オープンアクセス

日本学術会議、第23期学術の大型研究計画に関するマスタープランを公開 電子ジャーナル・バックファイル等へのアクセス基盤整備、オープンサイエンス推進のための研究データ基盤について言及

2017年2月8日付けで日本学術会議は「第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2017)」を公開しました。

このマスタープランは科学者委員会学術の大型研究計画検討分科会がまとめたもので、2010年の第21期、2014年の第22期に続いて策定されたものです。学術全般を展望・体系化しつつ、各学術分野が必要とする大型研究計画を網羅し、日本の大型研究計画のあり方について指針を与えることを目的としています。マスタープラン2017では179件大型研究計画が策定されており、うち28件が重点大型研究計画として選定されています。

重点大型研究計画のうちの一つには「電子ジャーナル・バックファイル等へのアクセス基盤の整備」(計画番号150)が挙げられており、国立情報学研究所(NII)がJUSTICEの協力の下で、海外主要学術出版社の提供する電子ジャーナル・バクファイルを体系的に導入・NII-REOに搭載し、大学等による共同利用を実現すると計画されています。

また、大型研究計画の一つとして「オープンサイエンス推進のための研究データ基盤」(計画番号158)が挙げられ、NIIが、機関リポジトリ推進委員会等を活用し、大学等との連携の下で、分野を超えた研究データの管理・公開を可能とする研究データ基盤を整備すると計画されています。

米・マサチューセッツ大学アマースト校図書館、オープンな学習教材に関する学生調査の結果を発表

2017年2月8日、米・マサチューセッツ大学アマースト校図書館は、同館の学術コミュニケーションオフィスによるオープンな教科書に関するイニシアチブ(OEI)が学部学生を対象に行った調査の結果を発表しています。

同館が、イニシアチブに参加するクラスの教員に対して資金を提供し、値段の高い教科書の代わりに、教員がオープンな教育リソース(OER)を用いて教材を作成するもので、それら教材等についての意見を、450人の学生(哲学、運動学、天文学、フランス語、ドイツ語、人間発達学)から聴取したものです。

調査結果として以下のことが指摘されています。

・88%の学生が、他のコースの教科書と比べて、その内容が同等かそれ以上であると回答
・半数を超える学生が、それら教材を用いることで、クラスへの参加・関与・達成の度合が増したと回答
・78%の学生が低価格、無料の教材を用いた他のコースにも登録すると回答
・59%の学生が教科書の値段が高いために教科書を購入していないと回答
・20%の学生が教科書の値段が高いためにその授業を選択しなかったと回答
・24%の学生が教科書の値段が高いために別の授業を選択したと回答
・49%の学生が学生ローンの事を考え、学びたい分野とは異なるコースを選択したと回答
・50%の学生が、違法コピーをダウンロードしたと回答

2017年の“Love Your Data Week”、2月13日から17日まで開催

今回で2回目となる“Love Your Data Week”(LYDW)が、2月13日から17日まで開催されます。

このキャンペーンは、研究図書館やデータアーカイブで働く研究データの専門家によって企画されたソーシャルメディアイベントです。研究データの管理、共有、保存、利活用、図書館ベースの研究データサービスに関連するトピックに関する意識を高め、コミュニティを構築することを目的としています。

2017年のテーマは“emphasizing data quality for researchers at any stage in their career”(研究者のキャリア段階に関わりなくデータ品質を重視する)で、期間中は日替わりでテーマに関する話題提供と情報共有がなされます。Twitter(#LYD17、#loveyourdata)やInstagram、Facebook(#LYD17、#loveyourdata)、Pinterest(LYD Pinterest board)で参加出来ます。

Love Your Data: a 5-day international event to help researchers take better care of their data(Love Your Data)

東京外国語大学、「オープンアクセス宣言」「オープンアクセス方針」を公表

2017年2月7日、東京外国語大学が、クリエイティブ・コモンズ 表示 国際パブリック・ライセンスを原則とするオープンアクセスの推進と実践の機関となることを宣言するとともに、「オープンアクセス方針」を定め、公表しています。

オープンアクセスの推進を宣言(東京外国語大学,2017/2/9)
http://www.tufs.ac.jp/topics/post_925.html

オープンアクセス宣言・オープンアクセス方針(東京外国語大学,2017/2/7付け)
http://www.tufs.ac.jp/research/openaccess.html

リポジトリ向けオープンピアレビューモジュール(文献紹介)

Code4Lib Journal誌のIssue 35(2017年1月30日掲載)に、”OPRM: Challenges to Including Open Peer Review in Open Access Repositories”と題する記事が掲載されています。この記事はEUのOpenAIREの一環として開発された、リポジトリ向けのオープンピアレビューモジュール(OPRM)について紹介するものです。

