企画

徳島大学附属図書館蔵本分館、講習会「徳島県立総合看護学校生におくるよくわかる文献探しの進め方 in 徳大」を開催

徳島大学附属図書館蔵本分館が、2017年9月7日に、徳島県立総合看護学校生を対象に、講習会「徳島県立総合看護学校生におくるよくわかる文献探しの進め方 in 徳大」を開催します。

参加費は無料ですが、参加には事前の申し込みが必要で、定員は20人程度です。

「徳島県立総合看護学校生におくる よくわかる文献探しの進め方 in 徳大」を開催します[蔵本分館](徳島大学附属図書館,2017/08/22)
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/news/news17/2017082201.html
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/news/news17/pdf/2017082201.pdf

杉戸町立図書館(埼玉県)、小・中学生対象の「朝活図書館」を実施

埼玉県の杉戸町立図書館が、2017年8月29日から8月31日まで、小・中学生を対象とした「朝活図書館」を実施すると発表しています。

夏休みの宿題が終わっていなかったり、夏休みの間に不規則な生活になってしまったりした小・中学生のために、開館時間を2時間早め、午前7時の開館とするものです。小中学生以外の利用は通常通り午前9時からです。

開館10分前の午前6時50分からは、図書館に併設されている生涯学習センター南玄関前でラジオ体操を行なうほか、町教育相談所の担当者が宿題等を支援する「寺子屋図書館」も実施されます。「寺子屋図書館」は、対象が小学生、定員は各日10人までで、事前の予約が必要です。

朝活図書館始めます 8/29(火)~31(木)小・中学生対象(杉戸町,2017/8/19)
https://www.town.sugito.lg.jp/cms/page10669.html

東京都立多摩図書館、米国の大学・大学院留学説明会を開催 :アメリカンセンターJapan EducationUSAとの共催

2017年8月19日、東京都立多摩図書館が、米国の大学・大学院留学説明会「アメリカ留学、はじめの一歩!」を開催します。

アメリカンセンターJapan EducationUSAのアドバイザーが、語学・大学・大学院留学のための準備、必要な試験、学校の探し方、 奨学金など、基本的な事項を説明する内容となっています。

対象は留学希望者・保護者・教員で、参加費は無料、定員150人です。
参加には事前の申し込みが必要です。

同館では、9月6日まで、東京マガジンバンク企画展示「夏こそ、英語!」も開催されています。

大学・大学院留学説明会「アメリカ留学、はじめの一歩!」(東京都立図書館)
http://www.library.metro.tokyo.jp/event/tabid/4346/Default.aspx

韓国・高陽市食寺図書館、児童書にちなんだ料理をつくる「五感満足童話料理」講座を開催

韓国・京畿道高陽市にある市立の食寺図書館が、夏休みの子ども向けプログラムとして、児童書にちなんだ料理をつくる「五感満足童話料理」講座を開催します。

2017年8月8日、9日、22日、23日の4回、各日午後3時から、小学校1年生から3年生までを対象に、各回異なる児童書にちなんだ、カナッペ・サンドイッチや、韓国料理のムサムマリ・ファチェ(花菜)といった料理をつくります。

오감만족 동화요리(食寺図書館)
http://www.goyanglib.or.kr/sik/culture/culReg_view.asp?idx=3226

参考:
移動式キッチンで料理を教えるサンフランシスコ公共図書館の“Biblio Bistro”
Posted 2016年1月25日
http://current.ndl.go.jp/node/30526

韓国・高陽アラムヌリ図書館、若者を対象としたDJ体験講座を開催

韓国・京畿道高陽市にある市立の芸術専門図書館、高陽アラムヌリ図書館が、2017年8月7日から8月11日まで、開館10周年イベントとして、韓国芸術人福祉財団による芸術家派遣事業を活用した現職DJによる体験講座“Show Me What U Got”を開催します。

対象は14歳から19歳までで、音楽理論や機材の説明、各種テクニックのレッスンなどが行われます。

DJ 윤의 Show Me What U Got(高陽アラムヌリ図書館)
http://www.goyanglib.or.kr/aram/culture/culReg_view.asp?idx=3234

参考:
韓国・文化体育観光部、地域の事情に合わせて専門に特化した図書館を育成する「特化図書館育成支援モデル事業」の対象となる10館を選定
Posted 2017年6月12日
http://current.ndl.go.jp/node/34150

