オープンアクセス

英ウェルカム財団、2012-2013年に同財団の助成によりAPCが支払われた論文のリストを公開

2014年3月17日、英ウェルカム財団が、2012-2013年に同財団の助成の中からAPC(論文加工料)が支払われた論文のリストを研究データ公開プラットフォームfigshareで公開しました。リストの中には論文タイトルや掲載された雑誌名、その出版者名等の情報に加え、実際に支払われたAPCの金額も掲載されています。

同リストを分析した”Research Information”誌の記事によれば、もっとも高額のAPCが支払われたのは論文ではなく、Palgrave Macmillan社から出版されたモノグラフ”Fungal Disease in Britain and the United States 1850-2000”で、APCの金額は13,200ポンドでした。雑誌論文の中で最も高額だったのは” Public Service Review”という雑誌に掲載された論文の6,000ポンドでしたが、現在この雑誌のサイトは閲覧できなくなっています。存在が確認できる雑誌論文の中で最もAPCが高額だったのは、Elsevier社のLancetシリーズに掲載された論文で、5,760ポンドでした。リストには全体で2,127の論文等に関する情報が掲載されています。

ハイブリッドオープンアクセスはすべて同じ、わけではない(オーストラリア)

2014年3月13日、Australian Open Access Support Group(AOASG)のウェブサイトに「ハイブリッドオープンアクセスはすべて同じわけではない」(”Not all hybrid is equal”)と題したページが掲載されました。AOASGはオーストラリア国立大学、クイーンズランド工科大学などオーストラリアの9つの大学によって構成される、オーストラリアのオープンアクセス(OA)推進団体です。

今回公開されたページでは、購読モデルの雑誌の中で著者が追加料金を払った論文のみOAとするハイブリッドOAモデルについて、「ハイブリッドOA論文は必ずしもはっきりそうわかるよう示されるとは限らない」、「ハイブリッドOAにしてもサーチエンジンなどで見つけられるようになるとは限らない」、「どのようなライセンスが採用され、どれくらいコストがかかるかは様々である」等、出版社によってハイブリッドOAの扱いが異なることについて注意を促しています。

なお、この記事は”Payment for Publication”と題した、OAにおける著者支払いに関するシリーズの一環として公開されたものです。そのほかに「OAに対する助成はハイブリッドOAにも使えるか」、「ハイブリッドOAのコスト」などの記事も公開されています。

欧州研究図書館協会(LIBER)とEIFLが覚書を締結

2014年3月17日、欧州研究図書館協会(LIBER)とEIFLが、欧州委員会などの組織に対する主導権の強化や、オープンアクセスや著作権の分野での協力などを目的とした覚書を締結したとのことです。

また、この覚書以外に、FOSTERやPASTEUR4OAなどのプロジェクト、学術コミュニケーションに必要な図書館スキルの評価についてのタスクフォースなどでも協力するとのことです。

EIFL and LIBER sign Memorandum of Understanding(LIBER, 2014/3/17付)
http://www.libereurope.eu/news/eifl-and-liber-sign-memorandum-of-understanding

Memorandum of Understanding between LIBER(Ligue des Bibliotheques Europeenees de Recherche) and EIFL
http://www.libereurope.eu/sites/default/files/images/Scan_1.pdf

EIFL
http://www.eifl.net/

EIFL supports new taskforce on librarians' competencies

国立情報学研究所、総合目録データベースのデータ公開方針を決定

2014年3月17日、国立情報学研究所(NII)が、2014年2月14日開催の第7回連携・協力推進会議にて決定された「総合目録データベースのデータ公開方針」に基づき、総合目録データベース内のデータの公開を進めていくと発表しています。

総合目録データベースのデータ公開方針(NII)
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/about/infocat/od/

総合目録データベースのデータ公開に関するパブリックコメントの結果について(NII)
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/about/project/od2013/

物質・材料研究機構(NIMS)が発行するオープンアクセス材料科学ジャーナル“Science and Technology of Advanced Materials”、CC-BY 3.0ライセンスを適用へ

2014年3月6日、独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)が責任編集を行うオープンアクセス材料科学ジャーナル“Science and Technology of Advanced Materials”(STAM;ISSN 1468-6996)が、掲載される全論文に対しCC-BY 3.0ライセンスを適用することが発表されました。

STAM誌はNIMSが英国物理学会出版局(Institute of Physics Publishing, IOP)と共同で刊行している雑誌で、2008年からオープンアクセス誌となっています。また、2014年1月にはスイス連邦材料試験研究所(Empa)との間で、今後5年間の国際共同刊行について合意したことも公表されていました。

Leading open access material science journal changes copyright license(IOP Publishing、2014/3/6付け)
http://ioppublishing.org/newsDetails/leading-open-access-material-science-journal-changes-copyright-license

