オープンアクセス

PLOS、より充実した引用情報のフォーマットを検討

2014年10月22日、PLOSがより充実した引用情報のフォーマットを検討中であることを紹介しています。現在の引用情報では、引用先の論文やデータセットが引用元の論文から1回だけしか引用されていないのか、複数回引用されているのかがわからないことが指摘されています。

そこで、引用元Aの論文と、引用先のBの論文について、著者やタイトル、発行日、雑誌や出版者の情報、DOI等の識別子に加えて、下記の情報の追加した新しい引用情報が提案されているようです。

・Aのどの部分においてBが引用されているのか。
・Bの引用におけるライセンス
・BのCrossMarkステータス(CrossMarkはCrossRefが提供する、Web上で、論文の更新状況を確認できるサービス)
・BがAで何回引用されているか、引用されたコンテクスト
・AとBがの著者が同じかどうか(自著作の引用かどうか)
・Aにおいて、Bと同じ箇所で引用されている著作
・AとBのデータタイプ(記事、図書、コード等)

PLOSの論文情報から、この新しい引用情報を表示するツールやAPIも提供されているようです。現在、PLOSのすべての論文情報から、引用情報の収集が始められているとのことです。

SPARC、PLOS、OASPA、オープンアクセスの程度を示すガイドブックの第2版を公開

2014年10月20日、SPARC、PLOS、オープンアクセス学術出版社協会(OASPA)がオープンアクセスの程度を示すガイドブック、“HowOpenIsIt?” Open Access Spectrum (OAS) の第2版を公開しました。2012年に公開されていたものの改訂版とのことです。このガイドブックは、著者や研究の助成機関、政府機関がオープンアクセスの標準的な定義に基づいて学術雑誌の“オープンさ”の度合を示すもので、「読者の権利」「再利用に係る権利」「著作権」「投稿に係る著者の権利」「自動的な投稿」「機械可読性」という6つの観点から、そのオープンさの度合をそれぞれ5段階に分けて整理しています。

Second Release of HowOpenIsIt? Guide Now Available
http://oaspa.org/second-release-howopenisit-guide-now-available/

How Open Is It?
http://www.plos.org/wp-content/uploads/2014/10/hoii-guide_V2_FINAL.pdf

“HowOpenIsIt?” Open Access Spectrum (OAS)

ハーバード大学図書館、パブリックドメインの資料をデジタル化したものは自由利用でオンライン公開する方針を公表

2014年10月21日、ハーバード大学図書館が、パブリックドメインの資料のデジタル複製物については、パブリックドメインでオンライン公開するという方針を発表しました。

Harvard Library Lifts Restrictions on Digital Reproductions of Works in the Public Domain(Harvard University Library)
https://osc.hul.harvard.edu/oaweek2014#publicdomain

Harvard Library Policy on Access to Digital Reproductions of Works in the Public Domain(Harvard University Library, 2014/9/30)
https://osc.hul.harvard.edu/pdpolicy

“Open Access Button”、新たな機能の追加を発表

2014年10月21日、シティ・ユニバーシティ・ロンドンで行われたオープンアクセスウィークのイベントにおいて、新たな機能が追加された“Open Access Button”が発表されました。必要な論文を検索しても入手できないユーザーに、ウェブ上で無料で手に入るプレプリント等のバージョンを検索する等、論文入手のための別の手段を探すことを可能にし、探しても見つからない場合は、その論文の著者に、論文がシェアできるように依頼するメールを送る機能を提供するとのことです。また、リクエストされた論文のリストを作成し、著者が自身の論文へのアクセス要求を確認することもできるとのことです。

Open Access Button
https://openaccessbutton.org/

Open Access Button launches with new features (Creative Commons, 2014/10/21)
https://creativecommons.org/weblog/entry/43858

NEW APPS FIND FREE ACCESS TO SCIENTIFIC AND SCHOLARLY RESEARCH

NPGとPalgrave Macmillan社、約30,000人の執筆者調査の結果を公開

2014年10月20日、Nature Publishing Group(NPG)とPalgrave Macmillan社がオープンアクセスウィークの一環として、執筆者調査のデータを公開しました。オープンアクセスに関する、執筆者、資金提供者、出版者のより深い相互理解のためにデータを公開したとのことです。

調査は2014年の春に、NPG、Palgrave Macmillan社及びFrontiers社等で論文を書いた研究者を対象として行われたもので、24,773人の科学系執筆者と、5,693人の人文社会科学系執筆者の回答が含まれるとのことです。調査結果は、出版ルートとしてオープンアクセスを選んだ理由など、様々なトピックに関する研究者の意見を明らかにしているとのことです。

Open access to survey of 30,000 authors by Nature Publishing Group and Palgrave Macmillan(NPG, 2014/10/20)
http://www.nature.com/press_releases/oa-week.html

Author Insights 2014(データのダウンロードページ)

