カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

災害

<大震災>出版対策本部、復興基金を熊本地震にも充当

2016年5月24日、日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本出版クラブ、読書推進協議会による<大震災>出版対策本部が、東日本大震災での活動(被災3県への図書寄贈、読み聞かせ・作家の講演などの読書イベントへの資金補助、小学生や震災遺児への図書カードプレゼントなど)の基金であった「大震災出版復興基金」について、熊本地震にも活用範囲を拡大し、充当することを発表しました。

大震災出版復興基金の熊本地震対応──活動範囲の拡大について(<大震災>出版対策本部, 2016/5/24)
http://www.shuppan-taisaku.jp/?p=534
http://www.shuppan-taisaku.jp/wp-content/uploads/2016/05/44042f5a2ac5299be780dfcc333f5964.pdf
※2つ目のリンクは発表資料のPDFファイルです。

参考:
E1795 - 熊本地震による図書館等への影響
カレントアウェアネス-E No.303 2016.05.19
http://current.ndl.go.jp/e1795

E1467 - 「本の力」展 ― 大震災を「忘れない」ために
カレントアウェアネス-E No.243 2013.08.29
http://current.ndl.go.jp/e1467

熊本県立図書館、一部開館へ

熊本県立図書館は2016年6月1日から一部開館することを発表しています。

1階の子ども図書室及びくまもと文学・歴史館(展示室2・3)に限定して開館し、子ども図書室図書の貸出・返却、同室の資料を利用したレファレンスや同室での「おはなしの時間」、一般図書(新刊のみ)の貸出・返却、新聞の閲覧、展示品見学などについてサービスが提供されます。

熊本県立図書館の部分開館について(熊本県立図書館, 2016/5/23)
http://www.library.pref.kumamoto.jp/news/2016/3414/

参考:
日本図書館協会、「熊本地震による図書館被害調査報告(第1次)」を公開
Posted 2016年5月24日
http://current.ndl.go.jp/node/31647

くまもと文学・歴史館がリニューアル開館
Posted 2016年1月28日
http://current.ndl.go.jp/node/30560

E1795 - 熊本地震による図書館等への影響
カレントアウェアネス-E No.303 2016.05.19
http://current.ndl.go.jp/e1795

国立公文書館が『アーカイブズ』第60号を公開:同館の被災公文書等救援チームによる常総市での活動報告等を掲載

国立公文書館が、『アーカイブズ』第60号をウェブサイトで公開しました。

同館が実施した「平成27年度アーカイブズ研修Ⅱ」におけるグループ討論の報告記事や、2015年9月に発生した「平成27年9月関東・東北豪雨」で水損被害を受けた常総市の行政文書の復元作業のために同館に設置された被災公文書等救援チームによる活動報告記事などが掲載されています。

『アーカイブズ』第60号(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/publication/archives/

参考:
『常総市 文書復旧ニュース』第1号が発行される
Posted 2016年2月25日
http://current.ndl.go.jp/node/30820

【イベント】全史料協近畿部会第131回例会「被災資料の救済を考える -被災自治体の立場から-」(2/27・西宮)
Posted 2016年1月27日
http://current.ndl.go.jp/node/30552

常総市、「水損行政文書等復元計画」を策定 文書の応急復元に約2年
Posted 2015年12月15日
http://current.ndl.go.jp/node/30224

日本図書館協会、「熊本地震による図書館被害調査報告(第1次)」を公開

日本図書館協会の図書館災害対策委員会委員である川島宏氏が5月16日から5月18日にかけて実施した被害調査の報告「熊本地震による図書館被害調査報告(第1次)」が日本図書館協会のウェブサイトで公開されています。

熊本地震による図書館被害調査報告(第1次)
http://www.jla.or.jp/committees///tabid/610/Default.aspx

参考:
E1795 - 熊本地震による図書館等への影響
カレントアウェアネス-E No.303 2016.05.19
http://current.ndl.go.jp/e1795

Google、熊本地震の被災地域でのストリートビューの撮影を開始

2016年5月20日、Googleは、自治体と相談のうえ、被災状況を記録することを目的に、熊本地震の被害を受けた地域のうち、一部地域をストリートビューで撮影していると発表しています。

Googleは、東日本大震災においても被災後の町並みをストリートビューで撮影し、公開しています。

熊本地震への対応について -- ストリートビュー (Google Japan Blog,2016/5/20)
http://googlejapan.blogspot.jp/2016/05/blog-post_20.html?m=1

参考:
Google、被災地のストリートビューを再更新 東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクトの一環として
Posted 2016年3月2日
http://current.ndl.go.jp/node/30873

