オープンアクセス

【イベント】三田図書館・情報学会、第170回月例会「京都大学におけるオープンアクセス推進活動」(3/18・東京)

2017年3月18日、三田図書館・情報学会は慶應義塾大学三田キャンパスにおいて第170回月例会「京都大学におけるオープンアクセス推進活動」を開催します。発表者は京都大学附属図書館学術支援課の鈴木秀樹氏です。

この会では2015年4月の「京都大学オープンアクセス方針」策定から現在まで、さらに今後の事業について紹介されるとのことです。

三田図書館・情報学会 月例会
http://www.mslis.jp/monthly.html

参考:
E1686 - 京都大学オープンアクセス方針採択の経緯 カレントアウェアネス-E No.284 2015.07.09
http://current.ndl.go.jp/e1686

Hindawi社、新規の投稿論文についてはデータの可用性に関する言及を含めるよう要求する方針を発表

2017年2月16日、オープンアクセス(OA)出版を手掛けるHindawi社は、今後新たに同社の雑誌に投稿される論文については、用いた研究データの可用性に関する言及(Data Availability Statement)を含めるよう求める方針を発表しました。今後、より包括的なオープンデータ方針を構築していくための第一段階であるとのことです。

Data Availability at Hindawi(Hindawi、2017/2/16付け)
http://about.hindawi.com/opinion/data-availability-at-hindawi/

Hindawi、論文投稿時にData Availability Statementを要求(STI Updates、2017/2/21付け)
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9444

Center for Open Science、農学分野のプレプリントサービスAgriXivを立ち上げ

2017年2月14日、非営利団体Center for Open Science(COS)は新たに農学分野を対象とするプレプリントサービス、AgriXivを立ち上げたことを発表しました。COSの提供するオープンソースプレプリントサービス、OSF Preprintsを利用しているとのことです。

The Center for Open Science Releases Another Branded Preprint Service With AgriXiv(Center for Open Science、2017/2/14付け)
https://cos.io/about/news/center-open-science-releases-preprint-service-agrixiv/

AgriXiv
https://osf.io/preprints/agrixiv

欧州宇宙機関、オープンアクセスポリシーを採択:画像・動画・データに CC BY-SA 3.0 IGOライセンスを適用

2017年2月20日、欧州宇宙機関 (ESA) が、ESAが著作権を保有しているか、第三者の権利がクリアとなっている画像、動画、データセットに対して、オープンアクセスポリシー(CC BY-SA 3.0 IGO) を適用すると発表しています。

N°6-2017: ESA affirms Open Access policy for images, videos and data(ESA,2017/2/20)
http://www.esa.int/For_Media/Press_Releases/ESA_affirms_Open_Access_policy_for_images_videos_and_data

Elsevier社、ライセンス契約交渉中のドイツの研究機関に対して、同社の電子ジャーナルへのアクセス権を回復させる

2017年2月13日、Elsevier社が、2016年をもって契約を解除したドイツの研究機関に対して、同社の電子ジャーナルへのアクセス権を回復させることを発表しています。

DEALプロジェクトとElsevier社によるドイツの全国規模でのライセンス契約交渉が決裂したため、ドイツ国内の60以上の主要な研究機関では、2017年1月1日からElsevier社の電子ジャーナルへのアクセスができなくなっていました。

Science誌によると1月の交渉は予定が合わなかったため、次回の交渉は2017年3月23日に予定されているとのことです。

Continued Elsevier access in support of German science(Elsevier,2017/2/13)
https://www.elsevier.com/connect/continued-elsevier-access-in-support-of-german-science

米国科学振興協会、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の助成を受けた論文をオープンアクセスに

2017年2月14日、Science誌などを刊行する米国科学振興協会(AAAS)が、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と学術コミュニケーションやオープンアクセス(OA)の促進を目的に連携すると発表しています。

同財団の助成を受けた研究論文を、同協会が刊行する雑誌において公開するに当たり、2017年1月1日以降分について、出版社版をCC BYライセンスで公開するものです。

契約期間は2017年中で、2017年後半に更新についての検討が行われます。
また、2018年には、結果報告書が公開される予定です。

AAAS Alliance to Expand Access to High-Quality Scientific Publishing(AAAS,2017/2/14)
http://www.aaas.org/news/aaas-alliance-expand-access-high-quality-scientific-publishing