参考:

オープンアクセス学術出版協会(OASPA)にBrill社が加盟

2014年1月29日、オープンアクセス学術出版協会(OASPA)に Brill社が加盟しました。2014年2月4日現在、商業出版社、学術出版社や関連機関など82機関がOASPAに加盟しているようです。

Brill joins the Open Access Scholarly Publishers Association (OASPA)(Brill, 2014/1/29付け)
http://www.brill.com/news/brill-joins-open-access-scholarly-publishers-association-oaspa

Open Access Scholarly Publishers Association:Members(OASPA)
http://oaspa.org/membership/members/

Member Record: BRILL(OASPA)
http://oaspa.org/member-record-brill/

Brill Open
http://www.brill.com/brill-open-0

参考:
オープンアクセス学術出版協会(OASPA)にProQuest社が加盟
Posted 2014年1月27日

英国図書館(BL)、英国芸術・人文科学研究会議(AHRC)、学術図書の将来をテーマとした研究プロジェクトの開始へ

2014年1月24日、英国図書館(BL)は、英国芸術・人文科学研究会議(Arts and Humanities Research Council: AHRC)の支援を受け、“The Academic Book of the Future”という研究プロジェクトを開始するとのことです。

このプロジェクトは、オープンアクセス出版と変化するデジタル環境の文脈において、学術図書の将来についての研究ということです。ケンブリッジ大学のAnne Jarvis氏を中心とし、2014年10月から2年間で実施されるとのことです。

このプロジェクトでは、下記のような分野での、研究プロセスにおける主要な変化についての知識を広めるというニーズに応えることを目的としています。

・技術的なプラットフォームと学術著作の著者との関わり
・成果物のフォーマットの変化
・デジタル環境下における連携のあり方
・出版前後のソーシャルメディアの利用
・品質、価値体系とそのあり方(ピアレビュー、引用など)
・グローバルな研究の生態系への示唆

このプロジェクトでは、「モノグラフ」などの伝統的な学術書だけでなく、校訂版なども対象とすること、また、人文学領域のテキストベースの成果物に限らず、舞台芸術研究におけるビデオや音声なども検討の対象とするということです。

英国下院のBIS委員会のゴールドOA偏重路線に再考を促すリポートに、政府が回答としての特別報告書を刊行

英国下院の産業・技術革新・職業技能委員会(Business, Innovation and Skills Committee: BIS committee)が、政府に対して提出した、オープンアクセス(OA)方針の見直しを求める報告書に対して、2013年11月26日、政府からの回答として特別報告書(Special Report)が刊行されました。Appendix 1として政府からの回答、Appendix 2として英国研究会議(RCUK)からの回答があります。

政府は、長期的な観点において最も有効な形態はゴールドOAであるとし、その方向性の認識について、BISコミッティと違いはなく、そこに至るまでのゴールドOAとグリーンOAの割合については、研究者の判断や市場の動向によるとしているようです。

BISコミッティの委員長は、この特別報告書が同委員会の提言を多く取り入れていることを評価しているとのことです。

Business, Innovation and Skills Committee - Third Special Report Open Access: Responses to the Committee's Fifth Report of Session 2013-14

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)等のウェブセミナー「オープンアクセスの世界における図書館員の役割」の資料等が公開

2013年10月23日に米国大学・研究図書館協会(ACRL)とACRLの出版部局であるChoice、SAGE社により開催された、ウェブセミナー“The Role of the Librarian in an Open Access World”のアーカイブが公開されています。

また、SAGE社のサイトで、同セミナーの内容への質問とその回答が公開されています。

What is the Role of the Librarian in an Open Access World
https://connect.iu.edu/p5u793qdw4f/?launcher=false&fcsContent=true&pbMode=norma

The Role of the Librarian in an Open Access World: Your questions answered(SAGE, 2013/11/20付け)
http://connection.sagepub.com/blog/2013/11/20/the-role-of-the-librarian-in-an-open-access-world-your-questions-answered/

Web of KnowledgeにブラジルのSciELOの引用文献データベースが追加

2013年10月24日に、トムソン・ロイター(Thomson Reuters)社が、SciELO(Scientific Electronic Library Online)のSciELO Citation IndexをWeb of Knowledgeに追加すると発表しました。

トムソン・ロイター社のニュースによると、SciELO Citation Indexには、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、スペイン、メキシコ、ポルトガル、南アフリカ、ベネズエラのオープンアクセス誌約650タイトルと400万件以上の引用文献が収録されているとのことです。

Thomson Reuters Collaborates with SciELO to Showcase Emerging Research Centers within Web of Knowledge(Research Information 2013/10/24付け)
http://thomsonreuters.com/press-releases/102013/SciELO-Collaboration

Thomson Reuters collaborates with SciELO(Thomson Reuters)

ページ