せられた寄付金額について、国別のランキングと金額を公開しました。

2017年には28カ国の図書館等から寄付が寄せられており、米国が約43,000ポンドで最多、次いでオーストリアが約26,000ポンドで2位、英国が約19,000ポンドで3位と続いています。

日本からの寄付金額はランキングに書かれておらず、なかったようです。

CLOCKSS、SAGE社が刊行していた21の雑誌のオープンアクセス提供を開始

2017年12月18日、電子ジャーナルのアーカイブプロジェクトCLOCKSSは、SAGE社が刊行していた21の雑誌について、オープンアクセスでの公開を開始したと発表しました。

21誌はいずれも医学分野の雑誌で、2016年にSAGE社が医学・生物学分野のオープンアクセス(OA)出版社Libertas Academicaを買収した後、休刊としたものです。21誌の掲載論文はCLOKCSSのアーカイブから公開され、クリエイティブ・コモンズライセンス下で利用できるようになります。

The CLOCKSS Archive announces the trigger of twenty-one Sage Publishing journals for open access(CLOCKSS、2017/12/18付け)
https://clockss.org/clockss/News#1218

スイス科学財団、2018年4月から単行書のオープンアクセス化費用BPCも助成の対象にすることを発表 10月からは図書の一部の章に範囲を拡大

2017年12月13日、スイス科学財団(SNSF)は同機関の助成を受けた研究の成果に関するオープンアクセス(OA)方針の一部を改訂し、新たに単行書のオープンアクセス化にかかる費用BPC(Book Processing Charge)も費用支払いの対象とすることを発表しました。

SNSFのOA方針では雑誌論文の処理加工料(APC)は従来から費用支払いの対象となっていました。2018年4月1日からは単行書のBPCを、さらに2018年10月1日からは一部の章のOA化費用BCPC(Book Chapter Processing Charge)も費用支払いの対象に加えるとのことです。一方で、図書をセルフアーカイブ(Green road)で公開する場合、従来は24カ月としていたエンバーゴ期間を12カ月に短縮するとされています。

なお、OA方針の対象となる成果に例外は設けられていませんが、図書については、図書の中で使用している図版の使用料が非常に高額である場合は例外を認めるとされています。

ページ