韓国・文化体育観光部と韓国文化芸術委員会、「図書館常駐作家支援事業」の公募を開始:公共図書館に作家が常駐し、文化プログラムを主催

2017年7月13日、韓国・文化体育観光部と韓国文化芸術委員会(Arts Council Korea)が、「図書館常駐作家支援事業」の公募を開始しました。

公共図書館に作家1人が「文学キュレーター」として常駐し(月160時間・週5日程度の勤務)、住民や青少年を対象とした文化プログラム(ブックコンサート、執筆・読書、フォーラム、セミナー等)を実施するとともに(実施費用として年200万ウォンを支援)、常駐する作家に月額2万ウォンを支給することで、作家の創作環境の改善を目指すものです

作家の採用には、活動開始から5年以上20年未満、作品1冊以上の刊行実績等の条件があるほか、その地域で主に活動していたり居住していたりする場合、選考に際し優遇されます。また、採用者は、文化プログラム開催のための研修ワークショップを年2回受講する必要があります。

事業期間は2017年9月から2018年5月までの9か月間で、公募館数は37館程度です。

清須市立図書館(愛知県)、「日本一ビールに詳しくなるための図書コーナー」を開設

愛知県の清須市立図書館が、「日本一ビールに詳しくなるための図書コーナー」を開設しました。2017年7月7日から利用可能となっています。

市内に所在するキリンビール名古屋工場との連携企画で、図書コーナーの棚のデザインは、名古屋芸術大学デザイン学部スペースデザインコースが担当し、コンペで1位となったデザインが採用されています。

図書コーナーには約2,000冊の本の収蔵が可能で、日本一ビールに詳しくなるための資料のほか、市内の企業に関する資料、あわせて読んでほしい本などが配置されています。

Twitter(@kiyosu_library,2017/7/7)
https://twitter.com/kiyosu_library/status/883120536267571201

くしろ古本市実行委員会、くしろ古本市2017を開催:比較的新しい本は2018年2月開館予定の市立釧路図書館(北海道)新館の蔵書として活用

くしろ古本市2017実行委員会が、2017年7月30日及び31日に、北海道の市立釧路図書館で、くしろ古本市2017を開催します。

同実行委員会では、7月16日から7月23日まで、古本市で販売する古本を集めますが、集まった本の中で比較的新しい本は、2018年2月開館予定の新館の蔵書として活用するとされています。

くしろ古本市2017開催とご協力のお願い! (市立釧路図書館)
http://kushirolibrary.jp/furuhonichi2017/

くしろ古本市2017ポスター
http://kushirolibrary.jp/wordpress/wp-content/uploads/furuhonichi2017poster.pdf

関市立図書館(岐阜県)、『名刺代わりの「館長コンサート」』を開催

2017年7月15日、岐阜県の関市立図書館が、閉館後、『名刺代わりの「館長コンサート」』を開催します。

元音楽教師で就任1年に満たない館長が、挨拶代わりにフルートで、小学校で学習する曲や昔懐かしい曲を演奏するもので、2本のリコーダーを使った一人二重奏も行うとのことです。

『名刺代わりの「館長コンサート」』(関市立図書館)
http://ufinity08.jp.fujitsu.com/sekilib/index.php?key=jo8vab76i-359#_359

山口県立山口図書館・高知県立図書館・佐賀県立図書館、明治維新をテーマに連携展示を実施中

山口県立山口図書館・高知県立図書館・佐賀県立図書館が、明治維新をテーマに連携展示を実施中です。

関連の所蔵資料を展示するほか、各県の観光パンフレットが配布されます。

各館の展示は以下の通りです。

〇山口県立山口図書館
・展示名  人物で読む 高知・佐賀の明治維新
・期間   2017年7月1日から8月30日まで

〇高知県立図書館
・展示名  維新ゆかりの地を巡る夏~明治維新150年記念展示~
・期間   2017年7月1日から8月24日まで

〇佐賀県立図書館 
・展示名  維新を感じる旅に出よう!!
・期間   2017年6月29日から7月25日まで

明治維新人物ギャラリー資料展示「人物で読む 高知・佐賀の明治維新」(山口県立山口図書館,2017/7/1)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/ishin_jinbutsu/201707

ページ