E1795 - 熊本地震による図書館等への影響
カレントアウェアネス-E No.303 2016.05.19
http://current.ndl.go.jp/e1795

E1795 - 熊本地震による図書館等への影響

 2016年4月14日から4月16日にかけ,熊本県熊本地方及び阿蘇地方を震源とする,震度7の地震2回を含む震度6弱以上の地震が発生し,大規模な被害が生じている。本稿では2016年5月18日までの情報を基に地震の影響を受けた図書館等の状況を中心に紹介する。なお,被害の大きい地域については情報が未だ得にくく,情報が網羅されていないことをご了承いただきたい。

E1796 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2016/3/31現在)(1)

 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,本誌での既報(E1771ほか参照)に続き,2015年2月下旬から2016年3月下旬までの主な情報を,次の記事( E1797参照)とあわせ,2つの記事に分けて紹介する。東日本大震災の発生から5年を迎え,被災地の図書館をはじめ全国各地の図書館等で様々な活動,取組が行われた。

日本医学図書館協会(JMLA)、会員館による熊本地震の被災地への支援について情報を掲載

2016年5月13日、NPO法人日本医学図書館協会(JMLA)が熊本地震の被災地へ支援を提供している日本医学図書館協会会員館の一覧と、その支援内容を掲載しています。

震災関連対応お知らせ(日本医学図書館協会)
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/info/shinsai_kanrentaio_2016.html

お知らせ(日本医学図書館協会)
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/info/info.html
※2016/5/13付で、「震災関連支援情報(熊本地震被災地に文献コピーを無料・速達で提供します)」とあります。

参考:
国立大学図書館協会、「平成28年熊本地震への図書館サービス支援」のページを公開
Posted 2016年4月22日
http://current.ndl.go.jp/node/31423

第13回図書館総合展フォーラム「日本医学図書館協会による震災復興支援」の講演資料が公開
Posted 2012年1月30日
http://current.ndl.go.jp/node/20045

日本医学図書館協会(JMLA)、震災復興支援として医学文献の無料提供を発表
Posted 2011年4月1日
http://current.ndl.go.jp/node/17916

全史料協、内閣総理大臣あてに公文書等の保全・保存に関する要望書を提出

2016年4月28日付で、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会は、「平成28年熊本地震被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」を内閣総理大臣あてに提出しました。

5月7日、ウェブサイトに要望書を掲載しています。

「平成28年熊本地震被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会, 2016/4/28付)
http://www.jsai.jp/file/20160428Petition.pdf

資料ファイル(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)
http://www.jsai.jp/file/index.html

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
http://www.jsai.jp/index.html
※2016/5/7付で、「新着情報」に「4月28日付けで「平成28年熊本地震被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」を内閣総理大臣あてに提出しました。」とあります。

参考:
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、 加盟機関等の熊本地震での被災状況をホームページに掲載
Posted 2016年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/31372

【イベント】地方史研究協議会、シンポジウム「大震災からの復興と歴史・文化の継承」を開催(5/14・福島)

2016年5月14日、福島県福島市の福島県文化センターで、地方史研究者及び地方史研究団体の学会である地方史研究協議会により、被災地における歴史や文化の継承の取組の現状と課題を扱うシンポジウム「大震災からの復興と歴史・文化の継承」が開催されます。

シンポジウム
http://chihoshi.jp/symposium.html

地方史研究協議会
http://chihoshi.jp/index.html
※2016/5/1付で、「最新情報」に「東日本大震災関連シンポジウム「大震災からの復興と歴史・文化の継承」 更新」とあります。

東京都立図書館、地震の被害の大きい熊本県、大分県の住民からのレファレンスを受け付け

2016年5月2日、東京都立図書館は、「Eメール レファレンス受付」について、熊本地震によって現地の図書館でも大きな被害が生じていることから、当面の間、熊本県、大分県の住民からの質問を受け付けることを発表しています。

Eメール レファレンス受付(東京都立図書館, 2016/5/2)
http://www.library.metro.tokyo.jp/reference/tabid/654/Default.aspx

東京都立図書館ホームページ
http://www.library.metro.tokyo.jp/
※2016/5/2付で、「熊本地震により現地の図書館でも大きな被害が生じていることから、都立図書館では、熊本県、大分県にお住まいの方からのご質問をお受けいたします。」とあります。

参考:
大阪府立図書館、メールによるレファレンスの受付対象を熊本地震の被災地域の住民にも拡大
Posted 2016年4月27日
http://current.ndl.go.jp/node/31465

