カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

災害

筑波学院大学・東京大学による、つくば市(茨城県)における東京電力福島第一原子力発電所事故等による避難者への支援事例のアーカイブが公開

2016年7月27日付の「福島民報」で、2016年7月26日に「東京電力福島第一原子力発電所事故 つくば市での避難者支援この5年(2011-2016) <映像アーカイブ>」(「つくば映像アーカイブ」)が公開されたことが報じられています。

東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故以降、福島県からの避難者を受け入れてきた茨城県つくば市での避難者支援活動に関するアーカイブで、1年をかけておこなわれた17団体へのインタビューの映像のほか、アーカイブの背景等を整理したページも公開されています。

このアーカイブは、東京大学の関谷雄一氏(研究代表者)、東北大学の高倉浩樹氏・筑波学院大学の武田直樹氏・東京大学の箭内匡氏(研究分担者)による、「震災復興の公共人類学:福島県を中心とした創造的開発実践」(科学研究費助成事業2014年度基盤研究B)の一環として制作されたものです。なお、アーカイブのプロジェクトリーダーは武田氏です。

東京電力福島第一原子力発電所事故 つくば市での避難者支援この5年(2011-2016) <映像アーカイブ>
http://sites.anthro.c.u-tokyo.ac.jp/tsukuba/

Vimeo(武田科研)
https://vimeo.com/154850039
※「「つくば映像アーカイブ」ダイジェスト」の動画です。

国立国会図書館、「東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会」(2016年)の講義資料や動画を東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に掲載

国立国会図書館が2016年6月27日にコラッセふくしまで開催した、「東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会」での講義資料及び講習会の模様を撮影した動画を、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」(ひなぎく)で公開しました。

「東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会」のお知らせ【2016年6月27日(月)終了しました】【資料を掲載しました。2016年7月22日】(国立国会図書館)
http://kn.ndl.go.jp/information/467

参考:
【イベント】東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会(6/27・福島)
Posted 2016年4月27日
http://current.ndl.go.jp/node/31462

E1708 - 東日本大震災に関する書類・写真・動画の整理・保存講習会
カレントアウェアネス-E No.288 2015.09.10
http://current.ndl.go.jp/e1708

※タイトルを修正しました(2016/7/25)。

三重県立図書館主催により、県下の図書館46館で「知る、行く、つながる。熊本・大分と東北」キャンペーンを開催中

2016年7月22日から10月10日まで、三重県立図書館の主催により、三重県下の市町立図書館や大学図書館等46館が参加する、「知る、行く、つながる。熊本・大分と東北」キャンペーンが開催されます。

観光による熊本県・大分県、東北地方の復興貢献を目的としたもので、三重県立図書館が2011年から毎年開催している「東北を知ろう、東北へ行こう!」キャンペーンについて、2016年4月に発生した熊本地震の被災者支援の一環として、熊本県と大分県の観光情報とボランティア情報の提供も行うものになります。

展示の期間と内容は、各館によって異なりますが、三重県立図書館では、熊本県・大分県、東北6県(青森県、秋田件、岩手県、山形県、宮城県、福島県)の観光ポスター・パンフレットの配布、図書紹介、みえ災害ボランティア支援センターの支援活動紹介、震災や防災に関する図書紹介などが行われます。

「知る、行く、つながる。熊本・大分と東北」キャンペーンを開催します(三重県立図書館, 2016/7/22)

国際専門家会合「文化遺産と災害に強い地域社会」報告書(文献紹介)

文化財防災ネットワークのウェブサイトに、2015年3月11日から17日にかけて東京および仙台において開催された、第3回国連防災世界会議の枠組みにおける国際専門家会合「文化遺産と災害に強い地域社会」報告書が公開されています。

この報告書には、東京戦略会議や第3回国連防災世界会議テーマ別会合等で行われた講演及び討議とともに、「仙台宣言」や国際専門家会合の勧告文、ポスター等が収載されています。

