オープンアクセス

Clarivate Analytics社、人工知能(AI)を用いて学術成果へのアクセスの改善・促進を目指すスタートアップ企業Kopernio社を買収

2018年4月10日、Clarivate Analytics社が、スタートアップ企業Kopernio社の買収を発表しました。

Kopernio社は、人工知能(AI)を用いて、利用者が個人で、もしくは所属機関により購読契約が結ばれている論文や、他のプラットフォーム上でオープンアクセス(OA)で公開されている論文を自動的に検出して当該論文へのワンクリックアクセスを提供することで学術成果へのアクセスの改善・促進を目指す企業です。

Clarivate Analytics社では、その技術を同社の商品やサービス等に統合するとともに、出版者や学術機関向けの商品を速やかに開発するとしています。

EBSCO社、OA電子学位論文への検索・アクセスを提供するEBSCO Open Dissertationsを公開

2018年4月9日、EBSCO社はオープンアクセス(OA)の電子学位論文(ETD)を検索し、アクセスできるWebサービスEBSCO Open Dissertationsを公開しました。

同サービスは2017年11月に、EBSCO社がBiblioLabs社と協同で立ち上げを発表したもので、OAのETDへのアクセス・検索性向上を目的とするものです。サービス提供開始時点で4カ国・30以上の機関が参加しており、80万本以上のETDが検索対象となっています。

Open Dissertations Project from EBSCO Information Services Goes Live(EBSCO、2018/4/9付け)
https://www.ebsco.com/news-center/press-releases/open-dissertations-project-from-ebsco-information-services-goes-live

Europe PMC、無料公開の研究論文に誘導するサービスUnpaywallとの連携を発表

2018年4月9日、Europe PMCが、無料公開の研究論文に誘導するサービスUnpaywallとの連携を発表しました。

Europe PMCに搭載された3,300万件のデータのうち460万件の本文が無料で公開されていますが、Europe PMCでの本文未公開論文のうち、UnpaywallのAPIにより他のリポジトリや出版者のウェブサイトで無料で公開されていることが判明したものは、当該論文のAbstract画面に緑色のUnpaywallのロゴが表示され、クリックすると当該論文のPDF版が表示されます。

Unlocking the open - Europe PMC integrates with Unpaywall(Europe PMC,2018/4/9)
http://blog.europepmc.org/2018/04/unlocking-open-europe-pmc-integrates.html

プレプリントサーバbioRxiv、プレプリントへリンクするQRコード画像の生成機能を公開

プレプリントサーバbioRxivがQRコード画像の生成機能を公開しています。

ポスター発表などの際にモバイル機器からプレプリントへアクセスできるとしています。

bioRxiv QR Code Image Generator(bioRxiv)
https://connect.biorxiv.org/qr/

参考:
PLOSが生命医学分野のプレプリントサーバbioRxivとの連携を発表 PLOSの雑誌に投稿された論文は自動的にbioRxivへ登録されることに
Posted 2018年2月7日
http://current.ndl.go.jp/node/35443

人文・社会科学のOA単行書を出版するイニシアチブ“Toward an Open Monograph Ecosystem(TOME)”(記事紹介)

2018年4月3日、米・バージニア工科大学のウェブサイトに、人文・社会科学のオープンアクセス(OA)単行書を出版するイニシアチブ“Toward an Open Monograph Ecosystem(TOME)”に関する記事が掲載されています。

このイニシアチブは、紙媒体の単行書の購入者や、図書として出版できる文字数がある専門的な著作物が次第に減少している中、2017年3月に立ち上げられました。米国大学協会(AAU)、北米研究図書館協会(ARL)、Association of University Presses(AUPresses)のほか、同学を含む12の大学が計画に関与していました。

記事では、TOMEの助成を受ける最初の研究者となった同学の歴史専攻の助教授(assistant professor)を紹介しています。

マルウェアに感染したOAジャーナル(記事紹介)