Publishers Communication Groupがオープンアクセスにおける組織内での図書館の役割に関する報告書を公開

学術出版コンサルタントをつとめるPublishers Communication Group(PCG)が、オープンアクセス(OA)のための資金や支援業務における組織内での図書館の役割について調査した報告書“Open Access Library Survey: An investigation of the role of libraries in open access funding and support within institutions”を公開しています。

OAモデルにおける図書館の役割等を理解するために実施された調査で、2014年7月から8月にかけて30か国149名から寄せられた回答をもとにしているようです。

The Role of Libraries in Open Access(PCG、Fall 2014)
http://www.pcgplus.com/the-role-of-libraries-in-open-access/

Open Access Library Survey(13ページ、pdf)
http://www.pcgplus.com/wp-content/uploads/2014/09/PCG-Open-Access-Library-Survey-2014.pdf

COARがRepository Observatory第3号で機関リポジトリとCRISの相互運用性を特集

2014年10月16日、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)がRepository Observatoryの第3号を公開しました。今回は、機関リポジトリ(IR)と最新研究情報システム(CRIS:Current Research Information System)の相互運用性という特集が組まれています。巻頭の「IRとCRISの相互運用性について知っておくべき7つのこと(7 things you should know about…IR-CRIS interoperability)」という記事では、

・CRISとIRの主な違いは何か?
・CRISとIRは共存しない? CRISがIRに取って代わることがあるのはなぜか?
・CRISは商用製品のみ? そしてIRはオープンソースばかりか?
・リポジトリはどうやったらCRISの役割を果たせるか? すでに事例はあるか?
・CRISとIRの相互運用性というフレーズを最近よく耳にするが、どういう意味か?
・それでは、CRIS+IRというアーキテクチャがベストなのか?
・CRISとIRの相互運用性が他に応用できそうな領域は?

という7点について触れられています。

Third Edition – IR and CRIS

2014年のオープンアクセスウィークは10月20日~26日

2014年10月20日から26日にかけて、「オープンアクセスウィーク(Open Access Week)」として、世界各地でオープンアクセスに関連する様々なイベントが予定されています。オープンアクセスウィークは2007年に開始され、今年で8回目となります。今年のテーマは"Generation Open"(オープンの世代)とのことです。デジタルリポジトリ連合(DRF)のウェブサイトには特設ページが用意され、OAWのロゴやポスターなどのグッズ、国内で開催されるイベントがまとめられています。

2014年のオープンアクセスウィークは,10月20日(月)~26日(日)!(DRF)
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?oaw2014

Open Access Week
http://openaccessweek.org/

平成26年度第3回千葉大学アカデミック・リンク・セミナー「オープン化する研究情報流通と学習との接点」
http://alc.chiba-u.jp/seminar/ALseminar2014_03.pdf

参考:
2014年のオープンアクセスウィークのテーマは”Generation Open” 学生と若手研究者に焦点
Posted 2014年5月13日

トムソン・ロイター社、米国コピーライト・クリアランス・センター(CCC)と提携し、オープンアクセス出版を推進

2014年10月13日、トムソン・ロイター社が、米国コピーライト・クリアランス・センター(CCC)と提携すると発表しています。トムソン・ロイター社の提供する学術論文のオンライン投稿・査読システム“ScholarOne Manuscripts”とCCCのRightsLink for Open Accessを連携させることで、オープンアクセス(OA)論文の論文処理加工料(APC)管理の効率化を図るとのことです。

Thomson Reuters and Copyright Clearance Center Collaborate to Advance Open Access Publishing(Thomson Reuters, 2014/10/13)
http://thomsonreuters.com/press-releases/102014/copyright-clearance-center

Thomson Reuters and Copyright Clearance Center Collaborate to Advance Open Access Publishing(CCC, 2014/10/13)

英国王立協会のオープンアクセス誌“Royal Society Open Science”、論文刊行を開始

2014年2月に創刊が発表されていた英国王立協会(The Royal Society)が刊行するオープンアクセス(OA)誌“Royal Society Open Science”が、2014年9月から論文の刊行を開始しています。2014年10月14日時点で15本の論文が公開されています。

同誌のウェブサイトによれば、Royal Society Open Scienceは査読においては科学的な妥当性の有無のみを検証し、あらゆる分野の論文を受け付ける、いわゆるOAメガジャーナルを志向する雑誌です。著者が選択すれば査読をオープン・ピアレビューとすることもできます。プラットフォームにはHighWireが用いられており、すべての論文でArticle Level Metricsが表示されるほか、出版後にコメントをつけられる機能も備えられています。

APCは創刊からしばらくの間は無料ですが、その後はポンド建てで1,000ポンド(ドル建てで1,600ドル、ユーロ建てで1,200ユーロ)となる予定とのことです。

Royal Society Open Science launches on HighWire(STM Publishing News、2014/10/13付け)

ページ