東京文化財研究所、文化庁委託事業として実施したネパールの文化遺産の被災状況調査、ミャンマーの文化遺産保護に関する調査の報告書を公開

2016年4月27日及び5月8日、東京文化財研究所は、文化庁委託による「平成27年度文化遺産保護国際貢献事業」である(1)「ネパールにおける文化遺産被災状況調査事業」の成果概要報告書と、「平成25-27年度 文化庁委託文化遺産国際協力拠点交流事業」である(2)「ミャンマーにおける文化遺産保護に関する拠点交流事業報告書」を公開しました。

(1)は、2015年4月15日に発生したネパールのゴルカ地震による文化遺産の被災状況調査等を2015年9月1日から2016年3月末まで実施したものであり、歴史的建造物の伝統技術、倒壊をまぬかれた建造物の応急措置等などについてもまとめられています。

(2)は、東京文化財研究所と奈良文化財研究所との協力による事業の報告書となり、考古学分野については、奈良文化財研究所が、建造物分野、壁画及び美術工芸分野については東京文化財研究所が担当し、文化遺産保護に関する技術移転や保存修復に携わる専門家の育成を目指して実施されたものです。

第4章では、「図書館及び博物館における漆工芸調査」として、ヤンゴン国立図書館での調査結果が示されており、その表紙などに漆が使用された経典や古文書について、写真とともに紹介されています。

ネパールにおける文化遺産被災状況調査事業成果概要報告書(PDF:25.1MB)

東日本大震災の復興支援で寄せられた本を元手として開館した「ふくしま本の森」にカフェがオープン

2016年5月1日、福島県河沼郡会津坂下町にある、東日本大震災の復興支援で全国から寄せられた30万冊の本のうち4万冊を活用して開館した「ふくしま本の森」に、カフェがオープンしました。

「本の森カフェ」がオープンしました(ふくしま本の森, 2016/5/1)
http://hon-mori.d.dooo.jp/n015.html

本の森カフェ、5月1日いよいよオープン!(ふくしま本の森, 2016/4/29)
http://hon-mori.d.dooo.jp/n014.html

Facebook(ふくしま本の森プロジェクト)
https://www.facebook.com/ふくしま本の森プロジェクト-1439317293040325

参考:
会津坂下町を拠点に、東日本大震災の復興支援で寄せられた本を元手とした「本の森図書館」が仮オープン
Posted 2015年8月24日
http://current.ndl.go.jp/node/29232

防災科学技術研究所自然災害情報室、調査速報、災害資料、過去の災害情報等を掲載した「熊本地震に関する調査研究資料(第1報)」のウェブサイトを公開

2016年4月30日、防災科学技術研究所自然災害情報室は、平成28年(2016年)熊本地震に関する調査研究について、調査速報、災害資料、過去の災害情報等をまとめたウェブサイトを公開しています。

国の研究機関や学会、大学等の各種資料がまとめられています。

なお、防災科学技術研究所は2016年4月14日、「平成28年(2016年)熊本地震 クライシスレスポンスサイト」を公開しています。

熊本地震に関する調査研究資料(第1報)(防災科学技術研究所自然災害情報室, 2016/4/30)
http://ecom-plat.jp/nied-cr/index.php?gid=10166

関連:
平成28年(2016年)熊本地震(第18報)(平成28年(2016年)熊本地震 クライシスレスポンスサイト)(防災科学技術研究所自然災害情報室, 2016/5/1)
http://ecom-plat.jp/nied-cr/index.php?gid=10153

防災科学技術研究所自然災害情報室
http://dil.bosai.go.jp/
※2016/4/14付で「最近の自然災害」に「平成28年(2016年)熊本地震」とあります。

参考:
防災科学技術研究所自然災害情報室、主要災害調査48号「東日本大震災調査報告」を公開

熊本地震で被災した図書館の一部が開館・サービス再開等を表明

2016年4月14日および16日に熊本県熊本地方を発生した地震などの影響により、臨時休館していた図書館のうち、いくつかの図書館が4月中下旬から5月上旬にかけ、開館または部分開館、開室することを発表しています。これらの状況を、ウェブサイトで公表されている情報をもとにまとめました。

【熊本県の公共図書館】

七城公民館図書室 開室のお知らせ(菊池市図書館)
http://www.kikuchi-lib.jp/?q=news/480
※4/28付で情報が掲載されており、4/28から開室しています。

中央公民館図書室 開室のお知らせ(菊池市図書館)
http://www.kikuchi-lib.jp/?q=news/479
※4/28付で情報が掲載されており、4/28から開室しています。

【震災情報】図書館を4月30日(土)から再開します(阿蘇市, 2016/4/27)