第三回国連防災世界会議の枠組みにおける国際専門家会合「文化遺産と災害に強い地域社会」報告書(文化財防災ネットワーク)
http://ch-drm.nich.go.jp/result/report/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E5%9B%9E%E5%9B%BD%E9%80%A3%E9%98%B2%E7%81%BD%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E3%81%AE%E6%9E%A0%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%B0%82

文化財防災ネットワーク
http://ch-drm.nich.go.jp/

参考:
国際専門家会合「文化遺産と災害に強い地域社会」開催、勧告文が公開される

Google、熊本地震の被災地域(益城町・西原村・南阿蘇村)のストリートビューを公開

2016年7月20日、Googleが、熊本地震で被害を受けた益城町、西原村、南阿蘇村のストリートビュー画像を公開したと発表しています。

県内の自治体と相談の上撮影したもので、被災状況を記録することを目的に 2016年5月から6月にかけて撮影したものです。

熊本地震で被害を受けた一部地域のストリートビューを公開しました (Google Japan Blog,2016/7/20)
https://japan.googleblog.com/2016/07/blog-post_67.html

2016熊本地震(Googleストリートビュー)
https://www.google.co.jp/intl/ja/maps/streetview/#2016-kumamoto-earthquake-2016

参考:
Google、熊本地震の被災地域でのストリートビューの撮影を開始
Posted 2016年5月23日
http://current.ndl.go.jp/node/31641

熊本マンガミュージアムプロジェクトなど、熊本県内の被災地や学校を訪問する移動マンガ図書館「くまマン号」を始動

2016年7月16日、NPO法人熊本マンガミュージアムプロジェクトが、熊本県内の被災地や学校を訪問する移動マンガ図書館「くまマン号」の活動を開始しました。

この「くまマン号」の活動は、崇城大学、合志市、同法人の三者の協力で実現したもので、手塚治虫文化賞事務局、京都の京都国際マンガミュージアム、京都精華大学なども加わっています。

6月には、朝日新聞社が主催する第20回手塚治虫文化賞の受賞者らによるメッセージが入った特大パネルが贈呈されたほか、同賞の特別賞を受賞した京都国際マンガミュージアムから、副賞100万円が寄附されたようです。

NPO法人マンガミュージアムプロジェクトは、2011年10月18日に設立されたもので、熊本県内各地にマンガを活用した地域の活性化の拠点としてのミュージアムを開設すること、メインとなる拠点にマンガ雑誌、単行本、附録、関連資料を収集したアーカイブを立ち上げること、などを目的としています。

Topics(kuma-man)
http://www.kuma-man.com/topics/

Facebook(特定非営利活動法人 熊本マンガミュージアムプロジェクト, 2016/6/21、7/16、7/19)

福島県の南相馬市立図書館小高図書館と埴谷・島尾記念文学資料館、避難指示区域の解除に合わせ開館

2016年7月15日、福島県の南相馬市立図書館の小高図書館と、同市の埴谷・島尾記念文学資料館が、避難指示区域の解除に合わせ、再開館しました。

親子でくつろぎながら絵本を読むことができるスペースを備えた児童コーナー、相馬野馬追の企画展示コーナーも設け、リニューアルされています。

7月15日(金曜日) 小高図書館が再開館します(南相馬市, 2016/7/12)
http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/23,30936,125,1,html

埴谷・島尾記念文学資料館(南相馬市)
http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/32,html
※「7月15日(金曜日)再開館します」とあります。

広報みなみそうま 2016年7月1日号[第122号](南相馬市)
http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/20,30659,c,html/30659/0701-13.pdf

小高の図書館と文学資料館再開(福島民報, 2016/7/16)
http://www.minpo.jp/news/detail/2016071632870

関連:
第40回原子力災害対策本部会議 (原子力災害対策本部, 2016/5/31)

米・ウェストバージニア州の公共図書館で洪水被害が発生

2016年6月23日から24日にかけて米・ウェストバージニア州で発生した豪雨により引き起こされた洪水で、同州のレイネル公共図書館やカナー郡公共図書館クレンデニン分館が浸水被害を受けています。