2018年3月29日、クロフォード(Walt Crawford)氏が、自身のブログに“Malware in OA”と題する記事を掲載しています。

記事によると、同氏がゴールドOAのOAジャーナルをスキャンしたところ、マルウェアに感染していると認められたのは410誌でした。2017年は67誌でした。2018年も2017年も感染が認められたのは3誌でした。国別では30か国で感染例が認められ、インドネシアが287誌、ブラジルが41誌、ウクライナが13誌などとなっています。

感染が認められた410誌を一覧にしたエクセルファイルも公開されています。

Malware in OA(Walt at Random, 2018/3/29)
https://walt.lishost.org/2018/03/malware-in-oa/

感染が認められたOAジャーナルの一覧
https://waltcrawford.name/mal_doaj_all.xlsx

SciELO、 新しいインターフェースの導入開始を発表

2018年3月27日、ラテンアメリカのオープンアクセス(OA)の電子ジャーナルプラットフォームSciELOが、今年度の新しい「コレクション」から新しいインターフェースを導入していくことを発表しました。

SciELOでは、2017年11月に、国やテーマ別コレクションに新しいインターフェイスを導入すると発表し、手始めとして「公衆衛生コレクション」を新しいインターフェイスで公開しましたが、その効率性や品質が認められたことによるものです。

2019年中には全ての「コレクション」が新しいインターフェイスに切り替わる予定です。

SciELO launches new operation interface for its collections(SciELO ,2018/3/27)
http://blog.scielo.org/en/2018/03/27/scielo-launches-new-operation-interface-for-its-collections/

フランスのコンソーシアムCouperin、Springer Nature社と2018年のSpringerコレクションのナショナルライセンス契約を締結しないと発表

2018年3月30日、フランスの250を超す学術機関からなるナショナルコンソーシアムCouperinが、Springer Nature社と、Springerコレクションに関して、2018年のナショナルライセンス契約を締結しないと発表しました。

同コレクションへのアクセスは2018年4月1日までとなります。

Couperinでは、APC(論文処理加工料)支払によるオープンアクセス(OA)論文の増加、購読料とAPCの二重支払の解消、Springerコレクションの利用減少などから、購読料の減額交渉を13か月間にわたって行なってきましたが、合意できませんでした。

東北大学、オープンアクセス方針を公開

東北大学が「東北大学オープンアクセス方針」および「東北大学オープンアクセス実施要領」を公開しています。前者は2018年3月13日運営企画会議承認、後者は2018年2月21日附属図書館商議会承認とのことです。

オープンアクセス(OA)方針および実施要領によれば、対象は教員(常勤の教授、准教授、講師、助教、助手。特定有期も含む)を著者とする、学術雑誌に掲載された論文で、学外研究者との共同研究成果も含むとされており、特に資金の限定はありません。また、公開手段としては東北大学機関リポジトリを用いるとしています。

また、OA方針では「本学は、本学のオープンアクセスがその趣旨に照らし有効に機能しているか、絶えず検証する」と、OAに関するモニタリングを行う旨が明記されています。実施要領によれば、東北大学附属図書館オープンアクセス委員会が、機関リポジトリへの登録状況と大学情報DBへの登録状況を照らし合わせることで実施状況を確認するとされています。

Springer Compact(オフセット契約)によるオープンアクセス(OA)の状況

2018年3月22日、オープンアクセス(OA)におけるAPC(論文処理加工料)の透明性が高く、効率的な管理体制の構築を目的とするドイツの団体INTACTが、Springer Nature社のオフセット契約モデルSpringer CompactによるOAの実現状況に関する調査結果をブログで公開しました。

オフセット契約とは電子ジャーナルのビッグディール費用とAPCを一括して機関が支払うモデルです。INTACTの調査では、オーストリアの大学図書館協会、ドイツのマックス・プランク・デジタル・ライブラリ(MPDL)、オランダのVSNU、スウェーデンのBibsamコンソーシアム、そしてイギリスのJISCのデータを用い、2016~2017年のSpringer Compact対象雑誌について、OA論文の割合や、そのうちオフセット契約の結果OAになったものの割合等を調査しています。

ページ