日本図書館協会、被災図書館向けの対応方法などを示した「被災図書館の方へ」をウェブサイトに掲載

2016年4月27日付(更新日)で、日本図書館協会図書館災害対策委員会が、ウェブサイトに「被災図書館の方へ」と題し、図書館内の点検や資料保全、復旧作業・資料レスキューなどの方法や、市民の読書環境の確保、サービスの再開、震災の記録などについての考え方、被災地周辺地域の図書館への注意事項などを掲載しました。

図書館災害対策委員会(日本図書館協会, 2016/4/27)
http://www.jla.or.jp/committees//tabid/600/Default.aspx

被災資料救済・資料防災情報源(日本図書館協会)
http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/597/Default.aspx
※日本図書館協会資料保存委員会のページです。

参考:
saveMLAK、「安全な開館のために~東北の図書館員からのメッセージ~」と題したウェブページを公開
Posted 2016年4月26日
http://current.ndl.go.jp/node/31461

日本図書館協会図書館災害対策委員会、ウェブページを開設し、「平成28年(2016年)熊本地震」についての情報を募集
Posted 2016年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/31361

日本出版取次協会、熊本地震被災地域の書店の状況を公開:日販グループは、被災書店の復旧を支援

2016年4月20日から、一般社団法人日本出版取次協会が、「平成28年(2016年)熊本地震」で被災した地域の書店の状況の一覧(地区、書店名、被災状況)を公開しています。株式会社トーハン、日本出版販売株式会社、株式会社大阪屋栗田、株式会社中央社からの情報を集約したもので、2016年4月27日現在、最新版は4月26日付です。

また、日本出版販売株式会社は、4月27日、グループ会社とともに被災書店の復旧を支援していることを発表しており、復旧作業の様子などが写真とともにウェブサイトに掲載されています。

平成28年(2016年)熊本地震(日本出版取次協会)
http://www.torikyo.jp/h28kumamoto/index.html

日本出版取次協会ホームページ
http://www.torikyo.jp/
※2016/4/20付で、「平成28年(2016年)熊本地震」書店被災状況」とあります。

日販グループ 平成28年(2016年)熊本地震 被災書店の復旧支援を実施(日本出版販売株式会社, 2016/4/27)
http://www.nippan.co.jp/news/20160427/

関連:
「平成28年(2016年)熊本地震」(トーハン, 2016/4/25)

福島県、東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設と復興記念公園を近接して整備へ

2016年4月26日から5月25日まで、福島県は「福島県における復興祈念公園のあり方(基本構想への県提言)」に関するパブリックコメントを実施しています。

この提言では、福島県における「復興祈念公園」について、別途同県が検討を進める、東日本大震災の災害の記録と教訓を後世に伝えるためのアーカイブ拠点施設(東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設有識者会議による仮称は「ふるさとふくしま再生の歴史と未来館」)と近接して整備することなどが示されています。

なお、「復興祈念公園」は、東日本大震災の犠牲者への追悼・鎮魂、震災の記憶と教訓の伝承、復興への強い意志の発信等を目的に、岩手県、宮城県、福島県の各県に、整備されるものです。

「福島県における復興祈念公園のあり方(基本構想への県提言)」に関するうつくしま県民意見公募(パブリック・コメント)について(福島県, 2016/4/26)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41055b/hukkoukinennikenkoubo.html

福島県における復興祈念公園のあり方(基本構想への県提言) (PDF:3.47MB)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/162495.pdf

大阪府立図書館、メールによるレファレンスの受付対象を熊本地震の被災地域の住民にも拡大

2016年4月27日、大阪府立図書館が、同館のメールを通じたレファレンスサービスである「e-レファレンス」のサービス対象を、当分の間、熊本地震被災地域(熊本県、大分県)の住民に拡大すると発表しています。

同サービスでは、通常、近畿圏以外の住民からのレファレンスについて、「大阪に関するご質問」「大阪府立図書館で所蔵する古典籍、国際児童文学館の資料など、他館で所蔵していないような資料に関するご質問」のみ受け付けていますが、熊本地震被災地域(熊本県、大分県)の住民からは「全分野」のレファレンスを受け付けるとしています。

大阪府立図書館 お知らせ
http://www.library.pref.osaka.jp/
※「熊本地震にともない、インターネットによる調査相談サービス「e―レファレンス」の質問受付範囲を拡大します。(2016年4月27日更新)」とあります。

大阪府立図書館 e‐レファレンスのご案内(大阪府立図書館)
http://www.library.pref.osaka.jp/site/e-service/portal-help-eref.html

コンテンツ配信