ボランティアによる復旧活動が行われているほか、大型書店グループのブックス・ア・ミリオンが、ウェストバージニア州の店舗での7月16日以降の売上の20%を、被害を受けた図書館の改修・補修を目的に、ウェストバージニア図書館員会に寄付すると発表しています。

ウェストバージニア図書館協会のブログでは、レイネル公共図書館では、本の寄付は同館が受入準備ができるまでは待って欲しいこと、クレンデニン分館では、今後の見通しが立たないことから、募金や掃除道具・水などの提供が望ましいことが述べられています。

カナー郡公共図書館のエルクバレー分館でも、同館までの橋が落ちてしまったため、開館できない状況になっているようです。

WV Flooding(ウェストバージニア図書館協会,2016/7/1)
http://wvla.org/blog/id/51/reset/1

Kanawha library board to remodel flood-damaged Clendenin branch(Charleston Gazette-Mail,2016/7/13)

熊本大学附属図書館、「平成28年熊本地震」に関する資料の提供を呼びかけ

2016年7月14日、熊本大学附属図書館が、「平成28年熊本地震」に関する資料提供の呼びかけを開始しました。

4月14日以降に発生した一連の「平成28年熊本地震」に関連した各種資料を収集、保存し、公開するとのことで、各種団体・個人による

・図書、雑誌等の冊子
・論文
・講演会、学会、シンポジウム等の資料
・調査報告書、研究報告書
・ポスター、チラシ
・その他、平成28年熊本地震に関する資料

を対象とし、資料の形態は、冊子、紙面等の印刷物、その電子データのCD-ROMやメール送信可能な電磁的記録等とされています。

提供された資料は館内で保存・公開するほか、許可を得たものは、電子化してインターネット上で公開することが予定されています。

「平成28年熊本地震」に関する資料のご提供について(お願い)(熊本大学附属図書館,2016/7/14)
http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/news/2075

参考:
くまもと森都心プラザ図書館、「熊本地震関連資料」を募集中
Posted 2016年7月14日
http://current.ndl.go.jp/node/32079

くまもと森都心プラザ図書館、「熊本地震関連資料」を募集中

2016年7月13日、くまもと森都心プラザのプラザ図書館が、熊本地震の直後から今後の防災・減災・復興に役立てるため、「熊本地震関連資料」を募集していることを発表しています。

収集対象となる「熊本地震関連資料」は、

・研究報告、調査報告、統計資料、記録集、写真集
・手記、体験記、作文集、文芸作品
・イベントや講演会・講座等の記録、レジュメ、チラシなどの配布資料、ポスター
・ボランティアの活動記録、会報誌、掲示物、配布物
・広報誌、ミニコミ誌、フリーペーパー、パンフレット
・避難所などで配布された資料、掲示物(お知らせや壁新聞など)
・学校での掲示物、配布物(学校だよりなど)
・写真

となっており、持参、郵送、メール(5MB)で収集しています。

「熊本地震関連資料」を集めています(くまもと森都心プラザ コンシェルジュブログ, 2016/7/13)
http://kuma-stsplaza.blogspot.jp/2016/07/blog-post_13.html

図書館のアクティブ・シューター対応指針(米国):2016年米国図書館協会年次大会のセッション

2016年7月6日付のLibrary Journal誌(オンライン)が、2016年米国図書館協会(ALA)年次大会で実施された図書館の危機管理に関するセッション(Library safety session)の内容を紹介しています。

このセッションは、大会の開催地フロリダ州オーランドで発生した銃乱射事件を受けて行なわれたもので、利用者や職員を危険から守る方法を理解し、アクティブ・シューター(人の集まる場所で積極的に殺害を行なう者)への対応指針を図書館で策定することを目指したものです。

記事によると、講師のノースダコタ州立図書館のマイヤー(BreAnne Meier)氏は、同館の対応指針“run; hide; or as a last resort, fight”を示し、もし、その場所から逃げられない状況であれば、事務室を探し、ドアを閉め、ドアにデスクを立て掛けること。戦わなければならない状況に陥ったら、必要に応じて消火器を使うこと、などの説明がなされたとのことです。警察が到着した際の対応としては、手に何も持っていないことを示し、全ての指示に従い、急な動きをせず、質問をせず、できるだけ冷静でいることと紹介したとのことです。

