オープンアクセス

米・カリフォルニア電子図書館、オープンアクセス出版プラットフォーム“eScholarship”を更新

2017年10月24日、米・カリフォルニア大学の「カリフォルニア電子図書館」(CDL)が、オープンアクセス(OA)出版プラットフォーム“eScholarship”を更新したと発表しています。

新しい“eScholarship”では、

・同大学の10か所のキャンパスのリポジトリサイトごとの柔軟なカスタマイズへの対応
・同大学の70以上の学術雑誌の編集者等への高度な編集ツールの提供
・DOIが付与されている出版物のAltmetrics対応
・Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)バージョン2.0のAA基準対応
・オープンソースの採用や、GitHub上での新しい“eScholarship”のコードの公開

が行なわれていると紹介されています。

今後数か月以内に、APIの公開も予定されています。

地球科学分野のプレプリントサービス“EarthArXiv”が公開

2017年10月25日、非営利団体Center for Open Science(COS)は、地球科学分野のプレプリントサービス“EarthArXiv”の公開を発表しました。

COSの提供するオープンソースプレプリントサービス、OSF Preprintsを利用する15番目のプレプリントサービスで、すでに200万件以上のプレプリントが検索・アクセスできます。

The Center for Open Science and EarthArXiv Launch Branded Preprint Service(COS, 2017/10/25)
https://cos.io/about/news/center-open-science-and-eartharxiv-launch-branded-preprint-service/

ドイツの“Library of the Year 2017”が授与される

2017年10月24日に、ドイツ図書館協会(Deutschen Bibliotheksverbandes:DBV)とドイツテレコム財団(Deutsche Telekom Stiftung)から、ライプツィヒ大学図書館(Universitätsbibliothek Leipzig)に対し、第18回目となる“Bibliothek des Jahres(Library of the Year)”が授与されました。

同館のオープンアクセス化の支援や、オープンソースを用いたシステム開発、IT部門をデジタルサービス部門に改組するなどの取組みが評価されたとのことです。

アフリカで出版される健康・医学分野の学術雑誌におけるオープンアクセス化のインパクト(文献紹介)

The Electronic Library誌の35巻5号に、アフリカで出版される健康・医学分野の学術雑誌におけるオープンアクセス(OA)化のインパクトについて論じた論文”Citation impact of health and medical journals in Africa: does open accessibility matter?”が掲載されています。著者はナイジェリア大学のIfeanyi Jonas Ezema氏と南アフリカ大学のOmwoyo Bosire Onyancha氏です。

同論文ではアフリカで発行されている健康・医学分野の学術雑誌134誌(うちOA雑誌が65誌、非OA雑誌が69誌)を対象に、Google Scholarにおける被引用数や論文数、雑誌単位のh-indexを調査した結果が報告されています。分析の結果、非OA雑誌はOA雑誌に比べて、わずかな被引用数しか得られていなかった等とされています。

なお、当該論文はOAで公開されています。

欧州4カ国において、ゴールドOAで論文を発表する責任著者の割合が70%以上に Springer Natureが発表

2017年10月23日、Springer Nature社は同社の雑誌で論文を発表する責任著者(corresponding author)のうち、オープンアクセス(OA)での発表を選択する者の割合が70%を超えている国が4カ国存在する、と発表しました。具体的には以下の4カ国に所在する責任著者が該当するとのことです。

・英国:77%超
・スウェーデン:90%超
・オランダ:84%超
・オーストリア:73%超

上記の割合はOA雑誌、もしくはハイブリッドOAで論文を発表した、いわゆるゴールドOAの割合で、機関リポジトリ等のいわゆるグリーンOAの場合は含んでいません。

これらの4カ国では政府や機関によるOAの推進、助成機関による論文処理加工料(APC)の補助等の環境が整っていることが、ゴールドOA選択者の多さにつながっているものとSpringer Nature社の発表では述べられています。世界全体では、ゴールドOAでの論文発表の割合は27%にとどまるとのことです。