OPRMはDSpace向けに開発されており、スペイン科学研究高等会議のリポジトリDIGITAL.CSIC、スペイン海洋研究機構のe-IEOという2つのリポジトリで実装されています。ソースコード、ドキュメント等はGitHubで公開されています。

OPRM: Challenges to Including Open Peer Review in Open Access Repositories
http://journal.code4lib.org/articles/12171

Open Peer Reviw Module
https://github.com/arvoConsultores/Open-Peer-Review-Module/wiki

参考:
オープンピアレビュー実験に関する報告
Posted 2016年4月19日

オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、次世代リポジトリ機能開発のための利用シナリオ草案を公開 パブリックコメントを募集

2017年2月7日、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)の次世代リポジトリプロジェクト(”Next Generation Repositories Project”)は、リポジトリの新機能開発の指針となる12の利用シナリオ草案を公開しました。2017年3月3日まで、パブリックコメントが募集されています。

COAR次世代リポジトリプロジェクトは2016年4月に立ち上げられた、次世代リポジトリのコアとなる機能と、それを実現するために必要なシステム設計・技術の特定を主な目標とするワーキンググループです。今回公開された利用シナリオ案は次世代リポジトリに優先して備えるべき機能について紹介するためにまとめられたもので、公開ウェブサイトのコメント機能を利用し、閲覧者は直接コメントを付与することができます。付与されたコメントはすべてワーキンググループによってレビュー・検討されるとのことです。

COAR Next Generation Repositories Draft for Public Comment
http://comment.coar-repositories.org/

参考:
オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、次世代リポジトリプロジェクトを立ち上げ
Posted 2016年5月17日

Knowledge Unlatched、JSTORを通じたオープンアクセスの書籍の提供開始

2017年2月6日、Knowledge Unlatched (KU)は、オープンアクセスの書籍の利用パターンを調査するために、KUが提供する30タイトルをJSTORを通じて利用可能とすると発表しています。

OAPENやHathiTrustを通じた提供は継続されます。

Knowledge Unlatched and JSTOR to study usage of Open Access books(KU,2017/2/6)
http://www.knowledgeunlatched.org/2017/02/jstor/

参考:
Knowledge Unlatched、2017年の計画を発表
Posted 2017年1月30日
http://current.ndl.go.jp/node/33352

※タイトルを修正しました(2017/2/7)

デジタルリポジトリ連合(DRF)、平成28年度 機関リポジトリ担当者オンラインワークショップ「第2回 研究データから研究プロセスを知る」の成果物を公開

2017年2月1日、デジタルリポジトリ連合(DRF)は、2016年10月から2017年1月にかけて実施していた、研究データについて調査するオンラインワークショップの成果物を公開しました。

参加者それぞれが研究者にインタビューを実施し、その結果を分野ごとにまとめた事例集となっています。

平成28年度DRFオンラインワークショップ「第2回 研究データから研究プロセスを知る」(DRF, 2017/2/1)
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?onlineworkshop2016

参考:
デジタルリポジトリ連合(DRF)、平成27年度 機関リポジトリ担当者オンラインワークショップ「研究データから研究プロセスを知る」の成果物を公開
Posted 2016年3月29日
http://current.ndl.go.jp/node/31160

神戸大学、オープンアクセス方針を採択

神戸大学が、2017年1月10日に「神戸大学オープンアクセス方針」を採択したと発表しています。2017年2月1日付で適用とされています。

「神戸大学オープンアクセス方針」を採択しました。(神戸大学附属図書館,2017/2/1)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/2017/02/01/6066/

神戸大学オープンアクセス方針(神戸大学附属図書館)
https://lib.kobe-u.ac.jp/oapolicy/

Knowledge Unlatched、2017年の計画を発表

2017年1月27日、学術出版物の継続的なオープンアクセス(OA)出版を支援するKnowledge Unlatched(KU)が、2017年の計画を発表しています。

〇ホスティングと利用統計
・JSTORのプラットフォームから、試行時及び第2ラウンドでの提供タイトルを利用可能に
・COUNTER標準に基づいた統計への地理的利用データの追加
・KUのタイトルをホスティングしているOAPENが、機関リポジトリバージョンを図書館に提供するに際し支援

〇KUモデルの構築
・Language Science Pressと連携し、図書館以外の多様な組織からOAのための資金を獲得する方法を模索
・多くの出版社の追加参加
・ドイツの図書館コンソーシアムや出版社と連携した“KU by Request”によるドイツ語タイトルの提供
・小規模図書館が、ネットワーク・情報リソース・ガバナンスの機会を得ることが可能な“KU Club”

KU’s plans for 2017(KU,2017/1/27)
http://www.knowledgeunlatched.org/2017/01/ku-2017-plans/

参考:
Knowledge Unlatched、オープンアクセスの学術書について機関単位での利用統計提供を開始

ページ