常総市、6月14日時点の「常総市立図書館の現況について」をウェブサイトで公開

2016年6月21日、常総市がウェブサイトで「常総市立図書館の現況について」のページを更新し、6月14日時点の常総市立図書館の様子を掲載しています。2016年10月の開館を目指すとされています。

常総市立図書館の現況について(常総市, 2016/6/21更新)
http://www.city.joso.lg.jp/jumin/kosodate_kyoiku_sports/kyoiku/oshirase/1457415033260.html

常総市立図書館ホームページ
https://www.josolib.jp

参考:
水害により休館していた常総市立図書館、仮設図書館で開館
Posted 2016年3月2日
http://current.ndl.go.jp/node/30874

常総市立図書館の仮設図書館の開設は2016年3月1日から8月31日までを予定
Posted 2016年1月8日
http://current.ndl.go.jp/node/30400

くまもと森都心プラザ図書館、ライブラリーカフェ「震災記録を図書館に ~震災文庫 つくったひとに聞いてきた!~」を開催(7/23)

2016年7月23日、くまもと森都心プラザ図書館は、ライブラリーカフェ「震災記録を図書館に ~震災文庫 つくったひとに聞いてきた!~」を開催します。

同館館長の河瀬裕子氏を講師とし、東日本大震災後、宮城県内の図書館等の施設における、震災関連資料の収集・保存・公開の取り組みについて扱うものです。

定員は50名程度です。

7/23 震災記録を図書館に(くまもと森都心プラザ, 2016/6/23)
http://stsplaza.jp/library/news/2016/06/723_1.html
http://stsplaza.jp/library/news/20160723.pdf
※2つ目のリンクはイベントのチラシです。

大津町立おおづ図書館(熊本県)で、地元Jリーグチーム・ロアッソ熊本の歴代ユニフォーム展を開催中

熊本県の大津町立おおづ図書館で、地元Jリーグチーム・ロアッソ熊本の歴代ユニフォーム展が開催中です。

ロアッソ熊本の運営会社である株式会社アスリートクラブ熊本から借り受けた2009年以降のユニフォームのほか、選手のサイン、ゲートフラッグ、選手一覧のポスターなどが展示されています。

熊本地震後、ロアッソ熊本の選手たちが、大津町でも支援物資の配送やサッカー教室を実施していたとのことです。

ロアッソ熊本歴代ユニフォーム展開催中(大津町立おおづ図書館,2016/6/21)
http://www.ozu-lib.jp/news/2016/3432/

大津町立おおづ図書館に「ロアッソ熊本コーナー」設置(ロアッソ熊本,2016/6/22)
http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=2690

参考:
大津町立おおづ図書館(熊本県)、「災害ストレスから家族のココロとカラダを守ろう!」を開催
Posted 2016年6月16日
http://current.ndl.go.jp/node/31813

地震に負けず掲げられ続けている茨城県立図書館のJリーグ・クラブチームのフラッグ
Posted 2011年3月31日
http://current.ndl.go.jp/node/17894

<大震災>出版対策本部とJR東日本などにより、「マンガでつなGO東北『コミックトレイン』」が運行

2016年7月23日から8月6日まで、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の仙台支社及び盛岡支社と<大震災>出版対策本部は、宮城県、小学館、集英社、講談社との共催により、JR東日本の東北本線、石巻線、釜石線、磐越東線などで、「マンガでつなGO東北『コミックトレイン』」を運行します。

出版事業を通じて被災地の支援活動を行う<大震災>出版対策本部の取り組みに賛同し、運行されるもので、集英社の『ONE PIECE』、講談社の『ダイヤのA』、小学館の『名探偵コナン』といったマンガがラッピングされた車両が運行されます。