オランダの10の学術・研究機関等が“Nationaal plan open science”を策定し、公開

2017年2月9日、オランダにおいて、ウェブサイト“openscience.nl”が立ち上げられ、“Nationaal plan open science”が公開されました。

2016年4月のオープンサイエンスに関するアクションプラン“EU action plan for Open Science”の公表、2016年5月のEU競争力担当相理事会によるオープンアクセス化に関する合意や、2017年1月19日に、教育・文化・科学省副大臣のデッカー(Sander Dekker)氏が、議会に提示したオープンサイエンスに関する公式文書において、利害関係者の広範な連携によるオープンサイエンスに関する国家計画の策定を要請したこと等をうけ、オランダ科学研究機構(NWO)、オランダ王立芸術科学アカデミー (KNAW)、オランダ大学協会(VSNU)、オランダ保健研究開発機構(ZonMW)、高等職業教育機関協会(Vereniging Hogescholen)、オランダ王立図書館(KB)、SURF財団、オランダ大学病院連合(NFU)、Promovendi Netwerk Nederland 、GO FAIRの10の学術・研究機関等が策定し、公開したものです。

“Nationaal plan open science”では、今後数年間の重点目標として以下が掲げられています。

スイス高等教育機関長会議、オープンアクセスに関する国家戦略を採択

2017年2月1日、スイス高等教育機関長会議(Rectors' Conference of Swiss Higher Education Institutions)は、1月31日に開催された総会において、オープンアクセス(OA)に関する国家戦略を採択したと発表しました。

同戦略は2024年までに、スイスで出版される研究成果のすべてをOAにすべきであり、公的資金による助成を受けた論文についてはすべてOAとしなくてはならない、というビジョンを定めたものです。OAの実現方法については複数のモデルを組み合わせるとしています。また、このビジョンを実現するためにとるべき行動として、各機関等によるOA方針の策定、相互の調整、出版者との交渉等の7つを挙げています。

同戦略については2017年2月中に開催されるスイス高等教育機関会議(Swiss Conference of Higher Education Institutions)に提出されるとのことです。その承認後、アクションプランの策定等のプロセスに回ります。

A National Open Access Strategy: Toward the Unrestricted Publication of Research Output(swissuniversities、2017/2/1付け)

PLOS、雑誌出版プラットフォームソフトウェアAmbraをオープンソース化

2017年2月13日、PLOSはPLOSの各雑誌で使用している雑誌出版プラットフォームソフトウェアAmbraをオープンソース化したことを発表しました。

Ambraはかつてもオープンソースとして公開されていましたが、今回公開されたのは2016年にリプレースされた新プラットフォーム版です。なお、コメント・検索等、いくつかの機能については今後、追加で公開していく予定であるとのことです。

Ambra, the PLOS Journal Publishing Platform, is Open Again(PLOS Tech、2017/2/13付け)
http://blogs.plos.org/tech/open-source-ambra/

Ambra Project
https://plos.github.io/ambraproject/

参考:
オープンソースソフトウェアでOA雑誌を作ろう
Posted 2006年4月10日
http://current.ndl.go.jp/node/3757

オープンソースの電子出版システムの機能評価
Posted 2008年5月14日
http://current.ndl.go.jp/node/7818

生命科学分野のプレプリントが一元的に手に入るリポジトリ構築を目指すASAPbioプロジェクト、支援の呼びかけを開始

2017年2月13日、生命科学分野のプレプリントが一元的に入るリポジトリの構築を目指すASAPbioプロジェクトが、資金提供等の支援の呼びかけを開始しました。

ASAPbioプロジェクトは有志の研究者らが立ち上げた活動です。生命科学分野のプレプリントはarXiv、bioRxivなど、複数のリポジトリ等に分散して存在していましたが、ASAPbioはプレプリントが一元的に手に入るリポジトリ(Central Repository)の構築を目指しています。すでに米国立衛生研究所、英ウェルカム財団等の助成機関がASAPbioを支持することを発表しています。

Request for Applications(ASAPbio、2017/2/13付け)
http://asapbio.org/rfa

Heavyweight funders back central site for life-sciences preprints(Nature、2017/2/13付け)
http://www.nature.com/news/heavyweight-funders-back-central-site-for-life-sciences-preprints-1.21466

参考:
米国化学会(ACS)、プレプリントサーバー“ChemRxiv”構築の意向を表明

ページ