外務省外交史料館、「日本外交文書デジタルアーカイブ」に新規データを追加:「占領期」シリーズを除いた全巻がインターネット上で閲覧可能に

2017年10月23日、外務省外交史料館は、「日本外交文書デジタルアーカイブ」に「昭和期III」「日中戦争」「第二次欧州大戦と日本」「太平洋戦争」「サンフランシスコ平和条約」のシリーズ各巻を追加したと発表しています。

「日本外交文書デジタルアーカイブ」は、明治維新以降の日本の外交の経緯を明らかにし、あわせて外交交渉の先例ともなりうる基本的史料を提供することを目的に、外務省が1936年から公刊している『日本外交文書』をインターネット上で公開するもので、今回の追加により、「占領期」シリーズを除いた全巻がインターネット上で閲覧可能となりました。

外務省外交史料館 新着情報
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/
※「平成29年10月23日 日本外交文書デジタルアーカイブに「昭和期III」「日中戦争」「第二次欧州大戦と日本」「太平洋戦争」「サンフランシスコ平和条約」のシリーズ各巻を加えました。現在刊行済みの『日本外交文書』は,「占領期」シリーズを除いてすべてインターネット上で閲覧可能となりました。」とあります。

figshare、研究データの公開に関する年次調査報告書を公開

2017年10月23日、研究データ等の研究成果の公開プラットフォーム“figshare”が、研究データの公開に関する年次調査報告書“The State of Open Data Report 2017”を公開しました。

2016年にSpringer Nature社と連携して研究者2,000人を対象に実施した調査の継続調査にあたるもので、今回の調査は研究者2,300人を対象に、Springer Nature社及びWiley社と連携して実施されました。

調査で得られた主な知見として

・オープンデータへの認識が向上している(73%から82%へ)。
・年齢はこの傾向の主要な要因とは考えられない。
・74%の研究者が研究データを選定して公開している。
・自身の研究でオープンデータを再利用したいという研究者が増加しており(10%増の80%)、その傾向は全年齢層で見られる。
・日常的に研究データを公開する研究者は微増している(57%から60%)。
・研究データを公開したことが無い研究者の割合は減少している。

等が指摘されています。

英・ケンブリッジ大学、理論物理学者のホーキング氏の博士論文をOAで公開

2017年10月23日、英・ケンブリッジ大学は、同学のリポジトリApolloにて、理論物理学者のホーキング(Stephen William Hawking)氏の博士論文“Properties of expanding universes”(1966年)をオープンアクセス(OA)で公開したことを発表しました。

同氏の博士論文は本人から公開の許可を得て、2017年10月23日から10月29日までのオープンアクセスウィークに合わせて公開されました。

同学では、2017年10月以降の博士号取得者に博士論文をOAで公開することを要求しています。また、歴史的な学位論文の公開の許可を得ることが難しい場合があると述べ、今回のホーキング氏の例がノーベル賞受賞者を含むかつての研究者に博士論文のOA化を促すことを望んでいます。

同学の学術コミュニケーション部門と図書館は、今後本人からの希望があれば、博士論文をデジタル化し同リポジトリにてOAで公開すると、卒業生に呼びかけてています。

東京大学大学院数理科学研究科図書室、「オープンアクセスウィーク」にさきがけ、オープンアクセスポスターのコンペを実施中

2017年10月23日から10月29日かけて実施される、2017年の「オープンアクセスウィーク」にさきがけ、東京大学大学院数理科学研究科図書室が、10月27日までオープンアクセスポスターのコンペを実施しています。

作品は5種類で、好きな作品に投票できるようになっています。

東京大学附属図書館は「オープンアクセスウィーク」の取組に参加し、キャンペーンの様子をFacebookのアルバムで随時公開すると発表しています。

@utms_library(twitter,2017/12/20)
https://twitter.com/utms_library/status/921200149463932928

@UTokyoNewLib(twitter,2017/12/20)
https://twitter.com/UTokyoNewLib/status/921206272711475200

E1965 - 大学図書館問題研究会第48回全国大会(京都)<報告>

大学図書館問題研究会第48回全国大会が,2017年9月9日から11日にかけて,京都市の同志社大学新町キャンパスを会場に,130人を超える参加者を得て開催された。

ページ