マンガでつながGO東北「コミックトレイン」運行のお知らせ(<大震災>出版対策本部, 2016/6/17)
http://www.shuppan-taisaku.jp/
http://www.shuppan-taisaku.jp/wp-content/uploads/2016/06/20160617_comictrain.pdf
※2つ目のリンクはプレスリリースの資料です。

JR東日本盛岡支社
http://www.jr-morioka.com/news/
※2016/6/17付で、「マンガでつなGO東北「コミックトレイン」運転のお知らせ」とあります。

参考:
子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト、チャリティーオークション2013を開催

大津町立おおづ図書館(熊本県)、「災害ストレスから家族のココロとカラダを守ろう!」を開催

2016年6月18日、大津町立おおづ図書館(熊本県)で、「災害ストレスから家族のココロとカラダを守ろう!」が開催されます。

熊本地震で住民が心身ともに大きなストレスを受けたことから、家庭でもできるストレスチェックや簡単な体ほぐし運動を行なうとのことです。

災害ストレスから家族のココロとカラダを守ろう!(大津町立おおづ図書館,2016/6/7)
http://www.ozu-lib.jp/event/2016/3424/

熊本県の益城町図書館、図書館横のプレハブハウスで「益城mini図書館」をオープン

2016年6月11日、熊本県の益城町図書館は図書館横のプレハブハウス「よかましきハウス」で「益城mini図書館」をオープンしました。Facebookによると一般向け150冊、児童向け150冊が毎週火曜と木曜日に貸し出されているようです。

4月の熊本地震被災後、復興、再開館に向けた取組みや状況が同館のFacebookで発信されており、図書館が入居する複合施設のロビーで図書館の本を提供したことや、6月4日に読み聞かせが開始されたことなどが発信されています。

Facebook(益城町図書館, 2016/6/10,12)
https://www.facebook.com/mashikitosyo/posts/600150323495733
https://www.facebook.com/mashikitosyo/posts/600829840094448

関連:
Facebook(益城町図書館)
https://www.facebook.com/mashikitosyo/

参考:
E1795 - 熊本地震による図書館等への影響
カレントアウェアネス-E No.303 2016.05.19
http://current.ndl.go.jp/e1795

新聞博物館が6月15日に再開館:企画展「熊本地震 恐怖の夜から復興へ向けて」を実施

熊本地震による被害で休館していた、熊本日日新聞社内にある新聞博物館が、2016年6月15日に再開するとのことです。

再開にあわせて、企画展「熊本地震 恐怖の夜から復興へ向けて」が9月3日まで行われ、「前震」「本震」「救助・捜索」「避難生活」「著名人の応援」「傷ついた名城」「国内各紙の報道」「海外の反響」をテーマに、写真、紙面、号外など約千点が展示されます。

常設展示スペースも、当分の間、大きくずれ動いた印刷機械や散乱した鉛の活字など、被災した状況のまま公開するとのことです。

新聞博物館、15日再開(熊本日日新聞,2016/6/11)
http://this.kiji.is/114172510958405117

新聞博物館
https://kumanichi.com/museum/

参考:
E1795 - 熊本地震による図書館等への影響
カレントアウェアネス-E No.303 2016.05.19
http://current.ndl.go.jp/e1795

山梨県立博物館で、シンボル展「よみがえる、ふるさとの宝たち―3.11被災資料の再生―」が開催中

2016年6月4日から7月4日まで、山梨県立博物館で、同館と「津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会」により、シンボル展「よみがえる、ふるさとの宝たち―3.11被災資料の再生―」が開催されます。

岩手県陸前高田市で行われた、東日本大震災で被災した文化財のレスキューや、海水による損傷を受けた資料の応急処置・修復技術について、処置が行われた資料約100点とともに紹介するものです。

シンボル展「よみがえる、ふるさとの宝たち-3.11被災資料の再生-」(山梨県立博物館)
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/5th_tenjiannai_symbol_032.html

山梨県立博物館でシンボル展「よみがえる、ふるさとの宝たち―3.11被災資料の再生―」が開幕(6/4-7/4)(歴史資料ネットワーク, 2016/6/3)

コンテンツ配信